地味だった冬の移籍市場…最終日の2大ニュースは、マルシアル&カラム・ハドソン・オドイ!

先ほど、プレミアリーグの冬の移籍市場が閉まりました。チェルシー以外のビッグ6が静かだったこの冬は、中小クラブを中心とした地味な補強が多かったのですが、「BBC」の「Deadline day LIVE」は中身などお構いなしとばかりに白熱。12時間の長丁場を23ぺージに渡るブログ記事でレポートしています。前日、アーセナルが発表したバルサのデニス・スアレスのローン移籍とフェライニの中国行きが話題になっていたのですが、どうやら後者は実現せず。中国のウインドウは2月まで開いているので、しばらく経ってからアナウンスがあるかもしれません。

プレミアリーグにおけるこの冬の最高額移籍は、チェルシーに夏に合流するクリスティアン・プリシッチの5600万ポンド(約80億円)。後半戦に出場する選手で最も高い値段がついたのは、ニューカッスルがクラブレコードの2000万ポンド(約28億6000万円)で獲得したアトランタ・ユナイテッドのミゲル・アルミロンという渋いランキングになっています。2018シーズンのMLSで32試合12ゴールという戦績を残したチームの心臓は、ジョンジョ・シェルヴィに勝るとも劣らない存在感を発揮してくれるのではないでしょうか。楽しみな選手ではありますが、パラグアイ出身の24歳がプレミアリーグ最高額といわれると違和感があります。

3位はボーンマスに1900万ポンド(約27億2000万円)で移籍したドミニク・ソランケ。リヴァプールでプレミアリーグ21試合1ゴールに終わった若手が、これほど上位になるとは思いませんでした。チェルシーに加わったイグアイン、ボーンマスのナサニエル・クライン、デッドラインデーにアドリアン・シウヴァとのトレードでモナコからレスターに移籍したティーレマンスは、いずれもローン移籍。アトレティコ・マドリードからウルヴスにレンタルされていたホニー・カストロが1500万ポンドで完全移籍となり、ストークのピーター・クラウチがバーンリーでプレミアリーグ復帰を果たしたというでが盛り上がるしかない最終日でした。最後に駆け込みでフラム入りが決まったノルトヴェイトも、ハマーズでプレイした経験がある復帰組です。

この日の2大ニュースは、マンチェスター・ユナイテッドのアントニー・マルシアルが2024年まで契約を延長したことと、チェルシーの宝石カラム・ハドソン=オドイの残留が決まったことではないでしょうか。プレミアリーグ104試合32ゴールのフランス人ドリブラーがチームに残ると決断しただけでも、スールシャール監督にはありがとうといわずにいられません。数ヵ月前まで、「モウリーニョ監督と合わない」「条件が合意できない」といわれていたマルシアルが翻意したことを考えれば、カラム・ハドソン=オドイの引き留めもノーチャンスではないでしょう。アザールとウィリアンのいずれかが噂通りにチームを去ることになれば、18歳のウインガーも気が変わるかもしれません。

最後にひとつだけ、大事なことを確認してこの稿を締めさせていただきます。トッテナムは、年間を通じて補強ゼロが確定しました。リヴァプールと7ポイント差の彼らがプレミアリーグを制したら大事件。「ポチェッティーノ監督がほしい」という大合唱が欧州全土で鳴り響くでしょう。リヴァプールとマンチェスター・シティの苦し気な試合を見ると、スパーズの逆転もない話ではないと思えてなりません。以上、地味過ぎたデッドラインデーレポートでございました。アルミロンとティーレマンスは楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

トランスファーリクエストを出したイヴァン・ペリシッチは、アーセナルで機能するのか?

トランスファーマーケットが閉まるまで、残すところ3日となりましたが、プレミアリーグのビッグ6にさらなる補強はあるのでしょうか。マンチェスター・ユナイテッドのスールシャール監督は、マーケットに期待していないと明言。中盤センターをほしがっているペップにも、これといった有力情報はありません。リヴァプールが動くとすれば若手の青田買い。ブレシアに所属する18歳MFサンドロ・トナリを狙っていると報じられています。イグアインとモラタを入れ替えたチェルシーは、カラム・ハドソン=オドイをブロックして終了でしょう。満身創痍のスパーズには、パリ・サンジェルマンのアドリアン・ラビオという名前が挙がっておりましたが、「ザ・サン」は本人がリヴァプール入りを熱望していると伝えており、その真偽がどちらであってもこの冬のアクションはなさそうです。

大きな動きがありそうなのは、アーセナルです。ウナイ・エメリ監督は、「ウインドウが閉まる前に2人とサインする可能性がある」とコメント。バルセロナで出番を失っているブラジル人FWマウコムや、インテルのイヴァン・ペリシッチがメディアを賑わせておりますが、より可能性が高そうなのはペリシッチのほうです。プレミアリーグ5位はローン希望、セリエA3位は完全移籍しか受け入れないといわれ、交渉決裂という報道もありましたが、インテルのマロッタCEOが「ペリシッチがトランスファーリクエストを出した」と発言。「説得するが、彼の価値観を尊重するつもりでもいる」と容認の構えを見せており、正式なオファーがあれば一気に話が進むのではないかと思われます。

この状況を受けて、「スカイスポーツ」がイヴァン・ペリシッチを特集。「Ivan Perisic to Arsenal: What would he bring to Unai Emery's squad?(イヴァン・ペリシッチはアーセナルへ:彼はウナイ・エメリのスカッドに何をもたらすのか?)」と題したレポートで、アーセナルのアタッカーたちとペリシッチのスタッツを比較しています。セリエAで125試合32ゴールという数字を残しているウインガーは、昨季までの2シーズンはいずれも2ケタゴールながら、2018-19シーズンは18試合3ゴールとペースダウン。中に斬り込むアグレッシブなプレイが減ったように見えますが、アーセナルの左サイドを担う3人と比べると、シュート力がストロングポイントであることは一目瞭然です。

90分あたりのドリブル本数はイオビがTOPで2.4。ペリシッチの0.9はムヒタリアンと同じで、オーバメヤンは0.8と僅差の最下位です。チャンスクリエイトはイオビが1.4、オーバメヤンは1.1に留まり、ペリシッチとミキが1.7とここでも同水準です。インテルのウインガーが抜きん出ているのはボックス内からのシュート数で、イオビが90分あたりで1.1、ミキは1.5、オーバメヤンが1.7本を記録しているのに対して、クロアチア代表は2.4。ワールドカップを観戦したジョゼ・モウリーニョが「速くてクリエイティブ。フィジカルも空中戦も素晴らしい」と絶賛したウインガーは、本職がいないガナーズのサイドを活性化してくれるのではないでしょうか。

ベジェリンとホールディングが今季絶望となり、パパスタソプーロスがリタイアしたチームは、コシールニー、ムスタフィ、マヴロパノス、モンレアルでしのげると判断しているのでしょうか。最終ラインの整備が最優先だと思われますが、ウェルベックのスピードを失った今、ペリシッチはおもしろい存在になると思います。彼がマークを引き付けてくれれば、オーバメヤンとラカゼットが自由になる時間が増えるでしょう。交渉は、間に合うか。ガナーズのラストスパートに注目です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

苦しかったプレミアリーグ…アルバロ・モラタがアトレティコ・マドリード入団決定!

彼がマンチェスター・ユナイテッドで、ルカクがチェルシー復帰だったら、それぞれどんなプレイを見せてくれたでしょうか。アルバロ・モラタは、スタンフォード・ブリッジでは納得のいく結果を出せませんでした。プレミアリーグ在籍1年半で、47試合16ゴール6アシスト。半分弱の7ゴールは、ホットラインを築いたアスピリクエタのクロスを決めたものでした。アザールやウィリアンとの連携がスムーズであれば、サッリ体制でプレミアリーグ16試合5ゴールという微妙な数字には終わらなかったでしょう。前線の得点力を課題と捉えたチームはゴンサロ・イグアインを獲得し、モラタはアトレティコ・マドリードへの移籍が決まりました。1年半のローンですが、おそらく片道切符となるでしょう。

レアル・マドリードのトップチームで5シーズンを過ごしたモラタのライバルクラブ入団を、禁断の移籍とする向きもあるようですが、ご本人にとっては幼少期を過ごしたクラブであり、里帰りという言葉のほうがぴったりです。アトレティコ・マドリードは、新しいストライカーについて「ヨーロッパで最も競争の激しいリーグで、偉大ななゴールスコアラーであることを証明した」と声明を発表。26歳のストライカーは、「ここにいられるのはとても幸せで、誇りに感じられる。新しいチームメイトと会ってトレーニングを始め、プレイするのを待ち切れない」と語っています。チェルシーでは消えてしまう時間が長く、チームにフィットしていたとはいえなかった29番は、新天地でサポーターの支持を得ることができるでしょうか。心配なのは、スタンフォード・ブリッジで露呈し続けた精神的な脆さです。

長い間、プレミアリーグを観てきましたが、これほど苦しい表情を浮かべ続けたプレーヤーを他に知りません。うまくいかない試合では、世界には自分ひとりしかいないかのように俯き、首を振り、心ここにあらずといった顔を見せることもありました。プレミアリーグ2節のアーセナル戦から1ヵ月半も沈黙し、ELのヴィディ戦でゴールを決めて涙する姿を見たときは、一瞬言葉を失いました。マンチェスター・シティ戦の決勝ゴールならまだしも、明らかに格下のチーム相手に決めた1発です。あまりに細すぎる…。レアル・マドリード、ユヴェントス、チェルシーとトップクラブを渡り歩きながら、レギュラーと呼べるシーズンが昨季のコンテチェルシーしかなかったのは、感情の起伏の激しさと無関係ではないのだろうと思いました。

母国スペイン、住み慣れたマドリードのクラブで再起を誓うモラタは、大成功か転落か、はっきりした結果を出すのではないでしょうか。巧みなタッチと裏抜けの速さでアトレティコ・マドリードのレジェンドとなるか、思うようにゴールが決められずに中堅クラブに売りに出されるか。数年後、ウルヴスやサウサンプトンがモラタを獲得したと聞いても、決して驚きはしないでしょう。繊細なストライカーは、シメオネ監督の下で覚醒するのでしょうか。今はひとこと、「次はがんばれ!」としかいえません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

CLの前哨戦勃発⁉ バイエルンが狙うカラム・ハドソン=オドイにリヴァプールも接近!

リヴァプールの公式サイトには、「メディアウォッチ」というコーナーがあります。現地メディアのレッズに関するニュースやゴシップを黙々と掲載し続けているページで、当然レッズ側からのコメントはなし。公式サイトがあらぬ噂まで掲載しているあたりは日本にはない感覚ですが、サポーターやプレミアリーグファンからすれば、直近の記事をひととおりチェックできるありがたいページではあります。現在、最もホットな話題は、「デイリー・ミラー」「エクスプレス」「メトロ」が煽っているカラム・ハドソン=オドイの移籍ゴシップ。3度のオファーを袖にされたバイエルンが3500万ポンド(約50億円)まで移籍金を吊り上げて獲得をめざすなか、実はリヴァプールも争奪戦にエントリーしていたというお話です。

カラム・ハドソン=オドイがチェルシーとの契約を更新しないのは、出場機会が得られないチームでの将来を疑問視したためといわれています。6歳でチェルシーに入団し、最強ユースチームで頭角を現した若きウインガーは、2016-17シーズンにプレミアリーグU-18のナショナル、サウスとFAユースカップで主力として活躍し、トレブル達成に貢献。17歳だった2018年のプレシーズンには、アーセナルのベジェリンとの駆けっこを制すなどで注目を集めた逸材です。2018-19シーズンが始まり、ブレイクが期待されたものの、レギュラーを固定して戦うサッリ監督の下では出番が増えず。プレミアリーグ出場は3試合でトータル61分、ヨーロッパリーグは4試合1ゴール、セミファイナルに進出しているカラバオカップは1試合のみと、思うようにプレイできているとはいえません。

ロッベンとリベリーがいなくなるバイエルンは、元アーセナルのニャブリ、コマン、トマス・ミュラーがサイドでプレイしており、ハドソン=オドイにもチャンスはありそうですが、リヴァプールは…。プレミアリーグの最強3トップ、サラー、マネ、フィルミーノの牙城を崩すのは至難の業で、スーパーサブとしてときどきヒーローになるのが精一杯かもしれません。チェルシーとしても、ライバルクラブに有望株を抜かれるのは避けたいところ。2013年1月のダニエル・スタリッジ売却でSASと呼ばれるやっかいなコンビの誕生に手を貸す格好となり、レッズにプレミアリーグ初制覇をプレゼントしそうになった苦い経験を忘れてはいけません。2017年の夏に持っていかれたドミニク・ソランケはクロップスタイルにフィットせずに終わりましたが、ハドソン=オドイはソランケの上をいく大器だと思います。高額サラリーで口説いて残留させるのがファーストチョイス、どうしても無理なら出し先は海外でしょう。

私にとってハドソン=オドイは、以前から追いかけているお気に入りのひとりなのですが、最も好きなプレイは「ワンテンポ速いシュート&クロス」です。膝から下が強靭なのだと思われますが、トラップやフェイントの後、並みの選手なら足を振り上げている間にハドソン=オドイのキックはゴールや味方に向かっています。彼のプレイを見ていない方は、ヨーロッパリーグのハイライトなどでチェックしてみてください。快足と体のバランスのよさ、キックの速さに思わずため息を漏らしてしまう方が多いのではないでしょうか。

話が逸れました。「バイエルンかリヴァプールか」でしたね。普通に考えれば、夏までに契約延長をさせられなければバイエルンに売るというシナリオですが、レッズが大金をチラつかせてきたら結論は変わるかもしれません。2017-18シーズンに、コウチーニョ売却とCLファイナル効果で史上最高となる1億ポンドの利益(過去最高はプレミアリーグ制覇の翌年のレスター!)を計上したクラブです。今季CLのラウンド16と同じ顔合わせとなる場外バトルは、ご本人がアンフィールドを熱望してドイツの名門が降りれば、プレミアリーグの完勝となる可能性を秘めています。残留か移籍か、冬か夏か。本件、とにかく続報を待ちましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

指揮官が「サインまで数時間」と明言!ゴンサロ・イグアインがチェルシー移籍間近!

これはもう、決まりでしょう。「スカイスポーツ」によると、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が「イグアインと彼の代理人がクラブと交渉を行っており、数時間後に完了する」と明言したとのこと。プレミアリーグのビッグクラブが軒並み静かで、盛り上がりを欠くマーケットにようやく大型移籍のニュースが駆け巡ることになりそうです。

ゴンサロ・イグアインが何者であるかを説明する必要はないでしょう。レアル・マドリードで7シーズンを過ごした後、2013年にナポリへ。2015-16シーズンにサッリ監督と出会い、セリエA35試合36ゴールという史上最多ゴール記録を残したことが、今回のプレミアリーグ参入につながっています。2016年にユヴェントスに移籍すると、2シーズンで公式戦105試合55ゴール。今季は戦力外となってミランにレンタルされ、古豪復権のキーマンとして活躍が期待されましたが、セリエA15試合6ゴールというもの足りない数字に留まっています。

ミランは既にジェノアのクシシュトフ・ピオンテクを押さえており、移籍金3500万ユーロ(約43億5000万円)プラスオプションのディールが成立寸前と報じられています。「フットボールイタリア」は、イグアインのチェルシー入りが発表されれば、モラタのアトレティコ・マドリード移籍もほどなく決まるといっています。2017年の夏にスタンフォード・ブリッジにやってきたスペイン人ストライカーは、プレミアリーグ47試合16ゴールという微妙なスタッツを残して母国に帰ることになりそうです。11月4日のクリスタル・パレス戦で2発ゲットした後は、リーグ戦6試合ノーゴール。ポゼッションサッカーのなかでポストプレーヤーとして機能することはできず、カウンターで決定力の高さを誇示することもなかった29番は、エースと呼べる存在ではありませんでした。

さて、イグアインです。プレミアリーグ6位の40ゴールしか決めていないチームは、ワールドクラスのストライカーによって変わるのでしょうか。最終ラインとの駆け引きに長けたベテランがナポリで見せた決定力を発揮すれば、直近のプレミアリーグで6試合5ゴールという貧攻は改善しますが、気になるのは31歳という年齢とコンディションです。ミラン移籍後、開幕からの7試合で5ゴールを決めたイグアインは、その後のセリエA8試合でたったの1ゴールという不振に陥っています。ゴール欠乏症の原因はメンタルの問題か体調か、あるいは嗅覚の衰えか。フィットするのに時間がかかる選手が少なくないプレミアリーグでイグアインが沈黙を続ければ、サッリ監督の初年度はEL出場権獲得という結果になりかねません。

チェルシーの課題は、ストライカーだけではないでしょう。中盤の押し上げが弱くなり、個人の打開力に依存するアタックになりがちなのも改善すべきポイントです。ジョルジーニョ封じを仕掛けてくるチームが増えているなかで、カンテとコヴァチッチがつなぎ役として機能するしかない試合が多く、モラタだけでなくジルーも消えてしまう時間帯が目立っています。イグアインを孤立させないためには、4-2-3-1にシフトするという選択肢もあるのではないでしょうか。

カンテとジョルジーニョの2センター、カラム・ハドソン=オドイ、アザール、ウィリアンが2列め。イグアインの後ろにアザールがいれば、中盤と最前線が遠いために縦パスが入らないといった課題も解決しやすくなるのではないかと思います。サッリ監督は、イグアインの量産体制を築くことができるでしょうか。週末のFAカップ4回戦は、スタンフォード・ブリッジにシェフィールド・ウェンズデイを迎える一戦。アルゼンチン人ストライカーのデビューにうってつけのゲームです。(ゴンサロ・イグアイン 写真著作者/Кирилл Венедиктов)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ