ラミレスに続いてテイシェイラまで⁉さらに中国バブルに呑み込まれそうな話題の2人…!

ラミレスの江蘇蘇寧への移籍はショッキングだったのですが、ジャクソン・マルティネスの広州恒大行きは、それを上回る衝撃で、アトレティコ・マドリードが中国に売ったと聞いたときは、しばらく呆然としてしまいました。

ポルトガル・スーペルリーガで2年連続の得点王に輝き、鳴り物入りでスペインに乗り込んだストライカーは、リーガ・エスパニョーラ15試合で2ゴールと期待外れだったのは確かですが、移籍してまだ半年。この冬にどうこうはないと思っていました。昨夏にガナーズ入りが噂されていたジャクソン・マルティネスは、「子どもの頃からアーセナルのファンだった」「プレミアリーグでプレイしたい」と語っており、タイプの違う2人のCFが揃ったら、ヴェンゲル監督はFAカップよりも大きいタイトルに手が届くのではないかと注目していたのです。しかし、コロンビア代表のストライカーはマドリードに飛び、ヴェンゲル監督が選んだ「タイプの違うCF」はウォルコットでした。それでも、スペインで苦境に陥っていると聞いたときは、1年遅れのプレミアリーグデビューもあるかもしれないと秘かに期待していたのでした。

いやー、中国ですか。3150万ポンド(約54億円)も出すといわれれば、仕方がありません。ラミレスの際も、「チェルシー、出しちゃうの!?」と叫びそうになりつつ、こちらも40億円を超えるお金が動いたともいわれており、放出という決断を咎めることはできません。恐るべし、中国。この冬は爆買いスイッチが完全にオンとなり、グアリンやジェルヴィーニョまで持っていきました。当面は、フランス、イタリア、スペインで活躍した選手、あるいはくすぶっている実力派が、資金力があるプレミアリーグか中国に渡るという流れが続きそうな気配です。が、しかし…。

プレミアリーグの上位クラブをもってしても、どうも中国の気前のよさには勝てそうにありません。本日、さらにショッキングなニュースが届きました。「アレックス・テイシェイラ、江蘇蘇寧とクラブ間合意」報道。シャフタル・ドネツクのルチェスク監督が、中国と合意したと語ったそうです。移籍金は3800万ポンド(約65億円)と報じられています。「リヴァプールは、多少高くてもテイシェイラは獲るべし」と連呼していた私でも、この金額には涙を浮かべて半笑いになってしまいそうです。まったく手が出ないことはないレベルではあるものの、ブレイクして間もない選手にこの額はギャンブルです。どうやらレッズはオークションで降りた状態になっていたようですね。これに太刀打ちできるのは、マンチェスターの2クラブだけではないでしょうか。「プレミアリーグに行きたい」「早く決まってほしい。イライラする」とご本人が語っていたのを思い出すと、少しせつない気分になります。

中国へのサッカー選手大移動はまだまだ続きそうです。お次は、アレシャンドレ・パトを獲得したチェルシーでチャンピオンズリーグの登録リストから外れたあの人でしょうか。イギリスメディア「テレグラフ」は、1月にアトレティコ・マドリード復帰をめざしたラダメル・ファルカオは、メディカルチェックで破談に終わり、2800万ユーロ(約36億4000万円)で江蘇蘇寧に移籍するのではないかと報じています。最前線にファルカオ、その下にテイシェイラ、ラミレスからラストパス⁉コケたら目も当てられず、はまったら最強の2トップとなりそうな布陣です。中国の移籍市場締め切りは2月26日と、時間は充分にあるので、これからさらなるニュースが飛び込んでくるかもしれません。

すっかりテンションが上がってしまったところで、妄想ついでにもうひとり。プレミアリーグ優勝監督の中国行きは、ないですかね。図らずもトランスファー・デッドラインデーの主役となった、マンチェスター・シティのマヌエル・ペジェグリーニ監督です。あのタイミングでの来季監督発表を要求したのは、「ペップ・グアルディオラが夏にマン・シティの監督に就任するのは1ヵ月前から知っていた」と語るペジェグリーニさんなのではないかとにらんでいます。早期に公表することでいちばん得をするのは、「成績不振により契約解除」という辞め方になる可能性がなくなり、次の就活に時間をかけられる現監督です。「プレミアリーグ残りたがっている」「チェルシーの監督になるのでは」といった話もあるようですが、最も魅力的なオファーを出せるのは、実は中国のクラブなのではないかと思ったりします。…すみません。この話は、根拠はありません。

いちばんいいたかったのは、「テイシェイラの話がショック」です。プレミアリーグで観たい選手だったので…。まだ確定はしていないようですが、本人合意までいくのでしょうか。シャフタル残留を祈りつつ、続報を待ちたいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

降格回避組の爆買いでやはり世界一!2015-16冬・プレミアリーグの高額移籍金ランキング

プレミアリーグのクラブが遣う移籍金の年間総額が5億ポンドを超えたのは、2007-08シーズン。マンチェスター・シティにアブダビから投資が入る1年前で、前季の3億ポンド台から倍増以上の6億4000万ポンドとなったことが驚かれたシーズンでした。2012-13シーズンは6億1000万ポンドで、この間の5年は増えたり減ったりだったのですが、背景にあったのは経済状況です。2008年にリーマンショックがあり、そこから2年はイギリスのGDPはマイナス成長。景気悪化の煽りを受け、ポーツマスのように経営が破綻するクラブもありました。しかし、その後はイギリス経済は上向き、テレビ放映権料が高騰し、プレミアリーグの移籍金総額もうなぎ上り。2013-14シーズンは7億6000万ポンド、昨シーズンは9億6000万ポンド、そして今季…2016年2月1日、トランスファー・デッドラインデーの朝、ついに10億ポンド(約1700億円)を突破しました。

イギリスメディア「スカイスポーツ」が、プレミアリーグにおける冬の移籍金総額と高額移籍ランキングをまとめており、この冬の移籍市場で動いたお金は1億7500万ポンド(約297億5000万円)とのこと。直前まで爆買い中国とデッドヒートを繰り広げていたのですが、最後は地力の差(?)で世界一を奪い返したようです。マンチェスター勢やトッテナム、リヴァプールが寝ていたにも関わらず、ここまで動いたことにびっくりです。噂のテイシェイラやベラヒーノ、ココリン、ミララスらが動き、最終的にはレンタルで妥結したチェルシーのパトが完全移籍となっていれば、とんでもない金額になっていました。主役は、シェルヴィ、タウンゼント、セヴェらに2850万ポンド(約48億9000万円)を投資したニューカッスルと、ネイスミス、ティム・クローゼなど総勢7人の補強を敢行したノリッジ。さらにカズリを獲ったサンダーランド、アフォビのボーンマスなど、動きが目立ったクラブはすべてプレミアリーグ残留を争うクラブです。この冬の傾向は、「上位は静観、インビュラのストークやニァースのエヴァートンなど中堅は1本釣り、下位はイケイケ」。「スカイスポーツ」の高額移籍金ランキングに載っている名前はシブめです。


【プレミアリーグ2015-16シーズン 冬の高額移籍金ランキング】
1位/ラミレス(チェルシー→江蘇蘇寧)2500万ポンド(約42億8000万円)
2位/ジャンネッリ・インビュラ(ポルト→ストーク)1830万ポンド(約31億4000万円)
3位/ウマル・ニァース(ロコモティフ・モスクワ→エヴァートン)1350万ポンド(約23億1000万円)
4位/アンドロス・タウンゼント(トッテナム→ニューカッスル)1200万ポンド(約20億6000万円)
4位/ジョンジョ・シェルヴィ(スウォンジー→ニューカッスル)1200万ポンド(約20億6000万円)
6位/ベニク・アフォビ(ウルブス→ボーンマス)1000万ポンド(約17億2000万円)
7位/ワフビ・カズリ(ボルドー→サンダーランド)900万ポンド(約15億4000万円)
8位/アルベルト・パロスキ(キエーヴォ→スウォンジー)800万ポンド(約13億7000万円)
8位/スティーヴ・ネイスミス(エヴァートン→ノリッジ)800万ポンド(約13億7000万円)
10位/ティム・クローゼ(ヴォルフスブルク→ノリッジ)760万ポンド(約13億円)


上位が動かなかったのは、「夏の大型補強組が冬は買い控えた」「欧州でこれといった出物がなかった、あるいは拒否された」「残留争いで目の色が変わっていたプレミアリーグ下位に選手をプロテクトされた」からでしょう。ブンデスリーガとリーガ・エスパニョーラの総額を足しても、プレミアリーグの半分を下回る静かな冬に、負傷者の復帰を待って戦力を整えるだけでいいと判断したクラブが多かったのではないでしょうか。中堅クラブは、弱点補強すべきポジションを絞って好選手を獲得。ストーク、エヴァートンに加えて、サウサンプトンのチャーリー・オースティンもこれに当たります。下位が動いた動機は、来季からクラブあたりの分配が1.5倍に跳ね上がるテレビ放映権料です。プレミアリーグ最下位でも1億ポンド(約170億円)弱が懐に入るとなれば、40億円程度の出費は「使えるぎりぎりまでいっとけ」でしょう。

インビュラ、パロスキ、ティム・クローゼ。新戦力がプレミアリーグでどんなプレイを見せてくれるのか、楽しみです。1位がラミレスというのが、2部リーグでもブンデスリーガよりもお金が動いた中国大盛況の世相を反映しています。そして気になるのは…最下位アストン・ヴィラは補強しなかったのですね。残留ラインと勝ち点差10は、1億ポンドを取りにいくよりもチャンピオンシップに落ちてからの巻き返しに備えて資金をプールすると考えたほうが賢明です。残り14試合の残留バトルは、サンダーランド、ニューカッスル、ノリッジ、スウォンジー、ボーンマス、WBA、クリスタル・パレスの争いとなりそうです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

デッドラインデーLIVE【後篇】~ドビュッシーはボルドー、ストークがクラブ史上最高額でインビュラ!

「デッドラインデーLIVE【前篇】~ニューカッスルにドゥンビア入団、注目の若手がセルチックへ!」より続きます。現地時間2月1日18時、プレミアリーグの移籍市場が締まるまで残り5時間です。ここでワトフォードが動きました。レンヌのフランス人MF、23歳のアブドゥライエ・ドゥクレ獲得。2013-14シーズンより頭角を現し、昨季はレギュラーに定着。2015-16シーズンのリーグアンでは16試合出場2ゴールで、復活の兆しがみえてきた6位レンヌを牽引していたMFです。彼は、シーズン終了まではスペインのグラナダにレンタルで出されると報じられており、多国籍軍ワトフォードでプレミアリーグデビューを果たすのは次の夏以降になるようです。

残り5時間を切りました。「BBC SPORTS」の「Transfer deadline day LIVE」が挙げている「匂うリスト」には、ベラヒーノ、ドビュッシーに加えて、マンチェスター・ユナイテッドのニック・パウエル、ストーク行きが噂になっているインビュラ、スティーブン・フレッチャー、そしてラダメル・ファルカオの名前があります。

19時40分、「Medical for Imbula」。ポルトの守備的MFインビュラは、ストーク移籍の手続きを進めているのでしょうか。「Transfer deadline day LIVE」のタイムラインはペップ決定の余韻覚めやらず、プレミアリーグにメッシは来るのか、いや、ネイマールのほうが…などとやっています。20時30分、ついに出ました。「He lost his place to Hector Bellerin, and now Arsenal right-back Mathieu Debuchy has joined French side Bordeaux on loan. 」。フランス代表DFマテュー・ドビュッシーはボルドーへレンタル移籍決定です。おそらく彼は、ガナーズへは戻ってこないでしょう。記事がいうように、彼は居場所を失ったのです。ベジェリンのポジションには、チャンバースだけでなく、ハマーズから夏には復帰しそうなジェンキンソンまで控えており、30歳になるベテランは3番手に入れるかどうかもわからない状況です。

21時前、エヴァートンが新しいストライカーを獲得しました。ロコモティフ・モスクワのセネガル代表FWウマル・ニアッセは、移籍金1350万ポンド(約23億5000万円)で4年半契約とのこと。名前を聞いてもピンとこないかもしれませんが、ヨーロッパリーグのロコモティフ・モスクワは、トルコのベシクタシュを蹴り落としてグループ首位通過を果たしており、6試合4ゴールでその原動力となったのがニアッセです。「プレミアリーグは世界最高レベル。そのなかでもエヴァートンは歴史あるクラブだ。ここに来ることができて、とても興奮しているよ」と語るストライカーは、ロメウ・ルカクの脇で使われるのでしょうか。週末のプレミアリーグ25節、アウェイのストーク戦で、今季のロシアで13発決めている彼のデビュー戦ゴールを観られるかもしれません。

残り2時間を切ったところで、サンダーランドに所属するFWスティーブン・フレッチャーのマルセイユ移籍が発表されました。フレッチャーやレンスが弱かったからこそのエンドイェとカズリの補強だったわけで、これは仕方がありません。直後、アーセナルのヤヤ・サノゴがチャールトンへのレンタル決定。クリスタル・パレス、アヤックスで結果を出せなかったストライカーは、そろそろゴールというわかりやすい成果を積み重ねないと、トップリーグのクラブに請われることはなくなってしまうでしょう。

21時30分、21歳のMFニック・パウエルがハル・シティにレンタルとは脱力です。これは彼の問題ではなく、マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に対してなのですが、最も重要なゲームだったチャンピオンズリーグのヴォルフスブルク戦で、ファン・マタに代えてピッチに送り出したのがなぜパウエルだったのか。欧州最高峰のリーグは、チャンピオンシップのクラブに修業に出すような選手がいていい場所ではありません。ご本人には、結果出して戻ってきてくださいとしかいえませんが…。「THE FINAL HOUR」-トランスファー・デッドラインデーも、いよいよ残すところ1時間です。

22時30分を越え、残り20数分となってから、大きな「DONE DEAL」が出ました。1830万ポンド(約32億円)は、ストークのクラブレコードだそうです。FCポルトのMFジャネリ・インビュラ。7月にマルセイユからポルトに移籍したばかりのインビュラは、17試合に出場してはいるものの、力を発揮できているとはいえない状態でしたが、まさか半年で移籍とは…。ストークとしては、セントラルMFがウィーランでは足りないということなのでしょうか。ポルトが2000万ユーロ(約27億円)で獲ってきた23歳に、気前よく5億乗っけて、ぎりぎりでFIXです。怖ろしき、ストーク。ボージャン、シャキリ、アフェライとトップクラブから選手を集めている彼らがめざしているのは、EL出場権獲得というレベルではないでしょう。

残り8分、レスターがDFヨアン・ベナルアンをフィオレンティーナにレンタルすると伝えられ、トッテナム以外の上位が動かなかった地味なデッドラインデーは終わりを告げたようです。「Time for bed?」…BBCのタイムラインは弛緩しており、新たなニュースが入ってくる気配はありません。いちばんのビッグニュースはペップ・グアルデイオラという妙な16時間でした。いや、もしかすると最大のトピックスは、「ジェイミー・ヴァーディ残留」なのかもしれません。レスターやウェストハムなど、今季のプレミアリーグをおもしろくしてくれた伏兵たちが主力を抜かれて定位置に沈む、などといった興ざめな話がなかったことに、ひとまず胸をなでおろしています。冬の主役は、ニューカッスルとサンダーランドのタイン・アンド・ウェア勢でした。上位クラブは、北からの激しい風に気をつけないといけませんね。以上、デッドラインデーLIVEレポートでございました。私もそろそろ「Time for bed?」(マテュー・ドビュッシー 写真著作者/Ed g2s ジャネリ・インビュラ 写真著作者/Ronnie Macdonald)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間があれば、スポンサーリンクの下のブログランキングバナーをクリックしていただければうれしいです。所要時間は5秒です。どうぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

デッドラインデーLIVE【前篇】~ニューカッスルにドゥンビア入団、注目の若手がセルチックへ!

私にとっては、年に3回のお祭りです。インターネットのLIVE中継に1日じゅうかじりついてしまうのは、いわゆる「将棋界のいちばん長い日」、3月初旬の名人戦A級第9局の日と、9月と1月にあるプレミアリーグの移籍市場最終日、通称デッドラインデーです。ただ今、現地時間は2月1日の20時(日本時間2月2日の5時)ですが、「BBC SPORTS」の「Transfer deadline day LIVE」は、締め切り16時間前となる当地の朝7時からタイムラインをスタート。「プレミアリーグの長い長い1日」は、残すところ3時間という佳境に入っています。スペイン、フランスはプレミアリーグと同じ1日23時締め切りなのですが、イタリアは22時、スコットランドは「Midnight」と微妙に違うのがまた曲者で、シャッターが閉まる前のぎりぎりの攻防に、追加タイムに入っても同点のカップ戦を観ているかのような興奮を覚えるのです。

さて、ここまでの流れを、「Transfer deadline day LIVE」のタイムラインに沿って紹介してまいりましょう。時間は、現地時間表記といたします。8時、「BBC Sports」のチーフライター、マクナルティさんが「リヴァプールのアレックス・テイシェイラ獲得は火事場の馬鹿力的な何かがないと実現せず、話は夏になるだろう」と語っています。「リヴァプールの最高責任者イアン・エアはフロリダに飛んで交渉したが、シャフタル・ドネツクは移籍金5320万ポンドを譲らなかった」。これは残念。とはいえ締め切りまで、期待しないで待つことにしましょう。8時30分、同じく「BBC Sports」のミッキー・バローズさんは、「ニューカッスルやトッテナムがどんなオファーを出しても、WBAはサイド・ベラヒーノを残留させるのではないか」とコメント。例年よりおとなしかったプレミアリーグの冬は、さしたる動きもなく終わるのでしょうか。ドビュッシーがマンチェスター・ユナイテッドへ?ベラヒーノはレスター?今のところはいずれも、憶測レベルの情報です。

本日最初の「DONE DEAL」は10時過ぎ。チャンピオンシップのカーディフがベルギーからFWゾホレを獲得したというお話です。11時、来ました、ローマFWセイドゥ・ドゥンビア、ニューカッスルへのレンタル移籍決定!柏レイソルと徳島でプレイし、CSKAモスクワでリーグ得点王となったストライカーは、700万ポンドの買い取りオプション付きとのこと。シェルヴィ、セヴェと大型MFを立て続けに獲ったニューカッスルの冬の動きからは、何が何でもプレミアリーグに残るという意志が感じられます。その後、ウェリントンやドンカスター、ブリストルなど、下部クラブの移籍決定が次々と打ち出されていますが、プレミアリーグ勢のニュースは12時過ぎまで待たなければなりませんでした。トッテナムの若手CBミロシュ・ヴェリコヴィチがブレーメンに移籍。こちらは先行投資でしょう。20分後、またもトッテナム。CBファシオがセビージャに行くとのこと。プレミアリーグで出場機会がなかったファシオは、フェルトンゲンがリタイアしてもノーチャンスだったようです。

13時前、マンチェスター・シティ所属の「イングランドのメッシ」、パトリック・ロバーツがセルチックにレンタルされると報じられました。エヴァートンで出番がなかったMFエイダン・マクギーディは、夏までシェフィールド・ウェンズデーです。背番号7をもらい、期待されたマクギーディは、才能を発揮できないままプレミアリーグから去っていってしまうのでしょうか。

「Pellegrini to leave Man City」「Guardiola to take over at Man City」のビッグニュースが入ってきたのはこのタイミングでした。ひとしきり、マン・シティの指揮官にまつわるコメントが飛び交うと、さっそく「Next TDD? Sign Lionel Messi(次のトランスファー・デッドラインデーはメッシとサインだろ)」という悪ノリも。…すみません、私も同じことを書いてしまいました。日本とイギリスという距離を越えて、プレミアリーグファンの考えることは一緒です。

13時30分、トッテナムの期待の星、アレックス・プリチャードがWBAに修業に出ます。負傷が癒えたMFは、ここから4ヵ月でデル・アリやトム・キャロルと同様に才能があることを証明しなければなりません。チェスターフィールド、ハダースフィールド、マンスフィールド。「DONE DEAL」のアイコンに続くのは、下部リーグのクラブの名前ばかりです。「Five hours to go」…18時を過ぎました。残り5時間、ドビュッシー、ベラヒーノらに動きはあるのでしょうか。長くなりましたので、続きは「デッドラインデーLIVE【後篇】~ドビュッシーはボルドー、ストークがクラブ史上最高額でインビュラ!」をお読みください。(セイドゥ・ドゥンビア 写真著作者/Дмитрий Садовников)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ