現地評論家と一緒にトライ!プレミアリーグ2019-20シーズンのTOP4予想!

ポール・インス、アラン・シアラー、クリス・サットン、イアン・ライト、マーク・ローレンソン、クリス・ワドル…プレミアリーグ創設前からのフットボールファンがテンションが上がる名前が勢揃い。最近まで活躍していた「若手」では、マーク・シュウォーツァー、マイカ・リチャーズ、ジョレオン・ㇾスコットが参加しています。「BBC」が毎年実施しているプレミアリーグのTOP4予想。ペップ・グアルディオラのマンチェスター・シティが優勝としているのは16人、クロップ監督が完成度を高めるリヴァプール推しが8人。24人中23人が、今季のプレミアリーグも2強のワンツーと予想しています。唯一、チェルシー2位という大穴狙いに出たのはルート・フリット。「セクシー・フットボール」をキャッチフレーズにプレーイングマネジャーを務めた古巣を、応援したい気分も込められているのでしょうか。まずはマン・シティ派の声をいくつか紹介しましょう。

「プレシーズンマッチをいくつか観戦したが、シティは昨年とまったく同じように見える。落ち着いており、ペップの下で過ごす時間が長ければ長いほど強くなるようだ」(ジョレオン・ㇾスコット)
「あらゆるプレーヤーを限界まで押し上げる素晴らしいマネージャーがいる。タイトルを獲得したら、時に小休止するものだけど、ペップにはそんな余地はない。休んだ選手は居場所を失ってしまう」(マイカ・リチャーズ)
「ゴールキックの際にボックスから出なくても触れるという新しいルールの恩恵を最も受けるチーム。多くのチームが彼らをコピーしてもらいにいく選手を置くかもしれないが、シティは自分たちのやり方を貫くだけだ」(クリス・サットン)

ロドリとジョアン・カンセロを加え、万全のスカッドを築き上げたチームについて、懸念を挙げる評論家もいます。「彼らはチャンピオンズリーグ制覇を望んでおり、別なタイトルを逃すかもしれない(スー・スミス)」「コンパニの不在はセットピースを脆弱にする(クリス・ワドル)」。弱点があるとすれば、ご指摘の通り最終ラインでしょう。ジョン・ストーンズ、ラポルテ、マンガラ、オタメンディという顔ぶれのCBは、負傷者が出ればペップの悩みの種になるかもしれません。

リヴァプールに期待している評論家は、即戦力補強がなかったことを好意的に捉えています。3トップのコンビネーションと破壊力は今や世界のトップクラス。SBとファン・ダイクの堅守と攻撃力もプレミアリーグNo.1といっていいでしょう。チェンバレンが復帰した中盤も層が厚く、ロバートソンのバックアッパーに本職がいないことを除けば盤石のスカッドです。

「シティとリヴァプールは再び一騎打ちになる。僅差の勝負だろうね。両者とも特別なチームだけど、今回はリヴァプールが勝つという感覚があるよ」(アラン・シアラー)
「彼らが昨シーズンに成し遂げたことはプレミアリーグのタイトルに値する。ユルゲン・クロップがサインなしで臨んだのは、内なる成長を促せることを意味している」(マシュー・アップソン)
「フロントスリーがフィットし続ければ、リヴァプールが勝つね。序盤戦がとても重要だ。クロップの戦術やマンマネジメントがどれだけ優れているかは知っていると思うけど、彼が最初の数週間で選手のプレイ時間をどうコントロールするかが、最大のチャレンジのひとつになろだろう」(スティーヴン・ウォーノック)

こちらの危うさを指摘する声も並べてみましょう。「唯一の懸念は、フロントスリーが2年間ノンストップでプレイしたこと(マーク・ローレンソン)」「夏休みがなかった選手のマネジメントが重要。インターナショナルファイナルでプレイし、戻りが遅くなると失ったフィットネスを取り戻す時間がない(ポール・インス)」。開幕戦でアリソンが負傷したチームは、主力を欠いた際のやりくりという観点ではマン・シティより懸念材料が多いように感じられます。

3位以下の予想を見てみると、24人中21人が3位トッテナム。リヴァプール優勝とした8人は、全員スパーズを3位に推しており、彼らについては「チャンピオンズリーグの実績重視派」と名付けてもよさそうです。4位予想は、アーセナル14人、マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが4人ずつ。エヴァートンやウルヴスなどのTOP4ジャックを主張する評論家は皆無です。スパーズに関する最大の懸念はエリクセンの去就。アーセナルは、ダヴィド・ルイス獲得が賛否両論となっています。チェルシーは「ランパードには期待するが、アザール不在のスカッドは明らかに得点力不足」という声が多数派。マンチェスター・ユナイテッドはスールシャール監督の能力とポグバのモチベーションに加えて、最前線のタレントの脆弱さも不安視されています。

以上が「BBC」が参加を呼びかけた識者の声ですが、25番めに私の予想を付け加えさせていただきます。1位リヴァプール、2位マン・シティ、3位アーセナル、4位トッテナム。マンチェスター・シティを優勝としなかったのは、国内タイトルに対するモチベーションという大きな課題があると感じたから。アーセナルは、個人力で打開できるニコラ・ペペと優勝経験豊富なダヴィド・ルイスといった補強を評価しており、スパーズはエリクセンの去就と右SBの脆弱さが気になっています。

ノースロンドンが2強に負けないアタッカーを揃えているのに対して、マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーは前線に不安を抱えており、接戦の取りこぼしが減らないのではないでしょうか。TOP4は無難な着地になってしまいましたが、私の大穴予想は「5位エヴァートン」です。クリステンセンとリュディガーのどちらかが負傷したら相当苦しくなりそうなウェストロンドンのクラブは、EL出場権を逃すという結末もありえるのではないかと思っています。マンチェスター・ユナイテッドがTOP4に食い込んだらうれしいのですが、マティッチが不振に陥っただけであっさり崩れてしまいそうです。どうなることやら、プレミアリーグ。まさか、アーセナルの補強をうらやましく感じることになるとは…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

でた、管理人さんのアーセナル贔屓の予想笑

いつも楽しくみさせてもらってます。
そして、ユナイテッドサポーターでありながら、いつもアーセナルを贔屓していただいてありがとうございます(私の勝手な見解ですが)
CBに不安はもちろんありますが、CL圏内にはいけるのではないかと、こんなに新シーズンが楽しみなのは初めてです!
今シーズンも宜しくお願いします!
  • デリック
  • 2019/08/10(Sat)12:21:56
  • 編集

無題

シティは4バック時ジーニョ、カンセロ加入により使いやすくなった3バック時ウォーカー、カップ戦などではガルシアがもう1枠のCBですね。
いずれもコンパニと同等の働きは流石に期待できませんが、例え外から連れてきても彼の穴はそう簡単に埋まらないので今まで通りチームワークでカバーしてほしいです。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/08/10(Sat)13:02:09
  • 編集

無題

私はシティに一票です。
シティ派のお三方のコメントにうなずくばかりです。
ただ、リバプールとは開幕から最後まで続くデッドヒートは去年と同じかなと。
疲れ、怪我人を抱えたとしても、デッドヒートのプレッシャーもなく、当然のようにサラリと勝ち続けられるのが、ペップとクロップのチームのとんでもないところなんですよね。
よそのチームからすると、やれやれ、やっぱつええなぁとため息が出るばかりです。

スパーズは、セセニョン、ケイン、ソンが噛み合いそうですし、大崩れも予想しづらい。
スパーズ3位は固いですね。
派手な補強で夏を賑わせたアーセナルは、駒が揃ったエメリ監督が、どんなチームに仕上げるのか?予想しづらいですね。
ラカ、オーバにペペ、セバージョスの、時間かければまとまりそうな前線より、ルイス、ソクラテス、ムスタフィ、トレイラの歯車の噛み合いの方が、アーセナルの今季の鍵な気がします。
これで、4位でなきゃ困る!!

管理人さんの愛するユナイテッドも、予想しづらいですね(笑)
何にしても、3位以下は一喜一憂のシーズンになりそうですよね。
  • エミリー
  • 2019/08/10(Sat)13:49:02
  • 編集

無題

シティ、リバプール、スパーズの順位はほぼ確定でしょうね
守備の良いチームの方が順位上になりやすいので守備陣補強に成功したユナイテッドが4位に滑り混んでアーセナルとチェルシーが5位争いするんじゃないかなと思います
エバートンはゲイエ抜かれたりCB補強できなかったりしてるんですいつも通りの期待された結果が残せない8位前後のシーズンだと思いますね
  • チェルサポ
  • 2019/08/10(Sat)15:51:21
  • 編集

無題

メタな見方で監督を見るならグアルディオラ>クロップ>ポチェ>エメリ、ヌノ、ロジャーズ、ペレグリーニが4位争いでスールシャールが入るのか入らないかよく判らない、ランプスが未知数
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/08/10(Sat)15:57:55
  • 編集

無題

私はシティに一票です。
シティ派のお三方のコメントにうなずくばかりです。
ただ、リバプールとは開幕から最後まで続くデッドヒートは去年と同じかなと。
疲れ、怪我人を抱えたとしても、デッドヒートのプレッシャーもなく、当然のようにサラリと勝ち続けられるのが、ペップとクロップのチームのとんでもないところなんですよね。
よそのチームからすると、やれやれ、やっぱつええなぁとため息が出るばかりです。

スパーズは、セセニョン、ケイン、ソンが噛み合いそうですし、大崩れも予想しづらい。
スパーズ3位は固いですね。
派手な補強で夏を賑わせたアーセナルは、駒が揃ったエメリ監督が、どんなチームに仕上げるのか?予想しづらいですね。
ラカ、オーバにペペ、セバージョスの、時間かければまとまりそうな前線より、ルイス、ソクラテス、ムスタフィ、トレイラの歯車の噛み合いの方が、アーセナルの今季の鍵な気がします。
これで、4位でなきゃ困る!!

管理人さんの愛するユナイテッドも、予想しづらいですね(笑)
何にしても、3位以下は一喜一憂のシーズンになりそうですよね。
  • エミリー
  • 2019/08/10(Sat)16:00:33
  • 編集

無題

優勝シティ、2位リバプール、3位スパーズ、4位アーセナルだと思います。
リバプールは去年が会心のシーズンだったのに関わらずシティの安定感に屈して2位でしたし、戦力的に上澄みのない今季の優勝は厳しいかなと。トーナメント戦の爆発力はピカイチだと思いますが。
スパーズも大コケは考えづらいですし、順位の変動はあるかもしれませんが3位まではほぼ決定じゃないかなと。
流動的なのは4位ですが昨季のエメリの手腕と前線の得点力を考えればガナーズだと思います。

ユナイテッドは前線と中盤の選手層の薄さと昨季のスールシャールの手腕から年明けあたりにはスールシャールが解任されると予想します。
チェルシーも補強禁止は痛すぎましたね、今季は我慢のシーズンでしょう。
  • ダービー
  • 2019/08/10(Sat)17:57:29
  • 編集

無題

まさかのルイス移籍に、チェルシーファンとしては皆さんの予想に頷くばかりですね。レドナップから甥に向けた「4位に入れれば素晴らしい」というコメントも過度な期待への助け舟でしょうか。
  • nor
  • 2019/08/10(Sat)18:09:47
  • 編集

トフィーズの潜在力は…

エヴァートンは層が厚いとはいえない2CBがベストフィット&シーズンフル稼働出来れば、中盤と前線には実力者を揃えているだけに5位フィニッシュは十分あり得ると思いますね。
リーダー格のジャギエルカが抜けましたが、生え抜きのコールマンならその役割を引き継げるでしょうかね。ベインズは流石に年齢的に毎試合先発とはいかないんで。
あとは前線の選手層を見るにちょっと余り気味かな?といった感じも受けます(笑)ここから何人かOUTするのかもしれませんが
  • xof ybot
  • 2019/08/10(Sat)20:06:06
  • 編集

無題

シティはフェルナンジーニョの後継者、何かと怒られがちなウォーカーのライバルを補強出来たので今季も優勝争いをリードするチームとなるでしょう。
一方のリヴァプールはオリジとケイタに期待しているのか、目立った補強はなし。先日のノリッジ戦も何回かピンチを作られていましたし、このままだとどこかで勝ち点落とすだろうなぁという気がします。
アーセナルは必要なピースが揃ったので、後はエメリがどう活かすか。スパーズも堅実で良い補強。
問題は残りの2チームです。共通の課題は得点力に乏しい点。お互いに期待の若手が爆発すれば、これまた面白いシーズンになりそうですが、果たして...!?
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/08/10(Sat)22:05:16
  • 編集

無題

シティ、リバプール、スパーズで3強を形成するのは間違いないと思います。
プレミアはBIG6なんて呼ばれていますがすっかり上記の3チームとユナイテッド、チェルシー、ガナーズには差がついてしまった気がします。
移籍に使ってるお金にはそんなに差がない以上、フロントの優秀さやクラブの長期的な視点の有無の差だと思うんですがこれからこの差が埋まることはあるんでしょうか。
特に素人が移籍を仕切っているユナイテッドやチェルシーあたりは変革が必要だと思います。
  • リージョ
  • 2019/08/10(Sat)22:44:19
  • 編集

無題

プレミアリーグの過去5シーズンのデータを見てみると、失点が42以下のチームが4位以内に入っています。そうするとシティ、リヴァプール、スパーズは4位内は堅いでしょう。4位争いは昨シーズンの失点が38のチェルシー、しかし新監督と若手が未知数、ユナイテッドはマグワイアとワンビサカが入って失点54からどこまで減らせるかが鍵になりそうです。

アーセナルは得点力は元々データ上上位3チームに入ってますが、昨シーズンからの守備陣への上積みがコシエルニーからルイスで±0と考えても失点52から大幅に減ることはなさそうなので5位辺りでしょうか。むしろヨーロッパリーグ優勝を狙ったほうがこのチームの攻撃力なら大いにC L権を狙えそうです。

個人的に注目してるのが昨シーズンの失点が40点台のウルブス 、エバートン、レスターです。特にウルブスは的確な補強をしてるので、トップ4争いに食い込んでくるのではないかと予想します。

優勝はリヴァプール、チャンピオンズリーグはシティ、ヨーロッパリーグはガナーズが制覇すればプレミアファンとしては嬉しいですね。それができるだけのチームが揃っているので今シーズンも凄く楽しみです。
  • Pará
  • 2019/08/11(Sun)00:34:27
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ