ケパ、ザハ、クルトワ、バカヨコ、カンテ、コバチッチ…チェルシーの移籍報道はどれがホント!?

ありさばらが?7160万ポンド?…失礼しました。まったくのノーマークだったので、取り乱してしまいました。2日間トレーニングを欠席したティボ・クルトワのレアル・マドリード移籍は確定的、後釜としてストークのジャック・バトランドが後プレミアリーグ復帰を果たすと思い込んでいたのです。ところが、「スカイスポーツ」が報じたGKの名前は、英語の綴りではありませんでした。アスレティック・ビルバオのケパ・アリサバラガは、ラ・リーガで2シーズン53試合しかプレイしていない23歳の新鋭です。スペインU-19代表で欧州王者となり、2017年3月にはフル代表にも召集されているバスク人は、レアル・マドリードからも注目されていたとのこと。アトレティコ・マドリードでラ・リーガ出場57試合だったデ・ヘアを連れてきたクラブのサポーターですので、若手抜擢には期待感しかないのですが、問題は移籍金です。

イギリスメディアが伝えている7160万ポンド(約103億円)は、先頃リヴァプールに移籍したアリソン・ベッカーの6680万ポンドを軽々とかわすGKのワールドレコード。ローマでチャンピオンズリーグを戦い、ブラジル代表の正GKとしてロシアで戦った守護神よりも高額というのはびっくりです。ちなみに7年前に21歳でプレミアリーグにやってきたデ・ヘアは、1890万ポンド。マインツ時代はドイツでTOP3に入るともいわれたロリス・カリウスは、ケパと同じ23歳のときに470万ポンドでレッズに移籍しています。

「スカイスポーツ」は、ケパのチェルシー入りについて「水曜日にロンドンに飛び、木曜日にトレーニングに参加してプレミアリーグ開幕節のハダースフィールド戦でデビュー」と具体的にレポートしており、デッドラインデーを迎える前にビッグディール成立のニュースがあるかもしれません。決まるも壊れるも、明日には結果が出るので、今はただ待ちましょう。いや、びっくりしました。びっくりついでに、「スカイスポーツ」が報じているチェルシーネタを、もう2つほど紹介します。

クルトワのレアル・マドリード移籍は、3200万ポンドといわれているのですが、欧州王者はコヴァチッチをシーズンローンで獲らないかと持ちかけてきているそうです。出場機会を得たいと移籍志願していたクロアチア代表のセントラルMFは、プレミアリーグ参入に向けて準備万端。これが決まれば、もうひとつのニュース「バカヨコがACミランにローン移籍」のほうも動く可能性があります。カンテ、ジョルジーニョ、コヴァチッチが中盤に並べば強そうですが、肝心のカンテが「パリ・サンジェルマン移籍は現実的」と伝えられており、こちらも予断を許さない状況のようです。

ロス・バークリー、ジョルジーニョ、コヴァチッチ?サッリ監督の4-3-3は、一夜にして別なチームになってしまうかもしれません。さらにウィルフリード・ザハはチェルシーに行きたがっていると伝えられており…すみません。そろそろ私のメモリーの空きがなくなってまいりました。もろもろ、答え合わせは9日の17時ということで!(ケパ・アリサバラガ 写真著作者/Catherine Kõrtsmik)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

移籍金は350万ポンド!? 元代表GKジョー・ハートがマン・シティからバーンリーに完全移籍!

プレミアリーグ出場321試合、イングランド代表75試合の守護神が、12年在籍したマンチェスター・シティを離れることになりました。最近2シーズンは、トリノとウェストハムでプレイしていたジョー・ハート。昨日発表されたバーンリー移籍は、今までとは違う片道切符です。移籍金は350万ポンド(約5億円)、契約期間は2年。長年ショットストッパーとしては評価されていたものの、ボールを足で扱うのがうまいとはいえず、近年は左手側に飛んでくるシュートに対するミスが増えていました。ユーロ2016のウェールズ戦で、ガレス・ベイルのFKを弾ききれなかったシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか。

フィールドプレーヤーと同等のテクニックを要求するペップ・グアルディオラは、ブラボやエデルソンをチョイス。2016-17シーズンにレンタル移籍したトリノでは、ウルバート・カイロ会長に「ミスが多すぎる」と非難されました。ウェストハムでプレイすることになった昨季は勝負のシーズンでしたが、プレミアリーグ出場は19試合に留まりました。ビリッチ監督解任の後を受け、11月から指揮を執ったデヴィッド・モイーズ監督は、就任して間もなくレギュラーGKをアドリアンにスイッチ。大敗が目立った終盤戦で、5試合ほどジョー・ハートを起用しましたが、35節のアーセナル戦で4失点した後はチャンスを得られませんでした。

昨季プレミアリーグで7位に食い込んだ堅守バーンリーには、ワールドカップロシア大会のイングランド代表に選ばれたニック・ポープと、ベテランのトム・ヒートンがおりますが、EL予選のアバディーン戦でポープが肩を負傷して長期離脱。ヒートンもふくらはぎを痛めており、控えには元マンチェスター・ユナイテッドのリンデゴーアしかいなくなっていました。ショーン・ダイク監督と経営陣は、34試合のデンマーク人のみでプレミアリーグとヨーロッパリーグは乗り切れないと判断したのでしょう。

イングランド代表が2人いるのに、さらにイングランド代表を連れてくるあたりは、さすが「応援するクラブ以外で好きなクラブNo.1」。守備のキーマンは全員国産のバーンリーは、マン・シティであぶれてしまったイングランド人をゲットするのに躊躇はなかったのではないでしょうか。2010年代前半の代表チームを支えた守護神は、まだ31歳。安定感抜群のセービングを見せるポープが復帰すれば、熾烈なレギュラー争いが繰り広げられることになりそうですが、350万ポンドの新GKは今季プレミリーグで最後までゴールマウスを死守することができるでしょうか。開幕戦の相手は、この夏マンチェスター・シティから移籍したGKアンガス・ガンがいるサウサンプトンです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「クルトワは退団、後釜はバトランド」…スペイン&イギリス発のGK移籍最新ニュース!

「レアル・マドリードは月曜日中に確定させられる」「欧州王者は、数時間中に取引を確定して発表できると期待している」。スペインメディア「マルカ」が、プレミアリーグ屈指の守護神について最新の記事を配信しています。彼らは時折、既成事実化させるように意図的に煽るので、警戒しながら情報を拾っているのですが、「Real Madrid near Courtois resolution(レアル・マドリードはクルトワについて決着寸前)」と題されたニュースは、「スカイスポーツ」のライブブログとぴったり符合します。

大陸から「チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、クルトワがスペインの首都に帰還するためにスタンフォード・ブリッジを出ていくことを許した」という話が流れると、島国のほうは「ジャック・バトランドがトップターゲット。チェルシーとストークはボードルームレベルで非公式にコンタクトを取っている」と報じています。プレミアリーグ126試合出場のベルギー代表GKは、契約期間が残り1年で、移籍金は3200万ポンド(約46億円)。77試合に出場している25歳のイングランド代表は3000万ポンドといわれており、チェルシーとしてはそれぞれ納得のお値段でしょう。

直近の報道から話の流れを整理すると、こうなります。早くからスペインに行きたがっているといわれていたクルトワに対して、エヴァートンにピックフォード獲得を断られたチェルシーは、時間稼ぎをするかのように「移籍するかどうかは本人次第」とコメント。業を煮やした代理人のヘンロタイ氏が、「本人は移籍したいと明言している。家族と暮らしたいんだ。移籍金は妥当な額で、残留すれば1年後にはフリーエージェントとなる。クラブは合理的なジャッジをしてほしい」と決断を要請しました。

これに対して、サッリ監督は「I want to hear Courtois not his agent(代理人ではなくクルトワ本人から聞きたい)」。クルトワがどうなるかはわからないが、残ってほしいといっていた指揮官は、一方で「本人が代理人と同じことをいうなら、交渉しなければならない。私が求めているのは、高いレベルのモチベーションがある選手だけだ」とコメントしていました。その後、クルトワは指揮官に退団を懇願したのでしょう。「マルカ」はすぐに決まると断言。「スカイスポーツ」は、バトランドの獲得交渉がデッドラインに近づくと、ストークはより多額の移籍金を要求するとレポート。「早期決着の見通し」と伝えた両国のメディアは、ここでも息がぴったり合っています。

本人の意志は相当堅いように見受けられ、プレミアリーグファンとしては「バトランドは1歳年上のGKの穴を埋められるか」に興味を移さなければならないのでしょう。8月9日17時のデッドラインまで、69時間。ワールドカップの閉幕から、3週間に渡って繰り広げられた綱引きも、いよいよ大詰め。ザハ獲得の噂もあるチェルシーが、最後の話題を独占しそうな雲行きです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

現地メディアが一斉報道「マンチェスター・ユナイテッドはアルデルヴァイレルト獲得間近!」

「ザ・サン」「メトロ」「デイリー・ミラー」「エクスプレス」「マンチェスター・イブニング・ニュース」など、現地メディアが一斉に報じています。マンチェスター・ユナイテッドがトビー・アルデルヴァイレルトにターゲットを絞り、移籍金6000万ポンド(約87億円)で決着させる見通しが立ったとのこと。「デイリー・ミラー」と「Goal.com]は、昨季プレミアリーグ2位のクラブは48時間以内の「Done Deal」をめざしていると報じています。5000万ポンドでオファーしていたマンチェスター・ユナイテッドと、7500万ポンドを主張していたスパーズのダニエル・レヴィ会長は、デッドラインデーを5日後に控えて中間で妥結したようです。かなり高額なお買い物ですが、プレミアリーグ屈指のCBは、デ・ヘアの超絶セーブに何度も救われていたチームに安定をもたらしてくれるはずです。

2014-15シーズンにアトレティコ・マドリードからサウサンプトンにレンタルされたアルデルヴァイレルトは、ポチェッティーノ監督のトッテナムに堅実な守備を評価され、2015年の夏にノースロンドンに降臨。先読みのよさを発揮して最終ラインを統率し、最初のシーズンからプレミアリーグ38試合フル出場という数字を残しました。マティッチがCBの前のスペースをカバーし、マン・シティに次ぐ28失点という堅守を見せたマンチェスター・ユナイテッドは、最終ラインがずるずる下がるシーンが多いのが課題のひとつでした。カバーリングと的確なマークに長けたベルギー代表が加われば、より高い位置から反撃を開始できるでしょう。

セットピースでのフィニッシュと的確なロングフィードも、アルデルヴァイレルトのストロングポイントです。ゴール前の攻防における空中戦の強さではリーグNo.1のマンチェスター・ユナイテッドですが、アルデルヴァイレルトにはボレーという武器もあります。マルシアル、ラシュフォード、ルカク、アレクシス・サンチェスといったスピードとキープ力があるアタッカーたちに、最終ラインから長いボールが1発で届けば、昨季プレミアリーグで68ゴールに留まったチームの得点力は確実に上がるものと思われます。ポグバ、フレッジ、アルデルヴァイレルトによって勝負の縦パスが飛躍的に増え、アレクシス・サンチェスがアーセナル時代の輝きを取り戻せば、マンチェスター・ユナイテッドは昨季よりも長く優勝争いに留まれるのではないかと期待しています。

現地メディアは、バルセロナのCBジェリー・ミナとの交渉は打ち切ったと報道。「スカイスポーツ」は、マグワイア獲得に向けてプレミアリーグレコードとなる移籍金を積むと伝えていますが、多数派となっているアルデルヴァイレルトに関するニュースほどの具体性はありません。スパーズとのディールが成立すれば、マルコス・ロホは売りに出されることになるでしょう。マンチェスター・ユナイテッドの夏の補強はこれにて終了か、あるいはマルシアルという燻っている火種が最後に燃え盛るのか。実力派CBの入団によって最終ラインが安定し、2017-18シーズンは不完全燃焼に終わったルーク・ショー、ポグバ、アレクシス・サンチェス、バイリーらが持てる力を出し切れれば、モウリーニョ監督のチームは充分戦えると信じています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

補強に苦しむプレミアリーグのビッグクラブ…「移籍市場締め切り前倒し」の影響はいかに⁉

マンチェスター・ユナイテッドはフレッジ、ディオゴ・ダロト、リー・グラントで、チェルシーはジョルジーニョとロブ・グリーン。マンチェスター・シティはリヤド・マフレズとクラウディオ・ゴメス、トッテナムは未だゼロ。プレミアリーグのビッグ6で、例年通りに補強を進めたのはリヴァプールとアーセナルだけで、マンチェスター勢とロンドンの2クラブは現有戦力ベースで新しいシーズンを迎えるようです。4つのなかで、想定内といえるのは「獲っても1~2名」と宣言していたペップぐらいではないでしょうか。ジョゼ・モウリーニョはぼやき、マウリシオ・ポチェッティーノは困惑を隠さず、イタリアから来たばかりのマウリツィオ・サッリは黙して語らずを貫いています。彼らとクラブの経営陣にとって、デッドラインデーの早期化への対応は、想像以上に難易度が高かったのではないかと思われます。

「シーズンが開幕する前に、トランスファーマーケットは締め切るべきである」。昨季までは8月末に設定されていたプレミアリーグの移籍市場締め切りは、新シーズン開幕直前の8月9日に前倒しされました。一昨年にプレミアリーグに所属していた20クラブによる投票では、14クラブが賛成票。バーンリーが投票を棄権し、マンチェスター勢が反対したレギュレーション変更は、原則論としては納得できるものです。これによって、移籍交渉を行っている選手が序盤戦を欠場するなどの弊害がなくなり、経済的に余裕のあるクラブが当初の結果を受けて弱点補強に打って出ることもできなくなりました。想定外の移籍によって、シーズン開始後にチームづくりの方針変更を迫られるクラブもなくなり、よりフェアな戦いが繰り広げられることになります。

ただし、導入のタイミングについては、2つの観点で拙速だったように感じます。ひとつは、ワールドカップイヤーを初年度としたこと。もうひとつは、「8月10日以降もマーケットが動いている欧州に、売却はできる」としたことです。ワールドカップに集中するために、期間中は自らの身の振り方について検討をストップする選手が多く、大会が終われば彼らは心身のリフレッシュに時間を割くことになります。ウルグアイの敗退直後にメディカルチェックを行ったアーセナルのルーカス・トレイラのように、早期に段取りをつけておかなければ、代表クラスの獲得は7月中旬以降にずれ込んでしまいます。クラブにオペレーションの変更を求める施策を、世界最高峰の大会が開催される年から始めたことが、モウリーニョさんやポチェッティーノさんの嘆きを生んだのではないでしょうか。

プレミアリーグは残り1週間、大陸は1ヵ月という締め切りに対する緊張感のギャップも、「代役を獲れなければ売却には応じられない」といった場合の成否に影響を及ぼしたのではないでしょうか。3位決定戦に残ったイングランド代表GKの獲得交渉に充分な時間をかけられなかったチェルシーは、クルトワ売却を断った後も、スペインのクラブや代理人からの揺さぶりに耐え続けなければならなくなるかもしれません。「余剰戦力の整理に時間をかけられる」というメリットもあるので、デッドラインデーを越えてみないと実態的なプラスマイナスはわかりませんが、来季以降は欧州と足並みを揃えたいところではあります。

以上はマーケットの動きをウォッチしてきた私の感覚値であり、実際にどうだったのかはクラブからの声を待つとして、「フェアなのはシーズン前終了だが、クラブが運用しやすくファンも盛り上がるのは8月末」なのではないかとも思います。少なくとも、シーズン前終了を継続させるためには「欧州全体が同一ルール」は必須でしょう。ここ数年、ロケットスタートを通常運用としているリヴァプールに倣えばいいのですが、ワールドカップやユーロの直後にもはや止められないインターナショナルチャンピオンズカップが続くなかでのドタバタを、2年に1回見ることになるのは勘弁してほしいという気分もなきにしもあらずです。

プレミアリーグ2018-19シーズンの序盤は、ワールドカップによる出遅れ組が多いビッグ6が、ジャイアントキリングを許しまくる展開になるのでしょうか。「BBC」によると、直近9年のプレミアリーグ王者のうち、次のシーズンで勝ち点を伸ばしたのは2011-12シーズンのマンチェスター・ユナイテッドのみ。前年王者よりも少ない補強額で優勝したのは、2010-11シーズンのマンチェスター・ユナイテッドと、2015-16のレスターだけです。「多くの王者が補強額を絞り、大型補強に成功したクラブに連覇を止められている」という彼らの論に乗れば、2018-19シーズンの勝者はリヴァプールですが、果たして…!いや、デッドラインデーまであと4日あります。優勝予想をするなら、戦力が固まった10日以降ですね。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ