降格回避組の爆買いでやはり世界一!2015-16冬・プレミアリーグの高額移籍金ランキング

プレミアリーグのクラブが遣う移籍金の年間総額が5億ポンドを超えたのは、2007-08シーズン。マンチェスター・シティにアブダビから投資が入る1年前で、前季の3億ポンド台から倍増以上の6億4000万ポンドとなったことが驚かれたシーズンでした。2012-13シーズンは6億1000万ポンドで、この間の5年は増えたり減ったりだったのですが、背景にあったのは経済状況です。2008年にリーマンショックがあり、そこから2年はイギリスのGDPはマイナス成長。景気悪化の煽りを受け、ポーツマスのように経営が破綻するクラブもありました。しかし、その後はイギリス経済は上向き、テレビ放映権料が高騰し、プレミアリーグの移籍金総額もうなぎ上り。2013-14シーズンは7億6000万ポンド、昨シーズンは9億6000万ポンド、そして今季…2016年2月1日、トランスファー・デッドラインデーの朝、ついに10億ポンド(約1700億円)を突破しました。

イギリスメディア「スカイスポーツ」が、プレミアリーグにおける冬の移籍金総額と高額移籍ランキングをまとめており、この冬の移籍市場で動いたお金は1億7500万ポンド(約297億5000万円)とのこと。直前まで爆買い中国とデッドヒートを繰り広げていたのですが、最後は地力の差(?)で世界一を奪い返したようです。マンチェスター勢やトッテナム、リヴァプールが寝ていたにも関わらず、ここまで動いたことにびっくりです。噂のテイシェイラやベラヒーノ、ココリン、ミララスらが動き、最終的にはレンタルで妥結したチェルシーのパトが完全移籍となっていれば、とんでもない金額になっていました。主役は、シェルヴィ、タウンゼント、セヴェらに2850万ポンド(約48億9000万円)を投資したニューカッスルと、ネイスミス、ティム・クローゼなど総勢7人の補強を敢行したノリッジ。さらにカズリを獲ったサンダーランド、アフォビのボーンマスなど、動きが目立ったクラブはすべてプレミアリーグ残留を争うクラブです。この冬の傾向は、「上位は静観、インビュラのストークやニァースのエヴァートンなど中堅は1本釣り、下位はイケイケ」。「スカイスポーツ」の高額移籍金ランキングに載っている名前はシブめです。


【プレミアリーグ2015-16シーズン 冬の高額移籍金ランキング】
1位/ラミレス(チェルシー→江蘇蘇寧)2500万ポンド(約42億8000万円)
2位/ジャンネッリ・インビュラ(ポルト→ストーク)1830万ポンド(約31億4000万円)
3位/ウマル・ニァース(ロコモティフ・モスクワ→エヴァートン)1350万ポンド(約23億1000万円)
4位/アンドロス・タウンゼント(トッテナム→ニューカッスル)1200万ポンド(約20億6000万円)
4位/ジョンジョ・シェルヴィ(スウォンジー→ニューカッスル)1200万ポンド(約20億6000万円)
6位/ベニク・アフォビ(ウルブス→ボーンマス)1000万ポンド(約17億2000万円)
7位/ワフビ・カズリ(ボルドー→サンダーランド)900万ポンド(約15億4000万円)
8位/アルベルト・パロスキ(キエーヴォ→スウォンジー)800万ポンド(約13億7000万円)
8位/スティーヴ・ネイスミス(エヴァートン→ノリッジ)800万ポンド(約13億7000万円)
10位/ティム・クローゼ(ヴォルフスブルク→ノリッジ)760万ポンド(約13億円)


上位が動かなかったのは、「夏の大型補強組が冬は買い控えた」「欧州でこれといった出物がなかった、あるいは拒否された」「残留争いで目の色が変わっていたプレミアリーグ下位に選手をプロテクトされた」からでしょう。ブンデスリーガとリーガ・エスパニョーラの総額を足しても、プレミアリーグの半分を下回る静かな冬に、負傷者の復帰を待って戦力を整えるだけでいいと判断したクラブが多かったのではないでしょうか。中堅クラブは、弱点補強すべきポジションを絞って好選手を獲得。ストーク、エヴァートンに加えて、サウサンプトンのチャーリー・オースティンもこれに当たります。下位が動いた動機は、来季からクラブあたりの分配が1.5倍に跳ね上がるテレビ放映権料です。プレミアリーグ最下位でも1億ポンド(約170億円)弱が懐に入るとなれば、40億円程度の出費は「使えるぎりぎりまでいっとけ」でしょう。

インビュラ、パロスキ、ティム・クローゼ。新戦力がプレミアリーグでどんなプレイを見せてくれるのか、楽しみです。1位がラミレスというのが、2部リーグでもブンデスリーガよりもお金が動いた中国大盛況の世相を反映しています。そして気になるのは…最下位アストン・ヴィラは補強しなかったのですね。残留ラインと勝ち点差10は、1億ポンドを取りにいくよりもチャンピオンシップに落ちてからの巻き返しに備えて資金をプールすると考えたほうが賢明です。残り14試合の残留バトルは、サンダーランド、ニューカッスル、ノリッジ、スウォンジー、ボーンマス、WBA、クリスタル・パレスの争いとなりそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ビラは事実上残留争いに匙を投げたと言っても良いですね。1月に補強をすると言う確約付きで就任したガルデ監督には気の毒です。今季限りでクラブを去るのではないでしょうか。優勝争いも去ることながら放映権料という魅惑の果実を巡る残留争い、チャンプスの昇格争いもますます熾烈になりそうで楽しみです。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/02/05(Fri)14:24:38
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
ガルデさんがもう2つ3つ勝っていれば、お金が出たかもしれないという面もありそうですね。ヴィラ、スワンズは危険そうですが、あと1つが読めません。
  • makoto
  • 2016/02/06(Sat)11:26:24
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ