総額1億3000万ポンド超!? 誰も残留といわないコウチーニョのバルサ移籍は冬か、夏か?

Liverpool to consider all Philippe Coutinho options and expect Barcelona offer soon(リヴァプールはフィリペ・コウチーニョに関するあらゆる選択肢を検討しており、バルセロナからのオファーが早晩あると予期している:スカイスポーツ)」。イギリスメディア「BBC」をはじめ、「ザ・タイムズ」「デイリー・ミラー」「テレグラフ」など多くのメディアが、プレミアリーグ史上最高額の移籍劇の見通しと是非を論じています。「スカイスポーツ」は、昨夏にバルセロナからのオファーを3回断ったといわれるリヴァプールが、態度を軟化させていると報道。同メディアのスペインサッカーのエキスパート、ギレム・バラグ氏は、バルサより移籍金9750万ポンドに3550万ポンドのオプションを加えた総額1億3300万ポンド(約202億円)のオファーが来ると予測し、プレミアリーグのクラブはフラットに検討するとしています。

それぞれのメディアに概ね共通しているのは、「バルセロナからのオファーはまだ届いていないが、1月の獲得を熱望している」「コウチーニョは行きたがっている」「移籍金は1億3000万ポンドを超える」の3点。見方が異なるのは、「リヴァプールが手離すのはこの冬か、次の夏か」です。バラク氏は、レッズが高額の移籍金ほしさで放出を決断することはないといいつつ、どちらもありえるとコメント。これに対して「インディペンデント」に私見を語ったジェイミー・キャラガーは「1月に放出すれば、プレミアリーグのTOP4キープとチャンピオンズリーグが危機に晒される。今、彼の代わりを得るのは難しい」と半年後を主張しています。「コウチーニョは移籍後はCLに出られなくなり、バルサの国内優勝はほぼ確実。リヴァプールは新戦力を獲ったとしても順応するまでの時間を必要とする。この移籍にどんな利益があるんだ?」という彼の意見には納得感はあります。

一方、冬に動くとみているメディアは、ニューイヤーズデイに開催されたプレミアリーグ22節のバーンリー戦に10番がいなかったことも根拠のひとつとしています。コウチーニョは7番を望んでおり、譲ることになるアルダ・トゥランにはエヴァートンが興味を示しているというのは「デイリー・ミラー」。「夏にアーセナル移籍が破談となったモナコMFトマ・レマルのファーストチョイスはリヴァプールだった」とぶち上げた「インディペンデント」は、コウチーニョがバルセロナで家探しを始めたと伝えています。ナイキが「コウチーニョがカンプ・ノウに来る準備は整った」というユニフォーム購入促進の広告を誤って掲載してしまった事件もあり、状況証拠の数では「1月派」が優位に立っているようです。

「コウチーニョ残留の可能性がないなら」という但し書き付きですが、ご本人、バルセロナ、リヴァプールの三者の幸せをすべて取るならば、この冬にバルサ移籍については契約を完了させつつ、リヴァプールのMFが実際に海を渡るのはシーズンを終えてからというのが落としどころでしょう。年明けのチャンピオンズリーグは、昨シーズンまでレッズ愛を表明し続けていたコウチーニョがクラブに残せる絶好の置き土産になりえます。ゴール数を大きく減らしたアレクシス・サンチェス、凄みを失ったファン・ダイク、負傷が長引き出場ゼロのロス・バークリーと、「夏の移籍破談組」が軒並み前年のパフォーマンスを下回るなか、昨季プレミアリーグで31試合13ゴールのコウチーニョは、ここまで14試合7ゴールとよくやっていると思います。最後の5ヵ月でレッズサポーターの記憶に残るプレイを披露し、よりいい形でスペインに旅立つというストーリーは、残りのシーズンを戦い抜くモチベーションにはならないでしょうか。

「トマ・レマル獲得、コウチーニョ放出」というインパクト最大のオチはありえるのか。リーグ・アンで13試合2ゴールと数字を残せていない22歳のアタッカーは、今は動くべきではないようにみえます。そうなると夏か、あるいはプリシッチ、ドラクスラー…。いずれにしても移籍という結論が動かせないとすれば、インテルで燻っていた20歳のMFがレッズで成長してサポーターとの信頼関係を築き上げていく物語を少し遠くから見てきた者としては、寂しさと切なさを拭い去ることはできません。その底を流れるのは天文学的な数字に膨れ上がった移籍金が及ぼす諦観か、クラブと選手が相思相愛であり続けることの難しさか、クロップサッカーの戴冠には彼がいてほしかったという私的な思いなのか。夏に一度味わった感覚なのに、再び目前に別れが迫っているのかもしれないと思うと複雑な感情が沸き上がってくるものです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です。
チーム戦力を考えるとコウチーニョには残って欲しいですが、移籍市場が開くたびに試合を欠場するコウチーニョに辟易してるのも事実です。自分の大好きな選手が自分の大好きなクラブへ向かって唾を吐いてるような感じで心が痛いですね…。
管理人さんが仰るように夏の移籍を決めた上で、今季いっぱいはリバプールでプレイするというのがリバプールが譲歩できる最大限の落とし所な気はしますが、冬の移籍に拘るコウチーニョの意思がかなり問題ですね。まあ、契約があるんで無理矢理縛り付けておけるのは確かですが…。
  • 名無し
  • 2018/01/04(Thu)00:57:53
  • 編集

無題

ファンとしては安すぎると思っています。本当に欲しいならバルセロナは堂々と払って欲しい。
  • ルタレック
  • 2018/01/04(Thu)01:01:47
  • 編集

無題

コウチーニョやバルサのことをボロクソに言おうとしましたが、夏にサウサンプトンにトランスファーリクエストを出したファン・ダイクを獲得して狂喜乱舞した自分が言ったら、それこそセインツファンの方々に怒られるかなと考え直しました(汗)。
僕は行きたいならどうぞって感じですね。
フロントも大金が欲しいのかもしれませんし。
改めてデヘアって凄いなって思いました。

P.S. 僕の今季前半戦のベストプレイヤーはコウチーニョ(とサラー、汗)です。移籍した場合のダメージは計り知れません。しかし、心リバプールにあらずならリバプールのシャツを着てほしくない。そんなファンもいると思って頂ければ幸いです。出て行きたいならどうぞ発言を自己弁護してます(脂汗)
  • ワタピコ
  • 2018/01/04(Thu)02:58:10
  • 編集

無題

移籍自体はいずれ起こるだろうと予測してたので仕方ないと思ってますがタイミングですよねぇ…。
来夏の移籍なら納得できますが今冬の放出はデメリットしかない。
それなのに、ここに来てクラブが態度を軟化したとの報道は何が理由なのか全く分かりません。
モナコも冬にレマル放出はしないとの話ですし、他に攻撃陣で誰かの噂が挙がっているわけではなく…。
まだ結末が決まったわけではないですがナビケイタにファンダイクと大型補強でクラブの野心を見たと思い、コウチーニョも契約を楯にクラブに残す可能性があるのではと少しばかり期待してたので残念です。
契約合意しても移籍自体は来夏であって欲しいですが…。
  • Tr
  • 2018/01/04(Thu)04:01:34
  • 編集

無題

私的な願望を言えば、コウチーニョには残留して欲しいです。夏にあれだけ騒動になった後でも、結局はチームに不可欠な存在な1人だと実力で見せ付けていると思います。彼以外の誰がリヴァプールの10番を背負えるんだ、と思っているぐらいです。

仮に、コウチーニョが出ていくとして、代役を獲得できたとしても。即フィットは難しいでしょう。夏の獲得とは言え、サラーがフィットした早さの方が異常だったわけで。

また、優秀なパサーとしてチャンスメイクが出来ること、ミドルレンジからゴールを狙える事、優れたフリーキッカーである事、現在のチーム得点王のサラーと抜群に相性が良い事など、心情的な点を除いても彼の存在価値は大きいはずです。10番がボールを持てば、相手はミドルを警戒しなければならないし、スペースも消さないといけない。バイタル付近でファウルを犯すわけにもいかない。相手チームに対して、“ピッチ内にいる”だけでも脅威となれる選手は貴重極まりありません。

最後に。セインツから大量に戦力を獲得し、ファン・ダイクへの不正接触の件もあるので大きな口は叩けませんが、バルサが(先のナイキの件も含めて)本当にメディア戦術を意図的に行っているとすれば、方法論としては許されるべきではないと思います。
  • Motsuki909
  • 2018/01/04(Thu)04:21:10
  • 編集

無題

追記です。

仮に移籍が避けられないのならば、冬に出るのは悪手だと思います。希望したい落とし所は、「シーズン終了まで公にしない条件付きで冬の内にクラブ間交渉をまとめる」といったところでしょうか。チームメイトやサポーターの士気にも影響しそうなので。そんな事が可能なのか分かりませんが…
  • Motsuki909
  • 2018/01/04(Thu)04:27:31
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。
コウチーニョの移籍問題は1月も確実に訪れると事は理解しておりました。
また、その度にゲームに出ないというのは、、、本当の部分はわかりませんが。彼にはスターリングの様な出方だけは避けて欲しいところです。
しかし、セインツから主力を毎シーズン獲得しておきながらなんですが、バルサの手法は目に余りますね、、。
これは現経営陣の問題なのでしょうけど。
移籍はある種のビジネスの側面もあり、クロップも常々言っている、チームに居たくない選手は移籍してもらって構わないと話しております。
さてどうなることやら、、、キャラガーかメディアに寄稿している方法で着地できればまずまずだとは思いますが、、、。
  • Macki
  • 2018/01/04(Thu)06:06:21
  • 編集

コメントありがとうございます。

名無しさん>
この件についてはキャラガーさんのおっしゃっていることが妥当なのではないかと思います。いきなりコウチーニョと同等の活躍を見せてくれる代役を獲るのは難しいでしょうね。

ルタレックさん>
「ネイマール基準なら」ということですね?金額は譲歩してほしくないですよね。

ワタピコさん>
コウチーニョがいい試合は、スッキリ感が高い試合が多いんですよね…困ったことに。

Trさん>
冬にあっさり、は考えたくないですね。ましては代役なしでは。

Motsuki909さん>
コウチーニョの重要性について、同感です。移籍必至なら「シーズン終了まで公にしない条件付きで冬の内にクラブ間交渉をまとめる」ということができるのであれば、ベストですね。

Mackiさん>
残留なしなら理想形は、「夏に移籍する条件で契約を結び、非公開。納得いく代役をこの冬にゲット」ですね。どこまでいい形を追求できるか、注目します。
  • makoto
  • 2018/01/04(Thu)08:29:12
  • 編集

無題

リバプールも昨夏のような 絶対に拒否する!!!みたいな感じではないので移籍あるな・・・と皆さん思っていらっしゃると思いますが、今冬はホント勘弁してほしいですね・・・
CL権?諦めろ!みたいな順位であれば仕方ねぇなと見送れるのですが
どのように転がってもクロップとFSGの判断を支持したいですが
長くてもあと1か月はこの話題に晒されるのかと思う憂鬱で仕方ありません
夏まで待ってもらう&ケイタのような前倒しアナウンス という風になってくれたら個人的にはうれしいです
  • mw
  • 2018/01/04(Thu)10:58:12
  • 編集

無題

リバプールも昨夏のような 絶対に拒否する!!!みたいな感じではないので移籍あるな・・・と皆さん思っていらっしゃると思いますが、今冬はホント勘弁してほしいですね・・・
CL権?諦めろ!みたいな順位であれば仕方ねぇなと見送れるのですが
どのように転がってもクロップとFSGの判断を支持したいですが
長くてもあと1か月はこの話題に晒されるのかと思う憂鬱で仕方ありません
夏まで待ってもらう&ケイタのような前倒しアナウンス という風になってくれたら個人的にはうれしいです
  • mw
  • 2018/01/04(Thu)11:18:58
  • 編集

無題

リバプールも昨夏のような 絶対に拒否する!!!みたいな感じではないので移籍あるな・・・と皆さん思っていらっしゃると思いますが、今冬はホント勘弁してほしいですね・・・
CL権?諦めろ!みたいな順位であれば仕方ねぇなと見送れるのですが
どのように転がってもクロップとFSGの判断を支持したいですが
長くてもあと1か月はこの話題に晒されるのかと思う憂鬱で仕方ありません
夏まで待ってもらう&ケイタのような前倒しアナウンス という風になってくれたら個人的にはうれしいです
  • mw
  • 2018/01/04(Thu)12:25:41
  • 編集

無題

前半戦でコウチーニョがいいプレーをしたのはわかっていますがどの道売却が避けられないのはわかっていることだったので夏に売った方が良かったのではないかと思います。
今冬の売却によりCL出場権を逃したらレッズのフロントは無能だと言わざるを得ません。
  • ルーカス
  • 2018/01/04(Thu)13:53:39
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ