マッチデーとデッドラインデーが重なって大忙し!?プレミアリーグ・冬の移籍市場振り返りレポート

ミッドウイークのマッチデーと、デッドラインデーが重なるというスケジュールには泣かされました。リヴァプールVSチェルシーというプレミアリーグ屈指の好カードをメインで観つつ、あとでじっくり観ようと決めていたアーセナルVSワトフォードをやっぱり横目で気にしつつ、「BBC」と「スカイスポーツ」の「Transfer deadline day LIVE」をチェックするなどという離れ業はとても無理です。移籍市場締め切り間際の手に汗握るあの興奮を、ライブ仕立てでお届けしたかったのですが、選手の売買をゲームより優先させるという本末転倒はさすがにできませんでした。

しかしまあ、このスケジュールは、現場の監督や選手をも困惑させるのではないでしょうか。突如オファーがあった選手が、キックオフ直前になってスタジアムではなくメディカルチェックに行き先を変える「本能寺の変」的アクロバティックが起こることもあるでしょう。週末なら、プレミアリーグは夕方には終わり、マーケット締め切りまで6時間ほどありますが、ミッドウイークは試合のタイムアップとデッドラインの差は1時間強しかありません。スタジアムに向かうバスに乗って初めて「あれ?いないってことは、ゼニトで決まりっすか!?」みたいなことがそこかしこで…いや、失礼しました。さすがに選手たちには、可能性があることは伝わってますよね。とはいえ、スウォンジーのニール・テイラーとバロウが、試合中に「DONE DEAL!」と報じられる状況がせわしないのは間違いありませんが…。

さて、そんな2016-17シーズンの冬の移籍市場を振り返ってみたいと思います。全体としては、「プレミアリーグ上位は余剰戦力の整理、残留争い組の補強が白熱」でした。オスカル、ミケルを爆買い中国に持っていかれたうえに、イヴァノヴィッチをゼニトに売却したチェルシー。デパイをリヨン、シュナイデルランをエヴァートンに放出したマンチェスター・ユナイテッド。伸び悩みイロリをレディングに売り、ベンチウォーマーとなりそうなマルコヴィッチと構想外のママドゥ・サコをローンで出したリヴァプール。トム・キャロルをスウォンジーに売ったトッテナム。使う可能性が低い選手を出した4クラブは、外からの戦力補強はゼロ。チェルシーがナタン・アケ、ケネディ、ムソンダをレンタルバックで加えたぐらいです。

ファン・ダイク獲得かと騒がれていたマンチェスター・シティは、夏に唾をつけていたガブリエウ・ジェズスを合流させて終了。アーセナルが、ノーザンプレミアリーグ(7部相当)のヘドネスフォードからコーエン・ブラモールを獲得したのは青田買いです。かくしてトップクラブは、静観の構え。おもしろかったのは、中堅・小規模クラブの激しい出し入れのほうでした。

動きが大きかったクラブに絞って、順にお伝えしましょう。最初に挙げるべきは、ディミトリ・パイェをマルセイユに出しつつ、後釜のスノドグラスと最終ラインのジョゼ・フォンテを押さえたウェストハムでしょう。ミラクルなプレイメーカーとプレミアリーグ7ゴールのスノドグラスのプラスマイナスは微妙ですが、フォンテを加えれば明らかにポジティブです。そしてもう1チーム、出入りの激しさではハル・シティがNO.1でした。獲得したのはニアッセ、エラブデラウィ、マルコヴィッチ、エヴァンドロ、エンディアエ、グラシツキ…これだけ獲ったうえで、インテルの元主将ラノッキアまで連れてきたのはびっくりしました。チームのトップスコアラーだったスノドグラスの移籍は激痛で、リヴァモアも手離したものの、ポルトから来たエヴァンドロとオリンピアコスからレンタルのエラブデラウィは早期に機能しそうで、マイナスとするのは早計でしょう。

昨季は絶対的エースだったオディオン・イガロを中国に売ったワトフォードは、ACミランのニアン、エヴァートンからクレヴァリー、さらにマウロ・サラテ加入ならこちらもポジティブ。今シーズンのプレミアリーグでは1ゴールと沈黙していたイガロは、売りどきだったのかもしれません。ゲステデ、バンフォードと前線を強化し、ワトフォードからゲディオラまで獲ったミドルズブラも堅実組。ジョーイ・バートンをフリーエージェントで復帰させ、ノリッジからロビー・ブレディという即戦力ウインガーを獲ったバーンリーと、トム・キャロル&ジョルダン・アイェウをゲットしたスウォンジーも悪くない補強です。

シュルップとルイス・エルナンデスを出して、屈強なモラ・ワゲと中盤を締めてくれるエンディディを獲ったレスターも好感が持てますが、彼らの課題は「迷える優勝監督」ラニエリさんが、新戦力をうまく使いこなせるかでしょう。シュルップを獲ったほうのクリスタル・パレスは、リヴァプールのママドゥ・サコとサンダーランドのファン・アーンホルトを押さえており、アラダイス監督が守備のテコ入れを図ったのは明白です。

ここからは、強化されたかどうか微妙なチームの紹介です。デウロフェウ、ニアッセ、ダロン・ギブソン、オビエド、クレヴァリーを出してシュナイデルランとルックマンを獲ったエヴァートンは、シュナイデルランにセインツ時代のクオリティが戻らなければ戦力ダウン。得点力不足解消を目論んでナポリのガッビアディーニ獲得に成功したものの、フォンテの代わりは獲らなかったサウサンプトンは、吉田麻也とファン・ダイクまかせのCBの薄さが不安です。ストークのベラヒーノ獲得とボージャン・クルキッチ放出の天秤も、どちらに傾くかわかりません。ベラヒーノとガードナーを出してリヴァモアを入れたWBAは、チューニングしただけ。ピューリス監督の意向は「現状維持」なのだと思われます。

以上、冬の移籍についてまとめさせていただきました。私の高評価クラブは「Sportie」に寄稿しておりますので、掲載次第そちらに目を通していただくとしまして、ここでは注目選手をピックアップさせていただきます。既に結果を出しているガブリエウ・ジェズスは当確として、ニアン、ルックマン、トム・キャロルのブレイクを楽しみにしております。週末、さっそく現地メディアの見出しになるのは誰でしょうか。いやー、さっそく素晴らしいですよね、ガブリエウ・ジェズス…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

イヴァノヴィッチとベゴヴィッチは出る?残る?デッドラインデーは、チェルシーに要注意!

12月にはさまざまな噂が流れておりましたが、冬のマーケットにおいてはプレミアリーグのトップクラブの補強はほとんどなさそうです。マンチェスター・ユナイテッドは余剰戦力となっていたデパイとシュナイデルランを売却するに留まり、アーセナルはノーザン・プレミアリーグ(7部相当)のヘドネスフォードから20歳のDFブラモールを獲っただけ。CBを獲るといわれていたマンチェスター・シティは、夏に移籍が決まっていたガブリエウ・ジェズスが合流すると、その後は音沙汰なし。リヴァプールはイロリをレディングに売り、トッテナムはトム・キャロルをスウォンジーに出して、レッズのホーム敗戦に貢献させました。残留争いを繰り広げるクラブが活発に動いているのに対して、上は驚くほど静かです。

ただしひとつだけ、プレミアリーグ首位クラブは、ライバルたちと事情が違うようです。マーケットが再開して間もなく、5200万ポンド(約75億円)という巨額の移籍金でオスカルを上海上港に譲ったチェルシーは、ミケルも同じ中国スーパーリーグの天津泰達に持っていかれました。爆買い攻勢に対して、「これで終わってほしい」と語っていたコンテ監督ですが、さらに2人がチームを離れるのではないかといわれています。6節のアーセナル戦以降、プレミアリーグ16試合の出場時間が50分に満たないイヴァノヴィッチと、カップ戦でしかピッチを踏めないGKベゴヴィッチ。レギュラーを固定して戦うコンテ監督は、その副作用ともいうべき控え選手の離脱を容認するしかなさそうです。

「ロンドン・イブニング・スタンダード」が、イヴァノヴィッチにゼニトやレスターが興味ありと書いた後、日曜日の「デイリー・メール」は本命ゼニト、契約は3年半で結論はすぐにでも出ると報じました。9年の長きにわたりチェルシーに在籍し、国内のすべてのタイトルとチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ優勝をもたらしたDFは、プレミアリーグ261試合22ゴールという輝かしいレコードを残してロシアに旅立つ可能性が高まっています。現地では「コンテ監督の3-4-3にフィットしなかった」という評価もあるようですが、本人がトップフォームではなかったことに加え、ヴィクター・モーゼスとアスピリクエタがはまり過ぎたという表現のほうがぴったりではないでしょうか。

とはいえ、ズマの負傷が癒え、ペドロやウィリアンを一列下げることもできるチームで、イヴァノヴィッチの出番が格段に増えることはなさそうです。ロシアのクラブで主力を張れるのであれば、今が潮時なのかもしれません。コンテ監督は、「このような状況では、選手は家族のためにベストな選択をしなければならない。多くの試合に出て勝利をもたらしたイヴァンは、チェルシーでのキャリアをリスペクトされるべきだ。私たちは、あらゆる決定を尊重しなければならない」と語っており、ジャッジはレジェンドに委ねられています。

「僕の将来は、これからの2日で決まる。最終的にはクラブが決めることだけど、僕は試合に出たい。監督とクラブをリスペクトしてるので、試合に出られなければチームをサポートするけど、今はとにかくプレイしたいんだ」。クルトワにアクシデントがなければプレミアリーグには出られないベゴヴィッチは、「ロンドン・イブニング・スタンダード」に移籍したいと表明。行き先は、1週間前に1000万ポンド(約14億4000万円)のオファーを提示したといわれるボーンマスでしょうか。この話を受けて、「チェルシーは、後釜を見つけたらベゴヴィッチを諦める」と読んだメディアは、後任予想を始めています。

セヴィージャで控えに甘んじている元パリ・サンジェルマンのシリグ、エスパニョールのベテランGKディエゴ・ロペス、セルティックのクレイグ・ゴードン。「スカイスポーツ」は、ゴードンへの最初のオファーを拒否されたチェルシーが、400万ポンド(約5億8000万円)で再チャレンジしていると伝えています。シリグ以外は正守護神で、この時期の獲得は難易度が高そうですが、チェルシーは新しい第2GKを獲ることができるでしょうか。クラブにとってはベゴヴィッチ残留がベターなのだと思われますが、報道をチェックしていると、動きがある可能性のほうが高そうです。

ボーンマスからナタン・アケ、ワトフォードからケネディを呼び戻したとはいえ、オスカル、ミケル、バンフォード、イヴァノヴィッチ、ベゴヴィッチが去るとなれば、層が薄くなるポジションにはニューフェイスを連れてきたいところ。両サイドのWBをこなせるレアル・マドリードのダニーロ、シャルケ04の左SBセアド・コラシナクらの名前が挙がっていますが、交渉上手のスタッフがデッドラインデーに動くかもしれません。誰も獲らず、ロフタス=チークやチャロバーを使いながら勝ち続けるというシナリオもなくはないのですが…。明日は、チェルシーに注目です。
 

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

パイェ、ガッビアディーニ、ボージャン…噂の選手たちに移籍合意報道が続出!

金曜日、ウェストハムがロバート・スノドグラスを1020万ポンド(約14億7000万円)で獲得と発表したとき、この結末を覚悟しました。ディミトリ・パイェのマルセイユ移籍について、ハマーズはゴーサインを出したようです。イギリスメディア「スカイスポ―ツ」によると、最終的な移籍金は2500万ポンド(約36億円)。マルセイユから1070万ポンドでやってきたプレーメイカーがプレミアリーグファンを熱狂させたのは、18ヵ月という短い時間でした。公式戦60試合15ゴール、プレミアリーグでは48試合11ゴール18アシスト。まだまだ見ていたかった選手でしたが、「家族のためにフランスに帰りたい」と主張し、チーム練習まで拒否したパイェを引き留める言葉はありません。現在は、マルセイユ入りしたご本人がメディカルチェックを受けていると報じられており、明日の朝には正式に発表されるでしょう。

パイェの移籍報道を耳にするたびに、いつも考えてしまうことがありました。今季のウェストハムがヨーロッパリーグの本大会に出場していたら、プレミアリーグで上位争いに食い込んでいたら、パイェはどうしていたのだろうか、と。12月の頭にアーセナルに1-5と惨敗した後のウェストハムは、アンディ・キャロルの復活でドライブがかかり、プレミアリーグ8試合を5勝1分2敗と巻き返しに成功。間違いなく地力はあるチームだけに、オリンピックスタジアム移転と大量補強に伴う混乱や、負傷者続出が残念でなりません。とはいえ、後釜として獲得したスノドグラスと、カバーリングに長けたフォンテが早期にフィットすれば、ビリッチ監督のチームはむしろ強くなるのではないかとも思います。なじむのに時間がかかったフェグリやアイェウの本領発揮も期待できるハマーズが、前半戦の停滞を繰り返すことはないでしょう。

移籍志願といえば、ストークのボージャン・クルキッチが、マインツへのレンタル移籍決定と報じられました。プレミアリーグ2016-17シーズンは先発がわずか5試合、9戦で挙げた3ゴールのうち2つがPKという数字は予想外の低さです。心機一転を期して、欧州の4大リーグをすべて体験すると決めたアタッカーは、ブンデスリーガで本来のプレイを取り戻せば、ストークに帰ってくることはないと思われます。ボロやWBAの関心が伝えられた人気銘柄について、1200万ポンド(約17億3000円)なら払うというチームは多いでしょう。17歳でバルセロナのトップチームに抜擢され、リーガ・エスパニョーラの新人レコードである10ゴールという鮮烈なデビューを飾ったボージャンは、その後1度もリーグ戦で2ケタゴールを叩き出したことがありません。既に26歳、次のステージで活躍できなければ、「早熟の天才」というタグを付けられて終わってしまいます。武藤嘉紀はライバルとなるのか、相棒か。新天地での大暴れに期待したいと思います。

サウサンプトンは、かねてから噂になっていたイタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニ獲得について、ナポリと合意に至ったようです。「イタリア・スカイ」が伝えた移籍金は1360万ポンド(約19億6000万円)にオプション340万ポンド(約4億9000万円)。チャーリー・オースティンの負傷離脱とシェーン・ロングの不振で、プレミアリーグ22試合中8試合ノーゴールと得点力不足に陥っているセインツにとっては、CBと並んで重要度の高い補強です。ミリクの復帰で居場所を失いつつあるといわれていたガッビアディーニは、プレミアリーグで得点力をアピールして、イタリア代表の座を確保しなければなりません。ひと足先にイングランドで結果を出して代表のレギュラーポジションをつかんだグラツィアーノ・ペッレになれるのか、あるいはハマーズを半年で去ったシモーネ・ザザの後を追うのか。楽しみと不安が相半ばする補強です。

冬のマーケットも、残すところあと2日。動くとすれば、イヴァノヴィッチ、ファン・アーンホルト、レスターが交渉を続けているボロのガストン・ラミレス、スワンズがローン移籍をめざしているベンフィカのリサンドロ・ロペスあたりでしょうか。リヴァプールが、ローマのレアンドロ・パレデスを狙っているという報道もありますが、ネタ元は「ザ・サン」です。いずれにしても、新しい動きがあれば、随時お伝えいたします。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ワトフォードがニアン獲得、スノドグラスはハマーズ!?サプライズ続きの移籍市場・最新ニュース

プレミアリーグの冬の移籍市場は、「宴たけなわ」という言葉がぴったりの活況を呈しています。昨日、ワトフォードが、おもしろい選手を連れてきました。ACミランの22歳FW、ムバイェ・ニアン。精神的に不安定で、いいときと悪いときの差が極端な選手ではあるものの、大当たりの可能性を秘めた逸材です。12月から精彩を欠いていたニアンに愛想を尽かしたヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、デウロフェウ獲得と同時に発射ボタンを押したというのが、今回のディールの背景でしょう。

ワトフォードでは、昨季プレミアリーグで15ゴールを挙げたオディオン・イガロがわずか1ゴールに留まっており、ストライカーの補強は急務でした。マッツァーリ監督としては、ヴィオラからのマウロ・サラテとニアンの「イタリア発ダブル獲得」は大満足なのではないでしょうか。プレミアリーグ14位と、TOP10も降格ラインも見える位置にいるチームは、セリエAで13試合3ゴールのニアンがブレイクすれば、高く浮き上がれるのではないかと思われます。1800万ユーロ(約22億円)の買い取りオプションつきのローンで、プレミアリーグにチャレンジするセネガル出身のアタッカーが、夏以降もチームに残れるかどうかに注目です。

もうひとり、話題になっているのは、ハル・シティのロバート・スノドグラスです。私は以前から、この選手がトランスファーマーケットで話題にならないのが不思議でした。29歳のスコットランド代表MFは、今季プレミアリーグで20試合7ゴール。今週に入って、1000万ポンド(約14億4000万円)でバーンリーにいくと伝えられたスノドグラスについて、イギリスメディア「スカイスポーツ」は、「本日のウェストハムとの交渉で個人条件がまとまれば、そのままメディカルチェックに進む」とレポートしています。ビリッチ監督とサリヴァン共同オーナーは、パイェ引き留めを諦めたのでしょうか。プレミアリーグNo.1のチャンスメイカーを失っても、ミドルシュートが素晴らしいスノドグラスが加われば、得点力は担保できそうです。

このほか、「スカイスポーツ」で近々成否が報じられそうなのは、サンダーランドとサウサンプトン。ファン・アーンホルトのクリスタル・パレス移籍が成立すれば、サンダーランドはボルドーからディエゴ・コンテントを引っ張ってくるのではないかといわれています。バイエルン・ミュンヘンからリーグアンの名門に移籍した選手の次のミッションが、プレミアリーグ最下位クラブの巻き返しとなれば、ジャッケリーニ以来のちょっとしたサプライズです。

以前にママドゥ・サコを狙っていると報じられたセインツは、インテルのラノッキアとナポリのガッビアディーニにターゲットを定めたようです。ガッビアディーニは獲得間近といわれており、ナポリのデ・ラウレンティス会長が掲げる2000万ユーロ(約24億4000円)に対して、セインツは移籍金1600万ポンドとボーナス400万ポンドでオファー。差額は埋まり、ナポリが認める可能性が高まっています。ラノッキアの移籍金は600万ユーロ(約7億3000万ポンド)を切るようで、セインツが本気ならすぐにでも出してきそうな金額です。EFLカップの決勝で戦うマンチェスター・ユナイテッドサポーターとしては、セインツの攻撃力と最終ラインが強化されるのはやっかいですが、それぞれ観てみたい選手でもあります。

さらに週末、タブロイド紙の見出しを飾るとすれば、パイェのマルセイユ行き、レスターのウジョア、移籍志願していると伝えられたガストン・ラミレスあたりでしょうか。残すところあと5日。カウントダウンが始まったプレミアリーグの冬の移籍市場から目が離せません。(ムバイェ・ニアン 写真著作者/Benoit-caen)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ