アレクシス・サンチェスとドビュッシー獲得は近日発表!? ヴェンゲル監督、今季こそ早く決めましょう!

私は、「今季も出遅れている」と昨日書いたことについて、ヴェンゲル監督にお詫びをしなくてはならないようです。あくまでも「状況証拠」ではありますが、

・リヴァプールがオリギ、マルコヴィッチ、
 デヤン・ロブレンに続々オファー

 (=スアレス売却が決まっており、資金がある)
・スアレス獲得決定とすると、バルセロナには資金獲得のアテがある
 (=FWを他で獲得しようとしているリヴァプール以外で
  アレクシス・サンチェスの売却先が決まっている)

ということは、アレクシス・サンチェスはユーヴェかガナーズにいくのが既定路線と読み取れます。さらに、イギリスメディア「メトロ」が「バルセロナは、アレクシス・サンチェスを3200万ポンド(約54億円)で獲得したいというアーセナルのオファーを受け入れた」と報じているのを見ると、チリ代表ストライカーの行き先は、プレミアリーグで決まりなのでしょう。スアレス移籍決定がバルセロナとリヴァプールの両クラブから発表されれば、その直後から周辺の移籍話も確定のハンコが捺されていくのではないかと思われます。懸案の右SBドビュッシーも、本人がアーセナルにいくと発言したと伝えられており、アーセナルは例年に比べて、早期に補強が進みそうな雲行きです。いや、すみませんでした。あ、お詫びもまだ早いですね。何分せっかちなもので。ちゃんと決まってから、整理させてください。

アーセナルが、しばしば移籍市場締切り直前にドタバタと獲得するのは、ヴァンゲル監督が、心のどこかで「われわれには強力なスカッドがある」と思っているからではないかとにらんでいました。言い換えれば、「最悪、獲れなくてもまあまあ戦えそうだからいいや」と。しかし、ほんとうにそうでしょうか。リヴァプールやチェルシーが先手先手で補強を進めるのは、「早く動けば、いい選手を獲りやすい」「早く獲ったほうが早くチームづくりを進められる」ということをクラブも監督も志向しているからだと思います。サー・アレックス・ファーガソンも早かったですね。ある年は、8月頭に「今季はこれで終了」と言い切ってましたから。ましてや大型補強をかける年は、スタメンが数人入れ替わる可能性があるので、補強が遅れれば、連携を深められずにスロースタートとなってしまうリスクが高いわけです。

モウリーニョ監督は、昨年、「8月末締め切りという、シーズンが始まってからも選手を獲れるというシステムは変えたほうがいいのではないか」といっておりました(エトー獲りながら、ですが)。私もこれには賛成です。夏休みの宿題に手を付けず、学校が始まって友達の宿題を見てからやり始めて提出してもOK、というのはちょっと気持ち悪いルールですよね。しかし、現状はそれが許されているので、逆手にとって、「シーズンが始まってからスタメンで出られず疑心暗鬼になった選手をさらう」というのもひとつの作戦だと思います。昨季のアーセナルのエジル獲得は、これに近い形でした。とはいえ、ある程度は7月中に固めておかないと、新チームのクオリティが上がらないままプレミアリーグの開幕を迎えることになります。

昨季のモウリーニョ・チェルシーは、「このチームは発展途上」といいながらも、新監督のチームとは思えないような自信たっぷりのサッカーでプレミアリーグの序盤戦を戦っていました。これはひとえに、監督の用意周到な準備の賜物だと思います。ヴェンゲル監督が、補強がぎりぎりになってもそれなりに新しい選手を使いこなして、いつの間にかアーセナルカラーに染めてしまうのもすごいのですが、たいていそういう年は序盤戦でビハインドを背負い、ひどいときは早々にプレミアリーグの優勝争いから脱落しています。名古屋グランパスのファンでもある私としては、ヴェンゲル監督の手腕を素晴らしいと思っているからこそ、よそんちの話にも関わらずハラハラしてしまうわけでして、まあまあ、とにかく早く固めてしまいましょう。そして今季のプレミアリーグでは、毎日イギリスの新聞をにぎわすようなロケットスタートを決めてください。

アレクシス・サンチェスとドビュッシーの移籍は、近日中に発表されるでしょう。そしてまた、CBと守れるMFという残された課題に対する補強を早期に完了したとき、あらためてこういいたいと思います。

「ヴェンゲル監督、出過ぎた発言ごめんなさい。今季のアーセナルは期待できます」


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

サンチェスが決めた理由はロンドンだから、ということらしいです
こういうとき首都のチームは有利ですね
それにリバプールにいくとなると、スアレス獲得のために差し出されたという面が強調されるので、プライドが許さなかったのかもしれません
まぁ結局資金繰りに使われ、本人もファンもバルサ残留が希望なので、少し気の毒です
  • バルサファン
  • 2014/07/08(Tue)13:53:38
  • 編集

無題

更新おつかれさまです。

まだ公式にでるまで信じません笑
DMFですがケディラ、シュナイデルラン、ラーベンダーが上がってますね。ケディラは高い。シュナイデルランはセインツが多分出したがらない。ベンダーは残留表明。今のところ微妙です。
  • せお
  • 2014/07/08(Tue)17:47:40
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。

サンチェスはあまりクラブで見たことがないのですがアーセナルに合うでしょうか?どうも自分はジェルビーニョの失敗を繰り返すようで不安です。
フェイントで抜こうとして時間をかけすぎてしまうイメージが強いこともありますし。
  • ゆぅ
  • 2014/07/08(Tue)18:42:04
  • 編集

無題

ユニフォーム新サプライヤー・プーマのユニフォーム発表会が7/10に有りますので
それまでに獲得決定者が居るなら、その時発表になると思われます。
  • ゆうま
  • 2014/07/08(Tue)18:43:48
  • 編集

無題

ガナーズの出る方の噂は高確率ですので、アルテタ、カソルラ、フェルマーレンは出て行くんのでしょうね。
3列目がディアビ、4列目がイグナシ・ミケルで、我々に強力なスカッドがある宣言だったら、目も当てれません。
  • londres nord
  • 2014/07/08(Tue)18:56:48
  • 編集

コメントありがとうございます。

みなさん>
アレクシス・サンチェスは「ロンドン優先」なのですね。彼はアーセナルにフィットするのではないでしょうか。器用な選手ですし。セントラルは、確かに予断を許しませんね。
  • makoto
  • 2014/07/10(Thu)11:40:06
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ