2018年最後のイングランド、締めくくりはやっぱりハリー・ケイン!

UEFAネーションズリーグという大会を制することに、どれほどの価値があるかはわかりませんが、チームのクオリティを高めたい代表監督と経験を積みたい若手選手にとっては、真剣勝負の機会が増えるのはポジティブなことです。リーグAのグループ3で1勝1分1敗のイングランドは、クロアチアに勝てばプレーオフ進出、敗れればリーグBに降格という状況。ガレス・サウスゲート監督は、今季プレミアリーグで急成長を遂げたレスターのベン・デイヴィスとリヴァプールのジョー・ゴメスを大事な試合のスタメンに抜擢しました。カイル・ウォーカーとジョン・ストーンズのマン・シティコンビが最終ラインに入り、中盤はロス・バークリー、エリック・ダイアー、デルフ。前線にはスターリング、ハリー・ケイン、ラシュフォードが並んでいます。

開始2分にジョン・ストーンズの不用意な縦パスから、デルフが無理な体勢でバックパスを強いられ、ピックフォードがボックスの入口まで飛び出してスライディングでクリア。レビッチが無人のゴールに蹴ったボールは大きく浮き上がり、イングランドは命拾いしました。クロアチアの2列めには、岡崎慎司とのレギュラー争いに敗れた元レスターのクラマリッチや、エヴァートンで出番を失ったブラシッチといったプレミアリーグ出身の選手が揃っています。10分、楔のパスを受けたハリー・ケインがすかさず反転して見事なスルーパスを前線へ。完全に抜け出したスターリングはフィニッシュのタイミングが遅れ、工夫のないシュートをGKカリニッチにぶつけてしまいました。

11分のCKをジョン・ストーンズが競り勝つと、左でフリーだったハリー・ケインのハーフボレーはミスキック。イングランドの前半最大のチャンスは、15分に訪れました。ラシュフォードが最終ラインの裏にロングフィードを入れると、フリーのスターリングがカリニッチと競り合い、GKがヘッドで押し出したボールがハリー・ケインへ。最初のボレーはゴール前に戻ったイェドバイが頭でクリアし、2発めの右足シュートはカリニッチが体を張ってセーブしました。25分にCKのクリアを思い切り叩いたチルウェルのボレーも、カリニッチがセーブ。40分のチルウェルのクロスは、クリアをダイレクトで捉えたロス・バークリーのボレーが右に外れます。前半は0-0ながら、イングランドのペース。しかし57分、先にゴールを決めたのはアウェイのクロアチアでした。

右からのグラウンダーを受けたクラマリッチには、エリック・ダイアーとジョン・ストーンズが着いていました。フェイントをかけて2人をかわし、右足で放ったシュートは力はなかったものの、エリック・ダイアーの腿にヒットしてゴールイン。サウスゲート監督は63分にロス・バークリーをデル・アリに代え、73分にはデルフをリンガード。負傷したラシュフォードはロッカールームに直行し、ジェイドン・サンチョが投入されています。攻め立てながら、ゴールが遠いイングランド。ハリー・ケインが決めていれば、デル・アリが最初からいたら…と、「たられば」が頭をもたげてくる時間帯です。

78分、ついにイングランドが追いつきました。ジョー・ゴメスのロングスロー。ジョン・ストーンズが競り勝ち、左のハリー・ケインにボールが流れたところまでは前半のデジャブー。エースが右足でプッシュしたボールがカリニッチとデヤン・ロブレンに当たってゴール前に転がり、詰めたリンガードがいわゆるごっつぁんゴールをものにしました。決勝ゴールは85分、得意のセットピース。チルウェルが蹴ったボールがクロアチア守備陣の裏に出ていたエースに届き、スライディングボレーが右のサイドネットに吸い込まれました。

「It’s Coming Home」。サッカーの母国の素晴らしい1年をサポーターがチャントで称え、最終盤のウェンブリーは感動的な雰囲気になっていました。聖地のピッチには、ハリー・ケインのゴールがよく似合います。「ワールドカップで獲得したメンタリティと団結をキープしてきた。素晴らしい勝利だった。チームはうまくいっている」。来年の6月に行われるUEFAネーションズリーグの準決勝に進出するのは、既に決まっているスイス、ポルトガル、イングランドに加えて、調子が上がっているオランダでしょうか。この大会にどれほどの価値があるのかはわかりませんが、ここまできたら優勝を狙いましょう。「チームが進化し続けるための最良の方法は、ビッグマッチに勝つこと」と語ったエースのゴールで。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

主力の不振&負傷、厳しい日程…今季の解任第2号はセインツのマーク・ヒューズ監督か⁉

インターナショナルマッチウィークが始まって間もなく、フラムのスラヴィシャ・ヨカノヴィッチ監督が解任になりましたが、私はサウサンプトンのマーク・ヒューズ監督が先だろうと思っていました。2017-18シーズンの最終盤にマウリシオ・ペジェグリーノ監督が解任となり、後を継いだウェールズ人指揮官は、プレミアリーグ8試合を2勝2分4敗とチームを立て直せなかったものの、スウォンジーとの直接対決をものにしてぎりぎりセーフ。3年前にはチャンピオンズリーグ出場権獲得をめざしていた野心溢れるクラブは、新監督を物色すると思いきや、何とか残留に漕ぎ着けた監督と3年契約を交わして新シーズンをスタートさせました。

タディッチとブファルが抜けた穴は、セルチックから獲ったアームストロングとバーゼルから来た新鋭エルユヌシで埋める算段だったのだと思われますが、両者とも未だフィットせず。リヴァプールから借りてきたダニー・イングスが4ゴールと奮闘していますが、チャーリー・オースティン、ガッビアディーニ、シェーン・ロングが揃ってパッとせず、昨季1ゴールと沈黙したレドモンドもゴールの決め方を思い出すことができません。プレミアリーグ12節が終わったところで、1勝5分6敗の17位。8ゴールは下から2番めで、21失点は1年前の1.5倍です。最終ラインの中心となるはずだったヴェステルゴーアは吉田麻也とともにベンチが定位置となり、フル出場のウェズレイ・フートはマークの受け渡しとデュエルでミスを連発。好不調の波が激しい守備は、早期に改善しなければなりません

「BBC」が紹介してる数字を見れば、マーク・ヒューズ監督がいかに厳しいかは一目瞭然です。2013-14シーズンに指揮を執ったポチェッティーノ監督は、23勝18分19敗で勝率38.3%。2015-16シーズンにプレミアリーグ6位に食い込み、EL出場権を獲得したロナルド・クーマン監督は、44勝17分30敗で勝率48.4%という良績を残しています。内向的なキャラと守備的な戦術が不評だったクロード・ピュエル監督は、20勝13分20敗で37.3%。前任のペジェグリーノ監督が8勝13分13敗で23.5%だったのに対して、現指揮官の24試合は5勝8分11敗と20.8%しか勝っていません。かつてはマンチェスター・シティで指揮を執っていたマーク・ヒューズ監督自身にとっても、この戦績はQPR時代の8勝6分20敗&勝率23.5%を下回るワースト。このままシーズンを終えれば、勝ち点30フィニッシュとなり、2004-05シーズンに最も低い勝ち点で残留したWBAの34ポイントに届きません。

セインツの年末までの7試合は、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、アーセナルとビッグ6との対戦が3つもあり、フラム、カーディフ、ハダースフィールドといった「直接対決」はいずれもアウェイ。セント・メアリーズで戦えるウェストハム戦も勝ち点を稼げるカードとはいえず、7戦勝利なしで終わってしまうかもしれません。Xデイは、次節のフラム戦の直後か、あるいは16節のカーディフ戦で敗れたときか。ここまで中盤を支えてきたレミナが筋肉を傷め、ダニー・イングスもハムストリングをやってしまいました。ホイビュルグの相棒はロメウ?ウォード=プラウズ?最前線を任せるのは、レッズから来たストライカー以外で唯一ゴールを決めているガッビアディーニ?SBとGK以外は課題だらけのマーク・ヒューズ監督が、巻き返しに成功する可能性はゼロに近いのではないかと思われます。

このうえは、クーマン時代の強いチームを知っているバートランド、セドリク・ソアレス、吉田麻也、マット・ターゲット、ロメウ、ウォード=プラウズ、スティーブン・デイヴィス、チャーリー・オースティンらに望みを託す「原点回帰プラン」はいかがでしょうか…⁉休み明け初戦は、とにかく明るいクラウディオ・ラニエリ監督を迎えて意気上がるチームです。いやー。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

パスはチェルシー、運動量はアーセナル、スプリントはリヴァプール~プレミアリーグの新潮流【後編】

「パスはチェルシー、運動量はアーセナル、スプリントはリヴァプール~プレミアリーグの新潮流【前編】」より続きます。今季プレミアリーグにおけるパス関連のスタッツでは、さまざまなランキングのTOPをチェルシーが独占しているのですが、走力に関するカテゴリーではライバルクラブが頂点に立っています。「最もよく走るチームは?」と聞かれて、どこを思い出すでしょうか。従来は、トッテナムやボーンマスが常連だったのですが、2018-19シーズンのスパーズは2位、ボーンマスは4位。TOPに立っているのはアーセナルで、マルコ・シウヴァ監督のエヴァートンが3位に食い込んでいます。

イギリスメディア「スカイスポーツ」が火曜日に配信した記事「Arsenal and Liverpool top the Premier League running stats(走るスタッツの頂点に立つアーセナルとリヴァプール)」から、走行距離とスプリントのランキングを紹介しましょう。走行距離で1位のアーセナルは1375.7kmで、2位のトッテナムが1370.7kmと熾烈なノースロンドンダービー。エヴァートンは1356.1km、ボーンマスは1354.2kmと上の2つに差をつけられています。5位はチェルシーで、1347.8km。個人ランキングTOPのカンテが141.87kmでチームを押し上げており、2位がクリスタル・パレスのミリヴォイェヴィッチの140.69km、3位はウルヴスのルベン・ネヴェスで138.63kmを走破しています。4位ジョルジーニョ、5位ドゥクレという並びも、プレミアリーグの試合を見ていれば納得でしょう。

人間よりもボールが動くイメージが強かったガナーズは、スプリント本数でも1415本で4位にランクイン。こちらの1位は、ユルゲン・クロップのヘヴィ・メタルフットボールが健在のリヴァプールで1486本です。マンチェスター・シティが1454本で2位、ボーンマスが1420本で3位につけ、5位はエヴァートンの1385本。個人ランキングを見ると、レスターのベン・チルウェルが252本で独走し、スターリングが221本、モー・サラーが210本で続いています。エメリ監督の就任でプレースタイルが変わったガナーズの心臓は、ルーカス・トレイラです。最初の5試合は途中出場だったアンカーは、ジャカとムスタフィに次ぐ628本のパスを通しており、ビッグ6のMFで最多のインターセプト20回を記録。前の選手を見ながらもらえる位置に動き、縦やサイドに素早くボールを送る若きセントラルMFのプレイが、エメリ戦術の骨格となっています。

「走るアーセナル」を象徴しているのが、5~6人が一斉にスプリントする速攻です。ダイレクトパスを駆使しながらサイドを陥れ、グラウンダーでゴールを狙う秒殺のアタックは、ゴール前に人数を置いて守りたい下位クラブにとっては脅威でしょう。ラムジーだけでなく、エジルやミキも上下動を繰り返し、グエンドゥジがあらゆるところに顔を出す新生ガナーズは、パスの精度を高められればもっとゴールを量産できるはずです。最終ラインの安定化と、コンビネーションのクオリティUPが、エメリ監督の喫緊の課題だと思います。

「フルスロットル」「ゲーゲンプレッシング」が看板だったリヴァプールは、アリソン、ファン・ダイク、ジョー・ゴメス、ワイナルドゥムによって背骨が強化され、堅守のチームにモデルチェンジ。ベルナルジ、リシャルリソン、ウォルコットと、前線に突破力がある選手を配したエヴァートンは、シグルズソンがいいときのパスワークとゴールの決め方を思い出し、直近6試合を4勝1分1敗と調子を上げています。ボールを支配しながらサイドに穴を開け、速いクロスでゴールを狙うアタックと、前で奪って一気にスプリントする速攻を組み合わせて攻めるチームが増えたプレミアリーグ。チェルシー、アーセナル、リヴァプール、エヴァートンはどこまでクオリティを上げられるのか。走力では負けないスパーズは、昨季と同じ顔ぶれで進化することができるのか。キャラ立ちまくりのチームが鎬を削る極上のシーズン。彼らがペップに立ち向かい、最後まで優勝争いが続くことを願ってやみません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

パスはチェルシー、運動量はアーセナル、スプリントはリヴァプール~プレミアリーグの新潮流【前編】

マテオ・コヴァチッチ、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、ロス・バークリー、ジョルジーニョ、ナンパリス・メンディ、ムザ・デンベレ、ルーカス・トレイラ、ジョーダン・ヘンダーソン、ファン・マタ、エンゴロ・カンテ。この10人の名前を見て、何を想起するでしょうか。コヴァチッチ93.1%、ワイナルドゥムが92.2%…そう、今季プレミアリーグにおける中盤の選手のパス成功率ランキングです。

サッリ監督の下で生まれ変わったチェルシーから、主力4人が全員入っているのに対して、同じく圧倒的なポゼッションを誇るマンチェスター・シティからのTOP10入りはゼロ。ペップのチームはパスの精度が低いのかといえば、さにあらずで、全体の1位がジョン・ストーンズの94.6%、コヴァチッチに次ぐ3位に92.8%のラポルテがランクインしています。中盤ではダヴィド・シルヴァが88.5%で12位、フェルナンジーニョは88.3%で14位に顔を出しており、後方で確実にまわして相手を動かし、中盤の3人からはアグレッシブなボールがサイドや前線に飛ぶペップスタイルが頭に浮かびます。

さて、チェルシーです。マウリツィオ・サッリの指揮の下で戦ったプレミアリーグは12試合。これほどの短期間で劇的に変貌を遂げたチームは、2004-05シーズンの最初の12試合で9つのクリーンシートを数えたジョゼ・モウリーニョのチェルシー以来ではないでしょうか。パス成功率Nop.1のコヴァチッチ、141.87kmで走行距離トップのエンゴロ・カンテ、パス本数1186本&スルーパス9本と2部門でトップを走るジョルジーニョ。左のインサイドMFというポジションゆえチャレンジする機会が多いのに、パス成功率92%に加えて3ゴール3アシストという数字を残しているロス・バークリーも秀逸です。プレミアリーグで8勝4分と無敗のチームは、ここまで8706本のパスを通していますが、これは2位のマンチェスター・シティを450本も引き離すぶっちぎりのTOP。スルーパス41本もマン・シティを12本も引き離しており、パスの本数、質、バリエーションはライバルを凌駕しています。

このチームにハリー・ケインやアグエロがいれば、マンチェスター・シティの上にいたかもしれない…とはいい過ぎでしょうか。アルバロ・モラタは直近5試合で4ゴールと調子を上げてきてはいるものの、はまらない試合は消える時間が長く、4つのドローゲームはジルーともども不満の残る出来でした。今季のチェルシーがリードされていた時間は、スレイマン・バンバに先制されたカーディフ戦の21分と、マルシアルの2発で逆転されたマンチェスター・ユナイテッド戦の23分間のみで、ほとんどの時間で主導権を握っています。勝負強いストライカーがいれば、いくつかの引き分けは勝ち点3で着地させられたはずです。パス成功率が極めて高い3センターと、ウィリアン、ペドロ、アザールに支えられているモラタには、20発を要求したいところ。最前線で楔を受ける役割を10番に肩代わりさせてはいけません。

今季のプレミアリーグで大改革が行われたのは、チェルシーばかりではないのですが、次の話に移ると長くなりますので、続きは次稿とさせていただきます。「パスはチェルシー、運動量はアーセナル、スプリントはリヴァプール~プレミアリーグの新潮流【後編】」は、完全にリニューアルしたノースロンドンのライバルクラブのスタッツから紹介いたします。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

盤石ペップVS逆転のモウリーニョ…恐怖の夕暮れがやってくる!マンチェスターダービープレビュー。

タイムアップの笛の後、ジョゼ・モウリーニョ監督はスタンドに向けて耳に手をやる仕草で静かに抗議しました。何しろ、インテルで3冠を達成した監督です。敵地アリアンツで、厳しい洗礼が待っていることは覚悟していたでしょう。「いかにもイタリアというべき美しい方法で、彼らは私を90分の間罵倒し続けた。私は侮辱はしていない。ちょっとしたことをしただけだ。何百万人もいるインテルファンは、喜んでくれただろう」「ユヴェントスの選手や監督をリスペクトしている。そして、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたわれわれの選手たちを誇りに思っている」。プレミアリーグのチェルシー戦でも心ない野次を背中に浴びせられた指揮官は、同点に追いつかれた悔しさもあってか相手のスタッフの挑発に激高しましたが、トリノの最高の夜は、超然とした物腰を崩しませんでした。その姿を確認したとき、チームはいい状態なのだと確信しました。

あす日曜日、現地時間16時30分(日本時間12日1時30分)からマンチェスターダービーが開催されます。下馬評は、ホームのマンチェスター・シティが断然優勢。プレミアリーグ11戦9勝2分、得点33に対して失点わずか4という圧倒的なスタッツを見せつけられれば、昨季王者が勝つという予想に反論することはできません。体調のよさを実感しているアグエロが7ゴール、中央に斬り込むドリブルが凄みを増したスターリングが6ゴール。デブライネの穴はベルナルド・シウヴァが埋め、ベテランのダヴィド・シルヴァとフェルナンジーニョは安定しています。ガブリエウ・ジェズス、サネ、マフレズ、ギュンドアン、フォーデンとアタッカーの層が厚く、主力が2~3人抜けてもクオリティが落ちないチームは、エティハドでのシックスポインターでも中盤を支配するはずです。

対するマンチェスター・ユナイテッドは、6勝2分3敗でプレミアリーグ7位に停滞しています。モウリーニョ監督とポグバ&マルシアルの確執が伝えられ、一時はボトム10に沈んだチームは、負けたら監督解任とまで報じられたニューカッスル戦を0-2から逆転。11節のボーンマス戦も、惨敗かと思われた序盤の劣勢を立て直して1-2で逆転勝利を飾り、CLのユーヴェ戦はラスト4分からの2発で1-0をひっくり返しました。セント・ジェームズ・パークの決勝ゴールは90分のアレクシス・サンチェス、ボーンマス戦は92分にラシュフォード、イタリアでは90分にオウンゴールと、サー・アレックス時代を彷彿とさせるドラマティックな逆転劇を連発。チェルシーやセリエA王者と熱戦を繰り広げながら、直近6試合を4勝1分1敗と巻き返しています。プレミアリーグ4戦5発と絶好調のマルシアルは、指揮官との関係を修復したのではないでしょうか。勝利を重ね、メンタルコンディションがよくなっているマンチェスター・ユナイテッドは、最高のタイミングでダービーを迎えられたのではないかと思われます。

明日の展開を想像してみましょう。ペップは、好調のスターリングをアシュリー・ヤングの執拗なチェックから遠ざけ、左にサネを配するとみます。トップはアグエロ、中盤はシルヴァ&シウヴァとフェルナンジーニョ。ポグバとマルシアルがいるサイドはオーバーラップを抑え気味にして、バンジャマン・メンディとサネでアグレッシブに仕掛ける戦術と予想します。ポグバとマティッチは当確のモウリーニョ監督は、右のインサイドに誰を置くでしょうか。守るならフェライニかエレーラ、押し返すならフレッジか。フェライニ、マタ、ラシュフォードを劣勢に立たされた際の切り札とするなら、ユーヴェ戦と同様にエレーラとリンガードでスタートすることになります。

ペップの目論見は、序盤からラッシュをかけてハーフタイムで2-0、3-0。モウリーニョ監督は、0-0で折り返して後半勝負としたいところです。マン・ユナイテッドが最も抑えたいのは、前線に勝負のパスをフィードするダヴィド・シルヴァ。ポグバの攻め上がりと、マルシアルの突破力がゴールを決められるかどうかのキーとなるでしょう。いやー、どこからどう見ても、ペップ半端ないとしか思えない恐怖の夕暮れです。スコア予想…やめておきましょう。1-0で終盤まで進み、セットピース2発で…ああ、ユーヴェ戦の興奮が未だ冷めやらないようです。昨季のエティハドは、2-0からポグバの2発とスモーリングのボレーで大逆転。目の前での優勝決定を阻止した会心の試合のリプレイを繰り返し観ながら、「フットボールは何が起こるかわからない」と念仏のようにつぶやいている次第であります。ともあれ、ナイスゲームを!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ