アーセナルの人員整理が始まる。ポドルスキのガラタサライ移籍決定!

アーセナルのルカス・ポドルスキが、プレミアリーグを去ることになりました。出す側の公式サイトは移籍金は非公開といっていますが、ガラタサライの公式ツイッターは250万ユーロ(約3億4000万円)の3年契約とつぶやいています。アーセナルにおける3年間で、プレミアリーグ出場60試合19ゴール、国内カップ戦と欧州を含むトータルは82試合31ゴール。チャンピオンズリーグの14試合8ゴールは彼のシュート力と勝負強さを示す数字ですが、2014-15シーズンは最初の2年のような貢献ができず、1月にインテルにレンタル移籍となりました。ここで活躍すれば、ヴェンゲル監督が方針を見直す可能性もないわけではなかったはずですが、17試合でたった1ゴールでは、ボスの翻意を導き出すことはできません。

14億円弱の移籍金で、ケルンからやってきて3年。最初のシーズンこそプレミアリーグ33試合で11ゴールと期待通りの活躍をしたものの、2年めはリーグ戦20試合、トータル27試合。うまくいったとはいえないバイエルン・ミュンヘン時代よりも少ない出場試合数に留まったのは、調子の波が大きかったことと、守備や連携面で不安があり、エジルやカソルラと同等の評価を得られなかったのが理由でしょう。2014-15シーズンにはアレクシス・サンチェスまでライバルとなり、ポドルスキの居場所はなくなってしまいました。攻撃的なポジションにも関わらず、昨季は2クラブ合わせて4ゴールしか決めていない30歳の選手に、強気な値付けはできないでしょう。とはいえ、報道されていた400万ユーロ(約5億4000万円)に満たない妥結は安くまとめ過ぎたのではないかと思いますが…。

2年前の夏、埼玉で浦和レッズと対戦した際には、ファンミーティングにちょんまげのズラをかぶって登場。それらしく刀を振り回して舞台袖へ消えていくなど、旺盛なサービス精神とキャラのおもしろさではチームメイトの誰もが認めるエースストライカー。一抹の寂しさはあるものの、彼にとってはいい選択となる可能性のほうが高いでしょう。ガラタサライのハムザ・ハムザオール監督に自由を認めてもらえれば、強烈なシュート力を武器にそれなりの数字は残すはずです。ちなみにこの監督は、1ヵ月前にポドルスキについて「インテルに行く前は興味があった選手だが、今のわれわれは彼のようなタイプを必要としていない」と語っていました。移籍市場においては、代理人、監督、GMなど当事者のオフィシャルなコメントといえども、おいそれと信用できませんね。

イギリス紙「デイリー・ミラー」は一昨日、アーセナルを出ていく選手としてポドルスキ、ジョエル・キャンベル、ヤヤ・サノゴ、フラミニ、オスピナ、ジェンキンソンの名前を挙げていました。U-21代表では素晴らしいプレイを見せているジェンキンソンを簡単に出すわけはなく、来季もレンタル継続となりそうですが、他の選手たちはこれから移籍市場で取り沙汰されていくでしょう。売るのが下手なアーセナルは、ジョエル・キャンベルやヤヤ・サノゴをうまくさばけるでしょうか。中途半端な残し方になったり、投げ売りのような移籍になるのは避けたいところです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

兎にも角にもDMFを…。

更新お疲れ様です。

ポドルスキの放出、自分は非常に高く評価しています、移籍金はさほど高くなかったかもしれませんが、インテルでも結果を
出せなかった以上、やむを得ないでしょう、それより週給の高い選手なので、それが浮いたことが大きいです、早い対応も、
アーセナルらしくなくよかったです、万一ガラタサライが興味を失えば、移籍先探すのに難航していたように感じますし…
ベントナーのように、不良債権を移籍させられず、結局フリーで手放すぐらいなら、賢明な判断、対応だったと思います。

他の放出候補ですが、サノゴもレンタルの放出でいいのでは?と思います、本人が移籍を望まなければ…ですが。
まだ、完全に見限るの早すぎる、ように感じますし、オスピナは、チェフ獲得したので仕方ないでしょうね…、残念ですが。

これで、CFの獲得をするつもりがあるのか?はわかりませんが、とりあえずはDMFの獲得を優先してほしいですね、
ほんとにビダル?に行っているのかは不明ですが、南米選手権も終わったので何かしら動きがあるかもしれません。
何にしろ、コクランが離脱したら、ジ・エンドみたいな、状況だけは避けていただきたいものです。
  • サッカー小僧!
  • 2015/07/05(Sun)09:37:40
  • 編集

無題

個人的にはキャンベルをもう少し試してほしいです。サノゴよりもアーセナルのサッカーにフィットしてる気がしますし、ボールを持ってないときの動きが素晴らしいと思います。
ただそのポジションの層が厚すぎることがキャンベルにとっては不運ですね。。。
完全移籍となると本当に勿体ないです
  • リッキー
  • 2015/07/05(Sun)11:30:37
  • 編集

無題

サッカー小僧さんに完全に同感ですね。

ポルディはキャラクターとしては最高ですが、
いかんせん今の前線では出番が無さすぎる。
キャラクターが最高だからムードメーカーで
いてってのは現役のサッカー選手からしたら、いい気分しないでしょうしね。

DMFは難しいですよね。コクランの控えとして取るとなると、ビックネームはまず来ないでしょうし…
  • グーニー
  • 2015/07/05(Sun)13:22:14
  • 編集

無題

毎度豊富な話題で頻回の更新、お疲れ様です。

昨シーズンのCLバイエルン戦2ndレグ、左コーナーでラームを後ろから突き飛ばしてボールを奪い、角度のないところからゴール上のコーナーを正確に狙ってノイアーを撃ちぬいた弾丸シュートがありましたね。
コンパクトなテークバックからのシュートはパワー・スピード・威力どれをとってもPLでも1,2だったと思います。
 
アーセナル加入1年目の確かPL下位相手の試合で後半何度もカウンターで持ち上がる機会があり、自分でシュートを撃てば簡単にハットトリックが取れたのに、敢えて(確か)ニアのジルー、センターに侵入したカソルラ、ファーのセオにそれぞれ緩急つけた絶妙なセンタリングを配球し、皆の得点をお互いに喜び合う、という試合があったと記憶しています。豪快なシュートだけでなく、左足センタリングの技術も一流でした。
 
ポルディ王子がアーセナルからいなくなってしまうのは寂しいですが、現在の戦術にフィットせず出番が限られる以上移籍は彼にとっても良い選択でしょう。ただ、彼の持ち味は周りのお膳立てがあってこそ生きるので、ガラタサライでスナイデルとどう絡めるかに移籍の成否がかかっているような気がします…。
  • DWCarter
  • 2015/07/05(Sun)20:40:58
  • 編集

無題

ttp://www1.skysports.com/football/news/11670/9903255/lukas-podolski-completes-galatasaray-move-from-arsenal-in-deal-potentially-worth-16310million

この記事では契約延長オプション含めればそこそこの値段なんですけどどうなんでしょう
  • もっちー
  • 2015/07/06(Mon)01:55:06
  • 編集

コメントありがとうございます。

サッカー小僧!さん>
私も、早いタイミングで、かつご本人にとっても悪くなさそうな形で決めたことについては評価しています。サノゴは、もう1年レンタルでもいいかもしれませんね。ガナーズのトップでプレイする望みは薄いのではないかと思いますが…。

リッキーさん>
私もキャンベルはいい選手だと思いますが、他の選手がよすぎるので…という判断であればやむなしですね。

グーニーさん>
コクランの控えとなると難しいですが、コクランとポジションを奪い合ってほしい、ときには並んでプレイしてほしいという形なら、選択肢は広がります。

DWCarterさん>
そうですね。ガラタサライが彼を中心に据えてくれるかどうか、でしょうね。

もっちーさん>
オプションがいくつか設定されているという話なのかもしれません。250は安いと思いましたが、最大1000超えなら納得です。



  • makoto
  • 2015/07/06(Mon)06:08:49
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ