レスターの2度めの戴冠はあるのか?「BBC」がラニエリとロジャースのチームを徹底比較!

「あの年」は、5勝4分1敗の勝ち点19でプレミアリーグ5位。7節のアーセナル戦はホームで2-5と大敗しており、10節のクリスタル・パレス戦を1-0で勝つまで、クリーンシートはありませんでした。あれから4年。ブレンダン・ロジャース率いるレスターは、奇跡的なプレミアリーグ制覇を果たした2015-16シーズンを上回るペースでポイントを重ねています。10節を終えて6勝2分2敗で勝ち点20。「Are Rodgers' side better than Ranieri's title winners?(ロジャースのサイドは、タイトルウィナーのラニエリよりも優れているのか?)」と題したレポートを配信した「BBC」のエムリン・ベグレイ記者が、2つのチームの違いを指摘しています。

2015-16シーズンの最強チームは、10節までで得点20失点17。半分の5試合で2失点以上を喫しており、この後の28試合を21失点で終える堅守の予兆はありませんでした。ラニエリ監督の最大のお手柄は、当初レギュラーだったデリートとシュラップのSBコンビを見限り、守備に長けたダニー・シンプソンとクリスティアン・フクスを抜擢したこと。5節までサブの選手だったエンゴロ・カンテは、運動量と守備力を評価されてトップ下からセントラルMFにコンバートされ、堅守速攻のチームが完成しました。

ブレンダン・ロジャースの2019-20モデルは、マン・シティに次ぐプレミアリーグ2位の25ゴールを挙げており、8失点は首位レッズやシェフィールド・ユナイテッドと並んでリーグ最少です。ベグレイさんは、両者の対戦相手についてもデータを取っています。2015年のチームが最初の10試合で当たったチームは、10節終了時の平均順位が11位。今季は10位で、ビッグ6に対しては1勝1分2敗ですが、どの試合も互角に渡り合っています。大きく違うのは、首位に立っているチームの強さです。2015-16シーズンは、1位のマン・シティから5位まで3ポイント差のダンゴレースでしたが、2019-20シーズンのリヴァプールは未だ無敗で8ポイント差をつけられています。

「BBC」の記事は、ここからがメインテーマ。ラニエリとロジャースの戦術分析です。ジェイミー・ヴァーディーと岡崎慎司を前線に固定した4-4-2のラニエリに対して、ロジャースのスカッドは4-1-4-1と4-1-2-3を併用する流動的なスタイル。イタリア人はポゼッション42%のカウンターサッカーで、北アイルランド出身の若き指揮官はリーグ3位の59%を占有するパスサッカーです。無名の選手をかき集めた4年前のチームは、ショートパスが2630本、ロングパスは696本。ショートパスの本数はプレミアリーグ最少で、21%がヴァーディーやマフレズを走らせるロングボールです。

これに対して、現在のチームのショートは4872本でリーグ4位。ロングは559本と10%に留まっています。優勝したシーズンまでにプレミアリーグ通算5ゴールという数字しか残せてなかったヴァーディーは、今や絶対的なエース。アヨゼ・ぺレス、ハーヴィー・バーンズ、ジェームズ・マディソン、ユーリ・ティーレマンスの手厚いサポートで9発を決め、得点王争いのTOPに立っています。

ラニエリのチームは、ボールを奪われるとすぐさまリトリートし、低いブロックでクロスを回避するスタイルでした。両サイドやカンテがカットしたボールは、岡崎慎司やマフレズを経由してヴァーディーに届きます。「クリーンシートを達成したらピザをおごる」と公言した指揮官はひたすら守備重視で、10節のクリスタル・パレス戦の後に約束を果たしました。「目標は40ポイント」が口癖で、降格回避がミッションであるという姿勢を崩しませんでした。

ロジャースのチームで左サイドを担うベン・チルウェルは、「TOPになるためにここにいる」と強気なコメントを残しています。カンテより展開力があるエンディディが前方にボールを散らし、551本のパスを記録しているティーレマンスが攻撃にリズムをもたらしています。マフレズやオルブライトンのような正統派のウインガーではなく、中央志向で流動性が高いジェームズ・マディソン、ハーヴィー・バーンズ、アヨゼ・ぺレスが活躍しているのも特徴のひとつです。

守備のスタッツも、ロジャースとラニエリの違いを表しています。2015-16シーズンのフートがチーム最多のタックル17回だったのに対して、リカルド・ペレイラは46回、チャグラル・ソユンチュは24回。現在のチームには、フートのシュートブロック9回とクリア80本に届く選手はおらず、「スペースを埋めてパスをカットするラニエリVS積極的に獲りにいくロジャース」という図式が成立しています。

無名の選手たちに守備戦術を徹底させ、無欲の優勝を遂げた4年前より今のチームのほうが強そうに見えますが、レスターは2度めの戴冠に届くのでしょうか。イアン・ライトさんは「後ろから前まで、すべて素晴らしい。マンチェスター・シティとリバプールが滑り落ちたら、一貫性が高い彼らが勝つ可能性がある」。クリス・サットンさんは否定的で、「最大の違いはおそらくカンテだ。ここまではよくやっているけど、たった10試合でその話は時期尚早。彼らは今年リーグに勝つつもりはない」と語っています。

優勝といわれると「相手が悪い」と及び腰になりますが、4年前よりエキサイティングでおもしろいチームであることは間違いありません。どこまでいけるか、ブレンダン・ロジャース。週末のクリスタル・パレス戦が、今から楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

アーセナルファンとしては歯がゆい気持ちもあるのですが、レスターを含めウルブス、パレスなど「今まで格下だと思っていたチーム」がとても魅力的なサッカーをしていることが当たり前になってきました。
レスターに至っては、アーセナルよりも“塩試合”と呼ばれる試合は少ないでしょう。

「どうせ優勝できないのならば」という仮定なら魅力的なゲームを演出してくれるチームを応援したくなりますよね。

そんなレスター戦がアーセナルに迫っていて戦々恐々としております。。。。
  • ぐなです
  • 2019/11/02(Sat)09:10:03
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ