「本田圭佑はプレミアリーグへ…」今年も出ました移籍報道、あるとすれば…。

プレミアリーグにおける夏の3大風物詩といえば、「ラカゼットを獲得」「ヤヤ・トゥレが移籍する」「ルーカス・レイヴァは今季限り」あたりでしょうか。毎年必ずどこかのメディアが煽るものの、実現しない移籍ゴシップです。イタリアでは、ACミランの10番の去就が、これに近いノリで語られているようです。本田圭佑が名誉ある背番号を選んだ結果は、ご本人の周辺を騒がしくしてしまっただけで、デパイの7番と同様にプラスよりもマイナスのほうが大きかったのではないでしょうか。フリット、サビチェヴィッチ、ボバン、ルイ・コスタ、セードルフ…こうして並べてみるとミランもミラン、日本代表のMFにはやんわり別な番号を差し出し、サポーターの信頼が得られるのを待ったほうがよかったと思われます。結局、この夏も出ました。「モンテッラ新監督の構想外」「プレミアリーグかスペインのクラブが興味を持っており、本人はプレミアリーグを希望」。…この話をプレミアリーグ側から見れば、「4大祭り」のひとつに加えてもよさそうです。今季は、お約束のエヴァートンが挙がっている一方で、恒例のスパーズではなくウェストハムとストークの名前が取り沙汰されています。

ACミランがクロアチア代表FWマルコ・ピアツァ獲得となれば、たとえ残留しても背番号10を明け渡さなければならないと伝えられる本田圭佑は、現在挙がっているクラブへの移籍は避けたほうが無難ではあるでしょう。クーマン監督のチームにはロス・バークリーがおり、両サイドにはミララス、デウロフェウ、アーロン・レノン。ウェストハムは、ディミトリ・パイェがクラブを離れる可能性が日に日に高まってはいるものの、フェグリやトレを獲得して中盤が厚くなったところに入っていくのは簡単ではありません。アルナウトヴィッチが出ていきそうなストークも、シャキリ、ウォルターズ、ボージャン・クルキッチが残れば厳しい競争が待っています。どのクラブも、「本田圭佑のような選手が欲しかった!」という状況ではなく、「リーズナブルに獲れるのなら獲るかもしれないけれど、トップ下か右サイドでレギュラー争いからスタート」といった立ち位置となりそうです。

プレミアリーグは、サイドの選手にはスピードと突破力を求め、トップ下には得点力を期待するクラブが多く、キープ力とキックの正確さや守備への献身性はあるものの、スピードで勝負できない本田圭佑は、ゴールに絡めるとアピールしなければなりません。CSKAモスクワでシーズン7~8ゴールを決めていた頃、あるいはミランで6ゴールだった2014-2015シーズンであれば、ゴールを奪えるトップ下としてそれなりに評価してもらえたはずです。しかし、既に30歳になったプレイメーカーの昨季は、セリエA1ゴール3アシスト。この数字では、打診は入れたとしても結局懸念を拭えず話を進めないクラブのほうが多いのではないでしょうか。あるとすれば、昇格したてのクラブや、残留争い必至のクラブに潜り込んで活躍するパターンです。アーフィールドやジョージ・ボイドがサイドにいるバーンリーや、20位のフラムよりもゴール数が少なかったミドルスブラなら、クラブの残留の立役者になり、評価を高めることができるかもしれません。サンダーランドをプレミアリーグ残留に導いたデフォーや、ワトフォードで活躍しているカプェのように。

決して、「本田圭佑は中堅クラブですら活躍は無理で、いくとすれば下位だ」などといいたいわけではありません。この夏は、タイミングが悪いのではないかといっています。マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、トッテナム、エヴァートンなどがチーム改革を進めていた1~2年前ならよかったのですが、現在は上も真ん中も一定のベースを築き上げたタイミングで、主力をがっつり抜かれたサウサンプトン以外は「変化」ではなく「積み上げ」で補強するフェイズです。どうしてもプレミアリーグに挑戦したい、あるいはミランを出なければならないならともかく、混乱の渦中にある所属クラブに残留する道があるのであれば、2年半過ごしたアドバンテージや戦術理解の速さ、守備意識の高さなどを活かして勝負したほうが得策かと思います。

「本田圭佑に興味がある」と報じられたクラブのほとんどは、リストアップしただけ、あるいは記者の作文のいずれかでしょう。本気で来てほしいといってくれるクラブが現われたときに、決断すればいいのだと思います。2016年も、夏の風物詩・本田移籍ゴシップは、風鈴のような穏やかな音だけを残して消えていくと予想しておりますが、いかがでしょうか。ぜひ、プレミアリーグで彼のゴールを観てみたいとは思いつつ…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

本田がプレミアリーグに参戦する姿、見てみたいですね!
いくなら、昇格組の3チームどれかでしょう。
他のチームは本田にとって厳しい一年になる
  • おハム
  • 2016/07/11(Mon)10:41:11
  • 編集

無題

岡崎が自身のプレースタイルが活かされるレスターに移籍したように本田も本人にあったクラブを選ぶ必要があると思います。
個人的にはワトフォード、スワンズ辺りなら・・と思いますがいかがでしょうかね。
話題が少し変わりますが、日本人選手がプレミアリーグに参戦して活躍してほしいと思う反面、見たい試合のテレビ中継がされないのではと危機感を感じてしまいます。
来シーズンもレスターは全試合放送でしょうし仮に本田圭佑が来るとなれば放送枠の都合上、ユナイテッドの試合が見れない節が増えるとなると非常に悲しいです。
  • yuto
  • 2016/07/11(Mon)12:12:46
  • 編集

コメントありがとうございます。

おハムさん>
スノドグラスなどライバル関係厳しいハルはなし、残留組でもスワンズはあり、ではないかと思います。

yutoさん>
ディーニー中心、カウンター基本のワトフォードは微妙ですが、スウォンジーはおもしろいと思います。放送枠問題は、「日本人絶対固定システム」はどうにかしていただきたいですね。カードを見ながら臨機応変にしていただければ。
  • makoto
  • 2016/07/12(Tue)14:20:48
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ