冬は動くかリヴァプール…現地メディアがライアン・フレイザーの獲得交渉開始とレポート!

クリスティアン・エリクセン、ウィルフリード・ザハ、ライアン・フレイザー。夏のマーケットで移籍志願と報じられながら、クラブの引き留めによって残留した選手たちのパフォーマンスが落ちています。昨季プレミアリーグで35試合8ゴール12アシストのエリクセンは、移籍騒動の余波で出遅れて先発7試合に留まり、12節終了時点で10試合1ゴール1アシスト。彼とデル・アリの不振が、プレミアリーグ14位というトッテナムの停滞とリンクしています。

アーセナル入りが騒がれたザハは、1試合あたりのドリブル成功数4.6回でプレミアリーグNo.1の座をキープしているものの、12試合に出場して未だゴールゼロ。クリスタル・パレスのパリッシュ会長と蜜月といわれる自らの代理人に対して、移籍失敗を咎める訴訟を起こしたといわれており、プレイに集中できていなかったのかもしれません。

エリクセンはレアル・マドリード、ザハは古巣マンチェスター・ユナイテッドへの復帰が取り沙汰されており、年明け早々に現地メディアを賑わすことになりそうです。そんななかで、彼らよりもひと足先にリアルな話が出回っているのが、ボーンマスのライアン・フレイザーです。2018-19シーズンにプレミアリーグ38試合7ゴール14アシストという秀逸なスタッツを残したスコティッシュは、新シーズンは11試合1ゴール2アシスト。アーセナルへの移籍を諦めた25歳のサイドアタッカーもまた、ゴールへの関与度が下がっています

夏に契約満了となるライアン・フレイザーについて、1月にクラブを離れる可能性大と主張しているのは「talkSPORTS」。最新の記事が伝えるトップランナーは、プレミアリーグ首位を快走するリヴァプールです。「Liverpool in advanced talks with Bournemouth over Ryan Fraser transfer in January and deal could involve Harry Wilson(リヴァプールは、ライアン・フレイザーの1月の移籍についてボーンマスと高度な交渉を進めており、ハリー・ウィルソンの取引が含まれる可能性がある)」と題されたレポートは、冬に決めなければ移籍金ゼロで手離すことになるボーンマスが、積極的に売ろうとしていると報じています。

「ライアン・フレイザーとエディ・ハウの結びつきは以前ほど強くない」。移籍志願のプレーヤーと説得を諦めた監督の典型と伝えたメディアは、夏に2500万ポンド(約35億円)といわれていた移籍金は1000万~1500万ポンド(約14億円~21億円)まで下がると見積もっています。サラー、マネ、フィルミーノの最強3トップの一角が欠けても戦える構えを取りたいリヴァプールにしてみれば、左サイドをまかせられる即戦力を手頃な価格で獲れるとなれば、ためらう理由はなさそうです。ボーンマスに貸し出しているハリー・ウィルソンを完全移籍にスイッチするというオプションを付ければ、タダ同然のディールに持ち込めるかもしれません。

ライアン・フレイザーが加わるとなると、今季プレミアリーグで途中出場2試合に留まっているシェルダン・シャキリの去就が気になります。トップ下と左右のウイングをこなせるスイス代表は、レギュラーとして活躍できるクラブに移籍することになるのでしょうか。28歳と25歳を入れ替え、シャキリの売却益が手元に残れば、リヴァプールとしては願ったり叶ったりでしょう。マーケット再開まで7週間。どうなるか、見てみましょう。(ライアン・フレイザー 写真著作者/Анна Джалалян)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

マンジュキッチがマンチェスター・ユナイテッド移籍で口頭合意⁉それならいっそ…!

プレミアリーグ8試合で2勝3分3敗。12位に沈んでいるマンチェスター・ユナイテッドは、スールシャール監督の解任が取り沙汰され、降格を懸念する評論家もいます。ドローで終わった3試合は、いずれも先制しながら追いつかれており、クリスタル・パレス、ウェストハム、ニューカッスルとのゲームは攻撃が機能せず敗れています。守備の課題は、最終ラインよりも中盤の守り方のほうが重く、単調なサイドアタックに終始しがちな攻撃は、連携の質を高めなければ改善しないでしょう。

タミー・アブラハム、セルヒオ・アグエロ、ピエール・エメリク・オーバメヤン、ラヒム・スターリング、ハリー・ケイン、サディオ・マネ。ライバルクラブには、今季プレミアリーグで5ゴール以上のアタッカーがいるのに対して、エースのラシュフォードは3ゴール。マルシアルが負傷欠場となると、ベンチにはグリーンウッドやタヒス・チョンしかおらず、ルカクとアレクシス・サンチェスがいなくなった前線の駒不足は深刻です。

マンチェスター・ユナイテッドは、夏に獲得すべきだった点取り屋にアプローチしていると報じられています。33歳になったマリオ・マンジュキッチは、昨季セリエAで9ゴールを挙げながらも、サッリ新監督の下ではリーグ戦出場ゼロと燻っています。

イタリアメディア「トゥットスポルト」は、プレミアリーグ12位のクラブとベテランストライカーは、既に口頭合意に至ったとレポート。「ザ・サン」「デイリー・ミラー」「ESPN」がこの情報をフォローし、1月1日にマンチェスターにやってくると報じています。バイエルン、アトレティコ・マドリード、ユヴェントスと名門クラブを渡り歩いてきた点取り屋は、カタールのアルラーヤンが提示した年俸700万ポンド(約9億6000万円)のオファーを断り、欧州に残ろうとしているとのこと。最後のトップリーグであるプレミアリーグチャレンジを熱望しており、ゴール欠乏症に悩むクラブとは相思相愛のようです。

「マンチェスター・ユナイテッドは、エムレ・ジャンもほしがっている」「ユーヴェはポグバとのスワップを要求している」など、一部で話が膨らんでいるようですが、ややこしい交渉にせずにストライカーを加えられるなら、獲るべきでしょう。同じくプレミアリーグ未体験だったゴンサロ・イグアインが半年でユーヴェに戻ったのは気になるところですが、「スールシャールとラシュフォードありき」で考えるなら、安価で獲得できそうなマンジュキッチにさほどのリスクはありません。

問題は、「マン・ユナイテッドにスールシャール監督と心中する覚悟があるか」です。新たな監督にスイッチする可能性があるなら、就任後に意向を確認したうえで、ラシュフォードのポジションを脅かす本格派を獲りにいくという選択肢もあると思います。完全に後手にまわった感があるストライカー獲得ですが、逆ギレ気味に「古きよきマンチェスター・ユナイテッドの復活」「ファーギーズならぬオーレズ・フリッジリングスの実現」といったスールシャールのおとぎ話を盛り上げるなら、もっといい選択肢があるのではないでしょうか。

若手を邪魔しないスーパーサブ、ハビエル・エルナンデス「チチャリート」。セヴィージャで途中出場3試合のメキシコ代表は、古巣のほうが出場機会を得られるかもしれません。…いえ、「クラブにとってそちらのほうがいい」といっているわけではありません。あくまでも、おもしろさ重視のチョイスです。あまりにも厳しい状況に、何らかのエンタメがほしい今日この頃なのであります。ゴシップだらけで針のむしろのような2週間をやり過ごした後、最初の試合がリヴァプール戦というのは、なかなかヘビーですね…。(マリオ・マンジュキッチ 写真著作者/Анна Нэсси)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

チチャリート、ダルミアン、ムヒタリアン…欧州デッドラインデーの駆け込み移籍リスト!

ザッパコスタとスモーリングはローマ、アレクシス・サンチェスはインテル、イスラム・スリマニはモナコに渡り、モンレアルは母国のレアル・ソシエダ、リヴァプールを退団していたダニエル・スタリッジはトルコのトラブゾンスポルへ。8月20日過ぎから、プレミアリーグのビッグネームが大陸のクラブに活躍の場を求める動きが加速していたのですが、欧州におけるデッドラインデーの9月2日にサプライズが続出しました。

この日最初の移籍ニュースは、トッテナムとの契約が満了となっていたフェルナンド・ジョレンテ。マンチェスター・ユナイテッドサポーターとしては、プレミアリーグ経験があるポストプレーヤーをなぜ獲らなかったんだと悔しくなりますが、長身のストライカーの新天地はナポリに決まりました。

続いて発表されたのは、マテオ・ダルミアンのパルマ移籍です。プレミアリーグ4シーズンで60試合出場。直近の2年は14試合と振るわなかったSBは、トリノ時代の輝きを取り戻せるでしょうか。ルカク、アレクシス・サンチェス、スモーリング、ダルミアンと開幕以降に4人を放出したスールシャール監督は、腹をくくって若手シフトを推進しようとしているようです。

現地時間11時にセヴィージャへの移籍が報じられたのは、セバスチャン・ハラーの入団で居場所を失いつつあったチチャリートです。2017年の夏にウェストハムにやってきた点取り屋は、公式戦63試合17ゴール、プレミアリーグ55試合16ゴールという不本意な数字を残してロンドンを去ることになりました。

14時を過ぎると、チェルシーのババ・ラーマンがマジョルカにローン移籍と伝えられ、2時間後には、ボーンマスでラムズデールにポジションを奪われたベゴヴィッチがカラバフに貸し出されるというニュースが流れました。エディ・ハウ監督に第4GKとされたベテランは、アゼルバイジャン王者の守護神としてヨーロッパリーグに出場することになるかもしれません。

19時直前にローマにレンタルと報じられたのは、ノースロンドンダービーの終盤に起用されていたヘンリク・ムヒタリアンです。ドルトムントに所属していた2015-16シーズンに、51試合23ゴール25アシストという出色のスタッツを叩き出したアルメニア人アタッカーは、マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルでは真価を発揮できず、プレミアリーグ78試合13ゴール14アシストという微妙な数字を残しています。30歳にして初めてセリエAでプレイすることになったムヒタリアンは、トップの後ろを定位置にできれば、4年前のフィーリングを思い出すのではないでしょうか。

クリスティアン・エリクセンは、スパーズに残留すると決断したようです。21時過ぎに、チェルシーのケネディがヘタフェにローン移籍となり、夏の喧騒は終わりを告げました。プレミアリーグを盛り上げてくれたタレントたちを見送るだけの最終日は、今年を最後にしてほしいですね…。新戦力を獲得できない期間のディールは、ベテランや不振の選手の放出ばかりで、ただただせつない季節です。さて、気を取り直してプレミアリーグを愉しみましょう。長らく移籍の噂が絶えなかったポグバとエリクセンのプレイを、もうしばらく堪能できることになりました。そういえば、彼も残留です。がんばれ、シュコドラン・ムスタフィ!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ルカク、アレクシス・サンチェスに続いて、クリス・スモーリングもセリエA参入⁉

ひと頃はリヴァプールのデヤン・ロブレンと個人合意に至ったと報じられていたローマですが、プレミアリーグが完全移籍を望んでいたのに対して、セリエAは買い取りオプション付きのローンで両者譲らず、破談となってしまいました。コスタス・マノラスをナポリに売却したチームは、ライバルのユヴェントスからルガーニをレンタルしようとしたものの、イタリア王者が拒否したといわれています。これがダメなら、マグワイアの加入で出番が激減しそうなクリス・スモーリング。「スカイスポーツ」が、プレミアリーグ219試合出場のベテランCBは新たなチャレンジに前向きで、今度こそ決まると報じています。

ローマとマンチェスター・ユナイテッドが具体的な話を始めたのは、今週の火曜日だそうです。当初は1800万ポンド(約23億4000万円)の買い取りオプションを主張していた赤い悪魔は、先々のアクションが決まってしまうことを懸念し、最終的にローンを選択したとのこと。イギリスメディアは、ローマが270万ポンド(約3億5000万円)を支払う形で合意と伝えており、スモーリングは木曜日の昼にクラブで移籍を確認し、夕方にはメディカルチェックのためにローマに旅立つ予定となっているようです。

2009年の夏にオールド・トラフォードにやってきたアントニオ・バレンシアが母国に帰った直後に、2010年からチームを支えてくれた最古参の選手に別れを告げることになりそうです。とにかく負傷が多いフィル・ジョーンズと、不安定なプレイが目立つスモーリングは、マンチェスター・ユナイテッドサポーターにとって頼りない最終ラインの象徴となっておりました。しかし、いざチームを離れるとなると寂しさに襲われます。彼のベストシーズンは、ファン・ハール監督の信頼を受けて自信たっぷりにプレイしていた2015-16シーズンでしょう。

フラムから加わったCBにとって、9シーズンのなかで唯一プレミアリーグ30試合以上出場を果たした充実の1年。入団してから5シーズンは、先発出場21試合が最多だったのですが、得点力不足にあえいでいたチームで35試合に先発して最終ラインを支えました。ファン・ハールこそが、スモーリングのPRに最も貢献したマネージャーです。マイク・スモーリング、マイケル・スモーリング…ファーストネームをなかなか覚えられなかったオランダ人監督は、いつしか彼を「ペレ」と呼ぶようになりました。

イングランド代表のキャップ数は31。いいときはインターナショナルクラスだったスモーリングは、猛攻を喰らい続けたりショッキングなミスを犯したりすると、迷いや弱気を隠せなくなる打たれ弱いキャラが印象的でした。ローマのフォンセカ監督には、「あれこれ要求しないほうが、パフォーマンスが上がるはず」と申し送りをしたくなります。

ダルミアンも移籍する見通しといわれているマンチェスター・ユナイテッドは、ワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ルーク・ショーというフレッシュな布陣で新シーズンを戦うことになります。29歳のスモーリングが、オールド・トラフォードで主力として活躍することはもうないでしょう。数々のミスに頭を抱えさせられたCBでしたが、2018年4月7日、ペップの優勝を阻止したダービーでの決勝ボレーという素晴らしい思い出もあります。

ありがとう。まだ決まったわけではありませんが、「悔いのないフットボール人生を!気持ちで負けるな!」と檄を飛ばしたい気分です。欧州の移籍市場もいよいよ大詰め。売却したい選手をうまい条件でまとめられないでいるクラブが多いなか、マンチェスター・ユナイテッドはセリエAにすべて拾ってもらえそうな雲行きです。アレクシス・サンチェスとクリス・スモーリングは、どちらが先に正式発表がなされるでしょうか。あるいは…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「スカイスポーツ」が総括!「アレクシス・サンチェスはなぜうまくいかなかったのか?」

アレクシス・サンチェスの居場所が決まったと報じられています。バルセロナで3シーズン、プレミアリーグで4シーズンを過ごしたアタッカーの新天地はインテル。ウディネーゼでプレイしていた2010‐11シーズン以来、8年ぶりのセリエA復帰となります。「スカイスポーツ」によると、イタリアの名門がマンチェスター・ユナイテッドに支払うレンタル料は600万ポンド(約7億8000万円)。買い取りオプションは付いておらず、イタリアでの活躍次第でその後のキャリアを考える意向のようです。

Where did it go wrong?」。彼はどこで、道を誤ったのか…。「スカイスポーツ」の問いかけは、マンチェスター・ユナイテッドで彼が陥った極度の不振について、外形的な理由しか語られてなかったじゃないかと突き付けているように感じられます。例えば「プレミアリーグNo.1のサラリーというプレッシャー」「アーセナル時代のような自由を与えられなかった」「チームメイトとなじめなかった」「燃え尽き症候群」。これらは的外れではないのでしょうが、オールド・トラフォードでボールロストが急激に増えた理由としては、いささか芯を食っていない感があります。

「彼は常に限界を超えるまでプレイし、ゴールを決め、粘り強く戦うフォワードだと思ってたけど、絶対的な災難に見舞われてしまった。アレクシス・サンチェスに何が起こったのかわからない。バルセロナとアーセナルで何年もプレイしてきたのを見た。そしてマンチェスターにやってきた。何があったというのだろうか」。ガリー・ネビルさんが、多くのプレミアリーグファンが抱いている率直な気分を代弁してくれています。1年半の在籍で、プレミアリーグ32試合3ゴール。マンチェスター・ユナイテッドの7番を背負う8か月前に、アーセナルの年間最優秀選手に輝いたアタッカーのスタッツとは思えません。

この疑問について解明を試みたのは、「スカイスポーツ」のフットボールジャーナリスト、アダム・ベイトさんです。「マンチェスター・ユナイテッドでは、アレクシス・サンチェスの役割は不明確だった」「多才な選手だが、それまでのキャリアではクリエイターというよりストライカーだった。しかしマンチェスターでは、創造性を加えることを求められた」。ガナーズには、メスト・エジルとオリヴィエ・ジルーというセルフィッシュなプレイをしない2人の相棒がおり、SBがスペースを創ってくれていたのに対して、マン・ユナイテッドにいたのは自ら獰猛にゴールを狙うロメウ・ルカクで、MFやSBのサポートを受けることもなかったというわけです。

2016‐17シーズンにプレミアリーグ38試合24ゴールという数字を残したときは、90分あたり3.6本のシュートを放っていたアレクシス・サンチェスは、マンチェスター・ユナイテッドでは半分以下のシュート数に留まりました。「ペップ・グアルディオラなら、アグエロの周囲を動き回るモバイルフィニッシャーと見做していただろう」と語るベイトさんに、ロビン・ファン・ペルシも同調しています。「彼は守備的なチームに入ってしまった」。サー・アレックス・ファーガソンのチームで活躍したOBは、「ディフェンスのタスクを求められた7番は、SBとの連携なきままに孤立し、敵陣でプレイする機会を増やそうと無謀なドリブルを試みるようになった」と主張しています。

ベイトさんのアナライズに戻りましょう。ファン・マタのサポートを受けられる時間が長ければ、ゴールゲッターとしての才能を披露するチャンスに恵まれたかもしれないと語るジャーナリストは、「アーセナルでは、チームメイトにチャンスを与えるよりも頻繁にシュートを打っていた。ユナイテッドでは、ショットよりもチームメイトのチャンスメイクに徹した」とレポート。「やがて彼はドリブルを止めた。常に何かを起こそうと目論み、ゲームを構築していた男はその責任を放棄した」。この見立ては、自信喪失がベースにあるとしたアーセン・ヴェンゲルの指摘とも符合します。

「アレクシス・サンチェスの強みは、イニシアティブを取り、ドリブルし、周囲を動かすこと。自由に動いて主導権を握ることが大事で、自信を失ったときに最も脆弱になる」。

マンチェスター・ユナイテッドの栄光のシンボルとされた背番号7は、しばらくは空位になるのでしょう。無念ですが、これもまたフットボールの世界でしばしば起こることです。今回の決断が、彼らしさを取り戻すための適切なステップになることを願ってやみません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ