移籍市場デッドラインデーLIVEレポート【前篇】ジョー・ハート&ボニーが移籍決定!

いよいよ移籍市場最終日、通称デッドラインデーがやってきました。酔狂なのは重々承知で、この日は夜を徹して「BBC」の「Transfer deadline day Live」にかじりついてしまいます。プレミアリーグにおける今年の主役はDFを物色しているチェルシーか、余剰戦力を出そうとしているマンチェスター・シティか。あるいはポチェッティーノ監督が「2~3人ほしい」といっていたトッテナムか。現地時間7:00。「Let the madness begin(狂気が始まる!)」のかけ声と同時に、「BBC」が動き出します。一昨日の夜、アーセナルが発表したムスタフィとルーカス・ぺレスのダブルで、プレミアリーグの移籍金総額は8億7000万ポンドを超えているそうです。「BBC」は、「Premier League spending to break £1bn(プレミアリーグはついに10億ポンドを超えるお金を費やした)」と煽っています。

9時42分、岡崎慎司と仲がいいことで知られるレスターのギョクハン・インレルが、ベシクタシュと3年契約を結ぶのではないかというニュースが飛び込んできました。カンビアッソの後釜とまで期待されたスイス代表MFは、昨季プレミアリーグで5試合に顔を出しただけに終わり、ユーロ2016出場を逃しています。現在も状況は好転しておらず、移籍はやむなしでしょう。32歳に3年契約は、好条件です。ヴィツェルがユーヴェという話が流れていますが、プレミアリーグに特化しないと本記事は大変なボリュームになってしまいます。スルーしましょう。10時過ぎ、リヴァプールから出ようとしているマリオ・バロテッリの期待はニースではないかと話題になっています。決められなければ、バロテッリは不本意な半年を過ごすことになるでしょう。

12時過ぎに、最初の「DONE DEAL」が出ました。いきなり大物、ジョー・ハート、トリノ行き決定!その数分後、2人めもGKで、ダービー・カウンティのリー・グラントがストークに入団しました。ジョー・ハートほどのGKが、セリエAでプレイするのは初めてだろうと話題になっています。残り10時間、「5人の選手を獲得するために必死だ」と語ったWBAのトニー・ピューリス監督は、目標を達成することができるでしょうか。おお、次もまたストーク、今度はビッグネームです。マンチェスター・シティのウィルフリード・ボニーがシーズンローンで加わるとのこと。これは怖ろしい。アルナウトヴィッチ、ボージャン・クルキッチ、シャキリの前にボニーという布陣です。2013-14シーズンのスウォンジーで、プレミアリーグ34試合17ゴールという数字を残したストライカーは、中堅クラブでは大暴れするのではないでしょうか。このディールは、お互いにハッピーになる予感があります。

残り9時間を切った14時17分、ペップ・グアルディオラのクラブがジョー・ハート、ボニーに続く3人めの放出を発表しました。サミル・ナスリの行き先はセヴィージャ、先の2人と同じくレンタルです。途中出場で素晴らしい活躍を見せたプレミアリーグ3節のウェストハム戦は、アピールの場ではなくお別れの挨拶となってしまったようです。ペップは試合後、「彼がチームを助ける準備ができていれば、戦力になる」と語っていたのですが、ご本人が現状をよしとしなかったのでしょうか。清武弘嗣は連携相手か、ライバルか。いずれにしても、セヴィージャにとっては頼もしい即戦力であるのは間違いありません。この直後に、チェルシーのウインガー、クリスティアン・アツがニューカッスルにレンタル移籍すると報じられました。

15時…これはショッキングです。アーセナルのストライカー、いや、今は「リオオリンピックの得点王」といったほうが通りがいいのでしょうか。21歳のドイツ代表FWセルジュ・ニャブリがブレーメンに完全移籍。もうしばらく成長を見届けてもいいのでは?という気分はありながらも、アーセナルとWBAで過ごした4年間でプレミアリーグ出場はわずか11試合、ゴールひとつでは強く主張しづらいのも確かです。オリンピックの余勢をかって、数年後、ガナーズに「買い戻したい」といわせるような活躍を期待したいと思います。

バーンリーが、1050万ポンドでダービー・カウンティのMFジェフ・ヘンドリックを獲得しました。この額は、売るほうも買うほうもクラブレコード。身体能力に長けたアイルランド代表MFは、リヴァプールを破ったクラブにとって懸案だったポジションの補強です。アストン・ヴィラのFWアダマ・トラオレはミドルスブラへ。残り6時間半から、ストークとリヴァプールが動きます。2013年に680万ポンドでセヴィージャから来たFWルイス・アルベルトは、プレミアリーグに爪痕を残せませんでした。ポジション争いに食い込めず、マラガ、デポルティーボ・ラ・コルーニャにレンタルに出されたアタッカーは、430万ポンドでラツィオ移籍決定です。ベンテケですら売りに出されるチームでは、明らかにノーチャンス。この話は、双方納得なのではないでしょうか。ボニーをゲットしたストークは、ポルトのオランダ代表DFブルーノ・マルティンス・インディ獲得です。おそらく彼は、左SBではなく脆弱化したCBをまかされるのだと思われます。昨季後半戦から崩壊した守備を立て直せなければストークのジャンプアップは望めず、マーク・ヒューズ監督が今季プレミアリーグの解任第1号になってしまう可能性もあります。

現地は17時になりました。この直後に大物が動くのですが、長くなりましたので「移籍市場デッドラインデーLIVEレポート【中篇】」に続きます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ナブリーは出しちゃ駄目でしょぉ〜。ポグバみたいなパターンが怖いですね

今夏は超大物は早目に決まり、代表クラスの選手がバタバタ決まっている感じですかね。
  • ガナユ
  • 2016/09/01(Thu)10:34:52
  • 編集

無題

ボニーが加わったストークの前線めちゃくちゃ破壊力ありそうですね、楽しみです
  • おハム
  • 2016/09/01(Thu)12:40:47
  • 編集

コメントありがとうございます。

ガナユさん>
ニャブリは買い戻しオプションをつければよかったのに…とちょっと思いました。早めに決まった選手に押し出される格好となった選手の出先が、最後の最後まで決まらなかったという印象ですね。

おハムさん>
最高の補強になりそうな予感です。マンチェスター・シティは、ライバルたちから恨まれるのではないでしょうか。
  • makoto
  • 2016/09/01(Thu)18:08:53
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ