プレミアリーグの移籍市場総括レポート(2)クラブ別売買額ランキング&クラブレコードの男たち!

8月31日は、プレミアリーグの長い長い1日、トランスファーマーケットのデッドラインデー。昨日、「スカイスポーツ」が、クラブ別の移籍金総額ランキングと、移籍金のクラブレコードを叩き出した選手の特集を掲載していました。11億6500万ポンド(約1596億円)という巨額の移籍金総額でプレミアリーグレコードが更新されるなか、最も補強に投資したのはマンチェスター・シティ。1億7400万ポンド(約238億円)は、ポグバが全体の6割鵜を占めるマンチェスター・ユナイテッドの1億5000万ポンドを大きく引き離しています。3位はチェルシーで1億2300万ポンド、4位アーセナルは9150万ポンド。以下、トッテナム、リヴァプール、レスターと続き、今季プレミアリーグの最終的な順位表がこうなっても驚きはないランキングとなっています。

中堅クラブで最もお金を遣ったのは、8位に入ったクリスタル・パレスの5500万ポンド。ワトフォード、エヴァートン、サウサンプトンがその後に続き、動きは派手ながらもフリートランスファーや安い選手が多いウェストハムは12位に留まっています。バーンリー、ミドルスブラ、ハル・シティの昇格組は17位~19位におさまっており、最下位は意外にもストーク。プレミアリーグの3節までの順位表でもストークは最下位ですが、ボニーとブルーノ・マルティンス・インディは弱点を埋める補強で、これからの巻き返しが期待されます。

払った額ばかりでなく、「選手を売った額ランキング」のほうも紹介しましょう。1位はリヴァプールの8400万ポンド(約115億円)。ベンテケ、ジョーダン・アイブ、ジョー・アレンの3人で6000万ポンドを手に入れており、補強には6990万ポンドしか遣っていないクラブは堂々の黒字着地です。2位は、毎年恒例の主力放出で6400万ポンドをゲットしたサウサンプトン。サディオ・マネとワニャマ離脱で空いた大きな穴は、レドモンドとブファルに埋めてもらわないといけません。3位のエヴァートンが5000万ポンド、以下4000万ポンド台でクリスタル・パレス、レスター、スウォンジー、トッテナムが続いています。投資額で上位だったマンチェスター勢とアーセナルは1000万ポンドに届いておらず、プレミアリーグ優勝をめざして一流どころを獲った「テコ入れの夏」は、戦力外の選手を思うように売れずにローンで何とかした夏だったこともわかります。

そんななかで、プレミアリーグの20クラブ中13クラブが、合わせて14回におよぶ獲得額のクラブレコードを叩き出しました。最高額は、いわずと知れたマンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバ。8900万ポンド(約122億円)にオプションが400万ポンドほどついて、プレミアリーグどころかワールドレコードを塗り替えてしまいました。いや、「しまいました」というのは何ですね。マンチェスター・ユナイテッドの経営陣は、ポグバがプレミアリーグやチャンピオンズリーグの優勝に貢献し、ユニフォームやグッズが飛ぶように売れ、スポンサーが増えてくれれば元は取れると踏んだのでしょう。サポーターとしては、負傷で長期間にわたってリタイアすることなく、「WhoScored.com」がセリエAの最高評価ポイント選手に指名した実力を発揮してくれればと願っています。

2位はベンテケ、3位はイスラム・スリマニ。プレミアリーグの中堅クラブが、トップクラブ経験のある選手に40億円も出すなど、以前は考えられませんでした。セインツのブファルとスワンズのボルハ・バストンは、いいお買い物になりそうな予感です。各クラブが競うようにレコードを更新しているのをみると、「初めて1000万ポンドも使っちゃいました!」とでもいうようなバーンリーのジェフ・ヘンドリック獲得がかわいく見えてきます。


【プレミアリーグ2016-17 移籍金クラブレコードの選手】
マンチェスター・ユナイテッド=ポール・ポグバ(9325万ポンド・オプション含む)
クリスタル・パレス     =クリスティアン・ベンテケ(3200万ポンド)
レスター          =イスラム・スリマニ(2970万ポンド)
              =アーメド・ムサ(=1600万ポンド・スリマニがさらに更新)
エヴァートン        =ヤニック・ボラシェ(2800万ポンド)
ウェストハム        =アンドレ・アイェウ(2050万ポンド)
サウサンプトン       =ソフィアン・ブファル(1600万ポンド)
スウォンジー        =ボルハ・バストン(1550万ポンド)
ボーンマス         =ジョーダン・アイブ(1500万ポンド)
サンダーランド       =ディディエ・エンドング(1360万ポンド)
ワトフォード        =ロベルト・ペレイラ(1300万ポンド)
ハル・シティ        =ライアン・メイソン(1300万ポンド)
WBA            =ナセル・シャドリ(1300万ポンド)
バーンリー         =ジェフ・ヘンドリック(1050万ポンド)


こうしてみると、ポグバ、ベンテケ、イスラム・スリマニ、ボラシェの四天王が光ってみえます。決して彼らばかりが高かったわけではなく、スターリングのレコードの影に隠れたジョン・ストーンズや、昨季のベンテケ獲得より少しだけ安かったサディオ・マネもいるのですが、ここに名を連ねたのは各クラブが過去最高の値付けをした選手たちですので、ぜひとも活躍していただきたいものです。いやいや、1000万ポンドは当たり前という時代になりました。2004年にウェイン・ルーニーが2000万ポンド+オプション700万ポンドでマンチェスター・ユナイテッド入りしたとき、その金額が騒がれたのが懐かしいです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です。

リヴァプールの収益は大きいですし、補強と余剰戦力の放出を的確にできた今夏の市場を私は評価しています。
スアレス放出後、期待して獲得したバロやベンテケといった選手がチームに馴染まなかった、または獲得しても馴染むまでに時間がかかる選手が多かったですが、今季はマネやマティプ、クラヴァンはすでに適正を示しており未知数なのはワイナルドゥムで、カリウスやグルジッチはプレシーズンではよかっただけに、この3人もまだまだ期待はできる点で補強は評価できます。
その上で、余剰戦力とされた選手をこれまでローンでしか放出できなかったのに対し、完全移籍で収入に替えることができたのは、クロップ監督の意思が明確に現れた結果でフロントも働きやすかったのではないでしょうか。
確かにDMFと左SBは足りませんが、クロップ監督の欲する選手しか獲得しないというスタンスは十分に受け取れましたし、これまでの博打のような補強よりは私はマシかと思います。
結局、この方向性も結果が出なければ失敗となってしまいますが、久々に筋の通った市場の動きで監督のもとクラブが動いている感じは私としては好印象でした。
今季はトップ4に入れればと思いますが、開幕3連勝チームには勝てる気がしないのでアーセナルやウェストハム、スパーズなどのチームに競り勝てれば御の字ですね。
期待しています。
  • nyonsuke
  • 2016/09/02(Fri)11:33:10
  • 編集

無題

リバプールは悪名高き遺跡委員会なるものは解散してないんですよね〜。
スカウティングの質が低いので、心配になってしまいます。
スアレスの後釜に誰も望まないイタリア人を取ってくるようなアホ集団ですからね。
ワイナルドゥムとか必要だったのかなあ。
比較的選手が揃ってるポジションに金をかけてクオリティが低いところに金をかけない方針で大丈夫か?
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/09/02(Fri)12:18:07
  • 編集

無題

いつも赤字出して、微妙な選手を取ってきたウチのフロントは昨年からのこの変わりよう。管理人さん等はわかってると思いますが、意外と余剰戦力を売るって難しいんですよね。
とりあえず、キャッシュも残せて、サラリーギャップも開けれてよかった。バンザイ。でも、偶にはギャンブル移籍がみたい…
  • リバサポ
  • 2016/09/02(Fri)20:06:00
  • 編集

コメントありがとうございます。

nyonsukeさん>
明確に変わりましたね。私もいいと思います。セントラルと左SBについても、クロップさんに「確固たる戦う方針」があれば、あとは信じるだけでしょう。

プレミアリーグ大好き!さん>
委員会の有無は形の問題で、「現場が必要と考える選手が獲れているかどうか」でみると確実に改善しているようにみえます。ワイナルドゥムをセンターで起用すると目論んで獲ったのならいいのではないでしょうか。必ずしも守備的な選手を置かなくてはならないわけではないので。

リバサポさん>
余剰戦力の売却は、投げ売りになったり妥協してレンタルにしたりすることが多いですよね。バロテッリは厳しかったものの、概ねいい売り方ができたのではないかと思います。
  • makoto
  • 2016/09/07(Wed)16:36:46
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ