パト獲得報道の裏で、ラミレス中国移籍決定…最後に動いたチェルシーにさらなる怪しい噂!

既にロンドン入りしたといわれるパトの合流よりも、チェルシー関連ではこちらのほうがびっくりしました。いや、この冬のプレミアリーグ関連の移籍ニュースでいちばんの衝撃といってもいい過ぎではないのではないでしょうか。昨季プレミアリーグ優勝クラブから、中国の江蘇蘇寧への移籍が発表されたラミレスのお話です。私にとっては、「強豪クラブでそれなりにやってたのに、次はアジア⁉」という驚きは、1995年にバイエルン・ミュンヘンから鹿島アントラーズに入団したジョルジーニョ以来の大きさです。とはいえ、ワールドカップ優勝チームの右SBは当時31歳になっており、サッカー選手として下り坂にさしかかった選手が、残り少なくなったキャリアを考えるなかで「新たなチャレンジ」「異文化に触れるおもしろさを取った」という話はわかります。同じチェルシーから中国の上海申花に渡った先輩ドログバは34歳、アネルカは33歳でした。

しかし、ラミレスはまだ28歳。サッカー選手としてピークを迎え、最後の複数年契約を理想的なクラブと結ぶケースが多い年齢です。プレミアリーグのなかにも、彼が売りに出されたと知れば手を上げるクラブはあったでしょう。歳まで考えれば、25歳でサンパウロから鹿島にやってきたレオナルド以来の衝撃、といったほうがしっくりくるのかもしれません。ヒディンク監督就任以降、ミケルが重宝されるようになるなか、年明けのプレミアリーグでは出番がなかったのは確かですが、それにしても…。「いずれはその力が必要とされる選手」であり、戦力外ではなかったはずです。チェルシーにとっては2100万ポンド(約35億9000万円)~2500万ポンド(約42億3000万円)と伝えられている移籍金は、「今が売り時」と即断するのに充分な額だったのでしょう。なかなか乗る人がいない急傾斜のジェットコースターを、下から見て震えているような気分になります。

チェルシーは、アレシャンドレ・パトに加えて、MLSのニューヨーク・レッドブルズに所属するアメリカ代表DFマット・ミアズガとも合意に至ったと報じられています。190センチのCBは、ポーランドのパスポートを持っているとのことで、労働許可証申請のための時間は不要。プレミアリーグの強豪クラブが注目していた選手ながら、350万ポンド(約6億円)のお手頃価格で手続きか完了したと「デイリー・メール」が報じており、1~2年後に頭角を現してくれればという補強でしょう。パトとミアズガが入り、ラミレスとプレミアリーグ出場わずか8分のジロポジが離脱、ロイク・レミーが残留なら戦力収支はプラスという見立てなのでしょうか。ところが、若いCB獲得のニュースの裏で、ベテランCBが出ていくのではないかというきな臭い噂が聞こえてきています。

30歳になったばかりのイングランド代表CB、ガリー・ケーヒル。今季プレミアリーグ出場12試合、ヒディンク監督がクラブに来た後、2016年のプレミアリーグ出場はゼロという数字は、ラミレスとまったく一緒です。ズマにポジションを奪われたケーヒルが、ユーロで活躍するべく出場機会を求めて退団を検討していると伝えたのは、イギリスメディア「インディペンデント」。相当なボリュームをサッカーに割き、骨のある記事が多い同紙が記事にするということは、ゴシップだとしてもそれなりの怪しい動きはあるのでしょう。

先日、トッテナムのポチェッティーノ監督が、「メッシは18歳の頃にエスパニョール移籍に近づいていた。多くの人が思っているより、選手は移籍に近づいているものだ」と語っておりましたが、ケーヒルもまた、「火のないところに煙は立たず」なのだろうと思います。獲得希望といわれているのはバイエルン・ミュンヘン、アーセナル、リヴァプールで、この顔ぶれからは何が何でも獲るという真剣さは感じられないのも確かですが…。先月、2019年までの契約延長が発表されたばかりの選手に、翌月に移籍ゴシップとは、これもまた新鮮です。プレミアリーグ4位のトッテナムに勝ち点14差をつけられ、周回遅れさながらのチェルシーは、強くなって2月を迎えられるのでしょうか。

ラミレスには、あらためて「おつかれさまでした。チャンピオンズリーグをプレミアリーグに持ち帰ってくれてありがとうございました」と伝えたいと思います。2011-12シーズン、CL準決勝セカンドレグのバルセロナ戦で、テリーが退場となり10人となったチェルシーは、トータル2-1と1点のビハインド。これをひっくり返せたのは、素晴らしい判断で前線に走り込み、ループシュートを決めた背番号7がいたからです。あの感動的な瞬間は、決して忘れられるものではありません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ファン・ペルシが青いユニフォームって…!タウンゼント移籍決定の裏で怪しいゴシップ発生!

サンダーランド、ニューカッスルのタイン・アンド・ウェア勢が相次いで新戦力獲得を発表しました。サンダーランド入団が決定したのは、ロリアンに所属するコートジボアール代表DFラミーヌ・コネ。移籍金は公表されていないものの、契約期間のほうは4年半と報じられています。いろいろ調べてみたのですが、初めてのプレミアリーグとなるこの選手は情報が少ないですね。2010年にロリアンでリーグ・アンデビューを果たし、以来6シーズンにわたり同クラブで活躍していたこと。186センチと大柄な選手で、アラダイス監督が強さを評価しているということ。今季も18試合出場のうち17試合がスタメンと、フランスの中位クラブでレギュラーを張る選手だということぐらいです。キルヒホフ、コネと2人のDF補強で、プレミアリーグワーストの46失点を積み重ねてきた守備は改善するのでしょうか。残留争いをしているクラブのなかでは得点力は低くないだけに、冬の補強がはまれば来季のプレミアリーグでも赤白のユニフォームを観ることができそうです。

そしてニューカッスルは、昨日獲得寸前とお伝えしたタウンゼント獲得を正式に発表しました。
イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、移籍金は1200万ポンド(約20億3000万円)。この額は、ニューカッスルがオファーしていた1000万ポンドとトッテナムの要求額1400万ポンドのちょうど真ん中で、大方の予想通りの着地です。契約期間は5年半、背番号は25。2013-14シーズンの活躍の印象が強く、素晴らしいドリブラーと評価する向きもあるようですが、2012年のプレミアリーグデビューからの3シーズン半でたったの5ゴールは、サイドアタッカーとしてはもの足りない数字です。ひと足先にチームに加わったシェルヴィやアヴェ、タウンゼントに求められるのは、守備もさることながら「どれだけゴールシーンを演出するプレイができるか」でしょう。タウンゼントには、プレミアリーグファンを驚愕させた「馬車馬ドリブル&豪快ミドル」を連発していただければと思います。

ここまでが移籍決定のニュースですが、新たに動きそうなクラブの話がいくつか報じられています。レスターのムサ、チェルシーのファン・ペルシ、リヴァプールのジャカは、あるとしてもセカンドチョイスという位置づけでしょう。アーメド・ムサは、本田圭佑がCSKAモスクワにいたときに、アクロバティックなプレイに何度となく目を惹かれた選手です。イギリスメディア「デイリー・メール」は、以前にレスターが移籍金1500万ポンド(約25億円)を提示していたと報道。一時はCSKAが求める1900万ポンド(約32億円)をみて断念したものの、インテルと競合するエデル獲得が怪しくなり、こちらを復活させようとしていると伝えています。出場機会を求めていたクラマリッチをホッフェンハイムにレンタルしたレスターは、ストライカーを2枚置いて戦うことが多く、ヴァーディ、岡崎慎司、ウジョアだけでは心もとないのでしょう。サンプドリアでセリエA12ゴールのエデルなら、1300万ユーロ(約16億7000万円)。しかしムサは…。サイドMFのデマライ・グレイと右SBアマーティまでは既に押さえたレスターのさらなる補強は時間切れとなり、プレミアリーグ優勝をめざすなら前線に負傷者を出せない布陣となる可能性大です。

ドイツ紙が「クロップ監督がコンタクトをとった」と報じたボルシアMG所属のスイス代表MFジャカは、2017年以降は契約解除条項がついており、3000万ユーロ(約38億5000万円)を出せば獲得できる選手になるとのこと。うーん、いい選手だと思うのですが、ヘンダーソン、エムレ・ジャン、ジョー・アレン、ミルナーがいる中盤センター(あるいはパサータイプのトップ下)の補強優先順位が高いのかというお話と、未来の3000万ユーロよりも相当積まなければ獲れそうにないのが気になります。よりゴールに近い位置でプレイできるテイシェイラがやはり最優先で、彼が無理ならこの冬は我慢、夏に大物GKやCBを獲る資金にまわしてはどうかと思います。よっぽどのオファーじゃなければボルシアMGは手離さないようでもあり、ここはひたすらウクライナからの朗報待ちでしょう。

さて、ファン・ペルシです。パトが破談になればこちらを…という噂ですが、過去にマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナルにすべて所属した選手はいましたっけ。2つまでなら、セスク、チェフ、アシュリー・コール、ウェルベック、マタ、シルヴェストルとすらすら名前が出てくるのですが、3つとなると思い当たりません。最もエキサイティングだったのは、チェルシー、アーセナル、トッテナムの「ロンドンビンゴ」を達成したギャラスという認識です。ファン・ペルシ…。途中出場が多いトルコでも7ゴールを挙げている32歳には、何しろあのキック力があるので、お膳立てバットリのチェルシーに入れば4~5発は固いでしょう。計算できるという意味では、プレミアリーグ経験がないパトよりもこちらだと思われます。問題は1点、「青が似合うか」。赤白ひと筋15年のストライカーですので、今季の紺と黄色の縦縞でも違和感があるのに、いよいよ真っ青ですかとドキドキします。…いや、まだ早いですね。ブラジルからの客人が来ないようなら、せっかくですからプレミアリーグビンゴめざしていっちゃってください!もちろん応援します。恩人ですので。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

移籍市場終盤の駆け込み補強はタインウェアダービー⁉ユーロ出場を狙う選手が下位に集結の予感!

ここまで例年に比べて静かだったプレミアリーグの移籍市場が、最後に動く気配を見せています。駆け込み補強の主役として、ニューカッスルとサンダーランドの名前があちこちで取り沙汰されており、裏タインウェアダービー勃発かという勢い。ボルドーからセヴェ、スウォンジーからジョンジョ・シェルヴィとセントラルMFを2枚獲得したニューカッスルは、さらに代表クラスのアタッカーを2人揃えるべく動いているようです。ひとりめは、トッテナムのドリブラー、アンドロス・タウンゼント。今季はプレミアリーグ出場わずか3試合と低迷中のイングランド代表MFは、11月2日のアストン・ヴィラ戦の試合後にフィットネスコーチと口論になり、直後に行われたヨーロッパリーグのアンデルレヒト戦ではベンチ外。ラメラやソン・フンミン、シャドリらがいるチームに、彼が戻る場所はなさそうです。

トラブルの際は「チャンスはある。活かすかどうかは彼次第」と語っていたポチェッティーノ監督は、タウンゼントを大事な戦力とは考えていないようで、ニューカッスルの1000万ポンド(約16億9000万円)に対して1400万ポンド(約23億7000万円)を主張していたスパーズは歩み寄りの姿勢を見せているとのこと。イギリスメディア「ガーディアン」は、近日中に決まる見通しと報じており、ユーロ出場をめざすタウンゼントはシソコやアヨゼ・ペレスとのレギュラー争いとなりそうです。イングランド代表で3ゴールを決めているサイドアタッカーは、新天地で輝きを取り戻すことができるのでしょうか。負傷者の数でプレミアリーグのトップに立つクラブといえども、彼が得意とするポジションには人材が揃っており、厳しい戦いが続きそうです。

そしてニューカッスルが狙う2人めは、パト入団が決まれば出場機会がまわってこなくなりそうなチェルシーのFWロイク・レミー。ただしこちらは、ポストベンテケが課題のアストン・ヴィラ、ボニー移籍後に得点力が落ちたスウォンジー、フレイザー・キャンベルとシャマフが沈黙を続けるクリスタル・パレスと、不振クラブがこぞって狙っている選手です。2013-14シーズンにロイク・レミーをレンタルで獲得し、プレミアリーグ26試合14ゴールと開花させているニューカッスルにアドバンテージはあるのでしょうか。4年前のユーロで、最後にメンバー入りを逃しているフランス代表FWは、今回に賭ける気持ちは人一倍強いはずです。出場機会が見込めることが最優先なら、ミトロヴィッチがいるクラブよりもアストン・ヴィラかクリスタル・パレスのほうがよさそうですが…。パトのロンドン入りが決まれば、すぐにこちらが話題となりそうです。

派手に立ち回るニューカッスルに対して、タイン・アンド・ウェア州のライバル、サンダーランドも負けじと動きそうです。既にバイエルン・ミュンヘンからCBヤン・キルヒホフ、トラブゾンスポルからセネガル代表FWエンドイェを獲得しているチームのターゲットは、引き続き前と後ろ。「スカイスポーツ」は、サンダーランドがスウォンジーのアンドレ・アイエゥに対して、1000万ポンド(約16億9000万円)にボリーニをつけるオファーを提示したと報道。これはさすがにスワンズが損で、シェルヴィを出したクラブがのむお話ではないでしょう。さらにアラダイス監督のチームは、アーセナルで出番を失っているマテュー・ドビュッシーを狙っているといわれています。ユーロでの活躍をめざすドビュッシーは、以前よりアーセナルを出たいと明言しており、報じられているアストン・ヴィラとの一騎打ちに勝てば、サイドの攻守のバランスを改善することができるはずです。ドビュッシーは、どこにいくにしてもこの冬はレンタルという形になりそうですが、ガナーズにはベジェリンに加えてチャンバースがおり、夏にはジェンキンソンも戻せるので、30歳SBの売却には躊躇しないのではないかと思われます。

おお、そうこうしているうちに、クリスタル・パレスが就活中だったアデバヨル獲得を発表しました。ロイク・レミー争奪戦のエントリーは、これをもってヴィラ、スワンズ、ニューカッスルとなるのでしょうか。テレビ放映権料で潤った全クラブが大陸から代表クラスを買い漁り、チーム内の競争であぶれた選手が弱点を補強したいクラブに動けば、全体のレベルは均質化し、「勝ち点が計算できる試合がひとつもない」という前代未聞のカオスに突入するかもしれません。各国の下位4クラブで戦う「逆チャンピオンズリーグ」があったら、プレミアリーグ勢はどこまでいけるでしょう。欧州のなかに放り込まれると戦術的な弱さを露呈するのか、はたまた圧勝か…。これはこれで、観てみたい気もします。負傷者の穴を埋めきれれば、ニューカッスルはもしかして優勝候補…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いよいよ大詰め、移籍が決まるかどうかは条件次第。どうなるパト、テイシェイラ、チルウェル…!

リヴァプールのテイシェイラ獲得は難航、チェルシーはパトが決まりそう、アーセナルのチラウェルは微妙…。冬の移籍市場締め切りまで1週間を切り、プレミアリーグ勢の交渉に関する続報が入ってきました。シャフタル・ドネツクのテイシェイラは、「プレミアリーグからいいオファーをもらっている」と本人は乗り気のようですが、リヴァプールの2度のオファーがいずれも断られたと報じられています。イギリスメディア「デイリー・メール」によると、1回めは2450万ポンド(約41億2000万円)でNG、2回めの2800万ポンドもお断り。以前にシャフタル・ドネツクのルチェスク監督は、「アレックスの価値は4000万ユーロ(約50億4000万円)」と語っており、もうひと声で届くのかもしれませんが、さあ、レッズはどうするでしょうか。「デイリー・ミラー」が伝えている3700万ポンド(約62億7000万円)までいくと若干引き気味になりますが、3000万ポンド・50億円の大台前後でいけるなら、テイシェイラは買いだと思います。

ユース年代からワールドカップで活躍し、ウクライナで爆発的な得点力を発揮しているセカンドストライカーを獲得できる千載一遇のチャンスを逃せば、夏に他のプレミアリーグ勢にもっていかれるでしょう。ウィリアン、ムヒタリアンといい人材を輩出してきた安心のシャフタルブランドです。彼を獲れれば、夏は後ろの補強だけでもいいぐらいでしょう。フィルミーノ、コウチーニョとのトライアングルはぜひ観たいですね。初めてのプレミアリーグという不安はあれど、得点力はフィルミーノより上。うまくはまれば、GKの補強を諦めて半年セットプレーの失点に目をつぶっても、充分おつりがくるのではないかと思われます。

オファー拒否といえば、アーセナルもレスターの19歳、ベンジャミン・チルウェルの300万ポンド(約5億1000万円)を断られたようです。プレミアリーグでのお目見えはこれからとなるチルウェルは、キャピタルワンカップ4回戦のハル・シティ戦とFAカップ3回戦で当たったトッテナムとの2試合に出場しており、質の高いクロスと落ち着いたディフェンスを見せていました。モンレアルが来月30歳になるアーセナルとしては、先行投資に加えてホームグロウン対策といったところでしょうか。左SBのファーストチョイスがもうすぐ19歳のボースウィック=ジャクソンとなっているクラブのサポーターからすれば、3人めがチルウェルとはうらやましい限りです。レスターが徹底抗戦と報じられている話を6日でまとめるのは難しいと思われるものの、今回が初めてのオファーではないと伝えられているアーセナルは、500万ポンドにオファーを引き上げつつ、「冬がダメなら次は夏」という構えなのかもしれません。

レスターは先週末、コペンハーゲンからガーナ代表の右SBダニエル・アマティを獲得しており、来季のヨーロッパ進出を確実なものにすべくチーム力強化を進めているところです。そんななかで、クラブ生え抜きの有望株を出すことはなさそうですが…。プレミアリーグ1位と3位の裏対決にも引き続き注目です。

さて、パトです。「デイリー・ミラー」はヒディンク監督が二の足を踏んでいると報じ、「スカイスポーツ」はコリンチャンスの関係者が移籍間近と語ったと掲載。「デイリー・メール」は、交渉は完了し、買い取りオプション付きのレンタルで決まったと伝えており、日曜日までさまざまな報道が飛び交っていました。アザールやペドロに移籍の噂が絶えないなか、まずはどれだけやれるのかを見るべく、レンタルで獲れればチェルシーにとってはいい商談なのではないかと思います。

マンチェスター・ユナイテッドは、ヴォルフスブルクのスイス代表SBリカルド・ロドリゲスにオファーしたと伝えられていますが、こちらはどうも眉唾です。ホッフェンハイムにレンタルされたクラマリッチ、フィオレンティーナのサラテ、ようやくスタンダード・リエージュが決まったヴィクトル・バルデスと、直近は出ていくほうの決定報道ばかりが目立つプレミアリーグ勢ですが、このまま何もなく静かに終わるという驚愕の幕切れもあるのでしょうか。もしそうなるとすれば、テレビ放映権料の支払いタイミングが前倒しになるといわれている次の夏は盛り上がりそうですね。プレミアリーグのいちファンとしては、パトとテイシェイラは観たいのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

リヴァプールがテイシェイラ、チェルシーはパト?不振クラブのトップ下問題を考える

リヴァプールが、2年前にモハメド・サラーをさらわれたリベンジを果たすのか。あるいは、チェルシーは既にシャフタル・ドネツクのポイントゲッターへの興味を失い、パトにご執心なのか。イギリスメディア「デイリー・メール」は、連日のようにリヴァプールのテイシェイラ獲得に関する記事を掲載しており、今季公式戦25試合26ゴールという驚異的なアタッカーのプレミアリーグデビューは実現するのかと煽っています。彼らの報道によると、イアン・エアCEOらリヴァプールの関係者が、シャフタル・ドネツクがトレーニングキャンプを張っているフロリダ州オーランドに赴き、ブラジル人FW獲得について先方の代表と会談。2450万ポンド(約40億9000万円)のオファーを提示済みとのことです。

Alex Teixeira is one of Europe's most deadly forwards, but is Shakhtar Donetsk hitman the answer to Jurgen Klopp's problems as Liverpool steal march on Chelsea?(アレックス・テイシェイラは欧州で最も危険なフォワードのひとりだが、リヴァプールがチェルシーを出し抜こうとしているシャフタル・ドネツクのヒットマンは、ユルゲン・クロップが抱える問題の答えなのか?)」という興味深いタイトルの記事では、「俊足で汎用性が高く、強さも備えているテイシェイラはクロップの答えだ。最も重要なのは、彼の得点力だ」と言い切っています。私は、リヴァプールがパト獲得を狙っていると報じられたときには、コウチーニョのチームにおける彼の必要性は微妙で、夏になってもいいので大物GKやCBに投資をしたほうがよいと考えていたのですが、テイシェイラを40億円程度で獲得できるなら、全力で決めにいくべしと思います。サンパウロにレンタルされた際にウインガーを志向したパトに対して、テイシェイラは中で威力を発揮する選手で、「ベンテケの下にフィルミーノを置いたがうまくいかなかった」と語るクロップ監督の悩みを解決してくれる可能性が高いからです。

「デイリー・メール」は、別な記事でこんな話も掲載しています。今季のプレミアリーグで、ペナルティエリアの外からのミドルシュートが最も多いのはリヴァプールの104本。2位のトッテナムが101本で、3位のマンチェスター・シティは100本だそうです。本数ではレッズの積極性が目を引くのですが、それがどれだけ枠内に飛んでいるのかを見ると、ため息が出ます。プレミアリーグNo.1は、トッテナムの49本。マンチェスター・シティのアグエロはミドルシュートで4ゴールと、この分野ではプレミアリーグ得点王となっており、彼のチームは47本。リヴァプールは、彼らより10本以上少ない35本に留まっています。ゴール数は、マン・シティが11、トッテナムは7、レッズは5。デブライネ、ヤヤ、あるいはエリクセン、デル・アリのチームに対して、レッズは中盤の選手が効果的なポジションに入ってくるシーンが少なく、ミドルの精度が高いコウチーニョのシュートも強引なものが多いようです。

コウチーニョ、フィルミーノ、ルーカスと中軸にブラジル人が多いリヴァプールなら、テイシェイラはなじみやすく、「フィルミーノをトップに置いてテイシェイラがその下に構え、ベンテケはジョーカー」という形で攻撃の厚みを築くことができるのではないでしょうか。…あれ?この話、チェルシーにも似たようなことがいえそうです。ウィリアン、オスカル、ラミレスとこちらもブラジル系で、最前線のジエゴ・コスタの下にいる選手がゴールに絡んでおらず、アザールやペドロが沈黙…。果たして、ヒディンク監督に必要なのはパトなのか。彼を中で使うか、アザールを中にまわすなどの算段があるならいいのですが、スペインに戻りたがっていると報じられたペドロと入れ替えるだけなら、少なくとも今季プレミアリーグの後半戦で得られる果実は大きなものにはならないと思います。

コンスタントに結果が出せないオスカル、マルシアルとの連携が実は薄いルーニー、ポジションが定まらないフィルミーノ。得点力が高い好調クラブと欧州の大会への出場権圏内に届いていない不振クラブを比べると、後者はトップ下問題、攻撃の厚み不足に苦しんでいるように見えます。プレミアリーグ首位のアーセナルは、ジルー、アレクシス・サンチェス、エジル、カソルラ、ラムジー。マン・シティならアグエロ、スターリング、デブライネやダヴィド・シルヴァ、そしてヤヤ・トゥレ。トッテナムにはハリー・ケインとソン・フンミン、エリクセン、デル・アリ、デンベレ。上位のクラブには、プレミアリーグで10ゴール以上のトップ、得点力のあるサイドアタッカー、ゴールを演出するトップ下、厚みを作るセントラルの4点セットが揃っているのに対して、不振クラブはとりわけ中央が脆弱です。

そんななかで、アレックス・テイシェイラはクラブの救世主となれるポテンシャルを秘めているのではないでしょうか。チェルシーか、リヴァプールか。選手目線で見ると、監督がピンチヒッターの14位よりも、ユルゲン・クロップという切り札的存在がおり、リーグカップファイナルに王手をかけている9位のほうが、未来への希望を見出しやすいと思われるのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ