シュナイデルラン、デパイ、シソコ…大型補強をもくろむエヴァートンのクーマン監督、逆襲なるか!?

冬のトランスファーマーケットオープンを控え、プレミアリーグ関連の移籍ニュースをチェックすると、とにかく目につくのがエヴァートンの名前です。イギリスメディア「デイリー・ミラー」は、ロナルド・クーマン監督がクラブの大株主であるファルハド・モシリ氏から5000万ポンド(約72億円)の補強費を預かったと報じており、レスターから7月に加わったスティーブ・ウォルシュFDと二人三脚で、夏以上の補強を進めるようです。今季のトフィーズは、プレミアリーグ17試合で6勝5分6敗、勝ち点23で9位。5勝8分4敗で勝ち点では同じだった2015-16シーズンは、後半戦で失速しましたが、新監督は同じ失敗を繰り返すわけにはいきません。

エヴァートンが夏に補強したのは、GKステケレンブルク、CBアシュリー・ウイリアムズ、アンカーのイドリサ・グイェ、サイドのヤニック・ボラシェ、ウェストハムからレンタルで獲った前線のエネル・バレンシア。明らかに戦力不足だった後ろが中心でしたが、この冬狙う新戦力は中盤より前です。マンチェスター・ユナイテッドからは、今季プレミアリーグで3試合11分の出場に留まっているモルガン・シュナイデルランと、4試合20分のメンフィス・デパイ。「デイリー・ミラー」によると、シュナイデルランについてはマンチェスター・ユナイテッドが1年半前にサウサンプトンに支払った2400万ポンド(約34億6000万円)を要求されているようですが、エール・ディヴィジ得点王の面影はないデパイは1500万ポンド(約21億6000万円)まで値段が下がっているとのこと。ボラシェが重傷を負って今季絶望となったエヴァートンの最優先ポジションは、エースのルカクにいいボールを配給できるサイドアタッカーです。

クーマン監督は、デパイだけでは満足できず、さらにサイドに強力な突破力を加えようとしているようです。ターゲットは、夏に争奪戦に敗れてトッテナムに持っていかれたムサ・シソコ。件のメディアは、スパーズにフィットしていないフランス代表MFを加えるために、ロス・バークリーの放出も辞さずと報じています。いわゆるスワップ’(日本風にいえば交換トレード)は、2人の選手の評価額が折り合わずに頓挫することが多いのですが、ハリー・ケインの後ろでフリーロールとして動けるロス・バークリーと、ウイングにもインサイドMFにも入れるシソコは、クーマン監督もポチェッティーノ監督も納得の人材だと主張。「指揮官は、ロス・バークリーが自分のオーダーに応えられる人材ではないと見切った。マージーサイドダービーにおけるヘンダーソンへの危険なチャレンジで、さらにその意を強めた」という現地紙の見解は性急すぎるように感じられますが、プレミアリーグ15試合2ゴールのプレーメイカーが不安定なのは事実。希望する選手が獲得できれば、クーマン監督は23歳のMFを放出要員に指名してしまうかもしれません。

ルカクが不在となると、エネル・バレンシアしか選択肢がなくなる前線には、ナポリで12試合2ゴールと今ひとつのFWガッビアディーニに1800万ポンド(約25億9000万円)を投資すると報じられており、中盤にはブレーメンのレフティ、トーマス・デラニーの名前も挙がっています。シュナイデルランに2400万、シソコが3000万、デパイに1500万と並べていくと、補強費用は軽く8000万ポンドを超えてしまいますが、売却候補のクレヴァリー、オビエド、ニアッセ、ダロン・ギブソン、アルナ・コネ、ジェームズ・マッカーシーとロス・バークリーをうまくさばければ帳尻は合うと考えているのでしょうか。「デイリー・ミラー」が伝える「少なくとも3人は必要」というクーマン監督の言葉が事実ならば、マンチェスター・ユナイテッドの2人に加えてガッビアディーニまでが、現実的な目標と思われます。これらの情報を受けて、エヴァートンの新布陣を形にしてみました。


■プレミアリーグ2016-17シーズン後半戦のエヴァートン(4-3-3)
GK/ステケレンブルク
DF/コールマン、ジャギエルカ、アシュリー・ウイリアムズ、レイトン・ベインズ
MF/グイェ、シソコ(ギャレス・バリー)、シュナイデルラン(アーロン・レノン)
FW/ミララス(デウロフェウ)、ルカク(ガッビアディーニ)、デパイ(ボラシェ)


ロス・バークリー放出はギャンブルですが、シュナイデルランがセインツ時代のパフォーマンスを取り戻せば、ここまで21ゴールしか挙げていない攻撃は迫力を増しそうです。昨季まで指揮を執っていたロベルト・マルティネス監督は、FAカップとリーグカップのセミファイナルに進出しながらサポーターの不興を買って解任されており、クーマン監督は初年度からプレミアリーグで目に見える結果を求められます。冬の移籍市場の主役となりそうなエヴァートンの動きにも注目していただければと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
バークリー移籍ですが、エヴァートンの顔になりそうな選手でしたが、ここ最近のパフォーマンスを見ると致し方なしと言ったところでしょうか、、。
もし、バークリーを出してそれなりの補強を敢行するならば、結果も前年並みとはいかないでしょうね。エヴァートン監督1年目だからと大甘裁定はないかもしれません。監督はセインツ時代にしっかりと結果を出している人ですから、思い通りの補強で戦術がマッチしたらEL出場権は狙えるチームだと思います。
  • Macki
  • 2016/12/26(Mon)12:50:12
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
いわゆるプレーメイカータイプをトップ下にしたくないのかもしれません。ルカクの後ろに置くのは、マネのようなセカンドストライカータイプで、タディッチのような選手はサイド。こう考えると、ロス・バークリーはセントラルMFで活躍できればいいですね。不安定ではあるものの、ポテンシャルは高く伸びしろはあるので、残したほうがいいのではないかと思います。
  • makoto
  • 2016/12/28(Wed)17:21:51
  • 編集

無題

どうも、通りすがりのエバトニアンです。バークリーの件ですが、根本的にクーマンは3-4-3のフォーメーションがやりたいのだと思っています。なのでデパイとかシソコとか自分で仕掛けて得点も出来る選手が是が非でも欲しいのだと思います。トップ下が本職のロスはクーマンの求めてる役割からどうしても外れてしまう。4-2-3-1でトップ下に固定してたのですがプレーメーカーとしてやや実力不足が否めないので攻撃が停滞してしまう…。ただ、縦への推進力はあるのでサイドで使っても面白いと思います。エバートンの顔なのでそう易々と手放さないと信じたいですが…。これからも面白い記事期待してます!
  • minami
  • 2016/12/30(Fri)17:23:13
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ