昨季1位のレッズは凋落、最下位はやはりあのチーム…プレミアリーグの走行距離ランキングに異状あり!

昨季は、リヴァプールとトッテナムの試合を観るたびに、「走るサッカー」と書いていたのですが、2017-18シーズンはポチェッティーノ監督のチームをそう呼ぶことはあっても、レッズにはためらうようになりました。引いた相手に対してスローに落とすことが多く、明らかに前から当たりにいっていないゲームが増えたからです。クロップ監督がゲーゲンプレスの使いどころを限定しているのか、ナサニエル・クライン、マネ、コウチーニョ、ミルナーらがスタメンを外れるゲームが多くプレスをかけにくくなっているのか。1週間ほど前に、プレミアリーグ公式サイトが「スカイスポーツ」の記事を引用して走行距離のランキングを紹介していたのですが、昨季プレミアリーグで1位だったリヴァプールは何と11位!走っていない印象はあったものの、ここまで落ちているとは想像しておりませんでした。

1位は、ボーンマスの1256km。31歳になっても疲れ知らずのサーマンをはじめ、サイモン・フランシス、ダニエルズとベテランが体を張っているチームだけに、昨季の6位からNo.1へのジャンプアップは意外でした。2位のWBAと3位のトッテナムは、昨季もTOP4にランクインしていたクラブです。2016-17シーズンはシグルズソンの次に走行距離が多かったクリスティアン・エリクセンは、新シーズンも個人ランキングで6位に入り、スパーズのショートカウンターをリードしています。トニー・ピューリス監督のサッカーの基本は、とにかく守備時にさぼらないこと。守るときはゴール前を固め、ひたすらサイドを崩しにいくスタイルは、両脇の選手の上下動が生命線です。

4位と5位に好調のワトフォードとバーンリー、アーセナルとチェルシーのロンドン勢がこれに続いています。昨季は2位だったマンチェスター・シティが8位に落ちていますが、彼らはスプリントの本数では2位ワトフォードを250本以上引き離す6198本でぶっちぎりのTOPです。数字を見ると、ペップのサッカーがハイプレス&ポゼッションから直線的な速攻にシフトしているのがよくわかります。


【プレミアリーグ2017-18 クラブ別走行距離ランキング】
1位/ボーンマス      1256km
2位/WBA        1247km
3位/トッテナム     1246km
4位/ワトフォード    1241km
5位/バーンリー     1238km
6位/アーセナル      1237km
7位/チェルシー     1234km
8位/ブライトン     1225km
9位/マン・シティ    1225km
10位/ハダースフィールド 1221km
11位/リヴァプール    1217km
12位/ニューカッスル    1213km
13位/エヴァートン     1209km
14位/クリスタル・パレス 1201km
15位/レスター      1195km
16位/サウサンプトン   1194km
17位/ストーク      1183km
18位/スウォンジー    1182km
19位/ウェストハム    1162km
20位/マン・ユナイテッド 1162km


リヴァプールは、昨季プレミアリーグで4位だったミルナーが先発4試合と出場時間を減らし、6位にいたフィルミーノがTOP10圏外。勤勉に上下動を繰り返すタイプではないジョー・ゴメスとアルベルト・モレノがSBをまかされることが多いのも理由のひとつかもしれません。彼らのスプリント数が多いかといえば、5674本は4位アーセナルや6位トッテナムよりも下の7位です。ここまで5勝4分2敗という戦績を見ると、これらは決していい傾向とはいえないでしょう。クロップ監督は、いま一度ゲーゲンプレスを徹底させて巻き返すのか、あるいは走らなくても勝つ術をインストールするのか。昨季はよく語られていた「クロップ監督のスタイルでは、プレミアリーグをフルシーズン戦えないのではないか」という議論は、今季は無用になるかもしれません。

さて、お待ちかねの最下位ですが、マンチェスター・ユナイテッドが2年連続でこちらのタイトルをゲットする可能性は充分です。引いて受ける時間が長く、連動性よりも少ない手数で縦に攻めることを重視しているのが要因でしょう。これでも彼らのゴール数が増えているのは、ルカクとポグバが揃っていた序盤戦ではカウンターが機能しており、フェライニをはじめとする長身コレクションで空中を制することができるからだと思われます。サポーターとしては、もっとパスワークで崩してほしいと焦れたりもするのですが、キャラが立っているのはいいことと諦めるしかないのでしょうか。そんななかで、個人ランキング4位と獅子奮迅の活躍を見せているネマニャ・マティッチには頭が下がります。

興味がある方は、クラブ・個人の走行距離ランキングと、クラブのスプリント本数ランキングが載っている「スカイスポーツ」の元記事をご覧ください。2位に入っているワトフォードのドゥクレや9位のレスターのエンディディにうなずきつつ、ブライトンから3人もランクインしていることに驚かされます。走行距離1位のボーンマスがゴール数は7でプレミアリーグ18位、最も走らないマン・ユナイテッドがゴール数2位で「燃費No.1」なのを見れば、走る距離が長いのが必ずしもいいとばかりはいえないのは自明ですが、それぞれのチームのスタイルを物語る興味深い指標であるのは間違いありません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ