エンゾンジ獲得合意、エジルはライバルクラブに移籍…実現すればアーセナルはどう変わる!?

スティーヴン・エンゾンジが念願のプレミアリーグ復帰を果たし、メスト・エジルはライバルクラブに移籍。最近、イギリスメディアが報じている話を鵜呑みにすれば、アーセナルは大きくモデルチェンジすることになります。「スカイスポーツ」「エクスプレス」など複数メディアが報じたエンゾンジのアーセナル移籍は、ご本人がセヴィージャを離れることを示唆したのがクローズアップされるきっかけでした。「どんな将来も考えられる。12月にすべてが終わることを望んでいる」。チャンピオンズリーグの最終節を控えたタイミングで「フランス・フットボール」のインタビューを受けたエンゾンジは、「チームのラウンド16進出を願っているが、自分はその冒険の一部ではない」と明言しています。

ブラックバーンとストークで6年を過ごしたセントラルMFは、11月にプレミアリーグへの復帰を示唆しておりましたが、CLグループステージのリヴァプール戦でハーフタイムに交代させられたことが願望を実現に移すためのトリガーとなったのかもしれません。腹を立てて翌日の練習を無断欠席したために、直近5試合はベンチ外。この状況を見たスペインメディアが1月移籍が現実的になったと報じ始め、「El Gol」はアーセナルと合意に至ったと伝えています。彼らによれば、移籍金は3270万ポンド(約49億円)にオプション260万ポンド(約4億円)が乗せられた3530万ポンド(約53億円)。中央の守備に安定をもたらしてくれそうな196cmの長身MFが加われば、アーセナルはダブつき気味の中盤から誰かを放出することになるでしょう。冬の去就が注目されているのは、ジャック・ウィルシャーばかりではありません。3つの可能性が報じられているメスト・エジルがどんな判断を下すのかは、今のところは見当がつきません。

「アーセナル残留」「マンチェスター・ユナイテッド移籍」「バルセロナ入団」のなかでは、3つめの可能性が最も薄いようです。スペインメディア「ムンド・デポルティーボ」が、エジルの代理人エルクト・ソグト氏が2週間以内に獲得の意志をはっきりさせるように迫ったと報じましたが、イングランドではプレミアリーグ内で決着するという話が主流です。「友人にユナイテッドにいくと語った(デイリー・メール)」「マンチェスター・ユナイテッドがエジルに希望額の週給30万ポンド(約4500万円)を払ってムヒタリアンを放出(デイリー・ミラー)」。10月には「友人」はアーセナル残留と聞いたとコメントしておりましたが、おそらく別な方なのでしょう。新しいオファーを用意したと伝えられているガナーズが、今季プレミアリーグで12試合2ゴール5アシストのプレーメイカーを口説き落とせるかといわれれば、「何ともいえない」としか答えようがありません。

「エンゾンジin、エジルout」となった際のガナーズは、どんな戦い方にシフトするのでしょうか。おもしろそうなのは、エンゾンジ、ジャカ、ラムジーの3センターとラカゼット、アレクシス・サンチェスの2トップで構成する3-5-2。あるいはアレクシス・サンチェス、ラカゼット、ウェルベックを前線に配する4-3-3です。3センターとなればジャック・ウィルシャーもより活かせるイメージがあり、2トップならジルーを先発で起用する機会を増やせるでしょう。3バックを継続するなら、コシールニーの後継者として期待できるCBを加え、WBにはベジェリンとポジション争いができる選手を迎えたいところです。

マタとムヒタリアンに期待し続けているマンチェスター・ユナイテッドサポーターとしては、メスト・エジルという素晴らしいタレントが加わるといわれても気持ちの整理に時間がかかりそうですが、1月ビッグディールは成立するのでしょうか。トマ・レマル獲得とセットでアレクシス・サンチェスをマン・シティに売るという話もまだ消えてはいないようで、年明けから再開されるマーケットの主役はアーセナルとなりそうな雲行きです。私は「アーセナルのエジル」が好きなので、エンゾンジ獲得だけで終わってほしいのですが…。(スティーヴン・エンソンジ 写真著作者/Ronnie Macdonald)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグがぶっちぎりTOP!欧州のリーグ別選手獲得額ランキングをチェック

「われわれは賢明だった。マーケットを永遠に変えてしまう何かが起こったと捉えている。いつもなら、マーケットの終わりには安くなるものだが、今季はネイマール以降すべてが変わり、費用面では悪化した。8月31日のルカクは1億5000万ポンドだったと思う。マティッチは6000万か7000万ポンドだろう」「みんなが2億ポンドという数字を見てからは、2000万ポンドの選手は4000万ポンドになり、4000万は6000万になった。ルカクとマティッチは、今なら2億ポンドほどかかったはずだが、われわれは夏の初めに取引したのではるかに安かった。財務的によかったし、いい準備ができた。決定的ではないが重要なことだ」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が「ザ・タイムズ」のインタビューに応じて、夏の移籍金の高騰についてこう語りました。「スカイスポーツ」によると、プレミアリーグの移籍金総額は14億ポンドを超え、6年前の3倍に跳ね上がっているそうです。首尾よく補強を終えた名将のいう通り、8月3日のあの衝撃的なニュースを境に、欧州では従来の相場とは違う数字が飛び交った感覚があります。そんななかで、「サッカーダイジェストWeb」が、狂乱のマーケットについて最終的な金額を整理してくれています。

彼らが紹介している「欧州のリーグ別選手獲得額ランキング」を見ると、1位はもはや当然のプレミアリーグで15億5000万ユーロ(約1984億円)。2位に入ったセリエAを牽引したのは、中国人実業家の李勇鴻オーナーを中心とした投資家グループの資金を欧州に投じたACミランです。彼らが使った2億3000万ユーロ(約300億円)は、リーグ全体の20%を占めています。3位はパリ・サンジェルマンがネイマールに2億2200万ユーロ(約284億円)を注ぎ込んだリーグ・アン。4位にブンデスリーガが入り、5位にようやく、例年ならプレミアリーグの次に来るリーガ・エスパニョーラが顔を出します。


【2017-18シーズン 欧州リーグ別選手獲得額ランキング】
1位⇒プレミアリーグ(イングランド)
獲得/15億5000万ユーロ(約1984億円)
売却/8億3233万ユーロ(約1065億円)
 
2位⇒セリエA(イタリア)
獲得/8億2178万ユーロ(約1052億円)
売却/7億342万ユーロ(約900億円)
 
3位⇒リーグ・アン(フランス)
獲得/6億7340万ユーロ(約862億円)
売却/5億6565万ユーロ(約724億円)
 
4位⇒ブンデスリーガ(ドイツ)
獲得/6億1453万ユーロ(約786億6000万円)
売却/5億495万ユーロ(約646億円)
 
5位⇒リーガ・エスパニョーラ(スペイン)
獲得/5億5390万ユーロ(約709億円)
売却/6億4485万ユーロ(約825億4000万円)
 
6位⇒チャンピオンシップ(イングランド2部相当)
獲得/2億3428万ユーロ(約300億円)
売却/2億5967万ユーロ(約332億円)

7位⇒ロシアプレミアリーグ(ロシア)
獲得/1億2410万ユーロ(約159億円)
売却/4580万ユーロ(約58億6000万円)
 
8位⇒シュペルリギ(トルコ)
獲得/9005万ユーロ(約115億円)
売却/7646万ユーロ(約98億円)
 
9位⇒ジュピラー・リーグ(ベルギー)
獲得/7607万ユーロ(約97億3000万円)
売却/1億3258万ユーロ(約169億7000万円)
 
10位⇒エールディヴィジ(オランダ)
獲得/6710万ユーロ(約86億円)
売却/2億519万ユーロ(約262億6000万円)


プレミアリーグのぶっちぎり具合もさることながら、6位にイングランド2部相当のチャンピオンシップがランクインしているのにも驚かされます。2位から4位のリーグは売り越しが140億~150億円で、5位のリーガ・エスパニョーラもネイマールという異常値を除けばマイナス160億円程度。プレミアリーグは投資が売却額を900億円以上も上回っており、高額のチケット代とテレビ放映権料は、欧州の中小リーグにばらまかれているようです。その恩恵を受けている国は、2億3227万ユーロ(約297億円)も売却額が多いポルトガル、1億3809万ユーロ((約177億円)のエールディヴィジ、こちらでは3位だった9095万ユーロ(約116億円)のリーガ・エスパニョーラ、以下ベルギー、ウクライナ、フランスのリーグ・ドゥとなっています。

ちなみにクラブ別の投資額ランキングを見ると、プレミアリーグ勢では2億4430万ユーロ(約313億円)を使ったマンチェスター・シティが欧州1位で、チェルシー3位、マンチェスター・ユナイテッドは6位、エヴァートンが7位、トッテナム12位、リヴァプールが13位。アーセナルはTOP20に入っておらず、例年よりも上位を占めている印象はありません。おそらく21位以下に、プレミアリーグの中堅・下位クラブがごっそり入っているのでしょう。今季もまた、トップクラブは下位の抵抗に四苦八苦しそうです。優勝争いが白熱するのはウェルカムなのですが、チャンピオンズリーグと国内の両立を考えると、複雑な気分でもあります。いやー、バブルはどこまで続くのか…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

コウチーニョ、アレクシス・サンチェス、ジエゴ・コスタにみるCL&EL登録・除外の裏側

青信号、赤信号、黄信号といったところでしょうか。移籍市場のデッドラインデーの主役になるかもしれないといわれながら、プレミアリーグ残留が決まった3人の選手のお話です。アレクシス・サンチェスは、ヨーロッパリーグの登録リストに名を連ねました。前提として、ヨーロッパリーグに出場した選手は1月以降にチャンピオンズリーグのメンバーに登録できますが、チリ代表のアタッカーは今季1年はアーセナルでプレイすることになってもいいと考えているのではないかと思います。マンチェスター・シティは、冬の移籍市場でアレクシス・サンチェス獲得に再チャレンジする意向と伝えられていますが、アーセナルがトマ・レマルなど代役ゲットを条件に売却に応じていたという報道が事実なら、このディールが実現するのは次の夏まで伸びる可能性があります。

アーセナルが、エースをゼロ円で放出することを覚悟してでもプレミアリーグ優勝のために手元に置くのか、最後の換金チャンスである1月に諦めて手離すのかは、年を越してみないとわかりません。いずれにしても、「僕の心は決まっている。アーセナル次第だ」と語っていた7番は、クラブに所属している以上は全力を尽くしてプレイしてくれるのではないでしょうか。昨季プレミアリーグで38試合24ゴールのエースは、少なくとも半年はピッチの上で彼らしく振舞い、大事なゴールを決めてくれるはずです。半年後に移籍、1年後に移籍、翻意して契約延長とどの可能性を取っても、近いうちにいなくなることを覚悟しているアーセナルにとっては悪い話ではありません。

ガナーズのアタッカーを青信号とすれば、アトレティコ・マドリード行きを熱望するジエゴ・コスタは真っ赤でしょう。チェルシーがプレミアリーグの登録メンバーにはその名を記しながらも、チャンピオンズリーグからは外したのは、「1月にアトレティコ・マドリードに売るが、契約期間が残っている間はチームのルールに従ってもらい、プレミアリーグのピッチに立てるよう準備してほしい」というメッセージに見えます。この夏にストライカーの願いが叶わなかったのは、チェルシーとアトレティコ・マドリードの間で希望額のギャップが埋まらなかったからといわれており、今回のCL登録リスト除外もスペインに出す際の移籍金額の最大化を目論んでのことだと思われます。ジエゴ・コスタがプレミアリーグのピッチに戻って活躍しても、ブラジルでストライキを続けても、1月には3度のタイトル奪取を味わったクラブを離れることになるはずです。

さて、問題は黄信号です。リヴァプールのフィリペ・コウチーニョは、チャンピオンズリーグの登録メンバーに入りましたが、「デイリー・ミラー」など現地紙の報道によると、1月の移籍を希望している10番が出場を拒否する可能性があるとのこと。背中あるいは腰を痛めていると報じられ、プレミアリーグの開幕3試合を欠場したコウチーニョは、8月30日のワールドカップ南米予選のエクアドル戦には出場して77分にゴールを決めました。このとき、涙を流したブラジル代表MFについて、ブラジルサッカー協会(CBF)は「彼は感情を揺さぶられるような状況にあり、迷いがあった。それでもゴールを決めたことは称賛に値する」とコメント。友人のバルサ行きに反対したネイマールも、「彼のゴールは嬉しかった。ハッピーだね。とても悲しんでいるみたいだけど、勝つためにチームをサポートしてくれた」と、レッズの10番が平常心ではなかったことを認めています。

リヴァプールへの愛を公言して、1月に契約を延長したエースは、昨季プレミアリーグを終えてからの数ヵ月で、すっかり心変わりしてしまったようです。レッズでCLに出てしまうと、同じシーズンのバルサでは出られないと心配しているというのが事実であれば、プレミアリーグでの活躍も望むべくもないのかもしれません。しかし、私はこう思っています。嘆くのは、まだ早い。まずは、9月9日のプレミアリーグ4節マンチェスター・シティ戦、13日にアンフィールドで開催されるCLグループステージ緒戦のセビージャ戦、カラバオカップとプレミアリーグで連戦となるレスターとのゲームを観てみようではありませんか。バルサ移籍が叶わなかったコウチーニョがすべての試合に出場して、今までと変わらないパフォーマンスを披露してくれるのなら、冬か夏かはまだわからない未来の話と一旦視界から外すことができます。

今、思うことはこれだけです。コウチーニョが語っていたレッズへの愛情や感謝が、そのときの彼にとって率直な思いだったのだとすれば、そんなクラブに所属する最後の日まで、最高のプレイを見せたいという気持ちを持ち続けてほしい。現在過ごしている日々は、8ヵ月前に自らの意志で結んだ契約というレールの上を歩く日々です。これを外していいのは、レッズと合意したときだけです。コウチーニョに、プレミアリーグとチャンピオンズリーグでの活躍を期待したいと思います。クラブの主軸と目されていた選手が、特定の大会に顔を出さないなどといういびつな状態は、できれば見ないで済ませたいものです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

意外な大物あり!? プレミアリーグ2017-18シーズン・夏の補強通信簿【下位&昇格クラブ編】

プレミアリーグ2017-18夏の補強通信簿、「TOP7編」「中堅クラブ編」に続く第3弾は、降格をぎりぎりで回避した下位クラブと、チャンピオンシップから昇格してきた3つのクラブです。彼らの新加入選手リストは、とにかく長い!ポール・クレメント監督のスウォンジーとショーン・ダイチェ監督が引き続き指揮を執るバーンリーは従来の方針継続で、人数的にはほどほどですが、昇格3クラブはプレミアリーグ仕様のチームを作るべく大改造。ハダースフィールドとブライトン・アンド・ホーブ・アルビオンのリストを作成していると、スタメンを読み上げているような気分になります。

プレミアリーグファンといってもさまざまで、応援するクラブの選手以外はよくわからないという方や、観始めて間もない方のなかには、「下位チームの選手はわからないので、リストを見る気になれません」という方もいらっしゃるかもしれません。イングランドサッカーの話は何でも首を突っ込みたくなる私も、リーガ・エスパニョーラの下位クラブの移籍情報となると心が動かず、お気持ちはわかるような気もします。しかし…スウォンジーとワトフォードだけでも、見ていってください。昨季プレミアリーグ15位のスワンズが、ポルトガル代表の次世代の主軸と期待されるレナト・サンチェスをバイエルンから引っ張り、ウィルフリード・ボニーをマン・シティから呼び戻し、イングランドU-21代表のエースであるタミー・アブラハムまで加えたとなれば、ワクワクしてくるではありませんか。

ジョレンテ、シグルズソン、バロー、ジャック・コーク、アマトと中心選手を吐き出したウェールズのクラブの損得勘定はマイナスのような気もしますが、こと前線に限れば大成功となるかもしれません。カラバオカップ2回戦のミルトン・キーンズ・ドンズ戦で移籍後初ゴールを決めたタミー・アブラハムは、続くプレミアリーグ3節のクリスタル・パレス戦でプレミアリーグ初ゴールをゲット。2014-15シーズンからUEFAユースリーグを連覇した欧州最強のチェルシーユースで才能を見せつけた19歳にとって、今季はブレイクする年になるかもしれません。チェルシーユース出身では、足元のうまさとパスセンスはリヴァプールのドミニク・ソランケが上ですが、DFを背負ったときのさばき方や、ゴール前でのポジショニングはアブラハムでしょう。トップクラブを応援している方々も、スワンズとのゲームでは、ぜひ10番に注目していただければと思います。

ワトフォードに加入した選手では、エヴァートンから来たトム・クレヴァリー、昨季プレミアリーグで32試合9ゴールと奮闘したバーンリーのアンディ・グレイ、イングランド代表に選ばれたチェルシー出身のMFナサニエル・チャロバーに目がいくかもしれません。彼らも楽しみではあるのですが、私のイチ押しはフルミネンセから獲得した20歳ストライカー、リシャルリソンです。ブラジルU‐21代表でガブリエウ・ジェズスとともに注目されていた選手が、プレミアリーグ17位に完全移籍となったのはなぜでしょうか。2節のボーンマスとのアウェイゲームで初先発し、後半に先制ゴールを決めた11番も、今季のブレイクが期待される選手です。1年後には、上位クラブから声がかかるのではないかと注目しています。

この調子で書いていたら、読んでいただくのが週末になりそうです。各クラブから、見ていただきたい選手をひとりずつピックアップさせていただきます。バーンリーは、昨季チャンピオンシップ得点王に輝いたリーズのFWクリス・ウッド。ニューカッスルは、レンタル先のデポルティーボ・ラ・コルーニャで20試合5ゴールと復活の兆しを見せたストークFWホセル。ブライトンは、クラブ・ブルッヘで公式戦117試合38ゴール19アシストのコロンビア代表FWホセ・イスキエルドをクラブレコードとなる移籍金で獲っています。ハダースフィールドは、既に王様のように中盤を仕切っているアーロン・ムーイ。昨季はマンチェスター・シティからのレンタルだったオーストラリア代表MFは、完全移籍でプレミアリーグ残留をめざして戦うことになりました。

最後までお読みいただいた方、ありがとうございます。ご興味あれば、以下にリストを用意いたしましたので、チェックしてみてください。上位にとってやっかいなチームになりそうなのは、ワトフォードとブライトン・アンド・ホーブ・アルビオンです。


■スウォンジー
【入団】
DFカイル・バートリー(リーズ)
MFロケ・メサ(ラス・パルマス)
MFサミュエル・クルーカス(ハル・シティ)
MFレナト・サンチェス(バイエルン・ミュンヘン)
FWタミー・アブラハム(チェルシー/ローン)
FWウィルフリード・ボニー(マンチェスター・シティ)
【移籍・退団】
GKゲハルト・トレメル(未定)
GKマーク・ビリギッティ(NACブレダ)
DFジョルディ・アマト(ベティス/ローン)
DFスティーヴン・キンズリー(ハル・シティ)
DFフランク・タバヌ(ギャンガン)
MFジャック・コーク(バーンリー)
MFギルフィ・シグルズソン(エヴァートン)
MFジェフェルソン・モンテーロ(ヘタフェ/ローン)
FWボルハ・バストン(マラガ/ローン)
FWフェルナンド・ジョレンテ(トッテナム)
FWオリヴァー・マクバーニー(バーンズリー/ローン)
MFマット・グライムス(ノーサンプトン/ローン
FWマルヴィン・エムネス(未定)
FWバフェティンビ・ゴミス(ガラタサライ)
FWモドゥ・バロー(レディング)

■バーンリー
【入団】
GKアダム・レグズディンス(バーミンガム)
DFチャーリー・テイラー(リーズ)
DFフィル・バーズリー(ストーク)
DFテンダイ・ダリクワ(ノッティンガム・フォレスト)
FWジョン・ウォルターズ(ストーク)
FWクリス・ウッド(リーズ)
FWナーキ・ウェルズ(ハダースフィールド)
【移籍・退団】
DFマイケル・キーン(エヴァートン)
MFジョーイ・バートン(未定)
MFジョージ・ボイド(シェフィールド・ウェンズデイ)
FWアンドレ・グレイ(ワトフォード)
FWローヴェン・ヘニングス(デュッセルドルフ)

■ワトフォード
【入団】
GKオレスティス・カルネジス(ウディネーゼ/ローン)
DFキコ・フェメニア(アラベス)
DFディミトリ・フルキエ(グラナダ)
DFモラ・ワグ(ウディネーゼ/ローン)
DFマルフィン・ゼーヘラール(スポルティング)
MFトム・クレヴァリー(エヴァートン)
MFウィル・ヒューズ(ダービー)
MFナサニエル・チャロバー(チェルシー)
MFアンドレ・カリージョ(ベンフィカ)
FWリシャルリソン(フルミネンセ)
FWアンドレ・グレイ(バーンリー)
【移籍・退団】
GKレネ・ジルマーティン
GKギエドリウス・アルラウスキス(CFRクルージュ)
GKコステル・パンティリモン(デポルティボ・ラ・コルーニャ/ローン)
DFディミトリ・フルキエ(ストラスブール/ローン)
DFファンフラン(デポルティボ・ラ・コルーニャ)
DFウチェ・ヘンリー・アグボ(スタンダール・リエージュ)
DFペルビス・エストゥピニャン(アルメリア/ローン)
DFファン・カルロス・パレデス(エメレク)
MFヴァロン・ベーラミ(ウディネーゼ)
MFノルディン・アムラバト(レガネス/ローン)
MFスヴェン・クムス(アンデルレヒト)
MFマリオ・スアレス(貴州智誠)
FWマティアス・ラネーギー(BKヘッケン)
FWアリ・マレ(ウディネーゼ)
FWステフェン・ベルハイス(フェイエノールト)


■ニューカッスル
【入団】
DFフロリアン・ルジュン(エイバル)
DFステファン・オコナー(アーセナル)
DFハビエル・マンキージョ(アトレティコ・マドリード)
MFクリスティアン・アツ(チェルシー)
MFミケル・メリノ(ドルトムント/ローン)
FWジェイコブ・マーフィー(ノリッジ)
FWホセル(ストーク)
【移籍・退団】
GKマッツ・セルス(アンデルレヒト/ローン)
GKティム・クルル(ブライトン・アンド・ホーブ・アルビオン/ローン)
DFグラント・ハンリー(ノリッジ)
DFアシュラフ・ラザール(ベネヴェント/ローン)
MFフルノン・アニータ(リーズ)
MFサミー・アメオビ(ボルトン)
MFヨアン・グフラン(ギョズテペ)
MFシーム・デ・ヨンク(アヤックス)
FWダリル・マーフィー(ノッティンガム・フォレスト)
FWフロリアン・トヴァン(マルセイユ)
FWエマニュエル・リヴィエール(メス)

■ブライトン・アンド・ホーブ・アルビオン
【入団】
GKマシュー・ライアン(バレンシア)
GKティム・クルル(ニューカッスル/ローン)
DFマルクス・ズットナー(インゴルシュタット)
DFアレシュ・マチュー(ヴィクトリア・プルゼニ)
DFエセキエル・スケロット(スポルティングCP)
MFパスカル・グロス(インゴルシュタット)
MFイジー・ブラウン(チェルシー)
MFデイヴィ・プレパー(PSV)
MFスフィアン・アハンナハ(アルメレ・シティ)
FWホセ・イスキエルド(クラブ・ブルッヘ)
FWラファエル・ドワメナ(チューリッヒ)
【移籍・退団】
GKカスパー・アンカーグレン(引退)
GKデヴィット・ストックデール(バーミンガム)
DFヴェガール・フォレン(未定)
MFオリヴァー・ノーウッド(フラム/ローン)
MFカゼンガ・ルアルア(QPR/ローン)
MFロハン・インス(ベリー)
FWリッチー・トウェル(ロザラム/ローン)

■ハダースフィールド
【入団】
GKヨナス・レッスル(マインツ)
GKロバート・グリーン(リーズ)
DFスコット・マローン(フラム)
DFマティアス・イェルゲンセン(コペンハーゲン)
DFフローラン・ハデルジョナイ(インゴルシュタット/ローン)
MFアーロン・ムーイ(マンチェスター・シティ)
MFトム・インス(ダービー)
MFダニエル・ウィリアムス(レディング)
MFケイシー・パーマー(チェルシー/ローン)
MFアブデルハミド・サビリ(ニュルンベルク)
FWエリアス・カチュンガ(インゴルシュタット/ローン)
FWローラン・ドゥポワトル(ポルト)
FWスティーヴ・ムニエ(モンペリエ)
【移籍・退団】
DFタリク・ホームズ=デニス(ポーツマス/ローン)
DFジェイソン・デヴィッドソン(リエカ)
DFマーク・ハドソン(引退)
MFジャック・ペイン(オックスフォード/ローン)
MFハリー・バン(ベリー)
MFショーン・スキャンネル(バートン/ローン)
FWナーキ・ウェルズ(バーンリー)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ