大物獲得派のコンテ監督VS若手育成派のレヴィ会長…移籍金の高騰を巡る舌戦は、実は奥深い!?

SBやレギュラーではなかった選手にも5000万ポンドというタグが付くこの夏のプレミアリーグについて、昨日「モウリーニョ監督とレヴィ会長が移籍金の高騰に危機感を表明!」と題した記事を書かせていただきましたが、スパーズの会長の主張に対してライバルクラブのマネージャーが疑問を投げかけています。「Chelsea boss questions Tottenham's ambitions(チェルシーの監督はトッテナムの野心に疑問あり)」。イギリスメディア「BBC」の記事の主役は、アントニオ・コンテ監督です。レヴィ氏の「持続性がない移籍金による選手獲得が増えている。その総額が収益を超えれば、クラブに跳ね返ってくる」「違いを創れる選手がいなければ、アカデミーの選手にチャンスを与えたほうがいい」という見解に対して、就任初年度にプレミアリーグを制した指揮官は「タイトルを獲得したいなら、選手を獲らなければならないはず」「トッテナムは何を期待しているのか?」と疑問を呈しています。

まずは、コンテ監督のご意見に耳を傾けてみましょう。「トッテナムがすべての選手をキープできたらいいチームだ」「ハリー・ケインは世界的なストライカーのひとり。完璧だ。フィジカルが強く、ボールを持っていてもいなくても戦い続け、空中戦も強い。左右の足が使えてアクロバティックだ。ストライカーをひとり買えといわれれば彼だけど、1億ポンドはするんだろうね」。昨季プレミアリーグで優勝を争ったクラブとエースをリスペクトしたイタリア人指揮官は、ただほめたわけではなく、「彼にそんな値段がついていても、確かにビッグストライカーだと思うだけだ」と続けました。カイル・ウォーカーを買いにいったけど高かったと率直に語った指揮官は、それでもいい選手を獲らなければ競争の激しいプレミアリーグでは同じポジションにいられないと主張しています。

「トッテナムがチャンピオンズリーグに出場できなくても、それは悲劇ではない。チャンピオンズリーグの最初のラウンドで消えても悲劇ではない。ヨーロッパリーグにまわって最初のゲームでいなくなっても悲劇ではない」
「リヴァプールはよくわからないが、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドなら悲劇だ。チームが置かれている状況を理解する必要がある」
「すべてのクラブが、自らの野望がどんなものなのか理解するべきだ。それがタイトル獲得だったりチャンピオンズリーグの勝利であれば、高価な選手を買わなければならないだろう。さもなくば同じレベルにいることはできなくなる。単純な話だ」(アントニオ・コンテ)

多くの日本のメディアが、「BBC」の記事をここまで紹介して、「高額選手獲得派VS安価な若手育成派」という図式にしておりましたが、実はイギリスメディアの解説はもう一段奥行きがあります。「Spurs waiting to make their move?」。直訳すると、スパーズは彼らが動くのを待っているのではないか?ですが、意訳はこうでしょうか。「レヴィ会長は腹黒いタヌキかもよ?」。記事にはおもしろいグラフが掲載されています。「最近数年の移籍市場で、トッテナムがいつ選手を獲得したか」。これを見ると、7月までに4人以上獲得した年はゼロなのに対して、2012-13シーズンは8月に4人、2013-14シーズンは5人獲っています。

「レヴィはしばしば動き出しに時間がかかることがある」「昨年の8月は、ウインドウが締まる最後の数時間でムサ・シソコの3000万ポンドをニューカッスルに支払っており、エンクドゥーとポー・ロペス獲得もその日の早い時間だった」。ソン・フンミン、エリック・ラメラ、ウーゴ・ロリス、クリント・デンプシーをすべて最終日に獲ったやり手の会長は、困ったフリをしてマーケットに揺さぶりをかけているだけであり、「8月に突然別人になってロス・バークリーをはじめ次々と大物ゲット」などと変貌するかもしれません。

と、こう書くと、コンテ監督がレヴィ会長の仕掛けにはまってコメントしてしまったようにもみえますが、私は、こちらも策士なのではないかと推測しています。プレミアリーグ王者の指揮官が異を唱えた相手は、スパーズの会長ではなく自クラブの経営陣なのではないか…⁉リュディガー、バカヨコ、モラタを獲ったとはいえ、層の薄いWBや前線にはさらなる新戦力を補いたいところ。優勝したからといって、財布の紐を締めるのはやめてくれ。プレミアリーグとチャンピオンズリーグを両立させるには頭数が足りない。マンチェスターを見ろ、彼らはまだまだ選手を獲ろうとしているじゃないか。…コンテ監督が、特段絡まなくてもよかった話にムキになった動機はこちらにあったと考えればすっきりします。いかがでしょうか?以上、推測ではありますが、なかなか味わい深い記事でございました。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

そうなんですよねー このタイミングでこのコメント。。ライバルをあおったり 否定しない善人キャラ(?)の監督が どうしてこんな発言をしたのか腑に落ちなかったですが管理人さんのコメントを聞くと納得してしまいます。
でも。。。真意に気づくひとがどれだけいるか。。内部に対してはハッキリ言った方がいい気がします。
スパーズも「ほっとけや!!」って思うでしょうし。んーーーなんか逆効果。。
  • とあるチェルシーファン
  • 2017/07/28(Fri)10:17:16
  • 編集

無題

そんなに裏を読まず、ただ単に煽っただけ派の私です
ダーティなイメージはないですが、別段善人というイメージもないですからね
なんだかんだスパーズを警戒してて、つい余計なことを言っちゃったとかじゃないですか?
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2017/07/28(Fri)16:24:52
  • 編集

無題

それとなくディスられるリバプール笑
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2017/07/28(Fri)17:20:06
  • 編集

無題

ユベントスでも補強のことでフロントと衝突した人間なので私もチェルシーフロントに対するプレッシャーだと思います
勝つためには高価な選手も買わなければいけない→フロント金出せやってことにしか見えませんね
  • シャーザー
  • 2017/07/28(Fri)21:07:13
  • 編集

コメントありがとうございます。

あるチェルシーファンさん>
ポチェッティーノ監督は余裕の返しでしたね。ライトでユーモアある指揮官の舌戦は面白いので大歓迎です。

プレミアリーグ大好き!さん>
ここまで踏み込むことはなかなかない方なので、裏読みしました。

プレミアリーグ大好き!さん>
コンテさん、ひとこと多かったですね。

シャーザーさん>
ですよね。このトーンは珍しいです。
  • makoto
  • 2017/07/30(Sun)15:19:27
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ