こちらの1位はリヴァプール…プレミアリーグ2018-19シーズン・テレビ放映権料ランキング!


1位リヴァプール、2位マンチェスター・シティ、3位チェルシー。レッズサポーターが夢見た昨季プレミアリーグの順位テーブルではなく、テレビ放映権料の分配額ランキングのお話です。「スカイスポーツ」「BTスポーツ」の2トップと2016年から3年契約を結んでいるプレミアリーグは、海外向けの放映権料も含めると3年総額88億ポンド(約1兆2000億円)で欧州ぶっちぎりNo.1。優勝争いを繰り広げたクラブには、200億円以上のボーナスが入る仕組みになっています。

とてつもない大金が、どんなルールで20クラブに分配されるのかがわからないと、「2位のリヴァプールが優勝したマン・シティより上」といわれてもピンとこないでしょう。プレミアリーグの公式サイトが掲載していた一覧表の画像を引用させていただきましたので、こちらに基づいて分配ルールを紹介します。

まずは国内放映権料からまいりましょう。「イコールシェア」と呼ばれる均等配分が全体の50%を占めており、1チームあたり3436万ポンド(約47億8000万円)。残りの50%が傾斜配分です。「ファシリティフィー」は、テレビで放映された試合数に応じて支払われ、「メリットペイメント」はプレミアリーグの最終順位を反映させています。放映試合数が29と最も多かったリヴァプールは、3346万ポンド(約46億5000万円)が懐に入り、10試合しか放映されなかったワトフォード、ボーンマス、サウサンプトン、ハダースフィールドは1220万ポンド(約17億円)。順位のほうは残酷な差がついており、優勝したマンチェスター・シティが3837万ポンド(53億3000万円)をもらえるのに対して、最下位ハダースフィールドは192万ポンド(約2億7000万ポンド)に留まっています。

「インターナショナルTV」と称される海外放映権料は、4318万ポンド(約60億円)の均等配分。497万ポンド(約7億円)の「セントラルコマーシャル」も平等です。さあ、5つの項目を足し込むと、どのくらいの額になるでしょうか。優勝を争ったマン・シティよりも放映試合数が3つ多く、鮮やかに逆転したリヴァプールは1億5000万ポンド超え。最下位ハダースフィールドは、唯一の1億ポンド割れです。以下に金額順のランキングをまとめてみました。赤字は、プレミアリーグの最終順位と分配金ランキングの並びが違うクラブです。


【プレミアリーグ2018-19シーズン テレビ放映権料分配金ランキング】
リヴァプール(29回)   1億5243万ポンド(約212億円)
マン・シティ
(26回)   1億5099万ポンド(約210億円)
チェルシー(25回)    1億4603万ポンド(約203億円)
トッテナム (26回)     1億4524万ポンド(約202億円)
マン・ユナイテッド(27回)1億4251万ポンド(約198億円)
アーセナル(25回)    1億4219万ポンド(約198億円)
エヴァートン(18回)   1億2860万ポンド(約179億円)
ウルヴス(15回)     1億2717万ポンド(約177億円)
レスター(15回)     1億2333万ポンド(約171億円)
ウェストハム(16回)   1億2253万ポンド(約170億円)
ニューカッスル(19回)  1億2013万ポンド(約167億円)
クリスタル・パレス(12回)1億1422万ポンド(約159億円)
ワトフォード(10回)   1億1390万ポンド(約158億円)
ボーンマス(10回)    1億814万ポンド(約150億円)
バーンリー(11回)    1億734万ポンド(約149億円)
ブライトン(13回)    1億574万ポンド(約147億円)
サウサンプトン(10回)  1億430万ポンド(約145億円)
カーディフ(12回)    1億270万ポンド(約143億円)
フラム(13回)      1億190万ポンド(約142億円)
ハダースフィールド(10回) 9663万ポンド(約134億円)


ランキングを掲載したプレミアリーグの公式サイトは、テレビ放映権料以外にも興味深いデータを紹介しています。2016-17シーズンのプレミアリーグは、イギリスのGDP(国内総生産)を76億ポンド(約1兆円)も押し上げており、33億ポンド(約4600億円)の税金を創出。20クラブの雇用を足すと10万人に及び、年を追うごとに拡大し続けています。最下位でも134億円ですか。クリスティアーノ・ロナウドを買えるんですね…。



おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

スタッツを見れば納得の顔ぶれ!? プレミアリーグ2018-19のPFAベスト11は超ハイレベル!

GKエデルソン、DFアーノルド、ファン・ダイク、ラポルテ、ロバートソン、MFポグバ、フェルナンジーニョ、ベルナルド・シウヴァ、FWマネ、アグエロ、スターリング。プレミアリーグ2018-19シーズンのPFAベストイレブンは、熾烈なマッチレースを続けるマンチェスター・シティとリヴァプールの混成チームとなりました。プレミアリーグ19ゴールのサラー&オーバメヤンは選外。16ゴール13アシストで、最も多くのゴールシーンに絡んでいるエデン・アザールの名前も見当たらず、チェルシーが異議を唱えたのが話題になっています。

アザールの素晴らしさは誰もが認めているものと思われますが、戦った相手が悪かったとしかいいようがありません。サディオ・マネはプレミアリーグで18発決めているだけでなく、2019年に入ってからの公式戦20試合で8つの先制ゴールという数字も輝いています。堅守に生まれ変わったレッズが、ゲームの終盤までイーブンでもつれる展開が減ったのは、スピードに長けたウインガーが決めるべきシーンできっちり結果を出しているからです。

逆サイドのウイングでサラーを蹴落とす形となったラヒム・スターリングは、17ゴール10アシストというスタッツもさることながら、ペップ戦術に対する理解度の高さもリスペクトしたいポイント。左右のウイングだけでなく、時にワントップをまかされることもあるドリブラーは、中央に斬り込んでもサイドから縦に抜けても脅威です。クロップとペップがプレミアリーグに参入してからは、上位が軒並み3トップを採用しており、キーとなるウイングに素晴らしい選手たちが揃うようになりました。サラーやアザールの落選は、いわばその象徴なのではないでしょうか。チェルシーの悔しさはわかりますが、何しろ選手たちの投票によって選ばれたベストイレブンです。彼らのエースがいない布陣に驚きはあっても、マネがそこにいることに違和感はありません。

あまりにも強かったリヴァプールとマン・シティが大半を占めた4-3-3に理解を示したチェルシーは、プレミアリーグ6位のマンチェスター・ユナイテッドからポグバが選ばれたことには「奇妙だ」とツッコミを入れています。モウリーニョ監督との確執が報じられたインサイドMFが、調子の波が激しかったのは確かですが、プレミアリーグ13ゴール9アシストでトータル22のゴール関与はMFとしては最高の数字です(PK7発を除けば7ゴール12アシストのエリクセンですが)。リーグ2位となるオンターゲット48本も光っており、「スールシャールによる怒涛の巻き返しの主役」としてリスペクトされたということなのでしょう。ベストイレブンに選出されたワールドクラスたちの秀逸なスタッツをピックアップしている「BBC」は、ポグバについて「ゴールに絡んだ回数はキャリアハイだった」と紹介しています。

この記事が触れているスタッツのなかでおもしろかったのは、マン・シティのアンカーとリヴァプールのSBについての記述です。フェルナンジーニョがいる試合のマン・シティの勝率が86%だったのに対して、不在時は67%。どのポジションにも高いレベルでオプションがある昨季王者といえども、アンカーだけはベテランの穴を埋められませんでした。

リヴァプールのロバートソンは9アシストを記録しており、DFの選手ではTOP。逆サイドのアーノルドは8アシストで2位ですが、「1アシストに要する時間は275分」という数字は、20試合以上出場したDFのなかでは最短だそうです。マネやサラーが安心して中に斬り込めるようにサイドをカバーしているSBたちは、2人合わせて17回もゴールをお膳立てしてきたわけです。これもまた、クロップ監督のチームがいかにしてゴールを量産してきたかが窺えるデータです。

本日、PFA年間最優秀選手が発表され、28日に表彰式が行われます。正式発表を前にして、現地メディアが「ファン・ダイクに決まった」と報じていますが、1年前のサラーに続いてリヴァプールが2年連続の栄誉に輝くことになるのでしょうか。個人タイトルをゲットした先で、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ制覇という果実をつかみたいところです。選手の投票で優勝チームを決められるとすれば、プレミアリーグはマン・シティかレッズか、チャンピオンズリーグはバルサかレッズか…。実際の結果はどうあれ、レッズの評価は相当高いのではないでしょうか。今季の彼らは、無冠で終わってはいけないチームだと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

勝っても負けても複雑…リヴァプールのプレミアリーグ初制覇のために何かを失う男たち。

よくも悪くも八方美人の私は、今季のリヴァプールが大好きです。アリソンとファン・ダイクが仕切る最終ラインは完璧で、プレミアリーグ49発の3トップは史上最強のユニット。シーズンを1敗で終えたチームが、プレミアリーグ制覇を逃すなどという悲劇が起こらないことを祈っています。本日のマンチェスターダービーは、愛するクラブのためにもリスペクトするクラブのためにも負けられない一戦。ポグバやラシュフォード、デ・ヘアを応援するマインドに何の曇りもありません。

しかし、私のようなマンチェスター・ユナイテッドサポーターは、現地に行けば少数派でしょう。レッド・デヴィルズを愛し続ける多くのファンは、宿敵リヴァプールの優勝だけは見たくないと思っているのです。「マン・シティが上に立つことを祈っている。リヴァプールの優勝は見るに耐えない。悪夢だよ」と語ったのは、エヴァートンからマン・ユナイテッドというアンチレッズなキャリアを積み上げたウェイン・ルーニー。決戦の当事者であるカイル・ウォーカーは、「ユナイテッドファンは難しい状況にいるようだね。犬を連れて街に出ると彼に声をかけられる。『リヴァプールよりマンチェスター・シティに優勝してほしい』ってね」と証言しています。

「マンチェスター・ユナイテッドがダービーに勝てばTOP4フィニッシュが近づく」「負ければリヴァプールの優勝が遠のく」…レッズ嫌いのサポーターにとっては、勝っても負けても複雑ですが、リヴァプールのほうにも同じジレンマに悩む方がいらっしゃいます。2010年からの5シーズンを水色のシャツで過ごしたジェームズ・ミルナー。マンチェスター・ユナイテッドを応援するのは、人生で初めてだそうです。あざーす!「試合は観ない」と断言しているレッズのベテランMFは、落ち着かないディナーを無理やり愉しむことになりそうです。

「この試合で僕にできることは何もない。しばらく電話を遠ざけると思うよ。結果を確認するのは終わった後。どう過ごすのかは決めてないけど、外で食事でもしてるんじゃないかな」

プレミアリーグ4年めのユルゲン・クロップ監督には、さほどのジレンマはないようで「マンチェスターダービーを見るか? 他にやることがなければね。もちろん勝ってくれたらハッピーだけど、自分たちのことだけを考えるよ」とドライなコメント。「今のマンチェスター・ユナイテッドが何かできるとも思えない」と、半ば諦めているようなポーズを取っています。プレミアリーグの監督のなかで、最も複雑な気分なのは、37節でリヴァプールとぶつかるラファエル・ベニテスでしょう。「talkSPORT」のインタビューに応じたニューカッスルの指揮官は、現在の状況で古巣とぶつかることについて、こう嘆いています。

「あまり話したくないね。勝つことができないゲームだ。もし勝てば、『助けてくれるはずだったのに』といわれ、負ければ『手を抜いた』といわれるだろう。チームのために最善を尽くすのが自分の仕事。リヴァプール戦でもそうするさ」

そうですよね…。

冒頭に「何の曇りもない」と書いたものの、実は1点ありまして。これがまた、八方美人のメンドクサイところなのですが、「プレミアリーグ10連勝で勝ち点を86まで積み上げた昨季王者が2位で終わるのはしのびない」という気分もあるのです。ガチガチのレッズファンも、まっすぐなマンチェスター・ユナイテッドサポーターも、私のようにあちこちにいい顔したい人間も、赤いほうは複雑な状況に頭を悩ませているわけですが、シティズンのみなさんは「勝てばOKだけど、何か?」と明確ですね。3つのクラブの泣き笑いが詰まったマンチェスターダービー、結果はいかに?


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

就任以来6戦5勝!レスターを変えたブレンダン・ロジャースは、最後の3試合に注目!

ブレンダン・ロジャース監督就任後のレスターが絶好調です。3年半前までリヴァプールを率いていた監督のプレミアリーグ復帰戦は、ブライトンに2-1で勝利。続くワトフォードとのアウェイゲームは、92分にアンドレ・グレイに決勝ゴールを許して2-1で敗れたものの、その後のフラム、バーンリー、ボーンマス、ハダースフィールドを問題にせず4連勝です。「5勝のうち、3つは降格候補じゃないか」というツッコミが聞こえてきそうではありますが、フラム、ブライトン、バーンリーは前半戦でドローに終わっていた相手です。前任者のクロード・ピュエルが、年明けからの10試合を2勝1分7敗だったことを思い出せば、プレミアリーグ6戦5勝という戦績は純粋に称賛すべきでしょう。

セルティックを2シーズン連続で3冠に導いた指揮官は、レスターに何をもたらしたのでしょうか。最も顕著なのは、得点力の向上です。前監督時代の27試合で32ゴールだったチームは、プレミアリーグ6試合で14発をゲット。エースのジェイミー・ヴァーディが7発と確変に入っており、ティーレマンス、ウェズ・モーガン、ジェームズ・マディソンが2ゴールずつ決めています。

最も注目すべきは、U-22で固めた中盤をより攻撃的にシフトしたことでしょう。エンディディが中盤の底を締め、デマライ・グレイ、ジェームズ・マディソン、ティーレマンス、ハーヴィー・バーンズを並べた4-1-4-1が新監督の基本フォーメーション。カウンターから8発はプレミアリーグNo.1ながら、オープンプレーでのゴールが19しかなく17位に留まっていたチームは、自陣からのロングカウンターやセットピース以外でも決められるチームになりつつあります。

攻撃のキーマンは、ジェームズ・マディソンとユーリ・ティーレマンス。2018年の夏にノリッジから加わったマディソンが、ヴァーディーの近くでプレイできているのが、エースの6戦7発という大爆発につながっています。ロジャース体制では2ゴール2アシスト。ハダースフィールド戦で決めた強烈なFKは爽快でした。「彼にはスペシャルな才能がある。思っていたよりいいね。単にいい選手であるだけではなく、もっと優秀なプレーヤーになろうとするハングリー精神があることがわかった」。2016-17シーズンにアバディーンでプレイしていたマディソンを、ピッチサイドから見ていたロジャース監督は、当時から注目していたと語っています。

マディソンよりもフィニッシュに関与しているのが、1月にモナコからレンタルしたティーレマンスです。直近のプレミアリーグ6試合で2ゴール4アシスト。21歳とは思えない視野の広さと先読みの鋭さで、レスターの攻撃にバリエーションをもたらしています。ピュエル監督がデマライ・グレイをしばしばトップで起用していたのは、サイドの守備が脆くなるのを気にしたからだと思われますが、ロジャース監督は縦への突破を期待してタッチライン沿いを主戦場としています。守備偏重のスタイルを嫌っていたサポーターは、新監督のアグレッシブな戦い方に満足しているのではないでしょうか。

キックオフからたった4分でマグワイアが退場となったバーンリー戦を1-2で競り勝つと、ウェズ・モーガンとチャグラル・ソユンチュで大黒柱の穴を埋め、ボーンマスに2-0、ハダースフィールドには1-4で連勝しました。順風満帆のロジャース監督の真価が問われるのは、最後の3試合です。アーセナル、マンチェスター・シティ、チェルシー。CL出場権やプレミアリーグ制覇がかかっているチームとの連戦で、ロジャース監督は攻めの姿勢を徹底するのか、伝家の宝刀であるカウンターに勝負を託すのか。2013-14シーズンにリヴァプールを率いて残り3試合まで首位に立ちながら、チェルシーとクリスタル・パレスに足をすくわれて優勝を逃した監督が、マン・シティから勝ち点をゲットして古巣の悲願をアシストし、チェルシーにリベンジを果たしてシーズンを終えたら痛快です。プレミアリーグファンのみなさん、今季の最終盤はぜひレスターにご注目ください。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

なぜ彼らは消えた!? プレミアリーグのアシストランキングに異変あり!

今季プレミアリーグにおけるアシストランキングのTOP3をご存じでしょうか。1位はゴールも14発決めているエデン・アザールで、12アシスト。2位は前年5位のクリスティアン・エリクセンで11アシスト。3位にはボーンマスのサイドアタックの中心となっているライアン・フレイザーが入っており、10アシストを記録しています。9アシストの4位には4人が並んでおり、ポグバ、スターリング、サネ、ロバートソン。リヴァプールの左SBは、シーズンを通じてクオリティの高いクロスを供給し続けており、プレミアリーグの優勝争いに食い込む原動力となっています。

さて、ここから本題に入りましょう。本日話題にしたいのは、プレミアリーグのアシストランキングの上位にいない選手たちです。今まで常連だった選手たちが、忽然と姿を消してしまっているのをご存じでしょうか。例えばメスト・エジル。2015-16シーズンに積み上げたシーズン19アシストは歴代2位で、昨年3月にプレミアリーグ史上最速の141試合めで50アシストを達成した稀代のプレーメイカーです。今季のエジルが精彩を欠いたのは、トルコのエルドアン大統領との面会に端を発した母国メディアの猛烈なバッシングにより、メンタルのコンディションを悪化させたことと無縁ではないでしょう。プレミアリーグ19試合4ゴール2アシストは、グーナーにとって到底納得のいく数字とはいえません。

エジルよりも急激な角度で数字を落としてしまった選手もいます。2017-18シーズンに16アシストでランキングTOPだったケヴィン・デブライネが、春になってもアシストゼロという世界が訪れるとは想像できませんでした。最大の要因は度重なる負傷で、プレミアリーグで4試合以上続けて先発出場したことがなく、ここまではトップフォームといえる試合はほとんどありませんでした。彼がスタメンで出場し続けた1月末からの7週間は、セルヒオ・アグエロが量産体制に入っていた時期です。なぜゼロなのかは未だ不明ですが、ここへきてようやく彼らしいプレイを取り戻しつつあり、最終盤の爆発が期待されます。

これだけの選手を欠きながら、ベルナルド・シウヴァ、マフレズ、ギュンドアンで右サイドを活性化させたペップの戦術には舌を巻くばかりです。2017-18シーズンは圧倒的なポゼッションでプレミアリーグ最強チームとなり、今季は主力の負傷を適切にカバーする采配の妙で勝ち切ったとすれば、世界No.1の指揮官はやはりこの人だと認めざるをえません。負傷者が多かった、補強してもらえなかったと愚痴ばかりこぼす監督はチームを停滞させるだけと思い知ったシーズンでもありました。

もとい、アシスト激減選手の紹介に戻りましょう。昨季は10ゴール7アシストだったサディオ・マネは、現在は17ゴール1アシスト。2015-16シーズン以降は、コンスタントに5アシスト以上を記録してきたウインガーは、数字上では完全に点取り屋にモデルチェンジしています。ちなみに昨季のリヴァプールはトータル84ゴールで1試合あたり2.21、今季はここまで72ゴールで2.25。3トップのゴール比率は昨季が57ゴールで68%、2018-19シーズンは46ゴールで64%とさほど変わっていません。マークがきつくなったサラーがおとりとなり、左から決める形が増えているのが、使う側から使われる側にまわることが多くなった理由のひとつでしょう。マネのゴールシーンで最もアシストが多いのはサラーとミルナーで、10番に対して3つずつを記録しています。

最後に紹介するのは、1年前は10アシストで今季は2つに留まっているデル・アリです。デブライネと同様に、負傷に悩まされたシーズン。2016シーズンには37試合18ゴール7アシストという出色のスタッツを残した22歳のアタッカーが、常に真価を発揮し続けていれば、スパーズは最後まで優勝争いに残れたかもしれません。いつもの顔ぶれとなっているゴールランキングに対して、勢力図が変わったアシストランキングにはさまざまな悔しさや驚きが詰まっていると感じ、書かせていただいた次第であります。頂点に立つのはアザールかエリクセンか、それとも…⁉こちらのランキングについても、最後まで追いかけたいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ