パスはチェルシー、運動量はアーセナル、スプリントはリヴァプール~プレミアリーグの新潮流【後編】

「パスはチェルシー、運動量はアーセナル、スプリントはリヴァプール~プレミアリーグの新潮流【前編】」より続きます。今季プレミアリーグにおけるパス関連のスタッツでは、さまざまなランキングのTOPをチェルシーが独占しているのですが、走力に関するカテゴリーではライバルクラブが頂点に立っています。「最もよく走るチームは?」と聞かれて、どこを思い出すでしょうか。従来は、トッテナムやボーンマスが常連だったのですが、2018-19シーズンのスパーズは2位、ボーンマスは4位。TOPに立っているのはアーセナルで、マルコ・シウヴァ監督のエヴァートンが3位に食い込んでいます。

イギリスメディア「スカイスポーツ」が火曜日に配信した記事「Arsenal and Liverpool top the Premier League running stats(走るスタッツの頂点に立つアーセナルとリヴァプール)」から、走行距離とスプリントのランキングを紹介しましょう。走行距離で1位のアーセナルは1375.7kmで、2位のトッテナムが1370.7kmと熾烈なノースロンドンダービー。エヴァートンは1356.1km、ボーンマスは1354.2kmと上の2つに差をつけられています。5位はチェルシーで、1347.8km。個人ランキングTOPのカンテが141.87kmでチームを押し上げており、2位がクリスタル・パレスのミリヴォイェヴィッチの140.69km、3位はウルヴスのルベン・ネヴェスで138.63kmを走破しています。4位ジョルジーニョ、5位ドゥクレという並びも、プレミアリーグの試合を見ていれば納得でしょう。

人間よりもボールが動くイメージが強かったガナーズは、スプリント本数でも1415本で4位にランクイン。こちらの1位は、ユルゲン・クロップのヘヴィ・メタルフットボールが健在のリヴァプールで1486本です。マンチェスター・シティが1454本で2位、ボーンマスが1420本で3位につけ、5位はエヴァートンの1385本。個人ランキングを見ると、レスターのベン・チルウェルが252本で独走し、スターリングが221本、モー・サラーが210本で続いています。エメリ監督の就任でプレースタイルが変わったガナーズの心臓は、ルーカス・トレイラです。最初の5試合は途中出場だったアンカーは、ジャカとムスタフィに次ぐ628本のパスを通しており、ビッグ6のMFで最多のインターセプト20回を記録。前の選手を見ながらもらえる位置に動き、縦やサイドに素早くボールを送る若きセントラルMFのプレイが、エメリ戦術の骨格となっています。

「走るアーセナル」を象徴しているのが、5~6人が一斉にスプリントする速攻です。ダイレクトパスを駆使しながらサイドを陥れ、グラウンダーでゴールを狙う秒殺のアタックは、ゴール前に人数を置いて守りたい下位クラブにとっては脅威でしょう。ラムジーだけでなく、エジルやミキも上下動を繰り返し、グエンドゥジがあらゆるところに顔を出す新生ガナーズは、パスの精度を高められればもっとゴールを量産できるはずです。最終ラインの安定化と、コンビネーションのクオリティUPが、エメリ監督の喫緊の課題だと思います。

「フルスロットル」「ゲーゲンプレッシング」が看板だったリヴァプールは、アリソン、ファン・ダイク、ジョー・ゴメス、ワイナルドゥムによって背骨が強化され、堅守のチームにモデルチェンジ。ベルナルジ、リシャルリソン、ウォルコットと、前線に突破力がある選手を配したエヴァートンは、シグルズソンがいいときのパスワークとゴールの決め方を思い出し、直近6試合を4勝1分1敗と調子を上げています。ボールを支配しながらサイドに穴を開け、速いクロスでゴールを狙うアタックと、前で奪って一気にスプリントする速攻を組み合わせて攻めるチームが増えたプレミアリーグ。チェルシー、アーセナル、リヴァプール、エヴァートンはどこまでクオリティを上げられるのか。走力では負けないスパーズは、昨季と同じ顔ぶれで進化することができるのか。キャラ立ちまくりのチームが鎬を削る極上のシーズン。彼らがペップに立ち向かい、最後まで優勝争いが続くことを願ってやみません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

リバプール、シティに加え今シーズンからアーセナルとチェルシーがガラッと良い方向に変わりました。
両チームとも監督交代が大成功でプレーヤーもやりたいフットボールをやってるので楽しそうです。
この4チームに加えポチェッティーノの戦術が浸透したトッテナムがプレミアのフットボールを変革し、更にレヴェルアップしたと思います。
  • ペップの街
  • 2018/11/17(Sat)18:03:53
  • 編集

無題

上下巻に渡る記事、お疲れ様です。
シティの数字がかっこいいですね、攻めに転じる際の迷いがなく、無駄なく速いからこそ出る数字です。
まさに風林火山ですね。
我がアーセナルは、トレイラを消されたら&怪我したら、とたんに苦しくなるのが丸分かりですね。
トレイラのマネジメントはキモになりそうです、バックアッパーの獲得も狙ってるはず。
それにしても、インターセプトからショットガンフォーメーションのごとく、彼が発射台になって前線が走り出す様は、まさに我が心のキャプテン、パトリック・ヴィエラです。
トレイラ大好き!
とはいえ、チームの全体的なパスの精度、渡す相手に半メートルずれる感覚を、スパッと修正出来ないものか?
これが修正されると、攻守多岐に渡って格段に数字が上がるはずなんだよなぁ。
  • エミリー
  • 2018/11/17(Sat)20:05:56
  • 編集

無題

これらのチームに加えて
エバートン、ウェストハムも十年くらい前のマンCに激似!
この状況の中なら3年以内に、1番楽しいPLが来るかもしれませんね。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/11/19(Mon)14:59:40
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ