おめでとうイングランド!U-20ワールドカップ優勝の陰の立役者はチェルシーユースとロナルド・クーマン!

おめでとうございます!20歳以下限定の大会ではありますが、サッカーの母国が主要大会で世界を制したのは半世紀ぶりです。韓国で開催されていたU-20ワールドカップは11日に決勝が行われ、イングランドが1-0でベネズエラを破って初優勝を遂げました。この日のヒーローは、前半35分に唯一のゴールを決めたエヴァートンのドミニク・カルヴァート・ルーウィンと、74分にペニャランダのPKをストップしたニューカッスルGKウッドマンですが、陰の立役者はチェルシーのアブラモヴィッチオーナーとユース統括責任者のニール・バスさん、そしてエヴァートンのロナルド・クーマン監督ではないでしょうか。

ニール・バスさんがウェストロンドンのアカデミーを任されたのは2004年。地域に根ざしたスカウティングやU9世代からの一貫教育など、敏腕ディレクターの下でユース強化システムを整備したチェルシーは、U-18チームがFAユースカップにおいて7年で5回の優勝と圧倒的な強さを誇り、2016年には3連覇を達成。U-19もUEFAユースリーグで連覇を果たしており、昨年の夏にはエリートプレイヤーパフォーマンスプラン(EPPP)を推進するプレミアリーグに3年間のカテゴリーワン格付けという最高の評価を受けています。2016年のユースカップ決勝では登録15選手全員がイングランド代表に入る資格があり、UEFAの大会も25選手中21人までが地元出身者。今回のU-20代表においても、トモリとクラーク=ソルターのCBコンビと最前線のドミニク・ソランケがレギュラーとして活躍しており、チェルシーユースの真摯な取り組みがなければ偉業は達成できなかったでしょう。

チェルシーの後を追うように、マンチェスター・シティやリヴァプールなどプレミアリーグのトップクラブは軒並みユース世代育成に力を入れておりますが、近年課題となっているのは18歳以降の伸び悩みです。U-20ワールドカップで大会最優秀選手に選ばれたドミニク・ソランケが、プレミアリーグに1度も出ていないというのが象徴的。技術的に優れた選手はファーストチームのベンチには届くものの、ワールドクラスをかき集めたチームで試合に出られないケースが多く、下位クラブやチャンピオンシップに出されたまま、そのレベルの選手に落ち着いてしまうこともしばしばあります。パトリック・バンフォード、ジェームズ・ウィルソン、チュバ・アクポム、ロフタス=チーク…類まれなる才能がありながら開花しきれない選手たちが、いつしか名前も聞かれなくなるのではないかと心配になります。

この課題に対して風穴を開けたのが、ロナルド・クーマン監督でした。ジョンジョ・ケニー、カラム・コノリー、キーラン・ドーウェル、アデモラ・ルックマン、ドミニク・カルヴァート・ルーウィンと、U-20代表に最多の5人を送り出しているエヴァートンは、ウィガンに貸し出されていたコノリーと分厚い中盤の壁を破れなかったドーウェル以外の3人が今季プレミアリーグに出場しています。最高の出世頭はカルヴァート・ルーウィン。昨季の後半戦から頭角を現わして11試合1ゴールという数字を残したアタッカーが、U-20ワールドカップの緒戦とファイナルで貴重なゴールを決められたのは、日頃から激しいバトルを経験してきたからだとはいいすぎでしょうか。1月のマンチェスター・シティとのホームゲームで衝撃のデビュー戦ゴールを決め、8試合1ゴールでプレミアリーグ初年度を終えたルックマンはいいコンディションで大会に入り、決勝トーナメントでは彼らしい的確なタッチでゴールを積み上げました。

イングランドのフル代表のほうは、ハリー・ケイン、デル・アリ、カイル・ウォーカー、ダニー・ローズ、エリック・ダイアーらスパーズの選手と、ララナ、ナサニエル・クライン、バートランドといった元セインツの選手が目立ち始めており、まさに「ポチェッティーノ王国」。その下の世代はクーマン王国と、サウサンプトンでプレミアリーグの監督のキャリアを始めた2人が若手ブレイクのプロデューサーとなっています。イングランドが強くなるかどうかは、ユース世代の育成強化に加えて、TOP6と中堅クラブの監督が原石をしっかり磨き上げられるかがポイント。鋭い縦パスで優勝チームのアタックを支えたルイス・クックを預かるボーンマスのエディ・ハウ監督や、トゥアンゼベ、ラシュフォード、マクトミネイら20歳以下の有望株を抱えるモウリーニョ監督にもご協力いただき、2022年のカタールワールドカップでは優勝を狙えるチームを創っていただければと思います。ソランケ、ルックマン、カルヴァート・ルーウィン、ドーウェル、クック、トモリ、クラーク=ソルター、ウッドマン…素晴らしい!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ソランケ&ルックマンのマージ―サイドコンビが爆発!U-20イングランド代表がワールドカップ決勝進出!

韓国で開催されているU-20ワールドカップで、イングランド代表がファイナル進出を果たしました。カルヴァート・ルーウィン、ルックマン、ドーウェル、ケニーとエヴァートンの選手が中心のチームは、アルゼンチンに0-3と快勝スタートを切ると、グループステージを2勝1分として首位通過。プレミアリーグデビューを果たしたルックマンや、リヴァプールへの移籍が発表されたソランケの活躍が期待されたものの、1-1で引き分けたギニア戦のゴールは主将クック、1-0で競り勝った韓国戦で決めたのはドーウェルです。最初の3試合では、ストライカーのファインゴールはアルゼンチン戦のアームストロングのみで、ソランケは2-0で勝っていたこの試合の追加タイムにPKを決めただけに留まりました。

決勝トーナメントの初戦は、2014年のブラジルワールドカップでフル代表がゴールを奪えなかったコスタリカ。ここから、ソランケ&ルックマンの「マージ―サイドコンビ」が完全に覚醒します。攻め合いとなった一戦で最初にスコアを動かしたのは、35分のルックマン。中盤で縦パスを受けたソランケが右サイドのケニーを走らせると、ファーに出たクロスを落ち着いてトラップしたルックマンが右足一閃。GKピネダにヒットしたボールがネットを揺らし、ポール・シンプソン監督はガッツポーズです。

強烈な直接FKをクロスバーに当てるなどルックマンは絶好調で、63分には2点めをゲット。プレミアリーグでも左サイドで脅威となっていたカルヴァート・ルーウィンがスアレスを引き連れて突破を図り、中央に軽く折り返すと、素晴らしいタッチでメセンをかわしたルックマンはGKの動きをよく見て股間を抜きました。89分に不可解なPKで1点差に追い詰められたものの、イングランドは2-1で勝利。準々決勝の対戦相手はメキシコです。

ファイナルまでの3試合で、最も苦しかったゲーム。左45度からの素晴らしいコントロールショットをファーポストにぶつけたオノマーがイエロー2枚で退場となり、イングランドはボールポゼッションを明け渡す羽目になりました。勝負を決めたのは、47分のソランケでした。セントラルMFの間を通すキャリックばりの縦パスはクック。トラップして前を向いたソランケは、フィニッシュまでのイメージが出来上がっていたようでした。左に持ち込み、左足で狙ったのはゴール右隅。GKロメロはかろうじて足に当てましたが、外に弾き出すにはボールが強すぎました。

クックの縦パスは冴えわたり、50分にもボックス右のドーウェル(実況の発音は、”ダウ”でした)のシュートチャンスをお膳立てする完璧なボールをフィード。切り返しから放った右足の一撃はゴール前にこぼれますが、DFがラインの手前でクリアして追加点はなりませんでした。メキシコの攻撃を完封したイングランドは、準決勝でイタリアと激突します。

コスタリカ戦に続き、2014年のリベンジを果たしたい相手です。この試合もまた、ソランケ&ルックマンが躍動します。開始2分にオルソリーニの左足のダイレクトショットで先制したイタリアは、結局オンターゲットはこの1本のみ。イングランドが追いついたのは、54分に右サイドに入ったオジョが素晴らしいクロスをフィードするようになった66分でした。速いクロスをGKザッカーニョが右手で弾くと、落下点にいたソランケが冷静にボレー。オジョは77分にも逆サイドにきれいなボールを浮かし、今度はルックマンが競り合ったこぼれ球をボレーで叩き込みます。88分には、ドリブルが冴えていたソランケが右足でダメ押しのミドル。イングランドは仇敵を力でねじ伏せ、ワールドユースと呼ばれていた1993年の3位を超える過去最高の戦績を確定させました。

プレミアリーグ初年度を8試合1ゴールで終えたルックマンは、20歳になる次のシーズンでブレイクしそうな注目株。チェルシーではプレミアリーグに出られなかったソランケは、速いパスコース選択と思い切りのいいシュートでフィルミーノの代役をこなせそうで、順調にクロップスタイルを吸収すればオリギよりも出番が増えるかもしれません。決勝トーナメント以降、すべてのゴールを叩き込んでいる2人のアタッカーは、「南米最弱国」ベネズエラ戦でも結果を出して、サッカーの母国に栄冠をもたらすことができるでしょうか。注目のファイナルは6月11日19時、スウォンワールドカップスタジアムで開催されます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

最下位サンダーランドでもバイエルン以上!稼ぎまくりのプレミアリーグ・テレビ放映権料ランキング

最下位サンダーランドが、昨季王者のレスターと同額!プレミアリーグ公式サイトが、テレビ放映権料の分配金額を発表しました。2016-17シーズンのプレミアリーグは、3年間で国内約69億ユーロ(約8600億円)、総額約95億ユーロ(約1兆1800億円)という高額の新契約初年度。今季、所属した20クラブに支払われた金額は24億ポンド(約3500億円)で、前シーズンの16億ポンド(約2300億円)から1.5倍に増額となります。

分配ルールについて説明しましょう。まず、ベースのイコールシェア(均等配分の固定額)が35億3000万ポンド(約50億円)で、1チームあたり3910万ポンド(約55億5000万円)の海外放映権料と476万ポンド(約68億円)の広告料も均等に支払われます。ここまでが固定費で、全体の半分。残りの1/4が順位によって額が変わるメリットペイメントで、1位チェルシーは3883万ポンド(約55億1000万ポンド)。5位アーセナルまでが3000万ポンド台、10位WBAまでが2000万ポンド台、15位までが1000万ポンド台となっており、最下位サンダーランドは194万ポンド(2億7000万円)しかもらえない傾斜のきつい配分となっています。

そして最後の1/4は、イギリス国内で放映された回数によって変動するファシリティフィー。1位のリヴァプールは29回で3396万ポンド(約48億2000万円)、2位はマンチェスター勢とチェルシーの28回で3283万ポンド(約46億6000万ポンド)で、最も放送が少なかったストーク、バーンリー、スウォンジー、ハル・シティ、サンダーランドが10回で1238万ポンド(約17億6000万円)となります。プレミアリーグの放映権料分配ルールの特徴は、上位と下位の差が小さいこと。1位チェルシーと最下位サンダーランドの金額比率は1.6対1で、欧州主要リーグでは最少差です。各クラブが受け取った分配金の金額を見てみましょう。優勝したチェルシーは、放映権料もTOPで約1億5000万ポンド。昨シーズンの放映権料1位アーセナルは1億100万ポンドで、チェルシーが得た額はほぼ1.5倍です。最下位のサンダーランドは9347万ポンドですが、これは奇跡の優勝を遂げたレスター(放映権料は5位)の9321万ポンドを額面では上回っています。


【プレミアリーグ2016-17 テレビ放映権料分配金】
1位/チェルシー           1億5100万ポンド(約214億円)
2位/トッテナム           1億4500万ポンド(約206億円)
3位/マンチェスター・シティ     1億4700万ポンド(約209億円)   
4位/リヴァプール          1億4600万ポンド(約207億円)
5位/アーセナル           1億4000万ポンド(約199億円)
6位/マンチェスター・ユナイテッド  1億4100万ポンド(約200億円)
7位/エヴァートン          1億2700万ポンド(約180億円)
8位/サウサンプトン         1億2200万ポンド(約173億円)
9位/ボーンマス           1億1800万ポンド(約168億円)
10位/WBA             1億1400万ポンド(約162億円)
11位/ウェストハム          1億1700万ポンド(約166億円)
12位/レスター            1億1600万ポンド(約158億円)
13位/ストーク            1億700万ポンド(約152億円)
14位/クリスタル・パレス       1億1000万ポンド(約156億円)
15位/スウォンジー          1億300万ポンド(約146億円)
16位/バーンリー           1億100万ポンド(約143億円)
17位/ワトフォード          1億300万ポンド(約146億円)
18位/ハル・シティ           9700万ポンド(約137億円)
19位/ミドルズブラ           9900万ポンド(約140億円)
20位/サンダーランド          9300万ポンド(約132億円)
※順位は今季戦績。プレミアリーグ公式サイトより


昨季は総額1位だったアーセナルは、今季は5位。プレミアリーグの順位が2位から5位に落ち、国内の放送回数が27回から25回に減ったのが下落の理由です。最下位でも、ガレス・ベイルやグリーズマンの移籍金を払えてしまうほどの高額が分配されているのがプレミアリーグ。この夏のトランスファーマーケットも、盛り上がるのは間違いなし。14位のクラブが、ベンテケ、ザハ、タウンゼント、キャバイェといった代表クラスを前線に揃え、選手に払う賃金総額で欧州TOP25に入るリーグですので、どの試合もエキサイティングで息が抜けず、年明けから1ヵ月も経つと上位は疲労困憊となるわけです。

ちなみにドイツでは、1強バイエルン・ミュンヘンがテレビ放映権料で9906万ユーロを稼ぎ、1億までもう一歩と話題になりました。本日のレートで換算すると、124億円は…おお、プレミアリーグ21位ですね。イングランドサッカーがいかに潤っているかが、こんな数字を見てもよくわかります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

無欲の快進撃!ハダースフィールドがプレーオフを制してプレミアリーグ初昇格決定!

ハダースフィールド、45年ぶりのトップリーグ昇格決定!プレミアリーグが始まってからは、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドと同じリーグで戦うのはもちろん初めてです。大逆転優勝を遂げて1シーズンで戻ってきたニューカッスル、35年ぶりにトップリーグに復帰するブライトン・アンド・ホーブ・アルビオンとともに、デヴィッド・ワグナー監督のチームがプレミアリーグ2017-18シーズンを戦うことが決まりました。「ハダースフィールドって、どこにあるの?」と聞かれても、日本のサッカーファンの多くは答えられないと思われます。この機会に、彼らの基本情報を整理しておきましょう。ハダースフィールドは、マンチェスターの北西に位置する街で、人口は16万人程度。2万人が在籍するハダースフィールド大学がある学生街であり、産業革命以降に発展した毛織物工業が有名な街です。

ハダースフィールド・タウンFCは、2011-12シーズンまではリーグ1(3部相当)に所属していたクラブで、チャンピオンシップに上がってきてからの4シーズンは、19位、17位、16位、19位と残留争い。レスターの優勝を誰も想像できなかったように、ハダースフィールドがプレミアリーグに昇格すると予想していた方はまずいないでしょう。無欲のクラブは、2月にはニューカッスルをかわして2位に浮上するのではないかと思わせるほどの勢いを見せ、昇格を優先したワグナー監督は、FAカップ5回戦のマンチェスター・シティ戦でカチュンガ、ウェルズ、イジー・ブラウンとレギュラーのアタッカーを3人も先発から外す大胆な策に出ました。ペップのチーム相手にメンバーを落としながらスコアレスドローに持ち込んだこの試合を見て、チャンピオンシップに活きのいいクラブがあることを知った方もいるでしょう。エティハドでの再試合で5-1と粉砕されてFAカップを終えたものの、チャンピオンシップでは5位に入り、4チームで昇格を争うプレーオフに進出しました。

リーグ4位のシェフィールド・ウェンズデーとのプレーオフ1回戦は、0-0、1-1でPK勝ち。ウェンブリーで3位レディングと戦った決勝は、120分をスコアレスで終えてまたもPK戦にもつれ込みました。レーヴェ、ウェルズ、ムーイ、シンドラーと主軸が次々と決めたハダースフィールドに対して、レディングは最後の2人が失敗してジ・エンド。1回戦セカンドレグのシェフィールド・ウェンズデー戦の同点劇はオウンゴールで、ハダースフィールドは誰もゴールを決めず、1度もリードすることなくプレミアリーグ昇格という果実を手に入れることになりました。「私は宇宙でいちばん幸せな男だ」とは、さすがデヴィッド・ワグナー監督。ドイツ生まれのアメリカ人らしいストレートな表現で、幸運な勝利を喜んでいました。

さて、ハダースフィールドは、プレミアリーグ残留を果たせるでしょうか。チームの心臓アーロン・ムーイはマンチェスター・シティから借りてきた選手で、ケーシー・パーマーとイジー・ブラウンはチェルシーからのレンタル。インゴルシュタットからの期限付き移籍のトップスコアラー、カチュンガは150万ユーロを払えば買い取れるものの、ストライカーのナーキ・ウェルズはおそらく上のリーグでは力不足。頼れる選手が1860ミュンヘンからクラブレコードの移籍金で獲得したCBクリストファー・シンドラーとカチュンガぐらいでは、戦えるスカッドとはいえません。プレミアリーグのクラブに対してアドバンテージがあるとすれば、本拠地ジョン・スミスズが24500人収容で、ボーンマスのディーン・コートの倍以上のポテンシャルがあることぐらいです。ハダースフィールドには心からおめでとうといいたいのですが、過去数年の昇格クラブでいちばんしんどそうなのも、また事実。ハラハラしながら夏の補強を見守ることになりそうです。(アーロン・ムーイ 写真著作者/Eric Berry aka Efcso)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ