赤から青へ…セスク・ファブレガス、3年ぶりのプレミアリーグ復帰はやはりチェルシー!

ついに決まりました。セスク・ファブレガスのプレミアリーグ復帰。移籍先は、古巣アーセナルではなく、イギリス各紙で報じられていたチェルシーです。移籍金3000万ポンド(約51億円)は、アーセナルがセスクを優先して買い取れると伝えられていた金額。チェルシーは、プレミアリーグの他クラブと無益なセリをして獲得額を吊り上げられることなく、ランパードの後継者を獲得できたようです。

あらためて決まってみると、この移籍の最大のポイントは「アーセナルが買い取りオプションを行使せず、ロンドンのライバルにセスクを送るというギャンブルをしたこと」「昨季、セスク獲得にあれだけ執心していたマンチェスター・ユナイテッドが、お目当ての選手が売りに出されるという千載一遇のチャンスを逃したこと」でしょう。アーセナルの監督が、他ならぬモウリーニョ氏であれば、「プレミアリーグの他クラブにセスクを渡して強くさせたくない」という理由だけでも獲得していたかもしれません。

負けず嫌いのポルトガル人監督は、昨年の夏、デンバ・バを獲りたがっていたアーセナルがエジルを獲得したのを聞くと、当時は構想外だったセネガル代表FWをプロテクトしてライバルの強化を妨げたぐらいです。ヴェンゲル監督にしてみれば「頭数が揃っている中盤の選手獲得に50億もかけたくない」「今やセカンドストライカーの色が濃いセスクは、エジルとポジションがかぶる」のでしょうが、敵は、ランパードの後釜としてスペイン代表の10番を獲得するという絶好の補強を成功させたわけです。さあ、ガナーズのギャンブルは、プレミアリーグ2014-15シーズンの結果にどういう影響を及ぼすのでしょうか。来季は、「アーセナルの新加入選手とチェルシーのセスクのどちらがチームに貢献したのか」という視点でプレミアリーグをウォッチするのも楽しみのひとつです。

そして、ああ、マンチェスター・ユナイテッド。今回の移籍報道では、赤い悪魔の名前はほとんど聞かれず、彼らが今回、アクションしたのかどうかすらわからないぐらいですが、チャンピオンズリーグ出場権がないクラブには、はなから勝ち目がなかったということなのでしょうか。一時期、バルセロナはマタを欲しがっているという報道もあったので、先手必勝でマタとの交換トレードなどという話ができれば、違う展開もあったのではないかとついつい想像してしまいます。ファン・ハール監督がどういうサッカーをしようとしているのか、その全貌は明らかになっていないものの、過去に採用していた4-3-3や3-4-3のコレクティブなサッカーを想定すれば、スペイン代表でベンチを温める時間が長いマタより、準レギュラーのセスクのほうが機能するのは間違いないでしょう。

来季、赤と青が交錯するロンドンダービーは、ちょっとした遺恨試合になりそうですね。3年ぶりにプレミアリーグで戦うセスクは、エミレーツ・スタジアムでどのように迎えられ、どう振る舞うのでしょうか。「ゴールを決めても歓喜しない」というシーンは容易に想像できますが…。もはや外野でしかないマンチェスター・ユナイテッドサポーターとしては、アーセナルの元キャプテン周辺で起こるさまざまな騒動を、野次馬根性満載で愉しませていただこうと思います。

これでよかったんですよね?ヴェンゲル監督…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

初コメです。
いつも楽しく見させていただいてますが、今回はやるせない気持ちです。
去年を超えるBigger summerがなければ怒りは収まりません。
  • 京都グーナー
  • 2014/06/13(Fri)06:05:40
  • 編集

セスクとって、7バルサはクラブ以上の存在ではないのか。

売値以上で買わないというガナーズ経営陣の哲学ですね。
ベンゲルは、セスクの気持ちを尊重し、相場より安い移籍金で、送りだした訳ですから、彼の人間性に賭けたんだと思います。
  • londres nord
  • 2014/06/13(Fri)06:32:24
  • 編集

無題

セスクはアーセナルが権利を行使しなかった=補強ポイントではないと
判断したんでしょう。と頭では分かるのですが、心ではモヤモヤする。そんな感じですね。この時期の移籍のニュースはグーナーの私にとっては常にイライラさせられます。とにかく的確で納得感のある補強で早く安心させて欲しいです。
  • グーナーですが。
  • 2014/06/13(Fri)07:37:43
  • 編集

無題

ビジネスとは理解しつつもモヤモヤしますね。アンリならこんな移籍はしなかっただろうと。


  • KOPですが
  • 2014/06/13(Fri)08:06:08
  • 編集

無題

成金のチェルシーだから、買えただけですよ。
  • ぐな
  • 2014/06/13(Fri)08:14:14
  • 編集

無題

チェルシーに移籍するなら殺して良いとまで軽口を叩いていたわけですから(その時は本気かも知れませんが)現地のグーナーの恨みは恐ろしいでしょう。
正直日本のグーナーである私もかなりも失望しました。
いくらなんでも同じロンドンはないですよ…
  • ko
  • 2014/06/13(Fri)08:22:34
  • 編集

コメントありがとうございます。

京都グーナーさん グーナーですが。さん KOPですがさん  londres nordさん ぐなさん>
ビジネスに目くじら立てたりはしないし、アーセナルに今は要らないからしかたないんだけど、そりゃないだろ、セスク!」といった感じですかね。モヤモヤ感、やるせなさ、わかります。出戻りの話ではありませんが、テベスがライバルチームへいったときにやりきれない気持ちになりました。
  • makoto
  • 2014/06/13(Fri)08:23:26
  • 編集

コメントありがとうございます。

koさん>
そうですよね。普通はプレミアリーグ以外、百歩譲ってロンドン以外ですよね。サポーター的には。
  • makoto
  • 2014/06/13(Fri)08:24:49
  • 編集

無題

正直チェルシーファンの自分もなんだか微妙な気持ちになりましたが今はとりあえず来てくれた事に感謝して来季に期待したいです
それと一言だけ言わせて貰いたんですがこの件でチェルシーを叩くのは違うと思います
移籍を決めたのはセスクであり優先交渉権を行使しなかったのはアーセナルなんですから
でも正直ガナサポの立場からしたらふざけるな!!といった感じですよね…
  • ACOLE
  • 2014/06/13(Fri)10:52:44
  • 編集

無題

グーナーの方のお気持ちはお察しします
ですが選手からしたら仕事ですからね
他にどのチームからオファーを受けたのか知りませんがライバルとは言っても良い条件にタイトルも狙えるとなれば仕方ない気もします
心情だけで決めれる事でもないですし
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/06/13(Fri)12:18:50
  • 編集

がっかり

とにかくセスクにがっかりです。フロントが補強ポイントではないから取りにいかないのは当然。出たいと言って出た人間を通用しなかったからと高い金でとるひつようないですよね。あんだけアーセナル愛を叫んでたから移籍後もファンに愛されてたのにロビンもセスクももう同じ存在ですね。グーナーとしてはみると腹が立ちます。応援なんてできないですね。
  • デリック
  • 2014/06/13(Fri)15:04:23
  • 編集

無題

・2014
サニャ()
セスク(チェルシー)
・2012
ペルシ(ユナイテッド)
ソング(バルサ)
・2011
ナスリ(シティ)
クリシー(シティ)
セスク(バルサ)
・2010
ギャラス(チェルシー)
・2009
トゥレ(シティ)
アデバヨール(シティ)
・2008
フレブ(バルサ)
フラミニ(ミラン)
・2007
アンリ(バルサ)
・2006
アシュリー・コール(チェルシー)
ピレス(ビジャレアル)

それぞれ出て行きかたは違いますが何故主力の放出が止まらないんでしょう・・・
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/06/13(Fri)15:13:23
  • 編集

無題

チェルシーが悪いとは特に思わなかったですね
ただ移籍の言い訳にアーセナルを使ってる時点で彼のメンタルは弱いなあとおもいましたね
  • アーセナル
  • 2014/06/13(Fri)15:16:48
  • 編集

コメントありがとうございます。

ACOLEさん プレミアリーグ大好き!さん>
ガナーズサポーターの大勢は「セスク、見損なったぜ!」のようです。世が世なら、マンチェスター・ユナイテッドにきていたかもしれず、チェルシーを責めるのは違うと思う、というご意見には賛同します。これでガナーズサポーターに糾弾されても困りますよね。
  • makoto
  • 2014/06/13(Fri)15:53:04
  • 編集

コメントありがとうございます。

デリックさん アーセナルさん>
愛を語りながら、ヨリを戻せないとなったらすかさず近くにいく、みたいな見え方にがっかりされた方も多いのでしょうね。

プレミアリーグ大好き!さん>
ギャラがシブそうなこと、ライバルチームの方が優勝への本気度が高そうにみえることが主な理由でしょう。
  • makoto
  • 2014/06/13(Fri)15:57:30
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ