売上は46%、利益は85%UP!トッテナムが2016-17シーズンの決算数字を発表!

年間の売上3億660万ポンド(約460億円)はクラブレコード。2015-16シーズンの2億980万ポンド(約315億円)から46%も伸びています。昨季プレミアリーグを2位でフィニッシュしたトッテナムが、前期の決算の結果を発表しました。売上増加のキーとなったのは、前年の9480万ポンド(約142億円)から1億4980万ポンド(約225億円)と大幅に伸びたテレビ放映権料。プレミアリーグが3年で95億ユーロ(約1兆2400億円)という巨額の契約を結んだためにベースが上がり、クラブ最高位の2位でシーズンを終えたことが大幅な伸びにつながりました。

マッチデイ収入、スポンサー収入などそれぞれの科目ごとに、前年と比較してみましょう。プレミアリーグにおけるマッチデイ収入は前年の2200万ポンドから1900万ポンド(約28億5000万円)に減少。62000人収容の新スタジアム建設に伴うホワイト・ハート・レーンの北東コーナー解体がその理由です。これ以外は軒並み伸びており、スポンサーシップは前期の4880万ポンドから5470万ポンド(約82億円/12%UP)、マーチャンダイジングによる収益は1200万ポンドから1400万ポンド(約21億円)に増加しています。

伸び率No.1は、チャンピオンズリーグ関連です。昨季はグループステージで敗退となり、年明けはヨーロッパリーグにまわったものの、マッチデイ収益と賞金の総額は2015-16シーズンの1870万ポンドから4460万ポンド(約67億円)と240%UP!国内カップも240万ポンドから500万ポンドと倍増しており、チームの好成績が収益に大きく反映されているのがよくわかります。

これらの数字をまとめると、営業利益は1億1700万ポンド(約176億円)。2016年6月期の6330万ポンドから85%も伸びており、新スタジアム建設を含むノーザンバーランド開発プロジェクトに投資した3億1500万ポンド(約473億円)は、さほど時間をかけずに回収できそうです。

「新しいスタジアムとトレーニングセンターのプロジェクトが進行中で、ファイナンスもヒューマン・リソースも素晴らしいレベルで進化を遂げている。クラブを預かる者として、成長をマネジメントしながら将来の安定を確保しなければならない」(ダニエル・レヴィ会長)

先日のチェルシー戦の勝利でチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく近づいたクラブは、CLの決勝トーナメント&FAカップ4強進出などによって、来期もさらに売上を伸ばすものと思われます。6万2000人を呑み込むスタジアムは、既にシーズンチケットのウェイテイングリストを抱えており、地元に1200人の雇用をもたらしているとのこと。スパーズの決算を報じた「BBC」のサイモン・ストーン記者は、「トッテナムは、ポチェッティーノ監督が夏にクラブを離れることを許したくないだろう。ハリー・ケインやデル・アリもそこに含まれる。ダニー・ローズとアルデルヴァイレルトはどうなるかわからないが…」とコメント。数字を見ると、レヴィ会長の経営手腕と指揮官の貢献度の高さをあらためて感じます。

高く美しい屋根とLEDビデオスクリーンを備えた新しいスタジアムで、プレミアリーグやチャンピオンズリーグを戦うトッテナムを早く観たいですね。もちろんあの監督と、今いる素晴らしい選手たちが戦う姿を。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

チェルシーとの決戦直前!「ハリー・ケインがいない試合」でトッテナムはどう変わる?

ようやく、この日がやってまいりました。インターナショナルウィークが終わり、本日よりプレミアリーグ32節の10試合が開催されます。ランチタイムキックオフのクリスタル・パレスVSリヴァプールを皮切りに、土曜日はマンチェスター・ユナイテッドVSスウォンジー、エヴァートンVSマンチェスター・シティ。日曜日は「ロンドンの日」で、アーセナルVSストーク、チェルシーVSトッテナムというカードです。最注目は、大トリを飾るロンドンダービーでしょう。ブルーズが勝てば、CL出場権争いは混戦模様。スパーズがアウェイ勝利を収めれば、プレミアリーグ4位のリヴァプールと5位チェルシーの差は7に開き、逆転は難しくなります。

この試合における最大のポイントを、「スカイスポーツ」が記事のタイトルにしています。「How do Tottenham cope without Harry Kane?(トッテナムは、ハリー・ケインなしでどう対処するのか?)」。過去2年のプレミアリーグで、ポチェッティーノ監督が絶対的エースを欠いた試合が9つありますが、スパーズは5勝3分1敗と悪くない数字を残しています。得点は13、失点6。昨季はフィンセント・ヤンセンとソン・フンミンが4試合ずつ最前線に入って無敗。今季唯一のエースなき試合はオールド・トラフォードのマンチェスター・ユナイテッド戦で、ソン・フンミンをトップに置いて終始互角に戦ったスパーズは、81分にマルシアルに決勝ゴールを許して0-1で惜敗しています。

ハリー・ケインがいた時間帯といなかった時間帯のスタッツを比較すると、ポチェッティーノ監督の素晴らしさをあらためて感じます。10番がいると増えるのは、ボックス内でのタッチ数、クロスとCK、パス本数、ドリブル成功数。いないときのほうが多いのは、シュート本数とゴール数。これらの数字は、すべて誤差といってもいいぐらいの微妙な差で、ワールドクラスのストライカーを欠いても得点力は落ちません。あれほどの選手がいなければ影響を受けてしかるべきですが、チャンスクリエイトもシュートも減らないのは、チーム戦術がサブの選手にも浸透しているからでしょう。

このチームがキーマンを失っても戦績が落ちないのは、アルデルヴァイレルトの長期離脱でも証明されています。ベルギー代表CBがいたプレミアリーグ10試合は6勝2分2敗、ダヴィンソン・サンチェスが穴を埋めた20試合は12勝5分3敗。ひとりふたりなら、主力が抜けても同じ強さをキープできるのが今のスパーズです。ハリー・ケイン不在の試合についてゴールの内訳を見ると、ソン・フンミンとデル・アリが4発ずつ、エリクセンが2発、エリック・ダイアー、オウンゴール、フィンセント・ヤンセンのPKとなっています。全体の数字は変わらずとも、エースがいない試合では前線のソン・フンミンが左右に流れるため、エリクセンやデル・アリの飛び出しが増えるでしょう。コンテ監督の3バックは、斜めに走って混乱を生もうとする韓国代表FWへの対応を間違えてはいけません。

「スカイスポーツ」は、ダービーにおけるスパーズのフォーメーションを予想しています。現在のスパーズは、プレミアリーグのTOP6で唯一4-2-3-1を採用しており、20試合を4バック、10試合を3バックで戦ってきました。アルデルヴァイレルトが本調子でなければ、CBはダヴィンソン・サンチェスとフェルトンゲンの2枚。左右にセルジュ・オーリエとダニー・ローズが入り、セントラルにはデンベレとエリック・ダイアー。ラメラ、デル・アリ、エリクセンが2列めに並び、前線にソン・フンミンというのがメディアの見立てです。

「センターにデンベレ、ワニャマ、エリック・ダイアーの3枚を据えて、デル・アリとエリクセンの前にソン・フンミンという4-3-2-1もおもしろい」という指摘は、チェルシーが3-5-2なら納得。3-4-2-1でアウトサイドに厚みを築いてくるなら、2列めに3枚という戦い慣れた形のほうが機能するのではないかと思います。さて、勝つのはどちらでしょうか。ブックメーカー「ウィリアムヒル」の今朝のオッズは、チェルシー勝ちが2.37、ドローとスパーズ勝利がそれぞれ3.20。賭けるなら、ドローですかね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ノースロンドンダービー直前…負けられないトッテナムは、主力に負傷者続出!

あっという間に、プレミアリーグNo.1に上り詰めてしまいました。サポーターのみなさんは、「ノースロンドンダービー直前というタイミングでなぜ…」と嘆いているのではないでしょうか。トッテナムの負傷者は、総勢8人。ワトフォードと並んで最多となりますが、マルコ・シウヴァ監督のチームは控え選手のリタイアが多く、質を加味すればスパーズが最も厳しい状況に置かれているといっていいでしょう。最大に痛いのは、トビー・アルデルヴァイレルトがクリスマスまでは戻ってこられないことです。レアル・マドリードをウェンブリーに迎えたチャンピオンズリーグのグループステージ4節で、24分に太腿の裏を押さえてゴールラインの外に出たCBは、少なくとも年末までの公式戦11試合を欠場することになる見通しです。

2015‐16シーズンはプレミアリーグ38試合出場。ピッチにいなかったのは5月のチェルシー戦の追加タイムのみという素晴らしい記録を残したアルデルヴァイレルトは、昨季も30試合で最終ラインを統率しました。トッテナムに所属した2年間でプレミアリーグ68試合5ゴール。ポチェッティーノ監督のチームになくてはならない存在です。最大の武器はポジショニングのよさ。ボックスに入ってくるアタッカーにシュートを打たせない守備は的確で、正確な前線へのロングフィードは攻撃のスピードUPに貢献しています。彼が休んでいる間は、エリック・ダイアー、ダヴィンソン・サンチェス、フェルトンゲンで中央を締めることになるでしょう。

CBの離脱だけでも激痛ですが、これに歩調を合わせるかのようにスパーズは負傷者が続出しています。ビクター・ワニャマは膝の負傷が癒えず、明日のノースロンドンダービーは欠場。ハリー・ケインも膝、デル・アリはハムストリング、ハリー・ウインクスは足首を痛めており、トレーニングには戻ったものの本調子とはいえないでしょう。ポチェッティーノ監督にとって最も悩ましいのはGKで、ロリスは鼠径部を痛め、フォルムも膝の状態が思わしくなく、アーセナル戦は第3GKのガッザニーガに頼らざるを得ません。臀部を手術したエリック・ラメラの復帰は、もう少し先の話になりそうです。元気なのはサイドの選手ばかりという苦境のなかで、ワールドカップ欧州予選プレーオフでアイルランド相手にハットトリックを達成したエリクセンが、疲れを残さずピッチに立ってくれることを祈るばかりです。

土曜日に対峙するアーセナルは、ジルー、ホールディング、カソルラを欠くものの、ラカゼット、アレクシス・サンチェス、エジルが健在。ジャカ、ラムジー、コラシナツ、ベジェリンも問題なくエミレーツのピッチに立てそうで、ムスタフィが戻ってこられるかもしれません。チーム状態は、アーセナルが上。トッテナムは、持ち前の走るサッカーでアーセナルの中盤を分断することができるでしょうか。ベストメンバーが揃ったダービーを観たかったという気分はありますが、転んでもただでは起きないポチェッティーノ監督のやりくりに対する興味が上回ります。レアル・マドリードを圧倒したチームは、シックスポインターを制してライバルとの差を広げることができるでしょうか。ランチタイムキックオフのゲームが今から楽しみです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「これは続かない」…モウリーニョ監督とレヴィ会長が移籍金の高騰に危機感を表明!

「どのクラブもいい選手を獲ろうと投資しているが、いくつかのクラブは払い過ぎているようにみえる。選手の価格は高騰し、トランスファーマーケットはコントロールできなくなった」「問題はトップクラスの選手じゃない。ポグバが問題だったとは思わない。ネイマールもクレイジーだとは思わない。そのような移籍は、1回のウインドウで1~2回だから。危険なのは、100件はあるような他の選手たちだろう。3000万ポンド~5000万ポンドという金額が簡単に話題になるのは心配だ」。ジョゼ・モウリーニョの嘆きに、深くうなずかされます。移籍市場の前半戦が終わる前に、プレミアリーグのクラブは8億5000万ポンド(約1239億円)という金額を新戦力に投資しています。ニューヨークに本部を置く世界最大の会計事務所「デロイト」は、この夏のディールは史上最高額だった1年前の11億6500万ポンド(約1699億円)をはるかに超えるハイペースで進捗していると伝えています。

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官は、特定のクラブの補強や個別の選手の値段についてコメントしているのではありません。プレミアリーグ全体のリスクとして、多くの選手たちについたタグが過去にない数字になっていることを憂慮しているのです。売上規模が数百億円の企業が、人件費とは別に200億円以上のキャッシュを移籍金として外に差し出している状況には、どこかでピリオドを打たなくてはならないでしょう。

Spurs chairman says Premier League transfer spending unsustainable(スパーズのチェアマンは、プレミアリーグの移籍市場における投資は持続できないと発言)」。イギリスメディア「BBC」で同様の警鐘を鳴らしていたのは、トッテナムのダニエル・レヴィ会長です。マンチェスター・シティに5000万ポンド(約73億円)でカイル・ウォーカーを売ったクラブは、8月を目前にしてもそのお金を遣う気配はありません。「われわれには、クラブを適切に運営する義務がある。現在進んでいる活動には、持続できるものとそうでないものが混在している。収益を超える2億ポンド(約292億円)を費やせば、それはいつかクラブに跳ね返ってくるはずだ。続かないね」。

61000席のスタジアム建設に7億5000万ポンド(約1095億円)を払わなければならないクラブの会長は、「国から支援を受けることはできず、資金は民間から調達している」とコメント。「適正なバランスを見出さなければならないが、買う余裕のない選手を探すような場所にはまだ立っていない。われわれは影響を受けていない」と、高騰が進むマーケットに意図的に顔を出していないことを強調しています。

「われわれには、アカデミーを強く信じる指揮官がいる。違いを創れる選手が見つからないなら、下部組織の若い選手にチャンスを与えたほうがいい。アカデミーは重要だ。選手を獲るのに2000万ポンドや3000万ポンドを費やす必要がなくなるからね。クラブに愛着を感じているアカデミーの選手こそが、ファンが観たいと思うものだろう」。レヴィ会長が、若手育成に長けたマウリシオ・ポチェッティーノ監督に全幅の信頼を置いているのがよくわかる言葉です。3位、2位と順位を上げ、プレミアリーグ優勝がめざせるポジションに立ちながら、「獲れないから獲らない」とマーケットに背を向けるクラブは、どんなポジションでシーズンを終えることになるのでしょうか。昨季はハリー・ウィンクスを知らしめた指揮官に、素晴らしい若手を紹介してもらえると思うとテンションが上がります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ