ストロートマン、トマ・レマルと噂はあれど…「リヴァプールは冬は獲らない」と予想します!

ファン・ダイク獲得、コウチーニョ売却が話題となり、冬のマーケットにおいてプレミアリーグの主役となっているリヴァプール。リヤド・マフレズやトマ・レマルなど、10番の後釜に関するニュースが途絶える日はありません。昨日は、「talkSPORTS」が、リヴァプールがケヴィン・ストロートマンの獲得を画策していると報じていました。2013年の夏にPSVからローマに移籍したオランダ人MFを狙うとすれば、夏にクラブを離れるといわれているエムレ・ジャン対策でしょう。コウチーニョ資金の使い道としては悪くないと思いつつ、負傷で苦しんできた選手だけにプレミアリーグのタイトなスケジュールに耐えられるかどうかが気になります。

27歳になったストロートマンのローマでの5年間は、順風満帆とはいえませんでした。2014年にひざを負傷し、その後の2年間で3度の手術を必要としました。この間のセリエA出場はたったの11試合。2016-17シーズンにようやく本来のプレイを取り戻したセントラルMFは、33試合4ゴールという数字を残し、ローマの2位フィニッシュに貢献しています。ユルゲン・クロップ監督がPSVに入団する前から大ファンだったというのが、ストロートマンがマスコミのリストに名を連ねた理由のひとつのようですが、レッズはバイアウト条項が4000万ポンド(約61億円)といわれているセントラルMFを押さえにいくでしょうか。プレミアリーグで2位マンチェスター・ユナイテッドと3差の4位につけているクラブは、意中の選手といわれるトマ・レマルが難しいとなれば、現有戦力でCL出場権を獲りにいくのではないかと思われます。

夏にCBを補強せず、ファン・ダイクを獲れるまで我慢し、セントラルMFについてもナビ・ケイタが来るまで1年待つと腹をくくったレッズに対して、「獲れる選手を獲らなかったからマンチェスター・シティに大きく引き離された」と批判的な眼を向けるサポーターもいるようです。これに対して私は、「スアレス資金の活用に失敗したクラブが、ユルゲン・クロップというコンセプチュアルな指揮官を得て進化した」と好意的に捉えています。デヤン・ロブレン、ララナ、リッキー・ランバート、マンキージョ、エムレ・ジャン、マルコヴィッチ、アルベルト・モレノ、そしてバロテッリ。2014年の夏、スアレスを売ったお金で手にした8人のうち、今もなお納得感があるのはララナとエムレ・ジャンだけでしょう。1年前にガレス・ベイル資金で大量補強をして難しいシーズンを過ごしたスパーズを見ていたはずの経営ボードは、彼らの後ろを付いていくような1年を過ごし、プレミアリーグ6位という望まないポジションに着地しています。

ローマを出たがっているという噂があるストロートマンをレッズが獲るとしても、「DONE DEAL」のニュースが届くのはオフシーズンではないでしょうか。クロップ監督は、ここまでプレミアリーグ先発が1試合しかないアダム・ララナを最大の「補強」と考えているのではないかと推測しています。クロップスタイルに慣れて調子を上げてきたチェンバレン、プレミアリーグ初ゴールゲットに近づいているソランケ、左サイドをまかせられそうなロバートソンと、前半戦よりも高いパフォーマンスを見せてくれそうな選手が多いのが今のレッズです。コウチーニョ資金を切り崩してまあまあの選手を獲るよりも、来季の優勝をめざして夏にクオリティの高い選手を狙いにいったほうがいいのではないでしょうか。

攻守ともにハイレベルなインサイドMF、ワールドクラスのGK、ナサニエル・クラインと同じように攻め上がれる右SBを獲れれば、クロップ監督のチームは次のシーズンこそ優勝争いに食い込めるはずと期待しています。この冬は、獲らない。夏からの一連の動きを見ていると、ストロートマン獲得の話は「実現するとしても半年後」と寝かせておいていいのではないかと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

マンチェスター行きは実現するのか!? アレクシス・サンチェス&エジルの移籍関連最新トピックス!

アレクシス・サンチェスの移籍実現に向け、マンチェスター・シティのチキ・ペギリスタインSDがアーセナルとコンタクトを取ったと報じられています。「Goal.com」によると、アーセナルの希望額は3500万ポンド(約54億円)、プレミアリーグ首位クラブは2500万ポンド(約38億円)。7番は早期に移籍したいという意向を示していると伝えられており、1月にマンチェスターに行ければチャンピオンズリーグとFAカップ制覇をめざすことができます。アーセナルは、戦う目標を見出せないチリ代表のストライカーにこのタイミングで見切りをつけて、噂になっているレスターのリヤド・マフレズ獲得に注力したほうがいいかもしれません。昨季プレミアリーグで38試合24ゴールという出色の数字を残したアレクシス・サンチェスも、今季は19試合7ゴール3アシスト。22試合7ゴール7アシストのマフレズが加われば、机の上では穴は埋まります。

リヴァプールがコウチーニョをバルセロナに売る際に、代役として名前が挙がっていたマフレズは4900万ポンド(約75億円)と報じられておりましたが、サラリーの差額まで考慮すれば年度単位の収支は見た目ほど大きなマイナスにはならないでしょう。レスターのピュエル監督が、「マフレズは現状に満足している」と語っているものの、実際にオファーがあれば心が動く可能性は充分にあります。今のアレクシス・サンチェスよりもモチベーション高くプレイしてくれそうなサイドアタッカーが獲得できるのであれば、夏にゼロ円で持っていかれるのを回避するという手はあるのではないでしょうか。ライバルクラブとしては、売るなら海外にしていただきたいところですが、本人がプレミアリーグでプレイすることを強く望んでいるのであれば、同じぐらい怖いレロイ・サネの出場機会が減るのだと自分にいい聞かせて納得するしかありません。

一方、メスト・エジルのほうは、マンチェスター・ユナイテッドが3500万ポンド(約54億円)を用意し、虎視眈々と獲得を狙うユヴェントスをプロテクトしようとしているといわれています。ジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリード時代にタッグを組んだプレーメイカーの入団を熱望していると伝えられており、こちらも予断を許しません。プレミアリーグ2017-18シーズンの16試合4ゴール5アシストはやや物足りない数字ですが、ルカクやズラタンといったピンポイントのクロスを決められるストライカーが常時ピッチにいるチームに居場所を変えれば、アシスト数は伸びるのではないかと思われます。マンチェスター・ユナイテッドとしては、29歳という年齢は気になるものの、1発のパスで世界を変えてくれるタレントを4000万ポンド以下で獲れるなら悪い話ではありません。

さらにアーセナルでは、セオ・ウォルコットが出場機会を求めて移籍を希望していると報じられています。昨季はプレミアリーグ28試合10ゴールとそれなりの数字を残していたアタッカーは、今季は5試合ノーゴール。ウェルベックやイオビを押しのけて出番を増やせる見込みはなく、サウサンプトンやエヴァートンでプレイすることを考えるたとしても無理もありません。問題は、アーセナルが冬の放出をどこまで認めるかでしょう。アレクシス・サンチェス、エジル、ウォルコットが同時にいなくなれば、昨季プレミアリーグで77ゴールだったクラブが42ゴール分を放出するという計算になります。

「今季はそこまでではない」という反論もあろうかと思われますが、問題は自らが減ることだけでなく、ライバルクラブに相応の価値を付加してしまうことです。納得いくサラリーを得てリフレッシュした彼らが、新天地で前年と同等のクオリティを発揮することは充分に考えられます。夏に契約満了となれば移籍金は手元に残らず、今出してしまえばプレミアリーグ4位が危うくなる…。3枚、2枚、1枚、ゼロとどの選択肢を取っても痛みが残るノースロンドンのクラブが、どんな答えを出すのかに注目したいと思います。マティッチ、ポグバ、リンガード、マルシアル、ラシュフォード、マタ、ムヒタリアン…。エジルが加われば、最後の2人のどちらかが早期にチームを離れることになるのでしょうか。実現すればさらに強くなれそうとポジティブに捉えるべきなのでしょうが、若干複雑な気分ではあります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

フィリペ・コウチーニョがついにバルサ移籍!「後継者獲得が既に決定」報道は事実かゴシップか!?

FAカップ3回戦では、レスター、ボーンマス、チェルシー、スウォンジーといったプレミアリーグ勢が下部リーグのクラブ相手に引き分け再試合に終わり、コヴェントリーに2-1で敗れたストークは4年半指揮を執ったマーク・ヒューズ監督を解任。サプライズ続出の週末、怖れていたビッグニュースが飛び込んできました。バルセロナが、ついにフィリペ・コウチーニョの入団を発表。「マルカ」「BBC」などラ・リーガとプレミアリーグの双方のメディアが速報記事を掲載しています。リヴァプールがいくらなら呑むかと注目されていた移籍金について、「BBC」は1億4200万ポンド(約218億円)と報道。この額は、昨夏にバルサからパリ・サンジェルマンに移籍したネイマールの2億ポンド、モナコからパリに移ったキリアン・ムバッペの買い取りオプション額1億6700万ポンドに次ぐ歴代3位となります。プレミアリーグ所属選手としては、2013年に8530万ポンドでスパーズからレアル・マドリードに移籍したガレス・ベイルを大幅に上回るレコードです。

リヴァプールで過ごした5年間で公式戦201試合54ゴール、プレミアリーグ152試合41ゴール。インテルでレギュラーに定着できず、ワールドクラスとはほど遠い850万ポンドという安値でアンフィールドに活躍の場を求めたコウチーニョは、自らの値打ちを16倍以上に膨らませてスペインに渡ることになりました。左サイドから中央に斬り込んで放つ正確かつ強烈なミドルシュート、浮き球、ヒールなどバリエーション豊富なキラーパス…。レッズサポーターのみならず、プレミアリーグを観続けてきた方々には、コウチーニョの魅力は今さら語るまでもないでしょう。それでも、直近2年の素晴らしいスタッツについては触れておきたいと思います。2016-17シーズンはプレミアリーグ31試合13ゴール7アシスト、今季は14試合7ゴール6アシスト。ラ・リーガで17試合に出場して45回のチャンスメイクを記録しているリオネル・メッシに対して、コウチーニョは14試合で40回。周囲を動かす力は、バロンドール5回を数えるバルサのエースに負けておりません。

「いい友人、素晴らしい人物、そしてファンタスティックなプレーヤーであるフィリペ・コウチーニョに別れを告げるのを躊躇している。バルセロナが彼に初めて関心を示した7月から、フィリペが移籍を望んんでいたのは隠すべきことではない。彼は私やチームメイト、フロントに対してこれは念願なのだと必死に語っていた。サポーターには、フィリペがここに残るのはスペインに行くのと同じくらい魅力的なのだと思ってもらうためのことはすべてやってきたといえる。しかし、彼と家族の将来への思いは100%バルセロナにあった。これは彼の夢であり、もはやその心を変えられるものは何ひとつないといえる」(ユルゲン・クロップ)

チャンピオンズリーグで決勝トーナメントに進出しているレッズとしては、代えが利かない10番の移籍話は何とか夏まで引っ張りたかったでしょう。チェンバレンの覚醒、ソランケのブレイク、ワイナルドゥムの奮起など、現有戦力の上積みをどれだけ足し込んでも、コウチーニョがもたらしてきた攻撃のバリエーションを再現できるとはいえません。残念なタイミングでクラブを離れることになったプレーメイカーの移籍劇について「最悪ではなかった」と強がれる材料があるとすれば、憶測に振り回される期間を長引かせなかったことと、多額の資金が手元に残ったことです。

「デイリー・ミラー」「エクスプレス」をはじめ複数のメディアが、レッズがコウチーニョの移籍にゴーサインを出したのは、レスターのリヤド・マフレズを4900万ポンド(約75億円)で獲得できる見通しが立ったからだと伝えています。前述のタブロイド紙より信頼性が高いといわれる「スカイスポーツ」と先方の地元紙「レスター・マーキュリー」が、リヴァプールはコンタクトを取っていないと主張してるのが大いに気になりますが、「7日にメディカルチェックが行われる」とまで現地メディアが踏み込んで伝えているディールは、実現するのでしょうか。プレミアリーグのなかで白羽の矢を立てるなら、サラーとかぶり感があるレスターのドリブラーよりも、パサーとしての能力が高いランシーニやシャキリのほうに惹かれます。いや、2つめのゴングが鳴ったのかどうかについては、FAカップ3回戦の全日程が終了する本日夜まで経過観察中としておきましょう。チャンピオンズリーグで、10番の強烈なミドルが観たかった…。今はとにかく、無念のひとことです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

夏の半額に落ちたお買い得案件…!? 負傷が癒えたロス・バークリーがチェルシー移籍決定!

「リンガードとルカクのゴールで、マンチェスター・ユナイテッドが完勝」とFAカップ3回戦をレポートしたかったのですが、オールド・トラフォードでダービー・カウンティに80分過ぎまで0-0と苦戦した試合より、インパクトで勝る電光石火の移籍劇のほうを先にお伝えしたいと思います。チェルシーの公式サイトが、エヴァートンのロス・バークリー獲得を発表しました。昨夏、トッテナムとチェルシーが興味を示しているといわれ、ブルーズとは契約寸前だったと報じられた24歳のイングランド代表MFは、ハムストリングの負傷が癒えずにプレミアリーグのビッグクラブ挑戦を断念。回復に予想以上に時間がかかり、今季プレミアリーグの前半戦は出場ゼロに終わっています。10月には、エリクセンがいないときの攻撃のクオリティを上げたいスパーズが獲ると予測されていたのですが、年末以降は再度チェルシーが本命視されていました。半年前には3000万ポンド(約46億円)といわれていた移籍金は、契約期間が残り6ヵ月となったために半額の1500万ポンドにダウン。高値になりやすいホームグロウン選手との5年半の契約としては、相当お得感のある着地です。

2011年8月に17歳の若さでプレミアリーグデビューを果たしたエヴァートンの生え抜きMFは、2016-17シーズンにプレミアリーグ通算150試合出場を達成。チェルシーのディレクター、マリナ・グラノフスカイア氏はその経験を高く評価しており、「優れたテクニックと身体能力があり、トップレベルで成功することに強い意欲を持っている。チェルシーでプレイする姿を早く見てみたい」と絶賛しています。エヴァートンではトップ下でプレイすることが多かったものの、先々はスティーブン・ジェラードのようなスケールの大きいセントラルMFとして活躍する可能性も充分にあるでしょう。彼の能力と将来性だけにスポットを当てれば、チェルシーが急いで押さえにいったことは理解できます。

しかし、そこにチーム事情を重ね合わせると「慌てて獲る必要がある選手なのか」という疑問が湧いてきます。中盤センターにセスク、バカヨコ、カンテ、ドリンクウォーターが揃い、3-5-2ならウィリアンもインサイドに組み込めそうなチームは、来季になればロフタス=チークやジェレミー・ボガといったレンタル中の選手の抜擢も考えられます。2015-16シーズンにはプレミアリーグ38試合8ゴールという数字を残し、今後のイングランド代表を背負って立つ存在と注目されていたロス・バークリーは、昨季は調子の波が激しく伸び悩み感がありました。背番号8は期待の現われで、30歳になったセスクの後継者という意味合いなのだと思われますが、ジャック・ウィルシャーともども「未完の大器」で終わるリスクも感じられます。私のロフタス=チークに対する評価が高すぎるのかもしれませんが、クリスタル・パレスで修業を積んだ21歳が2年後には逆転している可能性は、決して低くはないのではないでしょうか。

ユースチームを充実させているチェルシーだからこそ、こんなモヤモヤ感があるのでしょう。ロス・バークリーに忠告できるとすれば、伸びしろが感じられたベルトラン・トラオレを惜しげもなくリヨンに売ったクラブが求めるクオリティは相当高く、今まで以上に集中してプレイしなければ望むポジションは取れないといいたくなります。とはいえ、シュート力と視野の広さ、馬車馬のような突破力が並みのMFのレベルではないことはグラノフスカイアさんに同意です。ましてや1500万ポンドなら、多少のリスクがあったとしても呑み込んで獲りにいくのが妥当でしょう。まずはチェルシーでのプレイを見よ、ですね。念願のビッグクラブ移籍を実現させ「楽しみ。ワクワクしてるよ」と喜びを隠さない24歳には、今年こそ持てる才能を満開にしていただければと期待しています。(ロス・バークリー 写真著作者/Football.ua)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ