スパーズ復活のキーマン…デル・アリがあの頃の輝きを失った理由。

プレミアリーグ3勝2分3敗で9位。トッテナムの不振が話題になっていますが、考えられる原因のなかで最も気になるのは、若手の伸び悩みです。トリッピアーの後釜として期待されたカイル・ウォーカー=ピータースは、前任者のクロスの精度を再現できず、ダヴィンソン・サンチェスはベテランコンビにレギュラーを譲っています。ベティスから獲得した司令塔ロ・チェルソは途中出場3試合に留まっており、19歳の怪物ライアン・セセニョンは負傷で出遅れ未だ出場ゼロ。ファン・フォイスもここまで出番がなく、昨季プレミアリーグで8試合に出場した19歳のMFオリヴァー・スキップにブレイクの予感はありません。

2014年にスパーズにやってきたポチェッティーノ監督は、毎年のように若いニューフェイスをピッチに送り出し、チーム内の競争を活性化させてきました。ハリー・ケイン、ライアン・メイソン、エリック・ダイアー、デル・アリ、ベンタレブ、トム・キャロル…。昨シーズンはハリー・ウィンクスがレギュラーに定着し、フォイスが負傷離脱したフェルトンゲンの穴を埋めました。ところが2019‐20シーズンは、生え抜きか新戦力かを問わず、U-23が迫力を欠いています。最初の8試合でまずまずといえるのは、中盤を仕切るハリー・ウィンクスと、デビュー戦でゴールを決めたエンドンベレぐらいでしょう。とりわけ気になるのは、23歳になったデル・アリの絶不調です。

2016‐17シーズンに37試合18ゴール7アシストという出色の数字を残したアタッカーは、翌シーズンも36試合9ゴール10アシストと決定的なシーンに絡んでいたのですが、2018‐19シーズンは25試合5ゴール3アシストと完全に失速。ハムストリングの痛みに悩まされるようになったのが最大の要因に見えますが、より深刻なのはプレースタイルの変化でしょう。注目すべきは、スパーズが3勝2分7敗と崩れた終盤戦です。負傷が癒えたデル・アリが戻ってきてから出場した8試合は2勝1分5敗で、スパーズは7ゴールと得点力不足にあえぎました。11月末からの2ヵ月半で13試合11ゴールと爆発していたソン・フンミンの確変が止まり、デル・アリがノーゴールに終わったことと、チームの不振は完全にリンクしています。

「スカイスポーツ」の分析によると、昨季後半戦のデル・アリはゴールが決められなくなっただけでなく、ドリブル、ショット、キーパスがすべて減少。1月末に負傷し、リハビリに励んでいる間にソン・フンミンとルーカス・モウラがハリー・ケインの相棒となり、復帰後のデル・アリは従来より後ろにポジションを取るようになりました。2019‐20シーズンは、プレミアリーグで30分しかプレイしておらず、パス本数はわずか12本。度重なる不在は、蜜月だったハリー・ケインとの関係も変えてしまい、CLのオリンピアコス戦とバイエルン戦ではエースとのパス交換は5回しかありませんでした。

絶妙なタイミングでゴール前に飛び出し、ヘッドやボレーでネットを揺らすのが得意だったアタッカーは、自らのストロングポイントを見失いつつあります。ソン・フンミン、ラメラ、ルーカス・モウラ、ロ・チェルソ、エリクセンと前線の選択肢が増えたスパーズですが、かつてのデル・アリのように攻撃にバリエーションをもたらす存在は見当たりません。

6年めのポチェッティーノ監督が、4シーズン守ってきたプレミアリーグTOP4の座をキープできるか、冬のエリクセン売却で相応の移籍金を手に入れられるかどうかは、20番の復活にかかっています。「世界最高の21歳」…18か月前に指揮官が絶賛したアグレッシブなプレイを、新しくなったスタジアムでも披露していただければと願っています。まだ23歳。フットボーラーとして完成するのは、これからです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

苦しいポチェッティーノ…スパーズの不振に「1年前の補強ゼロの影響説」を提示します!

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が窮地に立たされています。8節まで終了したプレミアリーグは3勝2分3敗、チャンピオンズリーグはオリンピアコスに2-2で引き分けた後、バイエルンに2-7惨敗。ホームで7失点を喫して敗れたのは、クラブ史上初のワーストレコードです。カラバオカップもコルチェスターからゴールを奪えず、PK戦で初戦敗退。昨季のCL決勝トーナメントが始まった頃からスランプに陥ったチームは、直近のプレミアリーグ20試合で6勝4分10敗とTOP10圏外の数字に留まっています。

ブライトンに3-0で完敗したゲームのレポートで、スパーズの不振の理由について、私は以下のような仮説を並べました。「CL燃え尽き症候群」「デル・アリのスランプ」「トリッピアーの離脱」「アルデルヴァイレルト、エリクセン、ダニー・ローズなど移籍に失敗した選手たちのモチベーション低下」「エンドンベレ、ロ・チェルソ、セセニョンらフィットしない新戦力」。どれかひとつというわけではなく、さりとてすべてでもなく、複合的な要因が重なっているのでしょう。本日は、ここにもうひとつの可能性を提示したいと考えています。「昨夏の”補強ゼロ”の影響」。ポチェッティーノ監督のチームが4シーズン連続でCL出場権を獲得した歴史を振り返ると、入団2年めの選手の活躍が目立つのです。

夏に獲得した選手を大きく3つに分けると、初年度から活躍する選手、チームに貢献できずに終わる選手、フィットするのに時間がかかりながらも2年目以降に真価を発揮する選手となります。ここ数年のスパーズは、3つめの「2年め以降に活躍」に入る選手がキーマンとなっています。就任後、初めてプレミアリーグでTOP4フィニッシュを達成したのは2015-16シーズン。レスターがミラクルを起こしたあの年です。3位に食い込んだスパーズには、前シーズンの冬に加わったデル・アリがいました。彼の足跡を辿ると、ミルトン・キーンズ・ドンズに支払った500万ポンドはいかに安かったかとため息が漏れます。

2015-16シーズンの新戦力を見ると、セインツで活躍していたトビー・アルデルヴァイレルトはいきなり最終ラインの主力になり、カイル・ウォーカーという巨大な壁があったトリッピアーの本格化は3年め以降となりましたが、最初の年はプレミアリーグ28試合4ゴールと空回りしていたソン・フンミンが2年めで34試合14ゴールと躍進。ドイツに戻りたがっていた韓国代表FWをすぐに売っていれば、昨季のCLでファイナルに進んだのはペップだったはずです。マン・シティとのホームゲームで決勝ゴールを叩き込み、セカンドレグのシティ・オブ・マンチェスターで撃ち合いに持ち込む2発を決めた彼がいたからこそ、記念すべきマドリードの夜が訪れたのだと思います。

話を戻しましょう。2016年の夏に入団したムサ・シソコも、最初のシーズンが終わった直後は移籍が取り沙汰されていました。プレミアリーグにおける先発が8試合に留まっていた中盤のオールラウンダーは、2017-18シーズンには15試合に数字を伸ばし、今やチームの真ん中に欠かせない選手となっています。この年の新戦力では、冬に獲得したルーカス・モウラが2年めに輝きます。プレミアリーグ32試合10ゴール、最高のパフォーマンスはCLセミファイナルのセカンドレグ。後半だけで達成したアヤックス戦のハットトリックを忘れるサポーターはいないでしょう。

そして2019-20シーズン。1年前に補強ゼロだったスパーズは、初めて2年めのブレイクを期待できないシーズンを過ごしています。新戦力のロ・チェルソ、エンドンベレ、セセニョンはいずれもフィットするのに時間がかかりそうで、アトレティコ・マドリードに移籍したトリッピアーの穴は埋まっていません。デル・アリは以前の輝きを取り戻せず、移籍が噂されていたエリクセンやアルデルヴァイレルトのパフォーマンスにも不満が残ります。昨夏にニューフェイスを獲得していれば、窮地に追い込まれたチームを活性化してくれていたかもしれません。

2015年の夏にチェフしか獲得しなかったアーセン・ヴェンゲルは、翌シーズンにCL出場権を手離しています。2018年の夏をマフレズだけで済ませたペップも、コンパニが抜けた穴が予想以上に大きく、序盤戦で2敗を喫しました。補強をしなかったツケは時間差で請求され、真綿で首を絞めるようにチームを蝕むのかもしれないというお話です。ロリスまで失ったポチェッティーノ監督は、救世主なきまま難しいやりくりを強いられています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ポチェッティーノ解任説、ドルトムントと酷似説…現地メディアがスパーズの異変をレポート!

Has Mauricio Pochettino’s cycle at Tottenham Hotspur reached its natural conclusion?(マウリシオ・ポチェッティーノのトッテナムにおけるサイクルは、自然に終末を迎えたのだろうか/メトロ)」
Tottenham are no longer recognisable as the team that Mauricio Pochettino built(トッテナムは、もはやマウリシオ・ポチェッティーノが築いたチームとは認められない/テレグラフ)」
Massimiliano Allegri 'waiting in the wings to take Tottenham job' as club chiefs fear Mauricio Pochettino will walk away after recent slump(マウリシオ・ポチェッティーノは直近の不振によって退場する懸念があり、マッシミリアーノ・アッレグリはトッテナムのチーフとしての仕事を得るべく舞台の袖で待っている/デイリー・メール)」
Tottenham need time to rebuild squad harmony(トッテナムには、スカッドの調和を再構築する時間が必要だ/BBC)」

現地メディアが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督とスパーズの異変について一斉に報じています。6節のレスター戦で逆転負けを喫し、プレミアリーグ2勝2分2敗で7位。チェルシーやとマンチェスター・ユナイテッドも同じポイントで並んでおり、大騒ぎするほどの低迷ではありませんが、エリクセンやデル・アリ、ルーカス・モウラなど主力が機能していないのが気になります。スパーズがスポットライトを浴びるきっかけとなったのは、カラバオカップの初戦敗退でした。タンガンガ、オリヴァー・スキップ、パロットといった若手を起用していたとはいえ、リーグ2(4部相当)のチーム相手にノーゴールは事件です。

最も過激な「ザ・サン」「デイリー・メール」は、ポチェッティーノ解任説を唱えています。スパーズが、ユーヴェでセリエA5連覇という偉業を達成したマッシミリアーノ・アッレグリさんの招聘を画策しているというものですが、プレミアリーグ4位のアーセナルに3ポイント差という状況で、チームをCLの常連に仕立てた功労者の更迭はないでしょう。スパーズの戦い方の変化に言及しているのは「メトロ」と「テレグラフ」。両者の主張の共通項は、古株の疲弊と武器としていたプレスの不調です。

スペイン行きが噂になっていたエリクセンは、冬に退団という噂が消えず、アルデルヴァイレルトとフェルトンゲンの契約も今季限り。移籍を容認されたといわれていたダニー・ローズがプレミアリーグ全試合先発という現状は、指揮官の構想通りとはいえないでしょう。「メトロ」は、ユルゲン・クロップが不振に陥ったドルトムントの最終シーズンと似ているとレポート。「両者とも、当初はエネルギッシュなプレススタイルを軸としていたが、やがてそれはなくなり、長年に渡って確立してきた古株の背骨に依存するようになった」として、CL決勝で敗れたショックが残っているという類似点も指摘しています。

「テレグラフ」も魅力的だったプレスの消失を問題にしており、ファイナルサードにおけるポゼッションの勝利がプレミアリーグ20クラブ中15位というデータを紹介しています。「彼らはかつてのプレッシングチームではなくなった」。ポチェッティーノ監督は、パサーとして秀逸なハリー・ウィンクスと運動量豊富なシソコを中盤センターのファーストチョイスとしていますが、件の記事は「引いてカウンターとなれば、彼らの守備力は充分ではない」という見解を示しています。

リヴァプールと戦ったマドリードの夜が、ポチェッティーノ軍団のピークだったのでしょうか。有能なマネージャーとともに高みをめざしてきた選手たちが、「スパーズではこれ以上の結果は得られない」とテンションを緩めてしまったのなら、抜本的なリストラクチャリングが必要となります。デル・アリとエリック・ダイアーの再生は可能なのか。即戦力のCBとポストプレーヤーが必要なのではないか。メディアが指摘する通り、スパーズは生まれ変わるべき時期を迎えているのかもしれません。

「人々が期待する結果が得られなければ、批判を受け入れる必要がある。この5年間、トッテナムは常に称賛されてきた。今、批判を受けるに値するなら、それは仕方がない。われわれには、修正が必要なダメージが発生した。問題となっている部分を修正し、さらなる改善を図り、期待に応えなければならない。解決策を見つけようとしているが、時間がかかる」

ポチェッティーノ監督は、今のチームは問題を抱えていると認めています。「時間がかかる」…かつてエヴァートンの指揮を執っていたロナルド・クーマンは、プレスルームでそういった後、1ヵ月も経たないうちに任を解かれました。ボールを奪った瞬間、4~5人が一斉にスプリントする鮮やかなショートカウンターが好きだっただけに、彼らの終焉を見届けるのはせつないです。ポチェッティーノ監督の下で原点回帰を図り、ぜひ復活してほしい。週末のサウサンプトン戦は、今までにもまして重要なゲームです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

マン・シティVSスパーズの決戦プレビュー。キーマンは新戦力タンギ・エンドンベレ!

プレミアリーグ2019‐20シーズンは、序盤戦からビッグマッチが目白押しです。開幕節でマンチェスター・ユナイテッドがチェルシーを4‐0で撃破すると、UEFAスーパーカップではリヴァプールがチェルシーをPK戦で下して通算4度めの戴冠。今週末のプレミアリーグ2節では、マンチェスター・シティVSトッテナムという注目の一戦が行われます。昨季のペップVSポチェッティーノは、4試合すべてが1点差の勝負でした。

プレミアリーグは2試合とも1‐0でペップがダブル。チャンピオンズリーグ準々決勝では、ウェンブリーのファーストレグでソン・フンミンが値千金の決勝ゴールをゲットすると、セカンドレグは最初の20分で3‐2という激しい撃ち合いとなりました。終了直前のスターリングのゴールがVARで取り消しとなり、アウェイゴールルールで上回ったトッテナムが4強進出。ソン・フンミンに2試合で3発喰らったペップにとっては、悔いの残るホーム&アウェイでした。

さて、新シーズン最初のシックスポインターにフォーカスしましょう。開幕節を振り返ると、昇格したばかりのヴィラに苦戦しながら終盤の猛攻で逆転したスパーズに対して、仕上がり上々のマン・シティはウェストハムにアウェイで0‐5の圧勝。大方の予想は、デブライネ、ダヴィド・シルヴァ、マフレズ、スターリングが揃って好調のプレミアリーグ王者の順当勝ちでしょう。昨季プレミアリーグの1‐0ダブルは、ウェンブリーでは6分にマフレズ、エティハドでは5分にフィル・フォーデンと早い時間にペップのチームがリードを奪い、ゲームをコントロールして押し切っています。

今回の対戦も、マン・シティがポゼッションをとって先制を狙い、スパーズはボックス手前のスペースを埋めながらカウンターで勝負という展開になると思われます。ノースロンドンのクラブは、キーラン・トリッピアーがいなくなった右サイドがウィークポイント。ペップはスターリングをこちらのサイドに配し、ジンチェンコやダヴィド・シルヴァと連携させて圧力をかけてくるはずです。耐えられるか、セルジュ・オーリエ。昨季と同様に序盤で失点を喫することになれば、ボールを持たされてラインの裏を突かれる苦しい状況を強いられるのを覚悟しなければなりません。

スパーズが勝つとすれば…。ポチェッティーノ監督の主張は、2018‐19シーズンの惜敗は2試合ともキーマンを欠いた試合だったということ。10月のウェンブリーにはエリクセン、ソン・フンミン、デル・アリが全員欠場で、敵地での一戦はエースのハリー・ケインがいませんでした。今回も「シティキラー」のソン・フンミンがサスペンデッドで、デル・アリは負傷離脱中ですが、ハリー・ケイン、ルーカス・モウラ、エリクセンを前線に並べることができます。そしてもうひとり、スパーズには昨季はなかった切り札を用意しています。勝負のカギを握るのは、チームに加わったばかりのタンギ・エンドンベレではないでしょうか。

「スカイスポーツ」が、ロドリ、デブライネ、ダヴィド・シルヴァとエンドンベレの昨季のスタッツを比較しているのですが、スパーズのニューフェイスは1試合あたりのドリブル成功数が2.1回で、最も多いデブライネが1.8回のトリオを凌駕しています。エンドンベレの仕掛けによってマークがずれ、ハリー・ケインやルーカス・モウラがフリーになればいきなり決定機。セントラルMFの攻め上がりでCBの前にスペースができれば、スターリングやアグエロが見逃すはずはありません。諸刃の剣は、どちらを傷つけるのか。シソコのカバーリングに期待して、「エンドンベレがロドリを振り回し、1‐1ドロー決着」と見ていますが、いかがでしょうか。

ハリー・ケイン、デル・アリ、エリクセン、ソン・フンミンがともに戦うのを見られるのは、おそらく今シーズンが最後でしょう。ポチェッティーノ監督には、これまで手にすることがなかったトロフィーに辿り着いていただければと期待しています。スパーズがどれだけ戦えるのかを占う大事なゲーム。プレミアリーグらしいスリリングな展開になるのは間違いありません。キックオフは日本時間で18日1時30分。いやー、楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

タイトルを獲りたければエリクセンを売ってはいけない…現地評論家が「最高の25分」を絶賛!

ゼロ円か100億円か。クラブが手に入れるキャッシュのことだけを考えれば、答えは「9月2日までに売却」なのですが、プレミアリーグ開幕節であれほど見事なパスワークを見せつけられれば、レヴィ会長やポチェッティーノ監督も手離せなくなりそうです。現在の契約が残り1年となったクリスティアン・エリクセン。プレミアリーグ6シーズンで207試合49ゴール60アシストという素晴らしいスタッツを残したプレーメイカーについて、現地の評論家は「フリーエージェントでクラブを離れることになったとしても、この夏に売るべきではない」と声を揃えています。


「彼が出ていったのに、スパーズがプレミアリーグでTOP4に入ったら驚くだろう。アストン・ヴィラ戦の彼らはアイデアを使い果たしていたが、エリクセンが入った後、最後の25分は別なチームだった。彼は針の穴にボールを通し、1対2でプレイし、常に視界を確保していた」「おそらくスパーズに残るだろう。それでも1月に契約を整理し、来年はフリーでチームを離れるはずだが」(ポール・マーソン/スカイスポーツ)

「スパーズがトロフィー獲得を切実に願うなら、クリスティアン・エリクセンを留める必要がある。土曜日にポチェッティーノがベンチを振り返ったとき、アストン・ヴィラが1-0でリードしていた。エリクセンがやってきた。みんなこう思っただろう。『この映像は見たことがある』。誰もがスパーズが勝つとわかっていた」「ダニエル・レヴィは、9月2日に欧州のウインドウが締まる前に彼を売却できるが、それは間違いだ。成功したいなら、エリクセンをキープしなければならない」(ジェイミー・レドナップ/Goal.com)


彼らがいうとおり、ヴィラ戦はエリクセン以前と以後にわけて語るべき一戦でした。ハリー・ウィンクスに代わって、プレミアリーグ2019-20シーズンのピッチに登場したのは64分。さっそく2分後、最前線のハリー・ケインに左足でロングフィードを送り、飛び出したヒートンのヘディングをラメラがトラップして無人のゴールを狙うという決定機を演出します。73分の同点ゴールは、CKのクリアを拾ったシソコがキッカーだったエリクセンに預け、正確なクロスをダヴィンソン・サンチェスがボレーで合わせたのがトリガーでした。こぼれ球がハリー・ケイン、ルーカス・モウラとつながり、フィニッシュはタンギ・エンドンベレ。右サイドで見ていた仕掛け人は小さくガッツポーズし、新戦力のゴールを祝福しました。

77分に左隅を狙ったFKはヒートンのビッグセーブに阻まれますが、その後も攻撃のペースを仕切っていたのは23番でした。有利な体勢の選手を見逃さずにプレイしやすい位置に届け、サイドが詰まると中央に戻し、パススピードを自在に変えてヴィラの守備陣を翻弄。「彼がプレイすると、ゲームが止まって見える(マーソン)」「後方の選手たちは、常にエリクセンに任せようとしていた(レドナップ)」といった大げさな表現を使いたくなる気分はよくわかります。

バルサもエル・ブランコもユーヴェも、この夏はエリクセンを獲る余裕はないでしょう。しかし1年後、移籍金ゼロとなった彼をスルーするクラブもないでしょう。スパーズはサラリー倍増の新契約を提示するといわれていますが、司令塔が延長を決断する可能性は低く、レヴィ会長はプレミアリーグのクラブには譲らないと決めているようです。ダヴィド・シルヴァに続き、クリスティアン・エリクセンも今年限り…2019‐20シーズンは、素晴らしきプレーメイカーたちとの別れを惜しむセンチメンタルな1年となりそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ