マン・シティVSスパーズの決戦プレビュー。キーマンは新戦力タンギ・エンドンベレ!

プレミアリーグ2019‐20シーズンは、序盤戦からビッグマッチが目白押しです。開幕節でマンチェスター・ユナイテッドがチェルシーを4‐0で撃破すると、UEFAスーパーカップではリヴァプールがチェルシーをPK戦で下して通算4度めの戴冠。今週末のプレミアリーグ2節では、マンチェスター・シティVSトッテナムという注目の一戦が行われます。昨季のペップVSポチェッティーノは、4試合すべてが1点差の勝負でした。

プレミアリーグは2試合とも1‐0でペップがダブル。チャンピオンズリーグ準々決勝では、ウェンブリーのファーストレグでソン・フンミンが値千金の決勝ゴールをゲットすると、セカンドレグは最初の20分で3‐2という激しい撃ち合いとなりました。終了直前のスターリングのゴールがVARで取り消しとなり、アウェイゴールルールで上回ったトッテナムが4強進出。ソン・フンミンに2試合で3発喰らったペップにとっては、悔いの残るホーム&アウェイでした。

さて、新シーズン最初のシックスポインターにフォーカスしましょう。開幕節を振り返ると、昇格したばかりのヴィラに苦戦しながら終盤の猛攻で逆転したスパーズに対して、仕上がり上々のマン・シティはウェストハムにアウェイで0‐5の圧勝。大方の予想は、デブライネ、ダヴィド・シルヴァ、マフレズ、スターリングが揃って好調のプレミアリーグ王者の順当勝ちでしょう。昨季プレミアリーグの1‐0ダブルは、ウェンブリーでは6分にマフレズ、エティハドでは5分にフィル・フォーデンと早い時間にペップのチームがリードを奪い、ゲームをコントロールして押し切っています。

今回の対戦も、マン・シティがポゼッションをとって先制を狙い、スパーズはボックス手前のスペースを埋めながらカウンターで勝負という展開になると思われます。ノースロンドンのクラブは、キーラン・トリッピアーがいなくなった右サイドがウィークポイント。ペップはスターリングをこちらのサイドに配し、ジンチェンコやダヴィド・シルヴァと連携させて圧力をかけてくるはずです。耐えられるか、セルジュ・オーリエ。昨季と同様に序盤で失点を喫することになれば、ボールを持たされてラインの裏を突かれる苦しい状況を強いられるのを覚悟しなければなりません。

スパーズが勝つとすれば…。ポチェッティーノ監督の主張は、2018‐19シーズンの惜敗は2試合ともキーマンを欠いた試合だったということ。10月のウェンブリーにはエリクセン、ソン・フンミン、デル・アリが全員欠場で、敵地での一戦はエースのハリー・ケインがいませんでした。今回も「シティキラー」のソン・フンミンがサスペンデッドで、デル・アリは負傷離脱中ですが、ハリー・ケイン、ルーカス・モウラ、エリクセンを前線に並べることができます。そしてもうひとり、スパーズには昨季はなかった切り札を用意しています。勝負のカギを握るのは、チームに加わったばかりのタンギ・エンドンベレではないでしょうか。

「スカイスポーツ」が、ロドリ、デブライネ、ダヴィド・シルヴァとエンドンベレの昨季のスタッツを比較しているのですが、スパーズのニューフェイスは1試合あたりのドリブル成功数が2.1回で、最も多いデブライネが1.8回のトリオを凌駕しています。エンドンベレの仕掛けによってマークがずれ、ハリー・ケインやルーカス・モウラがフリーになればいきなり決定機。セントラルMFの攻め上がりでCBの前にスペースができれば、スターリングやアグエロが見逃すはずはありません。諸刃の剣は、どちらを傷つけるのか。シソコのカバーリングに期待して、「エンドンベレがロドリを振り回し、1‐1ドロー決着」と見ていますが、いかがでしょうか。

ハリー・ケイン、デル・アリ、エリクセン、ソン・フンミンがともに戦うのを見られるのは、おそらく今シーズンが最後でしょう。ポチェッティーノ監督には、これまで手にすることがなかったトロフィーに辿り着いていただければと期待しています。スパーズがどれだけ戦えるのかを占う大事なゲーム。プレミアリーグらしいスリリングな展開になるのは間違いありません。キックオフは日本時間で18日1時30分。いやー、楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

タイトルを獲りたければエリクセンを売ってはいけない…現地評論家が「最高の25分」を絶賛!

ゼロ円か100億円か。クラブが手に入れるキャッシュのことだけを考えれば、答えは「9月2日までに売却」なのですが、プレミアリーグ開幕節であれほど見事なパスワークを見せつけられれば、レヴィ会長やポチェッティーノ監督も手離せなくなりそうです。現在の契約が残り1年となったクリスティアン・エリクセン。プレミアリーグ6シーズンで207試合49ゴール60アシストという素晴らしいスタッツを残したプレーメイカーについて、現地の評論家は「フリーエージェントでクラブを離れることになったとしても、この夏に売るべきではない」と声を揃えています。


「彼が出ていったのに、スパーズがプレミアリーグでTOP4に入ったら驚くだろう。アストン・ヴィラ戦の彼らはアイデアを使い果たしていたが、エリクセンが入った後、最後の25分は別なチームだった。彼は針の穴にボールを通し、1対2でプレイし、常に視界を確保していた」「おそらくスパーズに残るだろう。それでも1月に契約を整理し、来年はフリーでチームを離れるはずだが」(ポール・マーソン/スカイスポーツ)

「スパーズがトロフィー獲得を切実に願うなら、クリスティアン・エリクセンを留める必要がある。土曜日にポチェッティーノがベンチを振り返ったとき、アストン・ヴィラが1-0でリードしていた。エリクセンがやってきた。みんなこう思っただろう。『この映像は見たことがある』。誰もがスパーズが勝つとわかっていた」「ダニエル・レヴィは、9月2日に欧州のウインドウが締まる前に彼を売却できるが、それは間違いだ。成功したいなら、エリクセンをキープしなければならない」(ジェイミー・レドナップ/Goal.com)


彼らがいうとおり、ヴィラ戦はエリクセン以前と以後にわけて語るべき一戦でした。ハリー・ウィンクスに代わって、プレミアリーグ2019-20シーズンのピッチに登場したのは64分。さっそく2分後、最前線のハリー・ケインに左足でロングフィードを送り、飛び出したヒートンのヘディングをラメラがトラップして無人のゴールを狙うという決定機を演出します。73分の同点ゴールは、CKのクリアを拾ったシソコがキッカーだったエリクセンに預け、正確なクロスをダヴィンソン・サンチェスがボレーで合わせたのがトリガーでした。こぼれ球がハリー・ケイン、ルーカス・モウラとつながり、フィニッシュはタンギ・エンドンベレ。右サイドで見ていた仕掛け人は小さくガッツポーズし、新戦力のゴールを祝福しました。

77分に左隅を狙ったFKはヒートンのビッグセーブに阻まれますが、その後も攻撃のペースを仕切っていたのは23番でした。有利な体勢の選手を見逃さずにプレイしやすい位置に届け、サイドが詰まると中央に戻し、パススピードを自在に変えてヴィラの守備陣を翻弄。「彼がプレイすると、ゲームが止まって見える(マーソン)」「後方の選手たちは、常にエリクセンに任せようとしていた(レドナップ)」といった大げさな表現を使いたくなる気分はよくわかります。

バルサもエル・ブランコもユーヴェも、この夏はエリクセンを獲る余裕はないでしょう。しかし1年後、移籍金ゼロとなった彼をスルーするクラブもないでしょう。スパーズはサラリー倍増の新契約を提示するといわれていますが、司令塔が延長を決断する可能性は低く、レヴィ会長はプレミアリーグのクラブには譲らないと決めているようです。ダヴィド・シルヴァに続き、クリスティアン・エリクセンも今年限り…2019‐20シーズンは、素晴らしきプレーメイカーたちとの別れを惜しむセンチメンタルな1年となりそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

2500万ポンドのバーゲンは今週末まで!アルデルヴァイレルトは出る?残る?

マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、アーセナル。CBをほしがっているといわれているクラブは、なぜ彼を狙わないのでしょうか。口説かなかったのか、口説けなかったのか。プレミアリーグでトップクラスのCB、トビー・アルデルヴァイレルトのバーゲン期間が終わろうとしています。2500万ポンド(約33億8000万円)という格安のバイアウト条項が有効なのは、今週の金曜日まで。これを過ぎると、売り値4000万ポンド(約54億円)に跳ね上がります。

2014年の夏にアトレティコ・マドリードからサウサンプトンに貸し出され、翌シーズンにトッテナムへ。プレミアリーグ142試合6ゴール2アシスト、5シーズンでイエローカード13枚という少なさが、いかに先読みに長けているかを物語っています。昨季のチャンピオンズリーグでは、緒戦のインテル戦を除くすべての試合にフル出場し、準優勝という素晴らしい成果に貢献。統率力、確実なタックルなど守備における能力の高さだけでなく、前線とサイドに繰り出すロングフィードの精度も定評があります。

マンチェスター・ユナイテッドとローマが興味ありと伝えられておりましたが、オファーには至っていないようです。昨季プレミアリーグ6位、CLベスト8のクラブへの移籍はキャリアアップとはいえませんが、サラリーUPや3年以上の契約を提示すればディールは成立したかもしれません。26歳のハリー・マグワイアが、より魅力的に映るのはわかりますが、8000万ポンドという途方もない要求に背を向けて、1/3の費用で獲れる堅実なベテランを狙うという手もあったのではないかと思います。

4月に「禁断の移籍は成立するか?」と話題になったアーセナルも、2500万ポンドでCBが獲れるなら攻めてもよかったのでは…いや、こちらはアルデルヴァイレルトが嫌がったのかもしれません。ローラン・コシールニーの後釜としてはうってつけですが、本人にしてみれば、サポーターからの強烈なブーイングを覚悟してまでライバルに移る動機はなさそうです。残り3日となりましたが、電光石火の移籍劇が実現する可能性はあるのでしょうか。「スカイスポーツ」が、ユヴェントスとのテストマッチに出場したアルデルヴァイレルトが、試合後に「新しいシーズンもトッテナム」とコメントしたと伝えているのですが…。

「フットボールにフォーカスしているよ。スパーズに集中している。開幕に向かってフィットさせられると思う。監督も僕が献身的に働いているとわかってくれている。ユヴェントス戦は主将だった。信頼を示してくれた」

このコメントはいかにも残留する選手のものなのですが、「物事がスピーディーに動くかもしれない」「フットボールは何が起こるかわからない」と、含む言葉が添えられているのが気になります。アルデルヴァイレルトは、出るのか残るのか。もうしばらくプレミアリーグで観たい選手なので、スパーズ残留と希望的観測を残しておきましょう。答え合わせは、金曜日に。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

久々の新戦力獲得はいつ?「私には決定権がない」と語ったポチェッティーノ監督を応援します!

火曜日の「スカイスポーツ」が6500万ポンド(約89億円)で獲得合意と伝えたリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレは、その後続報はなし。週末には発表されるといわれたリーズのMFジャック・クラークも進展がないようで、サポーターを待たせ続けています。昨季プレミアリーグの開幕前は補強ゼロ、ルーカス・モウラを獲得したのは18ヵ月も前のお話です。トッテナムの公式サイトは、トランスファーマーケットなど存在しないかのように、フォイス、ダヴィンソン・サンチェス、セルジュ・オーリエがコパ・アメリカやアフリカネーションズカップでどんなプレイを見せているのかをレポートしています。

マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、マーケットが本格的に動き出す7月を前に、ボスの背中を押したかったのでしょうか。カタルーニャのテレビ局「TV3」の番組に出演し、「2年も節約を続けたのだから、強化は可能なはず」と主張した指揮官は、プレミアリーグのライバルたちを引き合いに出して自らの境遇を嘆いてみせました。「マンチェスター・シティとリヴァプールでは、ペップ・グアルディオラとユルゲン・クロップが、獲得したい選手も不要な選手も決めることができる」。トッテナムやチェルシー、アーセナルなどプレミアリーグの2強以外については、「スカッドを決める権利はトレーナーの手にない。われわれなら、会長(ダニエル・レヴィ氏)だ」と、監督に与えられた権限の違いを強調しています。

実際には、リヴァプールはマイケル・エドワーズ、マン・シティではチキ・ペギリスタインという素晴らしいスポーツディレクターがチーム全体を管掌しており、彼らとスタッフが査定した選手を指揮官のオーダーに照らし合わせて獲得交渉をしています。アーセナルとチェルシーも仕組みは変わらないのですが、「チームを強くするためには、監督が求める選手の獲得が必須だ」というために、優勝を争ったチームとセカンドグループの間に線を引いたのでしょう。オーナーに負けず劣らずやりくり上手な指揮官は、自説を主張しつつも、最後にクラブ愛を表明することを忘れませんでした。

「マドリードのようなクラブを強化したり、アルゼンチン代表チームに行ったり、エスパニョールに復帰したりする夢もあるけれど、トッテナムを率いること以外には何も考えなかった」

相変わらず見事なヒット・アンド・アウェイ。このひとことを添えて締めるあたりが、ジョゼ・モウリーニョとの違いです。私は、ポチェッティーノ監督に対して、ペップとは違う怖ろしさを感じています。ビッグクラブに選手を抜かれようが、負傷者に悩まされようが、与えられた戦力を最大限に活用してプレミアリーグの上位に居座ることができる底力には、ポール・インス、ロイ・キーン、ヤープ・スタム、ファン・ニステルローイを平然と追い出したサー・アレックス・ファーガソンと近しい趣があります。

昨季プレミアリーグのスタッツを見ると、この状態でよくぞTOP4フィニッシュに辿り着いたものだとため息が漏れます。デル・アリは年を経るごとに得点力が落ちており、ワニャマとセルジュ・オーリエは長期離脱。エリック・ダイアーとトリッピアーは不安定なプレイが目立ち、終盤戦になるとハリー・ケインがリタイアしてしまいました。最後の12試合を3勝2分7敗と苦しみながらも、それまでの貯金をはたいてぎりぎりで逃げ切りに成功。負傷者だらけの中盤センターを支えたのは、じっくり育てたハリー・ウィンクスと一時は放出要員と伝えられていたムサ・シソコでした。

スパーズサポーターのみなさんに、謝らなければならないことがあります。「タイムズ」が「エリクセンの家族がマドリードで家探し中」と報じると、「もしかして、ポグバが破談になってエリクセンが移籍⁉ ウチに来てほしかったのに!」などと無遠慮に書いてしまいがちで、いやー、すみません。これはひとえに「司令塔がいなくなっても、ポチェッティーノマジックで結局上位に入るでしょ!」と楽観視しているからにほかなりません。ピンチと見ればレヴィ会長がゴリゴリの交渉で代役をあてがい、指揮官があっさり戦力化して快調に勝ち続ける…。カーレースに例えれば、快晴のF1やオーバルトラックで最速のクルマを創り出すのはペップかもしれませんが、24時間耐久レースや悪条件のラリーならポチェッティーノとシメオネの2強となるのではないかと思ったりする次第です。

とはいえレヴィ会長、この夏はいっときましょう。配下の優秀な指揮官に残された目標は、いずれも2位は経験したプレミアリーグとチャンピオンズの頂点しかないのですから。公式サイトの大画面に、ワールドクラスの新戦力の笑顔が掲載される日を心待ちにしております。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

CLで健闘したトッテナムをリスペクトしつつ、心ないレポートに苦言を呈させていただきます。

プレミアリーグで4シーズン連続のTOP4をキープし、チャンピオンズリーグではファイナル進出。トッテナムの選手とサポーターのみなさんにとって、2018‐19シーズンは忘れえぬ1年となったのではないでしょうか。ただでさえ補強ゼロで臨んだシーズン。デル・アリ、エリック・ダイアー、ワニャマ、ハリー・ケインと負傷者が続出し、ポチェッティーノ監督は難しいやりくりを強いられました。2月まではプレミアリーグで優勝争いに絡んでいたものの、チャンピオンズリーグとの両立が求められるようになると、完全に失速。最後の12試合を3勝2分7敗と大崩れしながら、欧州ではマンチェスター・シティとアヤックス相手に劇的な勝利を収めて、頂点まであとひとつという素晴らしい戦績を残しました。

激しく上下動を繰り返す「走るサッカー」。中盤でアグレッシブなプレスを仕掛け、すかさず前線を走らせる鮮やかなショートカウンター。アルデルヴァイレルトやエリクセンの的確なロングフィードがスイッチを入れるサイドアタック。トリッピアーの絶品クロス、2列めから一気にファーに飛び込むストロングヘッダー、デル・アリ。サイドから中央に斬り込んで容赦なく決めるやっかいなソン・フンミン。フィニッシュだけでなく、パサーとしての才能にも磨きがかかったハリー・ケイン。狭いエリアを縫うように持ち込めるルーカス・モウラの巧みなドリブル。相手が嫌がるボールを選んで蹴れる天才エリクセン…!多彩なタレントが揃ったスパーズのフットボールは、プレミアリーグが盛り上がるための必須アイテムでした。

CLファイナルでは、プレミアリーグで1敗しかしなかったリヴァプールが無冠で終わってほしくないという思いが強かったものの、「補強ゼロのチームが欧州を制するという痛快な幕切れも悪くない」「ポチェッティーノが号泣する姿を見たい」という気分も多分にありました。開始直後のサラーのPKであっさりリードしたリヴァプールが、自陣の危険なエリアをカバーする戦い方を選んだため、もの足りない試合と感じた方も多かったようですが、私は充分愉しめました。

思い出したのは、9月のウェンブリー。ポゼッション39%のレッズが、オンターゲットで10対3と圧倒し、2‐1で完勝したゲームです。クロップ監督が迷わず引いたのは、あの試合の残像があったからでもあるでしょう。前半のシュート数で8対2と劣勢だったポチェッティーノ監督は、ルーカス・モウラを投入して攻め続けましたが、レッズの堅守を崩し切ることはできませんでした。試合が終わった後、私は白いシャツを纏った選手たちにも拍手を送りました。彼らがこの場にいること自体に、感動を覚えていたからです。また、チャレンジしてほしい。心からそう思えた熱く素晴らしいチームでした。

この稿で最も伝えたかったのは「2018‐19シーズンのスパーズがいかに感動的だったか」なのですが、リヴァプールを押し込んだ一戦について、あまりにもひどい記事がありましたので、苦言を呈させていただこうと思います。「スポルティーバ」で杉山茂樹氏が書いた現地レポートを目にしたとき、ポチェッティーノ戦術に対するあまりの無理解に涙が出そうになりました。以下に、その頓珍漢なレポートの一部を引用させていただきます。まずは、ご一読ください。


「リバプールの代名詞をプレッシングとするならば、スパーズはその逆だ。5バックになりやすい3バックで戦うこともよくある話で、この決勝戦でもどう出るか、布陣に注目が集まったほどだ。マウリシオ・ポチェッティーノ監督が最終的に選択したのは4‐2‐3‐1だったが、それはけっして攻撃的とは言えないものに見えた。

 しかし、一発勝負の決勝戦で先制を許せば、そうはいかなくなる。攻めざるを得なくなる。ワンダ・メトロポリターノのピッチ上には、お互いの通常とは異なるキャラが描かれることになった。

 リバプールが攻めて、スパーズがカウンターで応酬する。これが両者の通常の関係になるが、この決勝戦ではその関係が崩れることになった。スパーズが攻めてリバプールが守るという、噛み合わせのよくない試合になってしまった。リバプールの看板FW、サラー、ロベルト・フィルミーノ、マネの3人は、音なしの状態が続いた。(2019年6月2日 WebSportiva「CL決勝を杉山氏が現地で戦術分析。両チームとも通常と違うキャラだった」より)」


ポゼッション率と走行距離で優勝チームを上回った今季CLのスパーズのスタッツと、プレミアリーグの直接対決2試合だけでもチェックしておいていただければ、これほど的外れなことは書かなくて済んだでしょう。ポチェッティーノサッカーが誤って伝わってしまう記事を看過できませんでした。スポーツメディアにはいつもお世話になっており、彼らのクオリティの高さが日本のサッカーやプレミアリーグを盛り上げるために必須と考えております。知らないなら素直に知らないといえばいい話です。一方で、「フットボールチャンネル」の小澤祐作さんのレポートは、事実ベースでポジティブかつフラットに描かれてますので、お時間のある方はそちらに目を通してみてください。

2018‐19シーズンが終わりました。スパーズ、最高でした。夏の補強に期待しています。来季こそはぜひ、タイトルを!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ