今こそ、生まれ変わる時~前向きに捉えたいアレクシス・サンチェスとウォルコットの放出。

「Walcott having Everton medical(ウォルコットはメディカルチェックを完了)」。ついに「BBC」のトップに、アーセナルのサイドアタッカーのエヴァートン移籍が秒読みになったというニュースが掲載されました。2006年のプレミアリーグデビューから11年半、アーセナルひと筋で公式戦397試合108ゴール、プレミアリーグでは267試合65ゴール。昨季はキャリアで2度めの10ゴールを記録していたウォルコットが居場所を変えることになったのは、チームの戦い方の変化がきっかけでした。4-2-3-1の右サイドを持ち場としていた14番は、3-4-2-1ならラカゼットの右脇が適所となりますが、ここにはメスト・エジルがいます。

CBが1枚増えたことで前線の選手の椅子が減り、その影響を最も受けたのがウォルコットだったといういい方もできるでしょう。エジルとアレクシス・サンチェスが休んでも、イオビやウェルベックが優先。昨季の主力で唯一、プレミアリーグの先発がゼロとなった選手が出場機会を得るには、ユニフォームを変えるしか選択肢はありませんでした。

「BBC」「スカイスポーツ」は、ウォルコットの移籍金について「2000万ポンド(約30億4000万円)以上」と報じています。「GKの脅威となる素晴らしい補強」と、サイドアタッカーの入団を歓迎しているエヴァートンのサム・アラダイス監督にとっては手頃なお値段に見えるでしょう。ポジションを争うライバルは、アーロン・レノン、ボラシェ、シグルズソン、ヴラシッチ。元アーセナルという看板で試合に出られる環境ではありませんが、ウォルコットが昨季のフォームを取り戻せば、堅守速攻をめざすアラダイス監督のファーストチョイスになれる可能性は充分です。

「今まで、ウォルコットはプレミアリーグより他のコンペティションでの出場が多かった。われわれは週に2回試合があるので、ローテーションの必要があったからだ。いずれ、彼はプレミアリーグでプレイすることになる」。10月にウォルコットの必要性について語っていたヴェンゲル監督が、その後の14試合で彼を起用したのはたった3分でした。このたびの決断は、双方にとって正解でしょう。満足な出場機会を得られなかったルーカス・ペレスと使われ方に不満を抱いていたチェンバレンを放出したクラブは、ラカゼットとコラシナツを獲得し、ウィルシャーを復帰させています。単純計算で中盤より前の戦力が増えているアーセナルにおいて、今シーズンも誰かが我慢できないレベルで出場機会を失うのはわかっていました。

それが、ウォルコットだったのです。16歳の頃から成長を期待し続けていた選手との別れは、サポーターにとっては哀しいイベントではありますが、ライバルクラブがレベルを上げているなかで、現状維持で戦い続けるわけにはいきません。現地メディアは、アレクシス・サンチェスの後釜として複数の選手の名前を挙げていますが、エースの穴を埋めるだけでなく、ウォルコットに加えてもう1枚削ってでも2人獲りにいっていいのではないかと思います。例えば、ダニー・ウェルベック。アーセナルで4シーズンめを迎えるストライカーは、移籍してからはプレミアリーグで5ゴール以上を挙げたシーズンが1回もありません。ウォルコット、アレクシス・サンチェス、ウェルベックがクラブを離れてムヒタリアンとオーバメヤンが加わると想像すると、悪くない話のように思えるのですが、いかがでしょうか。

2018年1月、アレクシス・サンチェスとウォルコットの放出は、アーセナルが新しいチームに生まれ変わるための第一歩となるように思えてなりません。いや、「なる」ではなく「する」のでしょう。4位と8差という現在の状況を冷静に受け止めれば、バイエルン・ミュンヘンに惨敗し、プレミアリーグ5位に終わったチームが、ニューフェイスを2人獲るだけでは足りなかったと考えるべきでしょう。初年度無冠に終わったペップが、30代の選手8人とイヘアナチョまで放出してサラリーを浮かし、エデルソン、ダニーロ、カイル・ウォーカー、バンジャマン・メンディ、ベルナルド・シウヴァという後ろ中心のコンセプチュアルな補強を敢行して首位に立っているのを見れば、なおさら。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ユナイテッドファンからすればムヒタリアンとサンチェスのトレードはぜひ実現してほしいですがライオラが首を突っ込んできたのでうまくいかないんじゃないかと不安を持っています。

この移籍、サンチェス側からの意思がまったく表明されないのがよくわかりません。
ユナイテッドと合意したというニュースが流れていますが、もしこの移籍が失敗に終わり夏にフリーでシティになればサンチェスは一番嫌いな選手になりますね。

サンチェスの本心がどうなのかはわかりませんが、クラブへの愛がない選手に7番はつけて欲しくないです。
もちろんサンチェスがクラブへのリスペクトを持っていれば全力で応援しますが。

  • ユナ
  • 2018/01/17(Wed)07:29:44
  • 編集

無題

ウォルコットが去るのであれば、ファンとしてはやはり寂しい気持ちがあります。
コクランやロシツキ同様、ウォルコットも「アーセナルというチームを愛していた」選手だと思えるからです。
いくら試合に出られないからと割り切ったとしても、寂しいという感情はぬぐえません。
矛盾するようですが、エバートンに行くのであれば素晴らしいプレーでアーセナルを苦しめる活躍をして欲しいと思います。

主様にならい、将棋で例えるならばウォルコットは棒銀のような存在だったでしょうか。
ハマりさえすれば王様の首まで狙えるのですが、戦術がうまくいかなくなると孤立したまま終局してしまうというような。
ゴリゴリにゴールを狙う竜王のようなFWを渇望しているのは確かですが、不器用さも含めてアーセナルの選手らしかったウォルコットに感謝しています。
  • グーナーです
  • 2018/01/17(Wed)09:53:48
  • 編集

無題

アーセナルが変わるにはクロエンケからウスマノフへのオーナー交代も必須だと思います。ウォルコットがいなくなり、サンチェスもいなくなるのが濃厚、更にはヴェンゲルも辞める決意をした可能性がある今こそオーナーもクロエンケからウスマノフに変われば改革は進みそうなのですが。。
  • ビッグサムファン
  • 2018/01/17(Wed)13:17:44
  • 編集

コメントありがとうございます。

ユナさん>
決まるまで無言を貫く選手がいますよね。われわれやきもきしますが、プロとして信頼できるスタンスではあるなと思います。

グーナーですさん>
棒銀、いいえて妙ですね。マンチェスター・ユナイテッドのルカクは、「ゴキゲン中飛車」ですかね(悪ノリしてみました)。

ビッグサムファンさん>
クラブの姿勢の問題は、今後の改革に大きな影響を及ぼすかもしれませんね。ヴェンゲル長期政権は、現経営ボードだから成立したともいえそうですが。
  • makoto
  • 2018/01/20(Sat)20:27:42
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ