補強ゼロ&負傷者続出も指揮官は冷静…!上位で踏ん張るトッテナムのやりくり術に注目!

「ソンナシツモンニ、コタエルヨユウハナイ」。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、ジョゼ・モウリーニョとポール・ポグバが冷たく言葉をかわした話題の動画について意見を求めてきた記者に、こう返したかったのではないでしょうか。4勝2敗でプレミアリーグ5位につけているトッテナムですが、アウェイで0-3で快勝したマンチェスター・ユナイテッド戦以外は苦戦続き。プレミアリーグで2シーズンめを迎えたルーカス・モウラが本領を発揮しつつあるものの、ハリー・ケインやソン・フンミンは本調子に戻っておらず、負傷者が続出しています。

デル・アリが復帰した矢先に、エリクセンがリタイア。ロリスが離脱した後、フォルムもケガしてしまいましたが、エースGKは本日のハダースフィールド戦で復帰するのでしょうか。デル・アリは引き続きハムストリングに難を抱えているといわれており、セルジュ・オーリエも欠くことになりそうです。ただでさえ補強ゼロのチームは、プレミアリーグのTOP6で最も苦しいやりくりを強いられながら、何とか上位で苦闘を続けています。そんななかでも、ポチェッティーノ監督は、興味本位の質問に冷静に対応していました。「マネージャーは、選手たちに対して個別に接しなければならない」「ドレッシングルームで起こったトラブルの解決に、正しい方法も間違った方法も存在しない」。週末の試合に関係ないとシャットアウトすることもできた指揮官は、記事になる言葉を返してやり過ごしました。

「問題を分類することはできても、解決策はない。本で教わったり、解決策を購入することはできない。ゲームのように、直感と経験を活用しながら行動する必要がある」
「2人の子どもがそれぞれ法に触れたとき、同じペナルティを適用するのか?答えはノー。時間も状況も、すべてが異なる。それぞれの感情をふまえて対応しなければならない。何が起こるかを推測することは困難だ」

若き指揮官は、ドレッシングルームのトラブル解決ばかりではなく、試合の采配や選手起用においても臨機応変な対応が求められると語りました。「私たちは長期的な計画を立ててチームを運営しているが、日々さまざまな問題が発生するので、その都度意志決定をしている。ブライトン戦の後に、クリスティアン・エリクセンに問題が生じたようにね。サッカーにおいて、予測できないことはピッチの外で起こるものだ。何かあれば、迅速な決定を下さなければならない」。昨季プレミアリーグのハダースフィールド戦は、ジョン・スミスで0-4、ウェンブリーで2-0とダブル達成。相性のいいチームではありますが、自軍の状態を考慮すれば楽観視はできません。

直近の5試合は、2勝1分2敗(1分はPK戦勝利)。3試合で2失点を喫しており、3ゴールを決めた試合はひとつもありません。喫緊の課題は、セットピースにおける守備と、2列めの押し上げでしょう。デル・アリやエリクセンを欠くなかで、キーマンはソン・フンミンとラメラです。前者は今季プレミアリーグでノーゴール、後者は直近の公式戦4試合で3ゴールをゲットしています。直線的なアタックを好む選手を揃えた布陣となれば、いかに前でボールを奪い、一気にゴール前に殺到できるかがポイントとなりそうです。

昨季と同じスカッドで戦うポチェッティーノ監督は、大型補強のレッズや最強マン・シティ、サッリマジック炸裂のチェルシーを相手にどこまでやれるでしょうか。このチームが4年連続で4位以内フィニッシュを達成し、チャンピオンズリーグでも上位に進出できれば、指揮官の評価が高まるとともに、適切なチームマネジメントがより重視されることになるでしょう。主力の残留、若手の成長、適材適所のフォーメーションで、見違えるように強くなったチームのやりくり術に注目しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

キーマンの負傷、エースの疲労…指揮官が初の3連敗を喫したスパーズ、不振の理由を探る。

「ウーゴ・ロリスがいないから」「デル・アリのリタイアは大きい」「ハリー・ケインが疲れている」…プレミアリーグ開幕3連勝から一転、ポチェッティーノ監督就任以来初めての3連敗を喫したトッテナムにスポットライトが当たっています。ワトフォード、リヴァプール、インテルに対してすべて1-2。主将ロリスがいた3試合を2失点に抑えていたチームは、フォルムに代わってからの3戦で6失点を喫しています。このうち、セットピースから4失点。頼れる守護神がいなくなった途端に戦績が激変しており、不振の理由探しをする際に、最も説明しやすいデータであるのは確かです。ファン・ダイクとCKを競ったフォルムのパンチが短くなり、リバウンドをワイナルドゥムに決められたリヴァプール戦の最初の失点は、チームが抱えているストレスを象徴するシーンだったといえるのかもしれません。

スパーズが3試合連続で複数失点を記録したのは、53ゴールを奪われてプレミアリーグ5位に終わったポチェッティーノ監督初年度の2015年3月以来です。アルデルヴァイレルトが加わった2015-16シーズン以降、プレミアリーグにおける失点は35、26、36と1試合あたり1ゴールを下回っており、同じようなミスが短期間に集中したことはありません。トリッピアーとセルジュ・オーリエ、ベン・デイヴィスとダニー・ローズ、アルデルヴァイレルトとダヴィンソン・サンチェスを日常的にターンオーバーさせているチームだけに、不振の責を個別の選手に求めるのは妥当ではないでしょう。

「話題にすればするほど起こってしまうことがある。トラウマを作り上げるようなものだね」という直近の指揮官の言葉が、的を射ているのではないかと思われます。GKが代わったタイミングで中堅クラブに敗れたのがトリガーとなり、押されるとナーバスになりやすいチーム状態に陥っているのではないでしょうか。

一方で、ハリー・ケインの疲労は、現実的な課題でしょう。昨季プレミアリーグで37試合30ゴールという数字を残した絶対的エースは、2位のサラーを40本も引き離す184本のシュートを放ちました。1試合あたりに換算すると5.0本。これに対して今季の5試合では12本しか打てておらず、半分以下の2.4本に留まっています。エリクセンが15本、4試合出場のデル・アリが9本を記録しており、ハリー・ケインに決めさせる形が目に見えて減っています。3連敗中の得点は、ドゥクレのオウンゴール、セットピースからのラメラの左足、ディフレクションがあったエリクセンのミドルと、相手の守備陣を崩してゲットしたゴールがありません

真価を発揮しつつあるルーカス・モウラのドリブル突破は脅威ではあるものの、今季プレミアリーグにおけるアシストは未だゼロ。彼と10番の連携構築も、得点力を上げていくためのテーマのひとつでしょう。ワールドカップが終わった後、20日しか休めなかったイングランド代表キャプテンに必要なのは、リフレッシュ休暇と周囲のサポートだと思います。プレミアリーグのブライトン戦とカラバオカップのワトフォード戦で、ジョレンテやソン・フンミンをトップに据えて、ハリー・ケインを休ませるという手もあるのではないでしょうか。消える時間が長くなっているエースが常にいるよりも、ここぞという試合で暴れてもらったほうが、トータルのゴール数と勝ち点は増えるという考え方も的外れではないでしょう。

CLのインテル戦で、トリッピアーとアルデルヴァイレルトの不在について問われたポチェッティーノ監督は、「ワトフォード戦とリバプール戦には2人ともいただろう? ここにいない選手のことではなく、サッカーについて話すべきだ」と反発し、ピッチで奮闘した選手たちへのリスペクトを求めていました。「試合に勝てなければ、責任を取るのは私だ」「ベストを尽くす。常にクラブとともにある。5年ここにいられるか、1週間後に退任するかはともかく」。信頼関係と強い気持ちをチームにもたらしたい指揮官は、上位に引き離される前に不振から脱することができるでしょうか。まずは土曜日の夕方、ブライトン戦のスタメンに注目しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

主力出遅れ、補強ゼロ、ホーム間借り…3重苦で開幕3連勝のスパーズ、エースが語る「強い理由」

正直に告白します。スパーズサポーターのみなさま、すみません。私は、今季プレミアリーグで出遅れる可能性が最も高いのはトッテナムだと思っておりました。何しろ、逆風だらけです。イングランド、ベルギー、フランスがワールドカップでベスト4に残ったために、主力の合流が遅れました。新スタジアムのオープンが延期となり、昨季に続いてウェンブリー間借り生活。「デッドラインデー直前に、駆け込みでいい選手を獲ってくるのがダニエル・レヴィ」と誰もが信じたトランスファーマーケットでは、まさかの補強ゼロフィニッシュ。昨シーズンが終わった直後に、「クラブはリスクを取って新しいアイデアを持ち込むべき」と大型補強の必要性を訴えたポチェッティーノ監督は、「われわれにはとても素晴らしいスカッドが…」と、お隣にいたボスの十八番だった「われスカ宣言」をして、ジャーナリストたちの同情を集めました。

ただでさえ、出遅れ癖のあるクラブです。2014-15シーズンは、3節にリヴァプールとのホームゲームを0-3で完敗し、5節までで2勝1分2敗。3位に躍進した2015-16シーズンは、開幕戦でマンチェスター・ユナイテッドに敗れた後、3戦連続ドローという最悪のスタートでした。2016-17シーズンは、エヴァートンとリヴァプールに引き分けて1勝2分と踏ん張ったものの、昨季プレミアリーグでは2節のウェンブリーでチェルシーに逆転負け。翌週もホームでバーンリーに引き分け、ウェンブリーでの初勝利は8節のボーンマス戦とスロースターターぶりを発揮しました。8月にハリー・ケインが眠っているのは、多くのサポーターが織り込み済み。ポチェッティーノ監督の就任以来、4節までに3勝を挙げたことは1度もありませんでした。

ところが今季は、ニューカッスル、フラム、マンチェスター・ユナイテッドを次々と撃破。苦手のオールド・トラフォードでの一戦は、2014-15シーズンにプレミアリーグを制したモウリーニョ監督のチェルシーを彷彿とさせる強い勝ち方でした。相手の攻撃に冷静に対処し、先制を許さずにハーフタイムを迎えると、後半は守備の枚数が足りなくなりがちだったルーク・ショーのサイドを突いて2点をゲット。その後はキーマンをしっかり抑えて試合を殺し、最後にカウンターでとどめを刺すという堅守速攻のお手本のような勝利でした。今季はプレミアリーグ3戦2発とロケットスタートのハリー・ケインのコメントを聞くと、「われスカ」は絶大な効果をもたらしたようです。「監督はわれわれに信頼を示し、チームに確固たる信念を与えてくれた。彼とクラブにお返ししないといけないね」。補強がなかったことが、逆にチームの一体感を醸成したと強調しています。

直近のプレミアリーグで3年連続3位以内を達成した唯一の指揮官であるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、実は即戦力補強がうまくいっていないシーズンが多いのですが、移籍2年めの選手を開花させてチームを強化し続けています。2015-16シーズンのニューフェイスで成功したのはアルデルヴァイレルトだけだったのですが、前のシーズンの冬に獲ったデル・アリが27試合10ゴールとブレイク。2016-17シーズンもワニャマ以外は期待外れながら、トリッピアーが頭角を現し、ソン・フンミンがプレミアリーグ34試合14ゴールと真価を発揮しました。昨季はダヴィンソン・サンチェスは合格、セルジュ・オーリエはまずまず、ジョレンテとルーカス・モウラは外れと補強は微妙。その一方で、放出寸前だったシソコがワニャマやハリー・ウィンクスが負傷離脱した穴を埋めています。

前年までのサイクルが続くとすれば、今季はルーカス・モウラやジョレンテといった「新戦力」が結果を出すシーズンとなるはずです。実現すれば、素晴らしい。モウリーニョ監督にも、「ルカク25発、アレクシス15発、リンデロフを育てて…昨季からの単純計算で90ゴール25失点なら優勝チームのスタッツです」と進言したくなります。好スタートを切ったスパーズは、昨季と同じ顔ぶれでどこまでいけるでしょうか。夏にチェフしか即戦力を獲らなかった2015-16シーズンのアーセナルは2位でしたが…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「われわれにはとてもいいスカッドが…」補強ゼロのポチェッティーノ語録はツッコミどころ満載!

I am not worried, I am not sad - I am so happy(心配していない、悲しくはない、幸せだよ」。補強ゼロに終わったクラブに対して、不満を口にしなかったポチェッティーノ監督は、「目標を達成した」とまでいってのけました。指揮官が評価しているのは、ハリー・ケイン、ソン・フンミン、エリック・ラメラなど、主力選手と次々に新しい契約を締結したこと。補強ゼロを嘆くのではなく、売却ゼロのほうを見るべきという主張です。これを聞いた多くのプレミアリーグファンが、ツッコミを入れたのではないでしょうか。「大型補強が必要だったんじゃないんですか⁉」…昨季プレミアリーグを3位で終えた直後に、「クラブは勇敢になるべきだ。リスクを取り、新しいアイディアを持ち込む必要がある」とコメントし、ワールドカップが始まる前に補強を終えるようオーダーしたのは、他ならぬポチェッティーノ監督だったからです。

プレミアリーグのトランスファーマーケットが現行のシステムになった2003年以降、誰も補強せずにデッドラインデーを越えたのは今年のトッテナムだけです。2015年の夏に、ヴェンゲル監督のアーセナルが「欧州のトップリーグのクラブで唯一、誰も獲らなかった」と騒がれましたが、この年に補強しなかったのはフィールドプレーヤーで、7月の頭にペトル・チェフと契約を結んでいます。2015-16シーズンのアーセナルは、夏にポドルスキやディアビを放出しつつ、1月にはエルネニーを獲得。2月に首位レスターに劇的勝利を収めて優勝争いに残り、20勝11分7敗で2位フィニッシュを果たしています。「本当のゼロ」のスパーズは、完成度の高さを訴求しながら前年の3位を上回ることができるでしょうか。ポチェッティーノ監督は、意地の悪いプレミアリーグファンがいじりたくなるコメントを連発し、クラブの方針を支持しています。

「われわれにはとてもいいスカッドがある(え…⁉)。素晴らしい選手が揃っており、さらに改善するような選手を加えるのは簡単なことではない」
「もちろん選手を売るわけがなく、既に25人いるので追加するのは困難だ」
「われわれの目標は、レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティと同じレベルだ。今の状態でなければ、それをめざすのは難しいだろう」
「改善できる選手をスカッドに足せないならば、最も重要な仕事はベストプレーヤーを失わないことになる」
「クラブがマネージャーとベストプレーヤーをキープしたのは、素晴らしい仕事だったと思うね」

まさかの「われスカリターンズ」、あるいは「われスカゾンビ」!?ノースロンドンのライバルクラブのサポーターは、つい先頃クラブに別れを告げた御大が講演会でもやったのかと思ったでしょう。人はみな、スタジアムを建設すると、手持ちの選手が宝物に思えてくるのでしょうか。「新スタジアムを建設する」「補強費用にうるさくなる」「補強しない」「われスカ」の四段論法の炸裂に、胸が熱くなったプレミアリーグファンは、私だけではないのではないかと思います。

…すみません。「We have a very good squad」という言葉にビビッときて悪ノリしてしまいましたが、マジメにいうと、見事に掌を返してポジティブコメントを連発したポチェッティーノ監督を素晴らしいと思っています。不調だった補強のプロセスについて聞かれても、「わからない」ととぼけて一切の不満を口にしなかったからこそ、「今のチームには素晴らしい選手が揃っている」という言葉が、迫力とリアリティをもって聞こえてきます。選手たちのモチベーションは、上がりまくるのではないでしょうか。「この監督のために戦いたい、一緒にトロフィーを手に入れたい」と。

彼が通した「筋」は、自らの発言の整合性ではなく、「クラブと今いる選手を信頼する」というスタンスにあるのでしょう。プレミアリーグでトップクラスの指揮官が発した開き直りとも取れるメッセージに触れ、スパーズは勝ってほしい、チャンピオンズリーグの出場権をゲットしてほしいとあらためて思います。夏が来るたびに、アーセナルに願っていたように。

ハリー・ケイン、デル・アリ、エリクセンが織りなす素晴らしいアタックと、フェルトンゲン、アルデルヴァイレルト、ロリスらが仕切る堅守…「スパーズは、このメンバーでどこまでいけるのだろうか」とワクワクしながらチャンピオンズリーグを見始めたのは、2年前でした。昨季、レアル・マドリードを圧倒したメンバーがそのまま残ったチームのチャレンジを、今年も観られると思うとテンションが上がります。大物を獲得し続けなければ勝てないということが定説となったプレミアリーグにおいて、「補強ゼロ」のクラブは「後悔ゼロ」のシーズンを送ることができるでしょうか。大型補強で期待大のリヴァプールとともに、こちらも引き続き応援しようと心に誓う次第であります。本日の開幕戦の相手は、武藤嘉起が加わったニューカッスル。不安と期待が、半々です。(文中の引用は「BBC」の記事「Tottenham achieved objective, says manager Mauricio Pochettino」より。翻訳は筆者)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「何人獲れるか、わからない」…未だ補強ゼロのポチェッティーノ監督、大丈夫ですか!?

I cannot tell you if we're going to sign one, zero, two or three or four(ひとりかゼロか、2か3か4か、どれだけ補強するかいえないんだよ)」…いいんすか!?ポチェッティーノ監督!プレミアリーグのTOP6のなかで、最も腹が据わった指揮官はこの方なのではないかと思います。29日に開催されたインターナショナルチャンピオンズリーグのバルサ戦では、ハリー・ケイン、デル・アリ、デンベレ、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、ロリス、トリッピアーと、ワールドカップで上位に進出した選手たちがごっそり不在。ぶっつけ本番に近い状態で臨むプレミアリーグは、新スタジアムのオープンも遅れることが決まっており、2節のフラム戦はウェンブリーです。

3節にオールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッド、新スタジアムで初めて戦う5節の相手はリヴァプール。なかなかタイトなドローにも関わらず、デッドラインデーまで10日を切っても獲得した選手はゼロというエキサイティングな状況が続いています。大丈夫ですか!?ポチェッティーノ監督!既にフレッジとディオゴ・ダロトを確保しているモウリーニョ監督は、「かなり前に5人のリストを出したのに」とぼやいてますが…。

「いや、がんばってるよ。実際、すごく近づいている。トランスファーマーケットはとても近い。クラブはチームを支えるために、何人かの選手を加えてクオリティを高めようとしている。求める結果を出すべく動いてくれているんだ」

2014年にノースロンドンにやってきた指揮官は、プレミアリーグ5位、3位、2位、3位とクラブをチャンピオンズリーグの常連に引き上げ、今季はビッグタイトルを狙っているはずです。昨シーズンが終わった直後、「リスクをとって新しいアイデアを取り入れなければ」と語ったときには、スパーズあるあるともいうべき「ぎりぎりまで補強ゼロの夏休みの宿題状態」は想像していなかったでしょう。この夏は、ソン・フンミンが兵役免除をめざしてアジア競技大会に出場するため、プレミアリーグを3試合ほど飛ばすことになります。冬に加入したルーカス・モウラは順調に仕上がっていますが、出遅れ組がトップフォームに戻るまでは自転車操業を強いられそうです。

マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーも満足な補強ができているとはいえませんが、それぞれマイナーチェンジでよしとするのか、3週間早まったデッドラインデーからの逆算を誤ったのか。8月の終わりには、最初の答え合わせができそうです。トッテナムが意中の選手を獲り損ねれば、懸案のポジションにほぼ狙い通りの選手を入れたアーセナル、リヴァプールに上にいかれてしまいそうですが、ポチェッティーノさんが怖いのは補強の失敗をものともしないところです。2016-17シーズンはワニャマ、昨季はダヴィンソン・サンチェス以外は期待外れでしたが、初年度はダメだったシソコや復活したラメラなどをうまく活かして3位フィニッシュを決めています。

今季もまた、ルーカス・モウラ、ジョレンテ、ハリー・ウィンクスらが新戦力のように復活して優勝争いに食い込む予感がしてなりません。まずは、ラスト9日の立ち回りを見てみましょう。「Spurs sign Martial」などという背筋が凍る見出しを見なくてすむことを祈りつつ…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ