ジダン監督がガレス・ベイル放出を明言!移籍先の条件は「英語」「ゴルフ」「サラリー」⁉

We hope he leaves soon. It would be best for everyone. We are working on his transfer to a new team.I have nothing personal against him, but there comes a time where things are done because they must be done.(われわれは、彼がすぐに出ていくことを望んでいる。みんなのために、それがベストだ。彼が新しいチームに移籍するように取り組んでいる。個人的な何かがあるわけではないが、物事を成し遂げなければならない時があるんだ)」

ヒューストンで行われたバイエルン・ミュンヘン戦でガレス・ベイルを外したジネディーヌ・ジダン監督は、冒頭の発言の後に「24時間以内か48時間後かはわからないが、状況は変わる。それは全員にとっていいことだ」と重ねました。冷酷に感じられるニュアンスには、ロッカールームの微妙な空気に対する配慮が込められているのでしょう。そういえば、プレミアリーグからエル・ブランコに活躍の場を移して9ヵ月めだったクルトワが、ウェールズ代表のエースがいかにチームになじんでいないかを暴露していました。

6年経ってもスペイン語を解さず、チームメイトとの食事会は「23時に寝たい」という理由で欠席。深夜までディナーを愉しむスペインのカルチャーに背を向けているそうです。休みがあるごとにウェールズに戻り、自宅にこしらえた3ホールのコースでゴルフ三昧。ロッカールームで付けられたあだ名は「ゴルフィスタ」。アザールが入団した際にも、「全米オープンが楽しみ!」とゴルフネタをツイートして炎上しています。

チームメイトから困惑され、サポーターからは厳しい声を浴びているベイルですが、5月にラジオのインタビューに応えた際には、レアル・マドリードに残りたいとコメント。「契約はまだ3年残っている。追い出したければ、毎年1700万ユーロ(約20億円)を払ってもらわないと。プレイさせないというなら、ゴルフをするだけだ」とボケていました(という解釈でいいんですよね?)。ユーヴェに入団したラムジーが最初の会見でイタリア語で話したとき、「ベイルのスペイン語よりうまい!」と話題になるぐらい、「Englishman in Madrid」的オレ流スタンスは有名です。

居場所を失いつつあるウインガーには、プレミアリーグのトッテナムとマンチェスター・ユナイテッド、ブンデスリーガではロベリーを失ったバイエルンが興味ありと報じられています。スペインで振りまいた数々のエピソードを聞くと、海外のクラブでうまくやれるイメージはありませんが、英語が通じる人が多いドイツは悪くないかもしれません。いや、しかし。度重なる負傷に悩まされながらも、ラ・リーガ155試合78ゴールという数字を残すあたりは天才ですが、「マドリードではあんな感じだったけど、ウチなら大丈夫」と胸を張れるクラブはあるのでしょうか。古巣という縁があるトッテナムは「給与が半額なら」。48時間以内に契約成立というスーパーイリュージョンショーが成功するとなると、プレミアリーグで最も売上が多いクラブと、ドイツかフランスのチャンピオンぐらいしか思い浮かばないのですが…。

月日が経つのは早いもので、2012-13シーズンのスパーズで無双状態だったレフティも、もう30歳です。ベイルはマイペースを崩さないでしょう。ベイルはときどき負傷でリタイアするでしょう。ベイルはゴルフに関するツイートの多さでサポーターを苛立たせ続けるでしょう。昨季は公式戦42試合14ゴール、半分は途中出場でした。次のシーズンは、さらに数字を落としてしまう可能性のほうが高いのではないでしょうか。

ロッカールームで隣同士のマルセロは、気を遣ってカタコトの英語で声をかけ、ピッチではゴール前にいるフリーのチームメイトがパスをもらえず、枠を外れたシュートを眺めてしばし呆然。「チームプレー」「仲間意識」「和」などという言葉は無縁です。日本人のプレミアリーグファンに嫌われそうな要素をこれだけ揃えているスター選手は、他にいないのではないかとすら思います。本ブログに目を通してくださる方々においても、復帰するとなったとき、「ベイル、お帰り!」と盛り上がる向きが少ないのは容易に想像できます。

それでも私は、ときどき妄想してしまうのです。英語で意志の疎通ができるプレミアリーグに戻ってきたら、華麗な復活があるのではないか、と。ノースロンドンかオールド・トラフォードか、勝手知ったるリーグに戻るというプランは成立するのでしょうか。スペインメディア「マルカ」は、移籍金とサラリーを用意できるクラブとして、中国スーパーリーグの江蘇蘇寧の名前を挙げていますが、ウェールズに戻りづらい国を選ぶとは思えません。まさか、ミニゴルフ場付きなら一発サイン⁉何はともあれ、次のニュースをしばし待ちましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ブルーノ・フェルナンデスVSミリンコヴィッチ=サヴィッチ。マン・ユナイテッドの本命は?

ダニエル・ジェームズとアーロン・ワン=ビサカを順調に獲得したマンチェスター・ユナイテッド。スウォンジーからやってきた切れ味鋭いドリブラーとプレミアリーグ屈指の若手SBはすぐにチームになじみ、ハリー・マグワイアとブルーノ・フェルナンデス、シーン・ロングスタッフを加えれば2019-20シーズンのニューモデルは完成するものと思っていました。パリ移籍が囁かれていたデ・ヘアは契約延長合意に近づいていると報じられ、レアル・マドリードがほしがっていたポール・ポグバも1億5000万ポンドという膨大な移籍金によって守られそうな雲行きです。ロメウ・ルカクの去就は不透明ですが、インテルは7500万ポンドを調達する算段が立っておらず、プレミアリーグ残留となる可能性が高まっています。

8000万とも9000万ともいわれているマグワイアの移籍金を払うかどうかは微妙ですが、ブルーノ・フェルナンデスの6300万ポンド(約85億円)は問題なくクリアすると楽観視していました。スポルティングCPで公式戦53試合32ゴール18アシストという出色のスタッツを残したMFは、マルセル・カイザー監督が「クラブに引き留めるのは難しいだろう」と離脱を覚悟していた選手です。移籍金も、昨今の相場に照らし合わせれば決して高すぎるとはいえず、CBよりも先に決まると高をくくっていたディールです。

ところが、最近になって「マンチェスター・ユナイテッドは6300万ポンドを嫌っている」というニュースが流れてきています。「エクスプレス」によると、スポルティングCPは残留を想定したチームづくりを始めているとのこと。同時にイタリアから聞こえてきたのは、「ラツィオのセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチを獲りにいっている」というお話です。24歳になったセルビア代表の獲得交渉は近年の恒例行事と化しており、ラツィオに天文学的なタグを突き付けられて撤退するというプレシーズンマッチは、プレミアリーグの開幕が近づいていることを知らせる夏の風物詩です。

「フットボールイタリア」は、1年前は1億ポンド超だった移籍金は9000万ポンド(約121億円)まで下がっていると伝えています。マグワイア+ブルーノ・フェルナンデス+ミリンコヴィッチ=サヴィッチ=2億5000万ポンド(約337億円)。ポグバ売却が前提のように語られていた時期ならいざ知らず、既に獲得が決まっている新戦力を加えると3億ポンドを余裕で超える出費は、プレミアリーグNo.1の売上を誇るクラブといえども考えていないでしょう。サポーターとしては、マンチェスター・シティの7割に留まっている得点力を上げるべく、スポルティングCPのポルトガル代表MFを獲ってほしいのですが、クラブとしてはミリンコヴィッチ=サヴィッチが最重要ターゲットなのでしょうか。

2017-18シーズンのセリエAで35試合12ゴールだったラツィオのMFは、昨季は31試合5ゴールと数字を落としています。ポグバが残るなら、ブルーノ・フェルナンデスよりもキープ力と守備力が期待できるミリンコヴィッチ=サヴィッチのほうがバランスがいいという判断なのかもしれません。確実に獲れそうなタレントに背を向け、無謀なディールに突っ込んでいるように見えるのですが、外野にはわからない魅力と勝算があってのアプローチだと信じるしかありません。

ラツィオのクラウディオ・ロティート会長は、「ミリンコビッチ=サヴィッチは誠意と責任を示してくれている。彼はここで気分よくやっている」と放出に難色を示しながらも、「昨年は他クラブのアタックに抵抗することに成功した。しかし今年になって、別のソリューションが提示されれば、われわれはより少ない武器しか持ちえない」と高額の移籍金に抗えないクラブ事情をほのめかしています。

どうする、マンチェスター・ユナイテッド。プレミアリーグ開幕まで3週間を切っています。お買い物が上手とはいえないクラブゆえ、「三兎を追うもの一兎をも得ず」とならないか心配なのですが…。われわれは、ひたすら朗報を待ち続けるしかありません。週明けからの動きに注目しましょう。(セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ 写真著作者/Эдгар Брещанов)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

資金調達OK⁉ ロンドンのメディアが「ザハ争奪戦にエヴァートン参入」と報道!

ウィルフリード・ザハを見出しにするメディアが急増しているように感じられます。プレミアリーグ屈指のドリブラーが、クリスタル・パレスに「退団したい」と伝えたというニュースが飛び交い、ロイ・ホジソン監督のコメントも増えているからでしょう。ザハが出ていけば、来季プレミアリーグの戦い方を考え直さなければならない指揮官は、エースの合流を心待ちにしていると語っています。

「彼と話し合ったりはしていない。退団したいといったかどうかもわからないね。彼はわれわれのプレーヤーで、今はクラブが彼を放出しようとしているといった情報はない。これからも、ともに働けることを楽しみにしている」「彼は10日ほど休んで、ヘルタ・ベルリン戦の前に戻ってくる予定だ。早めに復帰してくれならうれしいけどね」

アーセナルが4000万ポンドを提示したと伝えられてからは、新たなオファーはないのでしょう。「スカイスポーツ」は、それでもノースロンドンのクラブとサウスロンドンの選手の相思相愛は続いていると主張。4月のエミレーツでザハに決勝ゴールを叩き込まれ、2-3で敗れたウナイ・エメリ監督が獲得を熱望しており、コートジボアール代表FWもビッグクラブへのキャリアアップを諦めていないとレポートしています。

そんななかで、ロンドンの「イブニング・スタンダード」が気になる記事を配信していました。「Everton rival Arsenal for Wilfried Zaha as Crystal Palace demand £80m transfer fee(エヴァートンがクリスタル・パレスが要求するウィルフリード・ザハの移籍金8000万ポンドで、アーセナルと張り合おうとしている)」。今まではアーセナルがフロントランナーと目されていたが、アデモラ・ルックマンをRBライプツィヒに2250万ポンド(約30億円)で売却する予定のクラブが、ザハ獲得のための資金を調達するといった内容です。

エヴァートンの年間売上はアーセナルの半分以下。この夏は既にアンドレ・ゴメス獲得で2200万ポンド、ファビアン・デルフに1000万ポンドを費やしているクラブが、さらに100億円以上のビッグマネーを投じるというお話です。グイェをパリなどのビッグクラブに差し出せば、3000万ポンドを超える資金が手に入りそうですが、プレミアリーグの中堅クラブが総額1億2000万ポンド(約162億円)以上の爆買いとなれば、嫌でも警戒しなくてはなりません。

クリスタル・パレスがキーマンを失うかどうかは、エヴァートンとアーセナルの懐事情だけでなく、「ザハがよしとするか」によって決まります。プレミアリーグ8位が、資金力で5位をねじ伏せる下剋上は実現するのでしょうか。ドリブラーの希望は、「欧州で戦える名門クラブ」だと思われるのですが…。答え合わせは、「エヴァートンのオファーが報じられてから」ですね。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ダニー・ローズ、セセニョン、ロ・チェルソ…トッテナムの補強&放出最新トピックス!

ダニー・ローズの売却が決まれば、いよいよライアン・セセニョンの獲得に走ることになるのでしょう。アジアツアーのメンバーから外れたイングランド代表SBには、パリ・サンジェルマンとシャルケ04が興味を示していると伝えられており、トッテナムは2000万~2500万ポンドのオファーがあれば放出するといわれています。16歳の頃にリーズでプロデビューし、2009-10シーズンにスパーズでプレミアリーグ初出場を果たしたSBは、ノースロンドンで10年という節目に海外チャレンジに打って出ることになりそうです。

後釜と目されているフラムのセセニョンは、19歳で初挑戦となったプレミアリーグ2018-19シーズンを35試合2ゴール6アシスト。ビッグチャンスで犯したミスが9回もあり、満足とはいえない1年だったのではないでしょうか。SB、WB、ウイング、トップ下をこなすテクニシャンに、フラムは4500万ポンド(約60億円)というタグを付けているようですが、「デイリー・ミラー」はスパーズが2500万ポンドまで落とそうとしていると報じています。契約延長を拒否したセセニョンはスパーズ入りを熱望しており、フラムの強気は長くは続かないと見られています。

リヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレをクラブレコードの6500万ポンドで獲得し、リーズのジャック・クラークも押さえたたスパーズは、ライアン・セセニョン以外にも2~3人の新戦力を加えるようです。アトレティコ・マドリードに移籍したトリッピアーの代役として挙がっているのは、ローマのフロレンツィ、ナポリのアルバニア代表ヒサイ、マルセイユの酒井宏樹。エリクセンの去就が取り沙汰されている中盤には、アルゼンチン代表MFジオヴァニ・ロ・チェルソを引き入れようとしています。

「スカイスポーツ」は、現在の最重要ターゲットとなっているプレーメイカーについて、ベティスがナビル・フェキルを獲れば6000万ポンド程度で落札できると報じています。ダニエル・レヴィ会長は、さらに値下げを試みているようですが、ドイツメディア「シュポルト・ビルト」がバイエルンの参入を伝えているとなれば、時間をかけるわけにはいきません。昨季のラ・リーガで32試合9ゴール5アシスト、ヨーロッパリーグで7試合5ゴールの23歳は、ポチェッティーノ監督の下でプレイしたいといっており、多少値段が張ろうとも確実に押さえたい逸材です。

このほか、ダニエウ・アウヴェスとダニ・セバージョスを巡るノースロンドンダービーはアーセナルが優勢で、ニコラ・ザニオーロとアルデルヴァイレルトのスワップはローマが拒否したと伝えられています。大黒柱だったアルデルヴァイレルトが抜けた際は、ファン・フォイスと キャメロン・カーター=ヴィッカースに期待するということなのでしょうか。

出入りの激しい夏となりそうなスパーズですが、ポチェッティーノ監督は納得のいく新戦力を得ることができるのか。レヴィ会長の値切り交渉が過ぎて、獲得寸前のタレントを逃すのではないかとハラハラさせられますが…。プレミアリーグで4シーズン連続のTOP4フィニッシュを達成し、チャンピオンズリーグでファイナリストになったスパーズの立ち回りに注目です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ザハVSエヴェルトン…低予算のアーセナルは、ブラジル代表FW獲得に完全シフト!?

ザハか、エヴェルトンか。今週の報道をチェックすると、アーセナルの本命は完全にエヴェルトンにシフトしたように見えます。ブラジルの「Fox Sports」は、ガナーズとグレミオ・ポルトアレグレンセが23歳のアタッカーの移籍について合意に至ったと報じています。コパ・アメリカ2019でボリビア戦に途中出場したときは、バックアッパーのひとりでしかなかったエヴェルトンは、左足の強烈なミドルシュートで自らの運命を変えたのかもしれません。

グループステージ最終節のペルー戦で2発めを決めたドリブラーは、決勝のペルーとの再戦でも先制ゴールをゲット。3ゴール2アシストという素晴らしい数字を残し、優勝と大会得点王の栄誉を同時に手に入れたエヴェルトンは、プレミアリーグのクラブの名前を挙げて欧州チャレンジの可能性を示唆しました。

「左サイドからのカットインとフィニッシュが僕の武器だ。欧州でもこういったスタイルで活躍している選手がいる。僕もフィットするだろう。マンチェスター・ユナイテッドでも他のクラブでも」

「Fox Sports」によると、昨季プレミアリーグ5位が支払う移籍金は2500万ポンドで、オプションも入れると最大3600万ポンド(約48億円)。4500万ポンドしか予算がないといわれるクラブでも手が届く水準で、ブラジル代表に帯同していたエドゥSDの熱意によってあっさり決まっても不思議はありません。2018年のカンピオナート・ガウショ(ブラジル1部)で、1試合あたりのドリブル成功数No.1のヤングスターがガナーズに来るとなれば大いに盛り上がるのですが、先に移籍が噂されていたプレミアリーグNo.1のドリブラーに後ろ髪を引かれるような気分が残ります。

「スカイスポーツ」によると、アフリカネーションズカップに参加していたウィルフリード・ザハは、クリスタル・パレスに対してクラブを離れたいと明言したそうです。ここ数年のプレミアリーグでは、ドリブル成功数のTOPがアザール、2位ザハという並びが続いており、チェルシーのエース去りし後はコートジボアール代表が頂点に躍り出ます。エミレーツで、ザハ、オーバメヤン、ラカゼットの3トップがアナウンスされたら、否応なく盛り上がるでしょう。アーセナルに来たがっていたテクニシャンですが…やはり移籍金は8000万ポンドから下がらないようです。

「アーセナルが、私たちの評価に近いレベルでオファーしたとは認識していない。誰かが彼を連れ去りたいなら、市場価値に沿った金額の提示があることを期待している」(ロイ・ホジソン)

単純比較なら、プレミアリーグで経験と実績を積み上げているザハを選ぶのがローリスクですが、移籍金が倍額となればブラジル代表に傾くのもむべなるかな。エドゥSDの最初のお手柄というタイミングのよさも、エヴェルトン獲得に舵を切る材料になりえるでしょう。「ムスタフィを売ってエヴェルトン」と「エジルを売ってザハ」なら、もちろんグーナーは…!ああ、エヴェルトンが現れた今、8000万ポンドという高すぎるハードルを超える動機は「ザハはアーセナル入りを熱望している」以外に見当たりません。

エヴェルトン、キーラン・ティアニー、ダニ・セバージョスとCBが加われば、エメリ満足グーナー納得。ホールディングとベジェリンが9月に復帰し、エジルとミキがトップフォームを取り戻せば、プレミアリーグTOP4フィニッシュという目標はリアルです。ブラジル発で合意報道はあったものの、イギリスの主要メディアは伝えておらず、決まるとしてもしばらく時間がかかるものと思われます。アンカーにルーカス・トレイラ、インサイドMFにエジルとダニ・セバージョス、前線にはエヴェルトン、オーバメヤン、ラカゼット。ありですね。ありです。充分です…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ