マルセイユの3度めのオファーも拒否、新たにニース参戦…どうなる、パイェ移籍騒動!?

プレミアリーグ2015-16シーズンは30試合9ゴール12アシスト。今季は22節までで18試合2ゴール5アシスト。主要数字だけ見れば、ウェストハムにおけるディミトリ・パイェの貢献度は1年前より落ちているように見えますが、チャンスメイク数74回は20節までのプレミアリーグNo.1で、クロス156本はデブライネ、シグルズソンに次ぐ3位。不振だったチームにおいて、フランス代表のプレーメイカーがひとり気を吐いていたのは間違いありません。クラブにとって重要な存在だったパイェが、移籍を求めて練習と試合出場をボイコットしていると報じられたのは、クリスタル・パレス戦を目前にした1月12日でした。ラジオ番組での発言から、一部では本命はアーセナルとも伝えられましたが、ほどなくして意中のクラブがマルセイユであることがわかりました。

「キャプテンのマーク・ノーブルをはじめ、チームメイトがパイェの振る舞いを非難」「何者かによって、パイェの車がクラッシュされる」。練習拒否という強硬手段に出たパイェに対する関係者やサポーターの反感は相当高まっているようで、物騒な事件も起こっています。マルセイユは最初の移籍金1900万ポンドをハマーズに一蹴され、2000万ポンド(約28億4000万円)の2度めも撃沈。一昨日の「スカイスポーツ」は、ウェストハムが2250万ポンド(約32億円)に増額した3度めのオファーも拒否したと報じています。元々、デビッド・サリヴァン共同オーナーとビリッチ監督は「売る気はない」と公言しており、パイェが契約を尊重することを求める姿勢を変えていません。フランスのクラブは、最低でも3000万ポンド(約42億6000万円)を用意しなければ、検討の俎上にすら載らないといわれています。

そんななかで、「デイリー・ミラー」が、パイェ獲得に参戦するクラブが現われたと報じています。リーグ・アンでモナコやパリ・サンジェルマンと優勝争いを繰り広げているニースは、マルセイユに対して勝ち点16差と大きくリードしており、来季はチャンピオンズリーグに出場するかもしれません。さらに移籍金を足して4度めのアプローチを試みる予定といわれるマルセイユは、ライバルの登場で早期に決着をつけなければならなくなりそうです。記事は、「週給12万5000ポンド(約1780万円)のパイェのサラリーを削減したいウェストハムには、いい契約」「移籍金とサラリーを要求するだけでなく、チャンピオンズリーグ出場決定時のボーナスをつけることもできる」と、ニースが参戦すればハマーズにとってメリットが増えると語っています。

ニースといわれて思い出すのは、プレミアリーグを追われたマリオ・バロテッリです。リヴァプールで16試合1ゴール、ACミランでも20試合1ゴールと結果を出せなかった元イタリア代表FWは、移籍後の最初の試合でマルセイユ相手に2ゴールを決めると、前半戦で9試合8ゴールと完全復活。左サイドから右足アウトでいとも簡単にクロスを上げてしまうパイェが加われば、シュート力には定評があるバロテッリは、さらにゴールを量産できそうです。物騒なコンビが実現するのは、ニースが3000万ポンドからの移籍金を用意したときです。ウーゴ・ロリスを輩出したクラブはどこまで本気なのか…マルセイユとの争奪戦は予断を許しません。

29歳のMFは、このままU-23チームで黙々とトレーニングをし続けるのか、チームに謝罪してプレミアリーグでプレイするのか、あるいは重い扉が開くのか。プレミアリーグファンとしては、ジエゴ・コスタがそうだったように、一時の迷いを早々に払拭してピッチに戻ってきてほしかったのですが、サポーターや同僚の不興をここまで買ってしまえば、しれっと復帰するのは難しいでしょう。昨季の彼のプレイに熱狂した者として、ここまでこじれてしまったのがとにかく残念です。契約を守り、サポーターとの約束を果たすのは、最低限のプロフェッショナリズムだと考える次第であります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

動くのはエヴァートン、チェルシー、マン・ユナイテッド⁉冬の移籍市場はいよいよ大詰め!

先週末、サウサンプトンのジョゼ・フォンテがウェストハム移籍を決め、WBAのサイド・ベラヒーノはストークと5年半の契約を結びました。今季プレミアリーグの前半戦で16試合にフル出場していたセインツのキャプテンを、ハマーズは800万ポンド(約11億3000万円)と評価。33歳になった選手としてはなかなかの額ですが、おそらくビリッチ監督は3バックへのシフトを考えており、ウィンストン・リード、コリンズ、オグボンナしか本職がいない最終ラインに絶対必要なパーツと考えたのでしょう。家族がロンドン在住で、しかもハマーズのファンだというフォンテは、このチームをサッカー選手としての「終の棲家」と思い定めているのかもしれません。アンディ・キャロルの覚醒で連勝を決め、セインツをかわしてTOP10に顔を出したロンドンのクラブは、プレミアリーグ4位を争った昨季の強さを取り戻すのではないかと思います。この移籍によって、セインツは噂のママドゥ・サコなどCB獲得に走る可能性が高まりました。新キャプテンに選ばれた矢先に負傷してしまったファン・ダイクのマンチェスター・シティ入りは、完全に消滅したとみていいでしょう。

2014-15シーズンのプレミアリーグで14ゴールを決めて将来を期待されながら、その後の2年で4ゴールと失速したベラヒーノは、新天地のストークで持ち前のスピードとゴールゲットの感触を思い出すでしょうか。マンチェスター・シティからレンタルしたボニーが2ゴールと振るわず、チームの得点王が5ゴールのジョー・アレンと前線に課題を抱えているチームは、23歳のリスタートにはうってつけです。マーク・ヒューズ監督は、「スカイスポーツ」が退団を希望していると報じたボージャン・クルキッチを諦めたのでしょう。プレミアリーグではWBAとボロ、母国スペインからはラス・パルマスとバレンシアが関心を示していると伝えられたアタッカーは、新たなニュースを提供してくれるものと思われます。

さて、残り1週間となった移籍市場の次のターゲットは、エヴァートンとチェルシーです。イギリスメディア「エクスプレス」は、フィル・ジャギエルカのサンダーランド行きと、チェルシーでポジションを失ったイヴァノヴィッチのエヴァートン移籍が実現するのではないかと主張しています。20歳のメイソン・ホルゲートに取って代わられつつある34歳のジャギエルカが、最終ラインを安定させてプレミアリーグ残留を果たしたいモイーズ監督の下に走るという話に違和感はありません。

クーマン監督がイヴァノヴィッチを迎えるとすれば、ジャギエルカの後釜ということになりますが、チェルシーで公式戦400試合以上に出場した32歳はまだまだやれると評価しているのでしょうか。コンテ監督が3-4-3にシフトしてから、プレミアリーグでスタメン起用がないイヴァノヴィッチにしてみれば、エヴァートンのほうがチャンスがありそうなのは確かです。しかし、こちらも最近は3バックで戦っており、3戦連続クリーンシートと結果が出ています。コールマンとホルゲートのバックアッパーとなるのは、プレミアリーグとチャンピオンズを制覇してきた百戦錬磨のDFにとって本意ではないでしょう。クーマン監督、コンテ監督と2人のベテラン選手の思惑が絡んだこの話が、最終的にどんな着地になるのか興味が湧きます。

さらにビッグクラブ関連では、ポルトガルから2つほどニュースが届いておりますが、いずれも微妙なお話です。現地紙「ア・ボラ」が、チェルシーがベンフィカのSBネウソン・セメドを狙っており、同じくベンフィカのポルトガル代表FWゴンサロ・グエデスは、マンチェスター・ユナイテッドに移籍間近と報じました。チェルシーがセメドを獲るとすれば、ヴィクター・モーゼスしかいない右のWB強化。モウリーニョ監督のほうは、「デパイ&シュナイデルラン資金」の活用による前線の活性化ですが、どちらも現実感がありません。前者は、ベンフィカが全試合スタメンのバリバリのレギュラーを出すのかという問題。後者は、ポテンシャルを評価されているストライカーとはいえ、リーグ戦16試合2ゴールの20歳に3000万ユーロ(約36億3000万円)も投じるのかという疑問が拭えません。

ゴンサロ・グエデスが怪しいのは、代理人がモウリーニョ監督と同じジョルジュ・メンデスだということです。現在のマンチェスター・ユナイテッドは、前線の3つのポジションにマルシアル、マタ、ムヒタリアン、イブラヒモヴィッチ、ラシュフォード、リンガード、ルーニー、アシュリー・ヤングと8人も使える選手がおり、エールディヴィジ得点王という実績を引っ提げてやってきたデパイを諦めたばかり。グリーズマンを狙っているとまでいわれているクラブが、冬に慌てて補強する選手ではないでしょう。ベンフィカなら、以前から話題になっているCBヴィクトル・リンデロフ獲得のほうが納得感があります。こちらもメンデス案件ですが…。

いずれにしても、マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグの後半戦で巻き返すために新戦力を補充する必要はないと思います。未来のチームを見据えて、必要な人材を獲りにいくことに異論ははさみませんが、今大事なのは、勝てるサッカーを確立すること。ポテンシャルでは、ライバルクラブに負けていないはず。ラシュフォード、リンガード、フォス=メンサーらの成長を促し、もっとやれるはずのマルシアルやムヒタリアンをうまく活かしていただければと願っております。ラスト1週間、サプライズ移籍はあるのでしょうか。中国から移籍金を手に入れたチェルシーと、余剰戦力をさばいたマンチェスター・ユナイテッドに資金があるのは間違いないのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

デパイ、リヴァモア、デウロフェウ、ベラヒーノ…動き出した冬のマーケット最新トピックス!

昨日お伝えしたメンフィス・デパイのオリンピック・リヨン移籍が正式に決まりました。「すべての思い出をありがとう。サポートを忘れない」と、クラブとチームメイトにメッセージを送った背番号7は、プレミアリーグ33試合2ゴールという数字で最初のピリオドを打つことになりました。新チームでのミッションは、まずは自分のプレイを取り戻すことですが、何しろまだ22歳。ジョゼ・モウリーニョ監督は、「デパイはマンチェスター・ユナイテッドに戻ってくることができる」と語っており、買い戻しのオプションをつけたといわれる古巣の意向次第で、プレミアリーグに再度チャレンジすることもあるかもしれません。ボーナスを含めれば最大2500万ユーロ(約31億円)という移籍金を、妥当だといわせるような活躍を期待したいと思います。

さて、金曜日のマーケットでは、デパイだけでなく錚々たる顔ぶれが動きました。出る派と残る派が錯綜したジェラール・デウロフェウのACミラン移籍は、買い取りオプション付きのローンという形で決着したようです。2013-14シーズンにバルセロナからやってきてグディソン・パークのサポーターをうならせたサイドアタッカーは、2015年の夏にエヴァートンに完全移籍。初年度のプレミアリーグ26試合2ゴールという数字は、当時のロベルト・マルティネス監督にとってもサポーターにとっても、もの足りなかったのではないでしょうか。

今季から指揮を執ったクーマン監督は、プレシーズンにはルカク不在時のトップ起用を試したりしていたものの、シーズンが始まるとミララスとボラシェをレギュラーに指名。素晴らしいプレイを見せていたボラシェが不運なケガで今季絶望となっても、選ばれたのはアーロン・レノンやエネル・バレンシアであり、22歳のドリブラーではありませんでした。最近6試合のプレミアリーグで出場ゼロだったデウロフェウが握りしめているのは片道切符だと思われます。10代だった3年前、アーセナル戦で決めたゴールが衝撃的だっただけに、静かな去り方が残念でなりません。

トッテナムを出た後、ハル・シティで3年半を過ごしたジェイク・リヴァモアは、沈没しそうにない船に乗り換えました。今季プレミアリーグで8位と健闘しているWBAは、30歳のクレイグ・ガードナーをバーミンガムに売却してタフなセントラルMFを獲得。モリソン、ジャコブ、ダレン・フレッチャーとアラサー揃いだった中央に、27歳のリヴァモアが加われば、ピューリス監督が生命線とする運動量を失わずにシーズンを乗り切れそうです。

レギュラーMFを推定1000万ポンド(約14億2000万円)で売り渡したハル・シティは、ライアン・メイソンとハドルストーンを軸に据えて戦うのでしょう。AZからレンタルしたプレーメイカーのヘンリクセンを完全移籍で獲得し、エヴァートンのFWニアッセ、ポルトのMFエヴァンドロ、オリンピアコス時代に頼りにしていたSBオマール・エラブデラオウイと即戦力を揃えたマルコ・シルヴァ新監督は、残留への手応えをつかめたのでしょうか。チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、アーセナルとプレミアリーグで地獄の4連戦を迎える指揮官は、「耐えながら作る」という難しい命題に挑むことになります。

最後に、「スカイスポーツ」の速報を紹介しましょう。ストークが、WBAのFWサイド・ベラヒーノ獲得でクラブ間合意に漕ぎ付けたとのこと。2014-15シーズンにプレミアリーグ38試合15ゴールとブレイクした生え抜きのストライカーは、オフシーズンにスパーズ移籍を巡ってジェレミー・ピース会長とバトルを繰り広げてからは、モチベーションもスピードも失ってしまったようです。翌シーズンは31試合4ゴール。今季は最初の4試合に出場した後、出番なし。イングランドU-21代表のエースだった男には、いよいよ環境の変化が必要なのだと思われます。サラリーなどの個人条件を詰め、メディカルチェックを終えないと移籍は決まりませんが、ボージャン・クルキッチに退団の噂があり、ボニー・ウィルフリードが不振でエース不在のクラブなら、チャンスはもらえるのではないでしょうか。新天地で結果を出せなければ、次のクラブはチャンピオンシップということにもなりかねません。

冬のマーケットも残り10日。大相撲でいえば、小結・関脇が顔を見せたぐらいのタイミングでしょうか。この先、チェルシーとマンチェスター・シティが沈黙したままで終わることはないと思われます。ヤマ場は来週末ではないでしょうか。トップクラブに動きがあれば、随時お知らせいたします。(サイド・ベラヒーノ 写真著作者/Warwick Gastinger)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

マルセイユがパイェの移籍金増額、フォンテ獲得報道…ウェストハムは冬も激動!?

オリンピックスタジアム移転、大量補強とさまざまな話題を提供し、プレミアリーグ開幕前には主役の一角だったウェストハムが、冬のマーケットでも激しく動くかもしれません。マスアク、アルベロア、クイナ、ギョクハン・トレ、フェグリ、ノルトヴェイト、エジミウソン・フェルナンデス、アイェウ、アシュリー・フレッチャー、トニ・マルティネス、カジェリ、シモーネ・ザザ…ハマーズが夏に連れてきた選手を覚えるだけでもひと苦労ですが、このなかで今季プレミアリーグで先発10試合以上は何とゼロ!とりわけ深刻なのがアタッカーの不振で、アイェウ、フェグリ、ギョクハン・トレを含む7人でプレミアリーグ2ゴールでは、チームが12位に沈むのも無理はありません。

まったくフィットしていなかったシモーネ・ザザはさっそくローン解除となり、ユーヴェはバレンシアに再レンタルしています。ビリッチ監督にとっては得点力UPは喫緊の課題ですが、夏に派手に動いたチームだけに、冬は補強に頼らず現有戦力を鍛えてがんばるのかと思っておりました。ところが…。

年明け早々、ディミトリ・パイェの移籍志願騒動が勃発。当初報道されたアーセナルは、ヴェンゲル監督が「パイェは評価しているが、新しいプレーヤーを探すポジションではない」と獲得を否定しており、パイェの目当ては2回のオファーを拒否されたといわれるマルセイユ1本のようです。トレーニングをボイコットしているチャンスメーカーについて、クラブは売る気はないとしていますが、マルセイユが2500万ポンド(約35億5000万円)まで引き上げると報じられた移籍金が3000の大台を越えれば、モチベーションが下がった選手を売りさばくことも検討するのではないでしょうか。その場合は、代わりとなるアタッカーを物色する可能性もあるでしょう。

前線の戦力を守る一方で、ハマーズは最終ラインの強化に乗り出すとも伝えられています。「スカイスポーツ」が「West Ham poised to sign Jose Fonte from Southampton(ウェストハムはサウサンプトンのジョゼ・フォンテとサインする)」という記事を掲載。セインツのピュエル監督は、「ジョゼにはさまざまな可能性がある。それらを見て検討し、最終的な結論を出そうとしており、その結果は数日でわかるだろう」と移籍を容認しており、ハマーズとフォンテが話をまとめれば、すぐにでも決まりそうです。3バックで戦うなら、ウィンストン・リード、オグボンナ、コリンズだけでは明らかに足りません。カバーリングに長けたフォンテが来れば、最終ラインは確実に締まり、10戦連続無敗まであった昨季プレミアリーグの後半戦と同等の戦績を残せるかもしれません。

フォンテの移籍が決まれば、セインツはリヴァプールのママドゥ・サコにオファーを出すのでしょうか。ファン・ダイク、エンゾンジ、ラキティッチと名前は挙がりながらも続報が聞こえてこないマンチェスター・シティも不気味です。プレミアリーグの冬の移籍市場も残すところ2週間弱。上位・下位とも激戦が続くなか、このまま静かな冬では終わらないでしょう。ビッグネームが動くとすれば、これからです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

何もできなかった1年半…エールディヴィジ得点王メンフィス・デパイはリヨン移籍間近!

ファン・ペルシ、ルート・ニステルローイ、ベルカンプ、オーフェルマルス、ボアテング、カイト、そしてファン・デル・サール。プレミアリーグにやってきたオランダ人選手にはレジェンドと呼ばれる名プレイヤーが多いのですが、視点を変えて「エールディヴィジ得点王」となると成功・失敗は五分五分です。ニステルローイ、カイト、スアレスが大暴れした一方で、2004年にチェルシーに入団したマテヤ・ケジュマンは、エールディヴィジ2季連続得点王が嘘のようにプレミアリーグ25試合4ゴール。ミドルズブラに入ったアフォンソ・アウヴェスも通算10ゴールとパッとせず、スウォンジーでは輝いたボニー・ウィルフリードもマンチェスター・シティに移籍した後は沈んでいます。

さらにこの冬、失意のうちにイングランドを去るであろう7人めの得点王が話題になっています。マンチェスター・ユナイテッドの「栄光の7番」を背負ったメンフィス・デパイ。2015年の夏に2230万ポンド(約31億7000万円)でプレミアリーグにやってきた22歳FWは、プレミアリーグ33試合でわずか2ゴールとケジュマンを下回る低調ぶり。スピードとフィジカルの強さが求められるプレミアリーグが合わなかったのか、ファン・ハール監督の規律と戦術を消化しきれず自らの長所を忘れてしまったのか、7番のプレッシャーに負けてしまったのか。個性的なファッションセンスを「ペルーの笛吹き」といじられ、水タバコを吸う姿をパパラッチに捉えられたアタッカーは、チームにうまくなじんでいるようには見えませんでした。

セルフィッシュなプレイが目立ち、しばしば守備に戻ることを忘れるデパイは、モウリーニョ監督には選ばれないだろうという予想はあっさり的中。今季のプレミアリーグ出場は4試合19分に留まっており、シュナイデルランともども早晩チームを離れるのではないかといわれていました。このたび、オランダ代表FWの復活に賭けて手を挙げたのは、オリンピック・リヨン。「スカイスポーツ」が報じた2160万ポンド(約30億7000万円)のオファーなら、マンチェスター・ユナイテッドも文句はないでしょう。リヨンの公式サイトがデパイが現地入りしたことを発表しており、契約がまとまれば、メディカルチェックまで一気に進むものと思われます。

デパイはなぜ、マン・ユナイテッドで活躍できなかったのでしょうか。連携や守備などプレイの問題だけでなく、OBがうるさいビッグクラブへの適応、監督との相性などさまざまな理由が考えられるのですが、「ファン・ハールとモウリーニョの両方から気に入られるのは難易度が高い」のも理由のひとつではないかと思います。とりわけ昨季移籍してきた選手は、直近3シーズンをすべて異なる監督の下で過ごしたわけですが、今シーズン活躍しているといえる選手はゼロ。シュヴァインシュタイガーは出場機会がなく、マルシアルは不振で、最近スタメンが増えているダルミアンも長いこと放出候補といわれていました。ファン・ハールのスタイルにやっと慣れたところで、守備戦術の敷き方がまったく違うモウリーニョ監督に対応しなければならないとなると、多くの選手が戸惑うのでしょう。現在の主力は「マンチェスター・ユナイテッドで長く働いている選手」「モウリーニョ監督が連れてきた選手」「適応力が高い選手」「染まっていない若手」「フェライニ」のいずれかです。

私は、7番という待遇にも幻惑されてむやみにデパイに期待していたのですが、現状をみればやむなし、それなりの移籍金を残してチームを去るのがお互いにとっていい選択でしょう。浮いてしまった栄光の背番号は、後半戦で実績を残すという条件つきで、夏にムヒタリアンに渡していただくのがいいと思います。エールディヴィジ得点王は、復活の可能性があるボニーを勝ち負けどちらにも入れないとすれば、3勝1分3敗。8人めのチャレンジャー、プレミアリーグでは未だPK1発しか決めていないトッテナムのフィンセント・ヤンセンが心配な昨今です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ