偉大すぎる前任者、戦術の陳腐化…?「BBC」の記者が指摘するモウリーニョ招聘の懸念。

先の記事で書いたように、私はトッテナムのジョゼ・モウリーニョ新監督に期待しています。選手との確執と不振による解任という残念な終わり方でマンチェスター・ユナイテッドを離れた監督ではありますが、ヨーロッパリーグとEFLカップを制した初年度は、ハッピーなシーズンでした。プレミアリーグ27試合17ゴールのズラタン・イブラヒモヴィッチとユーヴェから復帰したポール・ポグバを主軸に据え、エレーラ、バイリー、バレンシア、ブリントらを適所で起用。2勝6分3敗と苦しんだ秋の停滞と終盤戦の負傷者続出によって、TOP4フィニッシュを逃しましたが、さらなる進化が楽しみなチームでした。完成度が高い選手が多く、背骨がしっかりしているスパーズなら、2019-20シーズンのタイトル獲得は決して高望みではないでしょう。しかし…。

プレミアリーグ制覇3回、チャンピオンズリーグ優勝2回という実績を引っ提げ、ノースロンドンに降臨した指揮官について、現地の論調は必ずしもポジティブではありません。「BBC」で健筆を振るうマクナルティ&ドーソンの「2人のフィル」は、モウリーニョさんのスパーズ監督就任に対して懐疑的な眼を向けています。クラブの現状は、新監督にとってマイナススタートと指摘するのはマクナルティさん。ドーソンさんは、モウリーニョスタイルがオールドファッションであり、モダンなフットボールに勝てないのではないかという懸念を示しています。赤と青の残像が消えない名将は、心強い優勝請負人か、招かれざる闖入者か。まずは、おふたりの見解をダイジェストで紹介しましょう。

「モウリーニョは金がかかる。ダニエル・レヴィと一緒に働けるのか?」。マクナルティさんの最初の指摘に、静かにうなずくプレミアリーグファンは少なくないでしょう。「エド・ウッドワードがマンチェスター・ユナイテッドで行ったように、レヴィがポール・ポグバに8900万ポンド、ロメウ・ルカクに7500万ポンド、あるいはフレッジに5200万ポンドでサインする姿は想像できない」。レヴィとスパーズは2億5000万ポンドの投資を望む人物の期待には沿わず、新しいマネージャーは高価な既製品なしでは機能しないと主張する記者は、「いい結婚にするには、お互いの譲歩が必要。ギブアンドテイクの関係を築かなければならない」と警告しています。

マクナルティさんの2つめの懸念は、スパーズにとってマウリシオ・ポチェッティーノの存在感があまりにも大きかったことです。性急な解任に怒りを表明するサポーターが多く、選手たちは厳しさの裏に深い愛情を湛えていた前任者のクラッシュに戸惑っているようです。ポチェッティーノ戦術とは真逆に見える守備的なフットボールをサポーターは受け入れるのか、勝利至上主義でドライなマネジメントは選手たちの心をつかめるのか。記事は「ポチェッティーノは、彼の大半の時間を費やしてスパーズを統一した。モウリーニョは対立的で分裂的」と比較し、ハリー・ケインの未来や出口を探しているエリクセンに慎重に対応する必要を説いています。

現状を見据えるマクナルティさんに対して、ドーソンさんは新監督の足跡に着目。8つのリーグタイトル、8つの国内カップ優勝、欧州制覇4回などといった輝かしいキャリアに加えて、「プレミアリーグでは1試合あたり2.15ポイントを獲得しており、これを上回るのは2.39のペップと2.16のファーガソンのみ」といった秀逸なスタッツを紹介しています。そのうえでなされた問題提起は、「マンチェスター・ユナイテッド時代に象徴されるマネジメント力の低下」です。記事の解説をなぞると、「彼には以前と同じ力はなく、かつて存在した強力な現実主義のブランドは、ハイプレスと攻撃志向の世界ではもはや効果的ではないと見做されている」というわけです。

傍証として掲げられているのは、2016年から2年半の戦績です。プレミアリーグで93試合の指揮を執ったマンチェスター・ユナイテッドの指揮官は、同時期に勝ち点223だったマン・シティ、202のトッテナム、200のチェルシー、196を挙げたリヴァプールに対して176しか積めていません。とりわけ顕著なのはゴールの少なさで、TOP4で最も少ないチェルシーの182発に対して、31も下回る151発に留まっています。得意の守備もスタッツは微妙で、失点86はマン・シティ、トッテナム、チェルシーより多く、5位リヴァプールと1点差。ドーソンさんは「レヴィ会長は、マンチェスターにいた頃のモウリーニョさんを例外と見ている」と伝えていますが、継続的な進化を求めるうえでは気になる数字です。

望み通りにプレミアリーグに復帰した名将は、心強い優勝請負人か、招かれざる闖入者か。マクナルティさんの締めの言葉は辛口です。「モウリーニョが変化を遂げ、アプローチを近代化し、以前の欠点を認識したうえで、スパーズという新しい環境で栄光を…」。おふたりの説にうなずけるところも多々ありながら、私は信じたいと思います。ジョゼ・モウリーニョはスパーズにタイトルをもたらす、と。5年後も指揮を執っているかといわれれば、口ごもってしまうのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

一番の懸念点はファリアがいないことだと思っています。ファリアのいないモウリーニョのデータは、半年持たずに解任されたマンユナイテッドの最終シーズンしかありません。その前のシーズンに2位になってることから、モウリーニョ+ファリアの戦術が時代遅れかはさておき、全く通用しないとは思えませんが、ファリア無しでどこまでできるのか注目しています。
  • ルニキ
  • 2019/11/21(Thu)08:23:10
  • 編集

無題

スパサポとしてはどちらにせよモウリーニョにはとにかく期待せざるを得ない状況ですが、この記事を見て実際案外上手くいくんじゃないかと思い始めています。
特にカップ戦。ポチェッティーノのアグレッシブなハイプレス・トランジションで勝てればそれは最高ですが、前線のメンバーはロングカウンターをやらせても十分な破壊力を発揮できます。まずはとにかく負けない方向でチームを作ってくれれば…!
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/11/21(Thu)16:30:21
  • 編集

無題

16:30のコメントを投稿したものですが何を間違えたか一つ前の記事へのコメントをここに書いてしまいました。申し訳ないです
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/11/21(Thu)16:34:17
  • 編集

無題

選手は本当に素晴らしいので、上手く行くとしか思えないんですけどね、少なくとも2年間は。レヴィもいろいろと分かった上で選んだでしょうし、クラブを次のレベルに引き上げるチャンスでもありますよね。
もしくは、エディハウを見定めるまでの期間かもしれませんし。

無題

戦術の進歩に追いつけてない、終わった指揮官でしょ。守備的でつまらんし。降格させて、そのまま引退してくれ。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/11/21(Thu)20:34:47
  • 編集

無題

6位フィニッシュでELに出ていたチームに復帰して2年でプレミア優勝させたのが5年前、マグワイアやワンビサカのいないチームを率いて絶頂期のペップシティ以外には負けなかったのが2年前。
これを太古の昔のこと、現代の話ではないと見るかどうか。
さて…。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/11/21(Thu)21:57:21
  • 編集

無題

上のコメントの人に戦術の進歩とやらについて詳しく説明してみてほしいですね。
できるわけないですが。
サッカーの戦術に流行りはあっても古い戦術なんてありません。
  • パース
  • 2019/11/21(Thu)21:57:25
  • 編集

無題

モウリーニョは、フリーの間の1年間を費やして、新たな側近の構築に努めたいたようですね。
それがリールから引き入れた面々であり、新たな顔触れとアイデアを求めていたと。
新しいモウ体制が観られるかもしれないと思うと、ポチェッティーノ解任のショックも幾分和らぎます。
  • ホタ
  • 2019/11/22(Fri)02:29:39
  • 編集

無題

モウリーニョはやると思う
迷走すると言動もおかしくなる(ナシングトゥセイ連呼やリスペクト連呼等)からそれまでは期待出来る
解任されてからもずっと再起の為に行動してた(情報が入りにくいだけで他の監督もそうなのかもしれないが)のでパワーアップを期待
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/11/22(Fri)03:45:05
  • 編集

無題

5とは別人だけど、戦術の新旧なんて普通にあるでしょ。
それこそ一昔前の"流行り"だったものとか。
ここ最近出てきた新しい戦術に対して、上記みたいなのを指す時に何て呼ぶの?って話。
"古い"の定義にもよるけどね。

モウが古いとかついていけてないとか、レアル時代くらいから散々言われてきてるし、直近のユナイテッド時代を見てたならよくわかってるでしょ。
元プロや有識者らにもそういう意見の人は腐るほどいるし、分析記事や動画なんていくらでも転がってる。

さすがに降格はないだろうし、言い方もアレだけど、気に入らない人や意見に対していちいち揚げ足取って煽り返してるようじゃダメだよ。

個人的には、早々に仕上げて4位に喰い込んできそうではあるけど、選手や会長とうまくいかなかったら降格争いに片足つっこむくらいは全然あり得ると思う。
チェルシー2期の暗黒時代もそういうのあったしね。
(そのおかげもあってミラクルレスターが成った)
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/11/22(Fri)11:08:29
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ