マンチェスター・シティのSB強化は、バートランド&カイル・ウォーカーのイングランドコンビ!?

ベンジャミン・メンディとカイル・ウォーカーが左右のSB補強の第一候補と報じられていたマンチェスター・シティが、左サイドには新たなターゲットを設定したようです。「スカイスポーツ」が指名したのは、サウサンプトンのライアン・バートランド。チェルシー在籍時はレギュラーで活躍したのは1シーズンのみでしたが、セインツ移籍後はプレミアリーグ94試合5ゴールと中心選手に成長しました。タイミングのいいオーバーラップから繰り出す正確なグラウンダーが武器で、今季4アシストはタディッチに続くチームNo.2です。メディアは、バートランドはカイル・ウォーカーとともに2週間以内にマンチェスター・シティの一員になると主張。セント・メアリーズで受け取っている週給5万5000ポンドは2倍に跳ね上がると報じています。

マン・シティにしてみれば、ベンジャミン・メンディ獲得の交渉が進まなければバートランドで充分なのでしょう。カイル・ウォーカーとバートランドのイングランド代表セットは、ホームグロウンルール対策でもあるのだと思われます。既にベルナルド・シウヴァをマンチェスター・シティに持っていかれているモナコは、バカヨコ、トマ・レマル、ムバッペらがビッグクラブのターゲットになっている状況に対して、チームを解体されたくないと警戒を強めているとのこと。4000万ポンド(約56億4000万円)というタグはプレミアリーグでの経験豊富なカイル・ウォーカーと変わらず、ペップのクラブは高いとジャッジしているのかもしれません。

一方のセインツは「公式なアプローチはない」といっておりますが、ご本人が「この夏に移籍できると信じている」と友人に語ったという記事も出ており、キャリアのピークにさしかかる27歳はビッグクラブからのオファーを断らないでしょう。フォンテ、クコ・マルティナと半年で2人のDFがクラブを去ったセインツは、ファン・ダイクの移籍については「リヴァプールのアプローチはルールに反している」とプレミアリーグにレポートしたものの、こちらも予断を許さず。ピュエル監督は、最終ラインの組み立て直しを余儀なくされそうです。

カイル・ウォーカーを抜かれそうなトッテナムも、バートランドやファン・ダイクを失いかけているセインツも、相応の金額は主張しつつも成長した選手で金庫を潤すのはクラブの経営方針でもあります。先日、ダニー・ローズがこんなことをいっていました。

「ある選手は、トッテナムでやれることはやり尽くしたから、次のステップに進もうと考えているかもしれない。そういった選手を止めるには、クラブは彼の目標に合った野望を抱いていると理解させなければならない。でも、トッテナムがマン・シティ、マン・ユナイテッド、リヴァプール、チェルシー、アーセナルと争うのは困難だと思う。このクラブがめざすべきは、”第2のデル・アリ”発掘だね。下からいい選手を獲得してスターに育て上げるのは難しいことだけど」。

クレバーなSBが指摘したクラブの現状については的を射た見方だと思いますが、ガナーズのライバルは、ポチェッティーノ戦術と新スタジアム効果で5年後には完全に獲る側にシフトしようとしています。片やセインツは、「安く仕入れて実績を積ませて高く売る」を繰り返しながら、プレミアリーグに残るために知恵を絞り続けるのでしょう。SB強化でマンチェスター・シティはどう変わるのだろうと期待しながら、半分はちょっぴりせつない話でもあります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ウォーカーは来季も必要不可欠の重要なピースであり、在籍歴の長い選手でもあるので移籍するとなれば非常に残念ですが、ローズの指摘する通りです。

£40mはとてつもなく大きな額ですし、しっかりと後釜を確保できた上ならば仕方ないのかなと思います。なにより、シーズン終盤にポチェ監督との確執が報道されましたしね...

ただマーケットで「獲る側」になるべく、特に国内のメガクラブにキープレイヤーを売るのはこれが最後であって欲しいと願います。
  • ホタ
  • 2017/06/07(Wed)13:51:56
  • 編集

コメントありがとうございます。

ホタさん>
トリッピアーが素晴らしいので、カイル・ウォーカーの移籍金の何割かで見どころある選手を獲るという形でもいいかもしれません。ポチェッティーノ監督には、「戦力不足で負けた」という結果にはしないのではないかという期待感があります。
  • makoto
  • 2017/06/07(Wed)16:11:51
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ