「獲得できるのはその選手が好きだから」…ありがとうヴェンゲル監督!がんばれムヒタリアン!

「私は30年も選手の移籍に取り組んできており、実現する可能性が高いといえる。破談になることもあるけどね。それが移籍市場だ。ギャランティーの問題ばかりでなく、ある一線を超えなければ成立しないということを受け入れないといけない」「(ムヒタリアン獲得について)私の理解はイエスだ。年俸は問題ではない。獲得できるのは、私がその選手を好きだから。ドルトムント時代に何度も対戦しているけど、試合のクオリティやわれわれのスタイルを高く評価していたと思う。クラブを愛してくれている理由は、そのあたりだろう」(アーセン・ヴェンゲル)

プレミアリーグにおける数々の移籍劇を見てきましたが、正式決定前に関係者がこれだけ赤裸々に話すケースはなかなかありません。ジョゼ・モウリーニョ監督は、プレミアリーグ23節のストーク戦でムヒタリアンを外した理由を問われ、「戦術的な決定といえば嘘になる。将来について心配しながらプレイするのは簡単ではないからね。憶測が飛び交っているなかで、彼を守るには最善の判断だろう」とコメント。代理人ミーノ・ライオラは「ミキが承諾しなければ、アレクシス・サンチェスはマンチェスター・ユナイテッドには行かない」と断言しています。

とどめはヴェンゲル監督のラブコール。交渉中でも「何もない」ととぼけることがある指揮官は、決まるという確信がなければここまではっきりいわないでしょう。「スカイスポーツ」は、「ヴェンゲル監督が24時間以内に実現する可能性が高いと話した」と報じており、週末開催のバーンリーVSマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルVSクリスタル・パレスでは、直近のプレミアリーグを欠場した新戦力が元気な姿を見せてくれるかもしれません。

今回のヴェンゲル監督の言葉を聞いて、少し救われた気分になりました。アレクシス・サンチェスもムヒタリアンも、「このクラブでプレイしたい」と願って移籍するようには見えず、片やはチャンピオンズリーグ出場権と契約内容でドライに決め(プロはそれでいいのですが)、もう一方は指揮官との確執によって弾き飛ばされた感があるからです。12月に、「ESPN」がモウリーニョ監督とミキが守備を巡って口論となったと伝え、「BBC」と「スカイスポーツ」も「信頼関係が崩壊」「指揮官が移籍を示唆」とセンセーショナルに報じています。11月以降のプレミアリーグで先発出場が2試合のアタッカーは、相当アピールしなければ指揮官の再評価を得られそうにありませんでした。

そんななかでのトレード報道。マンチェスター・ユナイテッドが獲得した近年の新戦力のなかで最も期待した選手だったので、年末からの一連の報道に心が痛みました。「ミキはどんな気分で今回の話を受け止めているのだろう」。選手からのコメントは聞こえてこず、気を揉んでいたところに移籍先の指揮官のウェルカム…!これによって、ミキの将来に光が差したように感じたのです。アーセナル入りを選択するのであれば、目の肥えたグーナーに「あのディールは最高だった」といわれるようなプレイを披露していただければと思います。

守備に対する要求が高く、空中戦やドリブルなどスペシャリティが明確な選手を好む今までの指揮官より、自由度が高く前進とパスワークを求める新しい指揮官とともに戦うほうが、ムヒタリアンは輝けるのではないでしょうか。2016年夏の入団以来、プレミアリーグ39試合5ゴール6アシストという数字は満足できるものではなかったはず。ベルカンプやアンリなど、前のクラブで燻っていた選手を蘇生させてきた御大の下で、2年前の輝きを取り戻してほしい。まずはグーナーにプラカードに記す名前のスペルを覚えてもらうところからのスタートですが、同じドルトムント出身で数々の試練を乗り越えてサポーターの信頼を勝ち取ってきたチェコのレジェンドのように、末永く活躍されることを願っております。

アレクシス・サンチェスの高額なサラリーばかりが話題になるなか、ミキを激励したいと強く思い、書かせていただいた次第であります。未だ「ある一線」は超えておらず、フライングであることは重々承知のうえで。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

個人的には今回のユナイテッドのサンチェス獲得、しかも出回っていた通り背番号7が事実なのだとしたら、わかってはいたことなのですが、改めてファーガソンの時代とは別のクラブのように感じられて少し寂しく思います。ラッシュフォード、マルシャルを育ててあげ、そのどちらかに背番号7を背負わせてこそユナイテッドと言った気がするのですが、サンチェスの加入で再び出番が減りそうなのは少し気掛かりです。もちろんあの時代から変わるべきところは変わるべきなのは間違いありませんが。。このままだと管理人さんが以前LVGがユナイテッドの伝統を取り戻してくれたと仰られてましたが、再びそれが無くなりそうな気がしてなりません。それにLVGが彼の偉大な監督キャリアの最後に残してくれた種がどうなるのか不安に思い始めています

とは言えグーナーとしてはこれまで多大な貢献をしてくれたサンチェスへの感謝と新天地での成功を祈るとともにムヒタリアンのアーセナルでの素晴らしいパフォーマンスを期待しています。願わくばオバメヤンが来ることも。。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/01/20(Sat)00:36:48
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
ラシュフォードとマルシアルの出番が減るのではないか、昨季出てきた若手がひとりも成長せずに終わるのではないかという懸念は強くあります。引き続き、見続けるほかにできることはありませんが…。
  • makoto
  • 2018/01/20(Sat)18:32:31
  • 編集

無題

ガナーズを応援したいとは思いませんが、ムヒタリアンがユナイテッドに貢献してくれた事を考えると、彼がアーセナルで成功する事を祈らずにはいれません。
  • 不知火
  • 2018/01/20(Sat)23:19:29
  • 編集

無題

マンUではマタかムヒが違いをつくってほしいと思って期待していたんですが、やっぱりマンUはフリーランが極めて少なくてパスコースが無い個人技中心のチームなんで……
アーセナルいったら普通に活躍できると思います。
マンU相手には活躍しないでくれ!!
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/01/21(Sun)23:02:38
  • 編集

コメントありがとうございます。

不知火さん>
同感です!

プレミアリーグ大好き!さん>
はまらなかったですね…。残念です。
  • makoto
  • 2018/01/22(Mon)09:11:15
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ