ガリー・ネヴィル氏が提言!「デ・ヘアを放出するならベイルとのトレードにするべき」

既に個人合意済みで、残すはレアル・マドリードとマンチェスター・ユナイテッドのクラブ間交渉のみといわれているダヴィド・デ・ヘアの移籍話。 ただでさえ涙がにじんでしまうこの話に、レアル・マドリードのオファーが2000万ユーロ(26億円)などというニュースが重なってくると、われわれサポーターにとっては悪夢としかいいようがありません。残り契約期間が1年ということもあり、マンチェスター・ユナイテッドの希望額5000万ユーロ(65億円)は高すぎるという声もあるようですが、今季プレミアリーグにおけるクラブへの貢献度でいえば、あちらさんが出したがっていると噂のガレス・ベイルより高額でもおかしくないぐらいです。おお、そうです。ベイルといえば、ガリー・ネビルさんです。マンチェスター・ユナイテッド生え抜きで、プレミアリーグ400試合出場と不動の右SBだったネヴィル氏は、「スカイスポーツ」のコメンテーターとして歯切れのいい解説・評論が人気です。今回のデ・ヘアとベイルの移籍話について、彼はこんなことをおっしゃってました。

「デ・ヘアの今シーズンの活躍を目にすればするほど、マンチェスター・ユナイテッドに残ってほしいといいたくなる。とはいえメディアの騒ぎようをみると、移籍は避けられないだろう。選手との契約が残り1年となれば、クラブは何らかの対策を講じるものだ。…レアル・マドリードがもし実際にオファーを提示してきたら、マンチェスター・ユナイテッドはしかるべき決断を下さなければならない。片やでマンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナル、リヴァプールなど、プレミアリーグのどのクラブもガレス・ベイルを欲しがっている。だとすればデ・ヘアをレアル・マドリードに放出する際は、ベイルとトレードの形にするべきだ」

出演している「スカイスポーツ」のサッカー番組でのコメントです。確かに、50億円を割るような金額でデ・ヘアを持っていかれることになるぐらいなら、プレミアリーグのライバルクラブを悔しがらせるベイルとのトレードに持ち込むのは有効な選択肢のひとつでしょう。ただし、これが成立する前提は「マンチェスター・ユナイテッドがベイルを必要としている」ことです。ネヴィルさんは先日、「ディ・マリアは素晴らしい選手」と語ってましたが、今季の両サイドのレギュラーだったアシュリー・ヤング、マタに加えて、バレンシア、ベイル、ディ・マリア、デパイと、サイドが本拠地の選手ばかりこんなに必要なのでしょうか?

「マンチェスター・ユナイテッドのサッカーにはウイングが必要。アシュリー・ヤングは輝かしいシーズンを送った。マタは直近の数ヵ月はうまくやっていたが、ウイングとしては適切な選手ではない。ディ・マリアがどうなるか興味深いね。私はディ・マリアを信じている。マドリードで彼を何度も見てきたが、そのパフォーマンスのレベルは素晴らしかった」

なるほど。ベイルとディ・マリア、アシュリー・ヤングが基本ということですね。ネヴィル氏のおっしゃっていることをマンチェスター・ユナイテッドのスターティングメンバーで表現してみましょう。

■パターン1=4-1-4-1
CF/ルーニー(デパイ)、
右MF/ベイル(バレンシア)、左MF/ディ・マリア(アシュリー・ヤング、デパイ)、
セントラルMF/マタ、フェライニ(エレーラ)、アンカー/キャリック(ブリント)

■パターン2=3-5-2
FW/ルーニー、デパイ
MF/ベイル(バレンシア)、ディ・マリア(アシュリー・ヤング)、
マタ(フェライニ)、エレーラ、キャリック(ブリント)

来季はいない可能性があるファン・ペルシとファルカオを外してまとめてみました。ルーニーとデパイに大暴れしてもらうことを考えればパターン2のほうに魅力を感じるのですが、アザール、アレクシス・サンチェス、ヘスス・ナバスなどの顔を思い出すと、サイド攻撃が厚いクラブが多いプレミアリーグでは4バックのほうが機能するだろうと、今季の戦い方であるパターン1に戻っていきます。私は、ベイルとディ・マリアは両方は要らないだろうと思っていたのですが、こうしてみると、ないこともないかもしれません。しかし、上記2つのパターンは、どちらをとっても余剰人員が発生しますね。1トップで4バックにすると左サイドが豪華すぎて、3バックならルーク・ショーの居場所がありません。4-4-2にすると、今度はマタがベンチ暮らしとなりそうです。

アシュリー・ヤングがコンスタントに最近のクオリティを発揮できて、ディ・マリアが復活するなら、デパイ、バレンシアも置けるサイドにベイルまで投入しなくてもOK。むしろほしいのはキャリック不在時のアンカー、統率力のあるCB、本職の右SBなど後ろの選手ということになると思いますが、いかがでしょうか。マタをスペインにお返しするぐらいの大英断をするのであれば別ですが、エレーラとの連携抜群で今季プレミアリーグ9ゴールの選手を放出するのは得策ではないと思われます。ネヴィルさん、ベイルとディ・マリア、ホントにいっときます?「デ・ヘア+100億でベイル獲得」などとなるなら、ブレーキをベタ踏みしたくなるのですが…。(ガリー・ネビル 写真著作者/Austin Osuide)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ホント、レアルには憎悪しか抱きません。
  • a
  • 2015/05/20(Wed)08:03:51
  • 編集

無題

アザールには手を出さないで ( ;´Д`)
  • Joe
  • 2015/05/20(Wed)10:19:59
  • 編集

無題

バレンシアとマタのコンビ結構良いと思うんですがね。
  • にわかスパーズファン
  • 2015/05/20(Wed)16:41:18
  • 編集

無題

ベイルは左サイドのほうが輝ける様ですし、やはり左で輝けるデパイを獲ってなお
取る必要がありますかね?
どちらかと言うと契約問題で揉めていて放出も有りと言われているセルヒオ・ラモスを
トレード要員として狙ったほうがマンUの補強ポイントにマッチするのでは。
  • ゆうま
  • 2015/05/20(Wed)20:42:54
  • 編集

コメントありがとうございます。

aさん>
クリスティアーノ・ロナウドだけで充分でしょう!といいたいですね。

Joeさん>
来季は目立たないようにしていただくとか、いかがでしょう(笑)

にわかスパーズファンさん>
おっしゃるとおりで、さらにエレーラが絡んだりするととてもいいのですが、他クラブならマタにもっと向いているポジション・役割を与えるだろうという思いはあるので、ネヴィル氏のいっていることはよくわかります。

ゆうまさん>
私は、スパーズ後期やレアル・マドリードにおける「右ウイング・ベイル」のほうが、シュート力が活かしやすいのでいいと思ってます。セルヒオ・ラモスは、スピードの衰えが気になります。今季はシャビ・アロンソとディ・マリアがいなくなって負担が大きすぎたのも確かですが、不安定なプレイが目立ってましたので。

  • makoto
  • 2015/05/21(Thu)10:28:06
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ