中島翔哉はウルヴス、堂安律はマン・シティ⁉ 若き日本代表にプレミアリーグ参入の噂!

吉田麻也、岡崎慎司、武藤嘉紀。いわずと知れたプレミアリーグ所属の日本人選手ですが、現地メディアは、1月に2人の日本代表がプレミアリーグに加わる可能性があると報じています。ポルトガルのポルティモネンセで活躍している中島翔哉がウォルヴァーハンプトンは、いかにもありそうな話なのですが、フローニンゲンの堂安律はマンチェスター・シティ⁉それぞれの記事をチェックしてみると、ウルヴスの補強はリアル、ペップのほうは恒例のゴシップではないかと思われます。

Shoya Nakajima is '80 per cent at Wolves' claims Portimonense president as Japan winger nears £17m move to Molineux(ポルティモネンセの会長が、中島翔哉は”80%ウルヴス”と主張しており、日本代表のウインガーは1700万ポンドでモリニュースタジアムに近づいている)」。発信源が「デイリー・メール」と聞くと反射的に引いてしまいますが、ポルティモネンセのロドニー・サンパイオ会長がラジオの取材に応えたという話ですので、ひとまずそのまま受け取りましょう。「交渉は行われているが、100%には至っていない。1月の移籍は可能だよ。彼らが契約解除金を支払うかどうかという問題があり、解決していないんだ。中島は80%ウルヴスだ」。

3500万ポンド(約50億円)のバイアウト条項があるといわれる中島について、「ノーチャンスだ。引き留められない」といい切るサンパイオ会長は、クラブにフィットしている中島の移籍は大きな損失と嘆いています。入団1年めの2017-18シーズンは29試合10ゴール12アシスト、今季は10試合で既に5発。5節のギマランエス戦でチームを初勝利に導く2ゴールを決め、名門スポルティングCPを4-2で下した試合でも2ゴール。ポルティモネンセのポルトガルリーグにおける4勝のうち、3つまでが中島のゴールとリンクしています。

ホルヘ・メンデスコネクションによって、ポルトガル人選手を7人も獲得しているウルヴスは、中島にとってもなじみやすいクラブなのではないでしょうか。ヌーノ・エスピーリト・サント監督の3-4-2-1ではジョッタとポジションを争うことになりそうですが、得点力がある中島が重宝される可能性が高く、プレミアリーグへの入り口としては最適でしょう。「3500万ポンドというほどの価値はなく、ポルトガルのクラブは下げてくるはず」と「デイリー・メール」が主張する一方で、「HITC」はサウサンプトンが獲りに来ていると伝えています。いずれかが正しければ、1月に4人めの日本人プレーヤーの参入が発表されることになります。

堂安律の移籍話は、現地メディア「チームトーク」が独占と銘打った記事によるもので、マンチェスター・シティ公式サイトの「メディアウォッチ」にもさらりと掲載されています。2017年の夏に、19歳でフローニンゲンにレンタル移籍したガンバ大阪のアタッカーは、エールディヴィジ初年度で29試合9ゴールと才能を見せつけると、2年めの今季は開幕のフィテッセ戦で初ゴール。そこからの9試合は沈黙を続けましたが、直近5試合で3ゴールと調子を上げています。チェルシー、アーセナル、アトレティコ・マドリード、ドルトムントが狙っていると報じられた若き日本代表FWが「ロッベン以来の才能」とは大げさですが、「マンチェスター・シティが獲得できると確信している」といわれるとテンションが上がります。

ペップの最強チームへの移籍が決まったとしても、ブラヒム・ディアスがプレミアリーグ出場ゼロのチームで出番があるとは思えず、当面はオランダに残ってプレイすることになるでしょう。ハノーファーでブンデスリーガ6試合ノーゴールの浅野拓磨が、アーセナルで活躍できるイメージはありませんが、堂安はいずれペップの下で…いや、ここから先は入団が発表されてからにしましょう。日本代表の次世代を担う精鋭たちが、プレミアリーグにやってくるという話がゴシップで終わらないことを祈っております。中島翔哉、観たいですね…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「ロンドンでメディカルを通過した」…ヤヤ・トゥレのお騒がせ代理人がツイート連投!

Toure @YayaToure has passed a medical in London. Yaya is close to signing a new contract.」。ヤヤ・トゥレのお騒がせ代理人ディミトリ・セルク氏が、35歳になったセントラルMFがロンドンでメディカルチェックを通過したとツイートしました。新しい契約を結ぶ寸前とのことですが、どこでしょうか。ロンドンにあるプレミアリーグのクラブといえば、アーセナル、チェルシー、クリスタル・パレス、フラム、トッテナム、ウェストハム。その後のセルク氏のツイートによって、2つのクラブが消えました。

「ウェストハムは100%ありません。ヤヤはチャンピオンです。彼の最後の場所ではない」「100%、クリスタル・パレスではありません。ロイ・ホジソンは、選手たちの誕生日など気にしたことはないといっています。ヤヤがそんなところにいける?」。誕生日!ヤヤ・トゥレがマンチェスター・シティにいたとき、誕生日を祝われなかったのが移籍を検討している理由だと騒がれたことがありました。当時も、バースデーケーキと連呼していたのはセルク氏でした。プレミアリーグ230試合59ゴールの名選手がどう思っているのかはわかりませんが、代理人がフットボールと同じかそれ以上にケーキを重視しているのはビンビン伝わってきます。

話をヤヤの移籍先に戻しましょう。ロンドンならアーセナル、チェルシー、フラム、トッテナム。グェンドゥジやルーカス・トレイラを獲ったチームは間に合っていそうで、サッリ新監督のチームもロフタス=チークやセスク、ドリンクウォーターの出番を確保できないかもしれないといわれています。デンベレ、ハリー・ウィンクス、シソコ、エリック・ダイアー、ワニャマがいるチームが、35歳のベテランを引き入れようとするでしょうか。消去法でいくとフラムですが、彼らがチャンピオンの最後の場所にふさわしいかといわれると、思わず口ごもってしまいます。

ヤヤの移籍先について、ブックメーカーで早くも場が立っており、人気はフラム、アーセナル、セルティック、オリンピアコス、トッテナムの順だそうです。なるほど、ヤヤの古巣であるオリンピアコスや、コロ・トゥレがコーチを務めるスコットランドの名門まで網を広げたのですね。いわれてみれば、ロンドンでメディカルを通過したからといって、ロンドンのクラブに入るとは限りません。代理人は、ヤヤがさまざまなシャツを着ている画像と「YAYA TOURE AT EVERY LONDON CLUB」というコピーが入ったバナーをアピールしています。相変わらず、自己顕示欲が強い方です。スルーしようと思いつつ、「オリンピアコスにようこそ!」といった無邪気なリプを見ただけで、思わず反応してしまいます。

セルク氏の最後のツイートは、「My congratulations to @YayaToure! He's a British citizen now. Today he received a document. (おめでとうヤヤ!彼は今、イギリスの市民です。今日、文書を受け取りました)」。プレミアリーグに所属するロンドンのクラブということなのでしょうか?ここまで引っ張ってチャールトンやブレントフォードなどという名前が出てきたら、ハマーズのサポーターの逆鱗に触れそうです。ガナーズ?スパーズ?ブルーズ?やぱりフラム⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

グッドラック、ロリス・カリウス。レッズをCL決勝に導いたGKに敬意と感謝を込めて。

悔しい結果に終わったあのキエフでの一戦について、最近までときどき思うことがありました。「リヴァプールの守護神ロリス・カリウスが犯した痛恨のミスは、勝負を決するものではなかった。スローをベンゼマにインターセプトされた最初のミスは、たった4分でサディオ・マネがなかったことにしてくれた。決勝ゴールは、ガレス・ベイルのCL史上に残るスーパーバイシクルだった。83分にベイルの無回転シュートをファンブルした2度めのエラーは、そのまま決したであろう勝負を10分早く終わらせただけだった」。

試合後に涙したロリス・カリウスを最大限フォローしようとする強引な見方であることは、百も承知です。それでも、私がこう思い込みたかったのは、若いGKにこのまま潰れてほしくなかったからです。プレミアリーグ2年めで、19試合に出場。23節からは17試合連続出場で、8つのクリーンシートを達成しました。チャンピオンズリーグでは13試合すべてでフルタイム出場を果たし、6試合は無失点。ロリス・カリウスは、プレミアリーグ4位キープと欧州における躍進に貢献してくれたエースGKでした。

新シーズンは心機一転、昨季プレミアリーグでラスト10試合を6失点で終えたチームの守護神として、スケールアップしてくれるはずと期待していました。しかしほどなく、心に刻まれた大きな傷は2ヵ月では癒えなかったのだと思い知らされました。スポーツは、残酷です。たった1試合、ハーフタイムを無難に折り返した後の45分という短い時間で、ひと頃はドイツの若手No.1とまでいわれた選手が、プレミアリーグで地道に積み上げてきた自信を打ち砕かれてしまうのですから。プレシーズンマッチでミスを繰り返したドイツ人GKは、アリソン・ベッカーに押し出されるようにトルコのベシクタシュに移籍することになりました。2年間のレンタルですが、彼が再びレッズのシャツに袖を通すことはないでしょう。

ブライトン戦の試合後会見で、ユルゲン・クロップ監督が、背番号1を付けていた25歳のGKについて愛情あふれるコメントを残しました。

「私たちは、昨日グッバイといったよ。彼は楽しみにしているようだった。いいことだね。…本当に思うよ。いいGKが揃っている世代のなかでも、ロリス・カリウスは素晴らしいGKだと。多くの人々が、アリソンが出場した最近の3試合を観てディフェンスがよくなったと話しているけど、彼が来る前から多くの試合でいい守備を見せていたんだ。そこにいたのはロリスだった。いいプレイだった。ベシクタシュは経験豊富なチームだ。トルコでリーグを制するチャンスがある。クールだね。彼らは今、素晴らしいGKを手に入れた。こういういい機会を得られたことを、彼のためにうれしく思える」

アリソンが来る前から、守備はよくなっていた…指揮官の言葉を聞いて、キエフの夜の出来事にこだわるのは終わりにしようと思いました。あの日、1-1となってから先にゴールを決めたのがレッズだったら。最初のミスを帳消しにするビッグセーブを見せてくれていたら。心の底に滓のように溜っていた無数の「たられば」は、彼が新しい一歩を踏み出そうとしている今、意味のないものになろうとしていると実感したのでした。レッズに加わったときから大いに期待していたGKだっただけに、悔しい気持ちは消えないけれど、トルコでの活躍が聞こえてくるのを楽しみにしています。グッドラック、ロリス。レッズをCLのファイナルに導き、プレミアリーグファンを久しぶりに誇らしい気分にさせてくれた素晴らしいGKに、敬意と感謝を込めて。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

今から動くか!? プレミアリーグに別れを告げるといわれる5人のインターナショナル!

5 Premier League players who are likely to leave before the European transfer window closes(欧州のトランスファーウインドウが締まる前に、出ていくであろうプレミアリーグの5人の選手たち)」。イギリスメディア「デイリー・ミラー」が、新戦力を獲得できないプレミアリーグのクラブから、移籍する選手が出るのではないかといっています。この記事が事実なら、トッテナムのダメージは深刻です。タブロイド紙は、トビー・アルデルヴァイレルトはバイエルン・ミュンヘンに活躍の場を求め、ダニー・ローズはパリ・サンジェルマンかシャルケ04でプレイすることになると主張しています。

まずは、記事が伝えていることをなぞってみましょう。最初のお話は、マンチェスター・ユナイテッドに移籍すると噂されていた2人のCBが主人公です。ここ数年、負傷に悩まされて出場機会を減らしているバイエルンのジェローム・ボアテングが、パリ・サンジェルマンに移るというのが最初のディール。アルデルヴァイレルトは、その後釜としてドイツ王者の最終ラインに収まるというわけです。ベルギー代表CBには、2019年の夏なら移籍金2500万ポンド(約35億3000万円)でクラブを離れることができるという契約があり、レヴィ会長が大金を手に入れたければ、今が最後のチャンス。ポチェッティーノ監督のファーストチョイスはダヴィンソン・サンチェスとフェルトンゲンで、バックアッパーとしてU-20ワールドカップでアルゼンチン代表として活躍したフォイスと、中盤から下げられるエリック・ダイアーがいます。

移籍金5000万ポンド(約70億円)と報じられているダニー・ローズのほうは、パリが満額を用意したら断れる話ではないようにも思えます。しかし、スペシャリストがベン・デイヴィスしかいないチ―ムが、若手抜擢でプレミアリーグとチャンピオンズリーグを乗り切るというギャンブルに出るでしょうか。新戦力を獲れなかったクラブに理解を示したポチェッティーノ監督も、戦力マイナスとなれば、黙り込んでしまうのではないでしょうか。プレミアリーグで…いや、欧州の主要リーグでも唯一「補強ゼロ」のスパーズは、悩ましい選択を迫られるかもしれません。

エヴァートンのヤニック・ボラシェは、スパーズの2人よりも信ぴょう性があります。マルコ・シウヴァ新監督のチームは、右サイドにウォルコット、ルックマン、シュナイデルラン、左にはウルヴス戦で2ゴールの新戦力リシャルリソンと、シャフタル・ドネツクから来たベルナルジ、昨季レギュラーの21歳FWカルヴァート・ル―ウィンと手駒が揃っています。ドリブラーの獲得を狙っているのは、8月31日まで選手を獲得できるチャンピオンシップのミドルズブラとアストン・ヴィラとのこと。ローン移籍なら、成立する可能性は充分にあるでしょう。

グエンドゥジの台頭で出場機会が減りそうなアーセナルのエルネニーと、ョルジーニョ&コヴァチッチの加入で居場所を失ったチェルシーのドリンクウォーターにも移籍の噂があります。エルネニーはマルセイユ、ドリンクウォーターはシャルケ04。これまで海外クラブというニュースはほとんどなかったイングランド代表クラスが、この時期になって2人も飛び出すという話には無理があるように感じますが、ダニー・ローズ残留、ドリンクウォーター移籍ならありえるのではないかと思います。

プレミアリーグのマーケットが締まってから、欧州の閉幕まで3週間というスケジュールはやはりきついですね。リーグ戦開幕の前に締めるか、8月末まで引っ張るかは議論するとしても、欧州とイングランドが同時に締まる形にしていただくのは、CLやELをフェアに戦っていくうえでは必須条件でしょう。もとい、5人のうち何人が実際に動くでしょうか。エヴァートンとチェルシーは、いかにもありそうですが、ノースロンドンはさすがに…!?


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

バカヨコはミラン移籍、ウィリアン残留、2億ポンドオファーと騒がれたアザールは…!?

レアル・マドリードが、エデンアザール獲得に向けて2億ポンド(約282億円)の巨額オファーを準備しているという報道がありました。煽っているのは「エクスプレス」ですが、さすがにこれは無理筋でしょう。7月末に獲得断念と報じられたクラブが、プレミアリーグのトランスファーマーケットが締まってから、わざわざ再チャレンジしてくるとは思えません。マウリツィオ・サッリ監督は「不可能だ」と完全否定。プレミアリーグ開幕節のハダースフィールド戦で、鮮やかなアシストを決めたチェルシーの10番は、来年の春までは青いユニフォームでプレイするものと思われます。

指揮官とエースはコミュニケーションを密にしているようで、「アザールはここにいることをハッピーと感じていると思う」とコメント。「fun football(楽しいサッカー」を掲げた新しい指揮官は、選手たちのモチベーションを確実に高めているようです。「BBC」は、「イブニングスタンダード」のインタビューに応えたウィリアンの言葉を紹介しています。

「監督は、自分たち自身がピッチで楽しまないとといってくれている。今、楽しんでいるかといわれれば、そう思うよ。われわれには、アザールやペドロのようにクオリティの高い選手がたくさんいる。彼らも、そうしたがっているだろう」

コンテ監督が解任されなかったら、クラブに残ったかと問われたウィリアンは、きっぱりと「No chance. No.」。昨季プレミアリーグで36試合6ゴールのアタッカーは、コンテ体制の2年間で途中出場が格段に増えたことにストレスを溜めていたのでしょう。「チェルシーのためにプレイしたいから、ここにいるんだ。出ていくのは、チェルシーが放出したくなったときだけだね」。バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドに移籍すると騒がれたブラジル代表MFもまた、チームに残って戦うと腹をくくっているようです。

クルトワの代役としてケパを押さえたチェルシーは、噂されていた主力の大量流出を回避できそうですが、ジョルジーニョの入団やロス・バークリーの復活で余剰戦力となったティエムエ・バカヨコだけは、買い取りオプション付きのレンタルでACミランに移籍することになりました。セントラルMFのレンタル料は450万ポンド(約6億3000万円)で、譲渡額は3100万ポンド(約44億円)。モナコから獲得した際に4000万ポンドを支払っていますが、プレミアリーグで1年プレイしたことを考慮すれば、損失はゼロといっていいでしょう。

「誰が観ても楽しめるサッリ監督のサッカーに恋している」とまでいっているダヴィド・ルイスをはじめ、エメルソン、ロス・バークリー、ジルー、ロフタス=チークなど昨季の貢献度が低い選手たちが活躍すれば、プレミアリーグ5位からのジャンプアップは充分可能です。サッリ監督率いる新しいチームは、やはり侮れません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ