サラー移籍決定、イヘアナチョにレスターがオファー、テリーはヴィラ!?最新移籍ニュースをチェック!

モハメド・サラーのリヴァプール入団が決まりました。5年契約、ローマに支払った移籍金はアンディ・キャロルのクラブレコードをわずかに下回る3430万ポンド(約48億3000万円)。背番号は11で、フィルミーノは9をつけるのではないかといわれています。ソランケに続く2人めの新戦力をゲットしたクロップ監督は、プレミアリーグ42失点と改善の余地が高い後方へとターゲットをシフトしていくのでしょう。CBと左SBに的確な補強ができれば、クロップ監督と選手たちの視野にプレミアリーグ初優勝が入り込んできます。相手が下がれば狭いスペースを使った中央突破で崩し、ラインが上がればスピードの乗ったカウンターを仕掛けられるサラーはまさにレッズ向き。マネ、オリギと3人で繰り出す超速カウンターを観てみたいものです。

さて、サラー決定に負けず劣らず話題性のある移籍関連トピックスといえば、「ジョン・テリーがチャンピオンシップに殴り込み」ではないでしょうか。中堅・下位クラブ、アメリカ、中国などさまざまな噂があったチェルシーの元キャプテンを振り向かせたのは、どうやらアストン・ヴィラのようです。「ザ・サン」は個人合意に至ったと伝えており、週給6万ポンド(約850万円)に加えて出場試合数に応じたインセンティブと200万ポンド(約280万円)のプレミアリーグ昇格ボーナスが付く契約になるとのこと。スウォンジー、WBA、ボーンマス、年俸14億円の天津権健を蹴って名門復活を選んだと聞けば、否応なく応援したくなります。「われわれはできうる限りの額を用意した。あとはジョン次第だ」と語ったハリー・レドナップ監督のバーミンガムは、ゴルフ場で口説いたといわれるスティーヴ・ブルース監督とのダービーマッチを制することができなかったようです。

さらに注目したいのは、「テレグラフ」が報じたクレイグ・シェイクスピア監督率いるレスターの前線補強。ジェイミー・ヴァーディの相棒は、岡崎慎司ではなくなるかもしれません。2500万ポンド(35億3000万円)という高い移籍金を払って連れてこようとしているのは、ケレチ・イヘアナチョ。ガブリエウ・ジェズスとアグエロがいるクラブでは出番が増やせないアタッカーは、新天地で持てる力を出し切ろうとしているといわれています。ペップは手元に置いておきたいと考えているそうですが、エティハドから出るか出ないかは彼の判断次第とのこと。エヴァートンやクリスタル・パレスの追撃を封じることが獲得の条件ですが、レスターはぜひとも決めたいでしょう。プレミアリーグ20試合4ゴールに留まった20歳のアタッカーは、フル出場すれば初の2ケタゴールに届くはずです。ハル・シティのハリー・マグワイアを1700万ポンド(約24億円)で獲得したクラブは、2度めの欧州へのチケットを本気で狙っているのではないかと思われます。

サンダーランドでプレミアリーグ25試合ノーゴールと空回りしたアドナン・ヤヌザイは、880万ポンド(約12億4000万円)でレアル・ソシエダに売られる見通しです。2013-14シーズンのプレミアリーグ第7節、対サンダーランド。マンチェスター・ユナイテッドで初スタメンを勝ち取った18歳のヤヌザイは、強烈な2発でオールド・トラフォードのサポーターを狂喜させましたが、その後の3年半でリーグ戦のゴールはわずか4発。「デイリー・メール」によると、ポグバとマイケル・キーンで懲りたマンチェスター・ユナイテッドは買い戻し条項を盛り込もうとしているそうですが、守備が弱点のベルギー人アタッカーをモウリーニョ監督が呼び戻すイメージはありません。

確度が高そうなニュースをチョイスしてお届けしましたが、それぞれ無事に決まるでしょうか。シーズンイン目前の来週は、相当数の移籍話がフィックスされるのではないかと思います。週末から来週にかけての「転機予報」は、北からモラタとペリシッチという強い風が吹き荒れ、ロンドンの西にはバカヨコが上陸。ノースロンドンは引き続き静か、といった雰囲気です。動きがあれば、随時お知らせいたします。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です。

サラー決まりましたね。
来季の即戦力をやっと獲得できて安心しました。
また移籍金も抑えることが出来た方だと思います。
サラーのプレー集をみてると仰るとおり左から右からマネとサラーの破壊力ある突破が容易に予想でき、はやくプレーが見たくて今から楽しみです。
また、背番号も9番フィルミーノという手があったかと感嘆するとともに、想像してみればぴったりで落ち着くところに落ち着いたと思います。
さて、もちろん現実的には次は後方の補強を手堅く決めていきたいところですが、what a hitさんにレッツ夢想を後押しされましたので、ぜひオーバメヤンの続報もあればお願いします 笑。
またライプツィヒのケイタも大好きなプレースタイルの選手なので、この両選手がくれば私の夢想はまさかの正夢になるのですが、どうなるでしょうか。
一仕事完遂させたレッズ、次の一手に注目です。
  • nyonsuke
  • 2017/06/23(Fri)13:44:10
  • 編集

無題

すごいサラー推しですね すみませんが僕の記憶には、チェルシー時代に 引かれてスペースなくなって無理に突っかかってボールロストするを何回も繰り返すサラーがもう焼きつきすぎて。。。今のサラーは違うんでしょうね 期待しましょう
  • ジャカジャカ
  • 2017/06/23(Fri)22:09:55
  • 編集

You'll never dream alone

毎年ゴシップだけは超ビッグネームが躍るリバプールですが、今季はクロップ、CL、アンフィールドがありますから、期待しましょう。
今日は噂の大物Aバメヤンの記事が少なめで超高校級ルーキーMバッペなどがありますが、獲るならAバメヤンですよね。
破壊力が凄まじかったSAS時代でも守備力に難があって優勝に届きませんでした。ですからDFラインの補強は贅沢にいってほしいですね。
私の今夏最大の夢想は大逆転で「麻也同僚ファン・ダイクがリバプールの選手として宮古島で自主トレ開始!」と東○スポが1面で報じる日をまだ信じています。

今のサラーは違います、ボールロストしなくなってから毛深くなってきたとファーストインタビューで言ってました。
  • what a hit
  • 2017/06/23(Fri)23:49:08
  • 編集

無題

サラーが無事決まり一安心しました。
チェルシー時代あまり結果がだせなくて色々いる方がおられますが、その方々はこの動画でも見てください。
これはサラーがチェルシーからクアドラードとの交換レンタルでフィオンレンティーナへ移籍した1年目です。
何度もいいますが、これは1月にチェルシーから途中移籍した年です
https://www.youtube.com/watch?v=8aE4HAhV4Us

大事なことは毎試合試合にでて90分間出場時間を与えられなければいくら才能があってもそれを証明できないってことです。
こんな才能がすでにあったのです。まるでメッシのようではないですか?
インテルが強奪しようとしてフィオレンティーナと裁判沙汰になるほどのインパクトを1年目にすでに与えてます。

イタリアのビッグクラブのローマに移籍してからはかなり戦術的になったので、これほど自由にはプレイしていませんが、
自由にプレイさせるとこれほどファンタジスタなのがよくわかります。
これ見るとサラーのトップ下ってのもみてみたくなります。
  • toto
  • 2017/06/24(Sat)03:51:03
  • 編集

無題

ハイライトなら大抵の選手はメッシになれるわな
  • ケツプリ団2号
  • 2017/06/25(Sun)02:58:34
  • 編集

無題

テリー獲得合戦に関しては、ボーンマスなどはそもそも狙っていないのに書き立てられてるという感じだった(地元紙は夏のリストに彼の名前はない、的はずれの噂)ので、本当にそこまでのクラブが狙っていたのか怪しいところがあると思っています。

レスターに関しては、そもそもチームとしての戦い方が最重要なチームですし、ここも含めてですが、日本のメディア、個人blog含めて何故レスターが優勝に至ったのかを明確に示しているのは、ずっと追っているファンの方の所のみなので、これからのレスターを語る上では過去の精査を基に組み立てないといまいち的を射ないものにしかならない思います
  • 454
  • 2017/06/25(Sun)11:10:12
  • 編集

無題

モチロンその映像は見てますよ 昔からそれ位は出来てましたからね それまでの幾多の失敗を見ないとそういう風になりますよね
  • ジャカジャカ
  • 2017/06/25(Sun)12:52:54
  • 編集

コメントありがとうございます。

nyonsukeさん what a hitさん>
近年最大の大物ゲットチャンスですよね。ケイタ、オーバメヤン、ファン・ダイクが超理想形ですね!

ジャカジャカさん>
セリエAで復活してさらにパワーアップしましたよ!というより、チェルシー時代のみ苦しんでいたという印象です。

totoさん>
バーゼル時代から追いかけていた選手で、おっしゃることはよくわかります。トップ下もありですよね。

ケツプリ団2号さん>
totoさんは、チェルシー時代にこういうシーンが少なかったのは、出番がもらえずフィットするために機会に乏しかったということをおっしゃっているのだという認識です。

454さん>
レスターはここ2年、全試合を見ており彼らの戦い方についても詳述しています。(たとえば優勝年に関しては、序盤戦の両SBチェンジ、サイドの守り方、カンテの役割変更、守備の強みと弱点、岡崎慎司の役割等々)私のものに限らず、読んでおられないのであれば、批判的な物言いはされないほうがよいのではないかと思います。

ジャカジャカさん>
失敗のイメージが強いけどあらためて期待!とおっしゃっているのは理解しております。みなさん、ほぼ同じことをいっているのですが、チェルシー時代について見る角度が違うだけ(ミスが多いとみるか、こんな選手ではないとみるか)のように思います。
  • makoto
  • 2017/06/28(Wed)14:39:39
  • 編集

無題

優勝年ではなく、その前のピアソン時代のチーム作りがどうだったかを分析しないと意味がないのですが。現在のシェイクスピアのチームはある意味ピアソンのチームに近づいていると言えますが、そのものではありません。2部時代、100得点以上を記録して昇格し、翌シーズン奇跡の残留を果たせた理由は何故か、ここが現在のレスターの核ですよ?
  • 454
  • 2017/06/29(Thu)13:10:41
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ