移籍市場、ラスト3日の激動!クアドラード、シンクレア、フレッチャーが移籍決定!

正確には、ひとりはクラブが公式に発表、残る2人は放出する側の監督が認めたという報道で、メディカルチェックなどの最終チェックで何もなければ決定というお話です。新戦力の獲得を発表したのは、深刻な得点力不足にあえぐアストン・ヴィラ。マンチェスター・シティからやってくるサイドアタッカー、スコット・シンクレアは、今季プレミアリーグで3人足しても8ゴールしか挙げられていないヴァイマン、アグボンラホル、ベンテケの得点力を引き出す役割を期待されます。イングランドの年代別代表に選ばれ続け、将来の大器といわれながら既に25歳。「僕の全盛期はこれから。これは新しい挑戦だ」と本人が語っているように、マンチェスター・シティで出場機会を得られず、昨季はWBAにレンタルされていたシンクレアにとっては、ようやく手に入れたキャリアアップのチャンスです。

このニュースを見て感じたのは、「当事者のコメントだからといって、うのみにはできない」ということ。1週間前、イギリスメディア「スカイスポーツ」のインタビューに答えたアストン・ヴィラのポール・ランバート監督は、「もう終わった話だ」とシンクレア獲得を否定していたのですから。最後の最後でどちらかが妥協したのか、あるいは双方歩み寄ったのか、いずれにしてもアストン・ヴィラが粘り強く再交渉を続けた成果なのでしょう。「監督の否定」といえば、チェルシーのモウリーニョ監督も「この冬は誰も動かない」と言い続けていましたが、こちらもフィオレンティーナのドリブラー、クアドラード獲得が決定的です。

ライバルクラブの横槍を怖れてとぼけ続けたのか、出ていきたがっていたシュールレの説得を直近になって断念したのか。チェルシー指揮官の胸の内はわかりませんが、フィオレンティーナのモンテッラ監督は「監督としては残念だが、この取引は完了した。クラブは適切だった。代わりにモハメド・サラーという素晴らしい選手がやってくる。セリエAにどう適応するか見てみよう。ここはスイスともイングランドとも違うからね」と認めており、いよいよコロンビア代表のアタッカーがプレミアリーグにお目見えです。本人は既にチームメートに対する別れのあいさつを済ませており、本日メディカルチェックを受けるとのこと。遅くとも月曜日の朝には、正式な発表があるでしょう。そしてこれは、並行して動いていたもうひとつのディールも決まるというサインでもあるのかもしれません。

ドイツ誌「キッカー」は、ヴォルフスブルクのシュールレ獲得は、クラブ間も選手もすべて合意しており、あとはサインを残すのみと報じています。移籍金は3000万ユーロ(約40億円)といわれており、ヴォルフスブルクが先んじて発表した、クロアチア代表FWイビツァ・オリッチのハンブルガーSV復帰は、シュールレ移籍にまつわる「もうひとつのサイン」でしょう。ちなみに、シュールレの話も、ヴォルフスブルクのクラウス・アロフスSDはつい最近まで否定していたんですよね。われわれは、「イギリスのタブロイド紙の移籍報道」と「クラブの否定コメント」を並べたとき、「当事者がいっているのだから」とついつい後者に軍配を上げてしまいますが、いざ結果を見ると、信頼性が低いといわれるマスコミがぶち上げたゴシップは事実だった、というケースも少なくありません。

一寸先は闇、ニュースは常に玉石混交、タブロイド紙も侮れず。今回のプレミアリーグ関連の移籍ニュースを見るにつけ、ゴシップ大好きイギリス人があれこれ飛ばしてくる報道の真偽を読み解くのは難しいとあらためて実感します。このうえは、「どうせ飛ばし記事だろ」としたり顔で捨てるより、「実現したらおもしろいぞ」と続報を期待するほうが、いろいろ楽しめるのではないかと思う次第です。

最後になりますが、マンチェスター・ユナイテッドの副キャプテン、ダレン・フレッチャーのウェストハム移籍も決まりのようです。ファン・ハール監督が、「彼は今、ウェストハムにいる。人間としてもサッカー選手としても彼が好きだが、プレイできる機会はあまりなかった。彼は試合に出たがっており、われわれはそれをサポートすることに決めた。これは大きな損失だ」と、移籍を認めるコメントを残しています。選手としてピークを迎える20代後半を、潰瘍性大腸炎で失ったフレッチャーは、以前のクオリティを取り戻せず、31歳のバースデーを迎える直前にクラブを去ることになりました。病魔との戦いとつらいリハビリを耐え抜き、ピッチに戻ってきた彼にあらためて敬意を表すとともに、新天地での活躍を切に願います。今までありがとうございました。これからもぜひ、いいプレイを見せてください!(スコット・シンクレア 写真著作者/Ronnie Macdonald)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

急転直下、チェルシーがクアドラード獲得でクラブ間合意!? 移籍市場はラストスパート!

このニュースは、イタリアから火がつきました。「ガセッタ・デロ・スポルト」やイタリアの「スカイスポーツ」が報じている、コロンビア代表MFファン・クアドラード移籍についてのチェルシーとフィオレンティーナのクラブ間合意。プレミアリーグのファンからすれば、モウリーニョ監督が冬の補強を再三否定し、クアドラード獲得やシュールレ放出についても「実現せず」という報道が多かったので、まさに寝耳に水でしょう。

移籍金は、3300万ユーロ(約44億2000万円)と伝えられており、アーセナルがガブリエウ・パウリスタ獲得時にジョエル・キャンベルを差し出したのと同様に、チェルシーもフィオレンティーナに選手を貸し出すとのこと。海を渡ると報じられたのは、モハメド・サラー。バーゼル時代にチャンピオンズリーグでチェルシーを苦しめ、活躍を期待されてプレミアリーグにやってきた「エジプトのメッシ」は、真価を発揮することなく、チェルシーを離れることになるかもしれません。18ヵ月といわれている長いレンタル期間に、フェルナンド・トーレスが辿ったような片道切符の匂いが漂います。本日、発表があるといわれているので、無事に決まるかどうか、引き続き成り行きに注目してまいりましょう。

クアドラードがうまくはまれば、ライバルクラブからすれば、やっかいです。ただでさえ左からのアザールの仕掛けにSBは振り回されがちなのに、強烈なドリブル突破が左右からくるのですから。ウィリアン、オスカル、シュールレ、クアドラードと、さまざまなタイプの選手をローテーションで使えるとなれば、サラーをあまり好んでいなかったようにみえるモウリーニョ監督の戦術的な選択肢が広がります。気になるのは、来夏のシュールレの去就ですね。出場機会を求めてクラブを出たがっていると伝えられるドイツ代表MFを、これ以上引き留められないと考えてのクアドラード獲得という可能性もあり、今回の話は純粋な攻撃力強化ではなく「将来の欠員補充を先んじて行った」可能性もあります。

さて、他のプレミアリーグのクラブに目を向ければ、パーデュー監督就任後、4連勝と絶好調のクリスタル・パレスが移籍市場でも快調です。彼らが獲得したのは、新指揮官の古巣ニューカッスルからトルコに渡り、その後フリーになっていた33歳のFWアメオビと、QPRの23歳、MFジョーダン・マッチ。今季プレミアリーグで9試合出場ノーゴールとくすぶっていたジョーダン・マッチは、500万ポンド(約8億9000万円)を下回るお値段でOKとのことで、ゼロ円のアメオビともども、手頃な即戦力補強なのではないでしょうか。

昨日お伝えした、アレシャンドレ・パトのエヴァートン移籍は、ロベルト・マルティネス監督が「エトーの代役獲得は考えていない」と否定しました。うーん、残念。現在、プレミアリーグの移籍関連で話題になっているのは、トッテナムのパウリーニョをミランとバレンシアが争っているというお話と、アデバヨールのパリ行き、マンチェスター・シティMFシンクレアへのアストン・ヴィラのオファー、マンチェスター・ユナイテッドのDF強化、中堅クラブがデンバ・バに注目、といったあたりでしょうか。この冬の移籍市場は、例年と比較して穏やかでしたが、やはり、締切りぎりぎりにはそれなりに動きそうな雲行きです。(ファン・クアドラード/写真著作者 Danilo Borges)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

移籍市場はいよいよ大詰め!アレシャンドレ・パトはプレミアリーグにやってくるのか?

アーセナルが、ビジャレアルCBのガブリエウ・パウリスタ獲得と、ジョエル・キャンベルのレンタル移籍を同時に発表。2月2日の移籍市場締め切りまで、土日を除けばあと3日しかないなか、次のビッグニュースはどこから聞こえてくるのでしょうか。最近、にわかに注目されているのは、ACミランで輝かしい4シーズンを過ごした後、負傷が癒えずにブラジルに帰国していたアレシャンドレ・パト。コリンチャンスでの2012-13シーズンは、30試合9ゴール。昨季はサンパウロにレンタルされて8試合2ゴールとトップフォームを取り戻しつつあり、ACミランの医療体制に不信感があったためにブラジルに戻ったと語るパトは、欧州での再挑戦に意欲的だと伝えられています。

以前はイタリア復帰が第一希望だと伝えられていたパトが、夏にインテルとの話がまとまらなかった際にネックとなったのが、350万ユーロ、5億円相当といわれる高いサラリー。この冬は、アタッカーを探している複数のプレミアリーグのクラブが、パトに興味を持っていると報じられておりますが、やはりこの5億円が各クラブを悩ませているようです。イギリスメディア「デイリー・メール」が報じたハル・シティのパト獲得作戦は、週給6万ポンド(約1072万円)を呑めなかったと断念報道。ハリー・レドナップ監督のQPRは、ほぼ同額のサラリーを支払っている(と聞いてびっくり)、モロッコ代表MFアデル・ターラブトを噂のACミランやアル・アハリに放出できれば可能性ありといわれていましたが、肝心のターラブトに交渉進捗のニュースがなく、おそらくこれは時間切れ。さあ、こうなると、残るはここでしょう。プレミアリーグで現在12位と絶不調、ヨーロッパリーグとの兼ね合いもあり、攻撃力を強化したいエヴァートンです。

エヴァートンは、27日にエトーをサンプドリアに放出したと発表しており、300万ユーロ(約4億円)といわれていた年俸の何割かが浮いたばかり。先日、負傷による長期離脱が決まるまでは、ACミランのエル・シャーラウィを狙っているといわれていました。今や、収入規模ではインテルの背中が見えているエヴァートンなら、高額サラリー問題に折れることなく、近い将来ブラジル代表のレギュラーに復帰するかもしれないパトを獲れると思われます。エヴァートンもまた、レンタルでの獲得を希望していると伝えられていますが、この話はまとまるでしょうか。

「チャンピオンズリーグに出たい」と語っているベルギー代表MFケヴィン・ミララスが、プレミアリーグで苦戦しているクラブを出て行こうとしているという話もあるので、エヴァートンはなおのこと、パトがいけるなら押さえておきたいところではないでしょうか。いやー、観たいですね。プレミアリーグ後半戦、トップのルカクに右がミララス、左にパト、トップ下にはロス・バークリー。ヨーロッパリーグとプレミアリーグを両方勝ちたいロベルト・マルティネス監督にとっては、喉から手が出るほど欲しい人材でしょう。行けそうとも無理とも何ともいえませんが、青いユニフォームのパト、期待してます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

クローズまで1週間!いよいよ佳境のプレミアリーグ移籍市場最新ニュース!

2月2日の移籍市場最終日まで、あと7日。プレミアリーグのクラブの動きが、さらに活発になってきました。アーセナルは、ビジャレアルのCBガブリエウ・パウリスタのメディカルチェックを終え、決定は秒読み段階。「デイリーメール」は、24歳のブラジル人CBにイギリスの労働許可証が発行されたと報じています。「スカイスポーツ」によると、当初は1500万ポンドと伝えられていた移籍金も、ジョエル・キャンベルをレンタルする抱き合わせ効果か、1120万ポンド(約19億8000万円)まで下げられる見込みとのこと。足元が起用でSBもこなし、攻撃にも貢献してくれそうなCBの加入で、後半戦のアーセナルはより楽しみが増えました。この冬は、ビエリクも獲得したヴェンゲル監督は、もう1枚守備的なMFかDFを獲るといった勝負に出るでしょうか。マルセイユのDFニコラ・エンクルなどの名前も挙がっており、ここまでのお買い得補強で浮いたお金を使ってもう一丁、という話が湧き起こる可能性もあります。

そして、プレミアリーグ上位勢で、アーセナルの次に話題が多いのはマンチェスター・ユナイテッド。以前から、ラファエウ、ジョニー・エヴァンス、スモーリング、フィル・ジョーンズのDF陣を気に入っていないといわれているファン・ハール監督は、本気で総入れ替えを考えているのかもしれません。契約合意と伝えられているディナモ・キエフのCBアレクサンダル・ドラゴヴィッチは移籍金2000万ポンド(約35億3000万円)。こちらはオーストリア代表とはいえ、ガナーズの新CBと比べると、どうも感覚的に割高に見えてしまいます。ここ2日ほど続報がないのが不気味ですが、果たしてこの話は本決まりになるのでしょうか。

ファン・ハール監督のメインターゲットといわれているのは、サウサンプトンの右SB、昨年イングランド代表に入った23歳のナサニエル・クライン。ルーク・ショーの高い値段を考えれば、チェルシーのフィリペ・ルイスと同等である2000万ポンド(約35億3000万円)はまずまずでしょう。クライン自身は「クラブと新しい契約の交渉中。4月までに決める」と、この冬の移籍はないかのようなコメントを残していますが、最後の1週間で話をまとめられるかどうか。好調セインツのクーマン監督は、当然出したがらないと思われますが、クラインの名前は移籍市場最終日までイギリスメディアに出続けるかもしれません。

イタリアからニュースが舞い込んできたのは、エヴァートンのFW強化のお話です。エトーのサンプドリア移籍がほぼ決定で、ミララスにも噂があるエヴァートンは、代役としてACミランのエル・シャーラウィを狙っていると報じられています。今季16試合で1ゴールと不振の元イタリア代表のサイドアタッカーは、チェルチやスソの加入で出番が減るといわれており、ジャッケローニやカンビアッソのように、プレミアリーグで心機一転という話になれば盛り上がります(注:現地時間26日に骨折が発表されたので、移籍の話は立ち消えになる見込みです)。

「興味あり」といわれる、具体的な移籍金が出る、複数紙が報じる、BBCや高級紙ガーディアンがかぶさってくるというのが移籍関連ニュースの4ステップだとすれば、今出ている名前の多くはレベル2止まり。最終的に実現しない話のほうが多そうですが、一昨年のエジルや昨夏のウェルベックのように、決まるときは一気に進みます。出ていくほうではシュールレのヴォルフスブルク、ダレン・フレッチャーのWBAあるいはウェストハム。獲得話は、チェルシーのクアドラードやトッテナムが狙っているといわれるバーンリーのイングス、リヴァプールはイカルディ、QPRがオファー中のアレシャンドレ・パト。このあたりから、電撃移籍のニュースは届くのでしょうか。プレミアリーグの移籍市場は、いよいよ佳境です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

アーセナルの新CBはガブリエウ・パウリスタ⁉ヴェンゲル監督が「交渉は順調」と発言!

「興味あり」という報道はさまざまあったものの、アーセン・ヴェンゲル監督が、この冬のCB獲得についてオフィシャルに交渉中であることを認めた選手は初めてでしょう。イギリスメディア「スカイスポーツ」は、ビジャレアルのブラジル人CB、24歳のガブリエウ・パウリスタとの交渉について、アーセナルの指揮官が残したコメントを報じています。

交渉は非常に順調だ。これ以上の言葉は必要ではないだろう。最終的に合意にたどり着けるかどうかは、私にはわからないね。2000万ユーロ、ポンドでいえば1500万だ。彼は額面がいくらだろうが、今のチームにとって適切ないい選手だと考えている」

ここで語られている2000万ユーロ(約27億円)という金額は、ガブリエウ・パウリスタがビジャレアルと交わしているバイアウト条項(契約解除できる設定額)のこと。ヴェンゲル監督は、払う気満々。今季、スペインでチャンピオンズリーグ出場権を争っているビジャレアルの最終ラインの中心で、CBだけでなく両SBもこなせる器用なDFに大きな期待をかけているようです。ガブリエウ・パウリスタ自身も、交渉を代理人にまかせていると語っており、「プレミアリーグ移籍は夢だった」と前向きです。ネックがあるとすれば、労働許可証問題。過去2年間、自国代表のゲームの75%以上に出場していない選手はイギリスで働くための許可証を得るのが大変で、ガブリエウ・パウリスタに特例措置が講じられなければ、この話は一気に白紙に戻ってしまいます。

ヴェンゲル監督は、昨日も「この縛りのために17歳のディ・マリアを獲れなかった」「オープンにしようじゃないか。私たちは、人為的な保護はもはやネガティブでしかない世界で生きているんだから」と、労働許可証にまつわるルールの撤廃を訴えていました。今、この話を蒸し返していることからも、ガブリエウ・パウリスタ獲得に対する本気度が窺えます。まだまだ予断は許しませんが、アーセナルの新しいCB獲得が成功することに期待しつつ、進捗をウォッチしていきたいと思います。

ヴェンゲル監督の最近のコメントでびっくりしたのは、先日獲得した17歳のポーランド人MFクリスティアン・ビエリクについて、「ポーランドで長いウインターブレイクを過ごしていたので、フルコンディションに戻すことからスタートしなければならない。3週間は出場できないだろう」と語っていたことです。今季のプレミアリーグで使うことを考えての補強だったのですね!?今回の200万ポンドは、将来に向けての投資だとばかり思っていました。ボディコンタクトがハードなプレミアリーグで、17歳はどこまでやれるのでしょうか。2月~3月のアーセナルは、ノースロンドンダービーを除けば下位との対戦が多いので、ビエリクのプレミアリーグデビューが観られるかもしれません。

冬の移籍市場が締まるまで、あと10日を切りました。週末のめぼしいニュースは、トッテナムのカイル・ノートンのスウォンジー移籍決定と、リヴァプール、トッテナム、マンチェスター・シティによるジェイ・ロドリゲス争奪戦ぐらいでした。チェルシーのモウリーニョは、あらためて「動かない」と宣言しており、マンチェスター・ユナイテッドも噂だけで終わりそうな雰囲気。最後まで何が起こるかわかりませんが、今回は、ウィルフリード・ボニーのマンチェスター・シティ移籍以外は地味に終わるかもしれません。「全員が売却リストに載っている状態」とポチェッティーノ監督が語っていたトッテナムが不気味ですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ