「時間の問題」か「時間のムダ」か…コウチーニョのバルサ移籍を巡る報道がヒートアップ!

4年半前に850万ポンド(約12億2000万円)でリヴァプールに来たアタッカーが、1億ポンド(約143億円)を超える額で交渉テーブルに乗っています。フィリペ・コウチーニョ、プレミアリーグ出場138試合34ゴール。スペインメディアはこぞって「獲得決定は時間の問題」と報じ、イギリスでは多くのメディアが「ユルゲン・クロップは断固拒否」。両国のメディアが共通して伝えているのは、バルセロナからオスカー・グラウ、ラウル・サンレイ、ハビエル・ボルダスの3名がイングランドに渡り、ブラジル代表で28試合7ゴールという数字を残しているアタッカーを連れて帰ろうとしているというお話です。スペインの「スポルト」「ESPNデポルテス」は、ネイマールを2億2200万ユーロ(約288億円)で売却したスペインのクラブがコウチーニョの移籍金として9000万ユーロ(約116億円)を出すと伝え、オプションを含めると1億2000万ユーロ(約155億円)まで上げる可能性があるとしています。

「時間の問題」か、「時間のムダ」か。ラ・リーガの優勝候補とプレミアリーグ初制覇をめざすクラブは、真正面からぶつかっています。イギリスメディア「スカイスポーツ」は、週末のアスレティック・ビルバオ戦でコウチーニョを外したことをスペイン行きの根拠として使われているクロップ監督は、楽観的な姿勢を崩していないと報じています。

「ワトフォードが最初のターゲットになる。この試合に備えてもう数日、準備をしなければならない。ダブリンでも、われわれがいい形であることを示せたと思う。もっとやらないといけないけどね。わかってる。準備してるさ。新鮮な気分が戻ってきたね。最高にエキサイトしてるよ」(ユルゲン・クロップ)

プレミアリーグ開幕を見据えて準備を進めている指揮官の言葉からは、エースを失おうとしている不安は感じられません。この空気が変わるのは、FSGが高額の移籍金を断れないと判断し、コウチーニョがバルサでプレイできるチャンスを逃したくないと翻意したときですが、メディアの報道からはその気配は微塵も感じられません。1月に5年契約を結んだばかりで、バイアウト条項がない選手ゆえ、レッズは逃げ切れるのではないかと思います。

いや、何が起こるかわからないトランスファーマーケット、しかもプレミアリーグでは前代未聞の高額ディールについて、根拠なしに予想するのはやめておきましょう。願望と信頼を語るならば、コウチーニョはプレミアリーグに残ってほしい。シャビ・アロンソ、ハビエル・マスチェラーノ、クリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイル、ルイス・スアレス、ルカ・モドリッチらの後ろ姿を悔しさをかみ殺しながら見送ってきた私たちに、クラブ愛を何よりも大事にする選手がいるのだということを教えていただければと思っています。

2011-12シーズンの冬、所属していたインテルで出番が得られず、バルセロナのライバルクラブであるエスパニョールにレンタル移籍したコウチーニョは、16試合5ゴールというなかなかの数字を残しています。もしかすると、かの地にも彼の移籍を嘆くファンがいるかもしれません。ドリームチームの一員として欧州を制するというキャリアが輝かしいのは確かですが、クラブへの愛とサポーターへの忠誠を貫き、今まで手が届かなかったトロフィーと移籍した選手たちが得られなかったリスペクトを手に入れる人生も、味わい深いものなのではないかと思います。プレミアリーグ屈指のミドルシュートでアンフィールドを沸かせてきた10番が、秋深まるいつものピッチで素晴らしいゴールシーンを見せてくれるのを楽しみにしております。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

時間の無駄だと願いたいですね。このシーズンは、リバプールが真のビッククラブに戻るための大事な大事な最初のシーズンなので、彼がいるといないとでは、天と地の差があることは誰の目にも明らかです。もし移籍が実現したとしても気持ちは常に彼とあります。you'll never walk alone
  • kehrani
  • 2017/08/10(Thu)07:51:06
  • 編集

無題

今年の移籍はいつにもまして魑魅魍魎うごめき始めましたね。
ネイマール資金がどこに出されるのか次第で、移籍玉突きが起きるでしょう。

クロップ監督もネイマールが決まれが世界が変わると言っていましたし、
155億の誘惑に抵抗するのは相当な覚悟が必要になりそうです。
できれば、プレミアに残ってもらいたい。

ただ、コウチーニョを売り、ファン・ダイク+もう1か2人を取るのも将来的なチーム作りの方向性として、
良い選択だとも思います。そうなったリバプールもまた怖いチーム
勝手を言わせてもらうとチェンバレンは勘弁してもらいたいですが。


オーナーは、相場師のジョン・ヘンリーですし、安値買いの高値売りは得意なはず。
  • だしまる
  • 2017/08/10(Thu)09:05:07
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。

連日の加熱した報道でかなり疑心暗鬼になっているのですが、お釈迦様の糸が垂れてきたような気持ちになる記事ありがとうございます 号泣…。
私は英語が堪能でないので海外メディアのサイトにはいけないのですが、日本のどのサイトもコウチは出たがっているのにFSGとクロップが許さない、もしくはFSGも魅力を感じているのにクロップが許さないなど、移籍を拒否しているクロップ監督が諸悪の根源のような記事が氾濫していて混乱しています。
FSGは置いておいて、コウチーニョとクロップ監督の人柄を知るものならば、そのようなことには断じてないことはわかるはずです。
これまでコウチはどのようなオファーの時も、しっかりと自分を見つめ、まだリヴァプールでやるべきことがあると語ってきました。
もし移籍するときは、リヴァプールでのキャリアに満足し、クラブにもサポーターにも胸を張ってステップアップしたいと言える時と考える青年と私は感じていました。
しかし、もしコウチが今のバルサでは自分が主役になれる絶好のチャンスととらえ、FSGが移籍金に魅力を感じているなら…、時間の問題かもしれません。
マスチェラーノもアロンソもスアレスもスペインに放出し、その後大きく方向転換しなければならなくなった過去を今回も繰り返すなら、リヴァプールはクロップ監督の長期政権によるドルトムントの再来という見えない陸地を求めて長く危険な航海にでることになりそうです。
ともあれ、コウチーニョがどのような判断を下しても、これまでのプレーと貢献に感謝をしつつ送り出したいという気持ちをすでに用意しています…、でないと今の状況に堪えられません…。
  • nyonsuke
  • 2017/08/10(Thu)09:06:36
  • 編集

無題

残したいイギリスと連れて行きたいスペインとでメディアが真っ二つに割れてるのは何とも面白い状況ですね(抜けられると不味いのでそんなこと言ってられないのですが)。
この移籍市場では何億ポンドあってもコウチーニョ以上の選手が獲得できない以上売るべきではない。というのと、
少し前までのバルセロナのアプローチは「ネイマールが希望して。」という色があったのですが、もうバルセロナにはいらっしゃらないので「行かなくても良いじゃないか!」と思ってしまいますね。ジェラードらもコメントしているように南米の選手にとってバルサが特別なチームという以上心惹かれる何かがあると言われるともう何も言えませんが
  • グッチ
  • 2017/08/10(Thu)09:06:44
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。
プレミア開幕前にチームを壊すようなことは出来ないし、そのような事をしないはず、、、と思いつつ何が起こるか分からないのがこの世界です。
が、過去アロンソ、マスチェラーノ、スアレスとチームの核を失ってレッズが苦戦して来た過去を観てきた者として、今回ばかりは失ってはいけないピースだと思います。スアレスはジェラードの説得によって残留し結果を出して気持ち良く送り出しましたが、コウチーニョには志半ばでチームを抜けて欲しくないですね、、。エコーの記者はFSGはバルサのオファーを拒否し続けていると書いており、仮にFSGがお金を優先したら現地では暴動が起きかもしれないと言う表現が出ておりました。番記者の面々はこぞって移籍はなしと言う論調ですがどうなることやら、、、。CLプレーオフ後が色々な意味でKeyになりそうな気がします。いやーネイマールマネーには踊らされております(苦笑)
  • Macki
  • 2017/08/10(Thu)09:34:55
  • 編集

無題

1日にレッズの記事を2発もありがとうございます。スティーブン・ジェラードや福田正博の生き様にシビれたレッズファンにとってはネイマールの移籍金を見ても「ふっ、うちのキャプテンはプライスレスだったぜ」と思ってしまうわけです。こんな時代だからこそクラブ愛を貫くプライスレスな選手の登場を期待してしまいます。
ただ僕は選手がレッズよりも違うクラブでプレーしたいと本気で望むなら放出した方がいいと思う派です。南米出身の選手にジェラードや福田並のクラブ愛を求めるのは酷なのかもしれません。しかし、今回はタイミングが悪すぎます。シーズン開幕直前で、マーケット終了までコウチーニョの後釜を確保できる可能性はゼロに等しく厳しすぎます。そして何よりコウチーニョに残ってほしいのは昨季終盤の数試合で見せた中盤でのプレーに改めて凄い選手だと思ったからです。彼を中盤に据えたレッズをどうしても観たいのです。
コウチーニョの本音はバルサに行きたいかもしれません。しかし1年、2年後にプレミア勢が再び欧州を席巻すると信じる僕は、あと1、2年熟考しませんか?と言いたいです。プレミアが再び欧州を席巻する時、その中心にコウチーニョ、デル・アリ、デ・ヘアがいてくれたら最高ですね。
  • わたひと
  • 2017/08/10(Thu)13:01:09
  • 編集

無題

リヴァプールファンではありませんが、プレミアリーグファンとしてコウチーニョには残ってもらいたいのです。
もしコウチーニョを失えば、今後何年もCLだけでなく、プレミア制覇も赤信号でしょう。
オーナーはそこを理解し、コウチーニョが残れるよう環境を整えてもらいたいです。
そして今季も、彼とチームのマジックの様なプレイを堪能させてください!
  • イレブン
  • 2017/08/10(Thu)13:07:33
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ