やっぱり8000万ポンド!? 現地メディアが「マグワイアはマン・シティと契約間近」と報道!

クリス・スモーリングの代役ではなく、ヴァンサン・コンパニの後継者となる可能性が高まっているようです。マンチェスター・ユナイテッドの最重要ターゲットといわれていたレスターのハリー・マグワイアは、マンチェスター・シティを選んだと報じられています。「デイリー・ミラー」によると、移籍金は8000万ポンド(約110億円)。以前から話題になっていたレスターの要求額は、PFA年間最優秀選手に輝いたヴィルジル・ファン・ダイクを500万ポンド上回るCBのレコードです。

ハル・シティ時代に、CBとは思えない獰猛なオーバーラップで注目されたマグワイアは、レスターで過ごした2年間でデュエルの安定感とフィードの精度を高めました。ファン・ダイクのデュエル勝率75.7%に対して、マグワイアは72.7%。空中戦の勝率を比較すると、オランダ代表キャプテンが74.1%でマグワイアは78.1%と、プレミアリーグ屈指のCBを凌駕しています。アリソンが背後にいるようになってから凄みを増したファン・ダイクのように、守備範囲が広いエデルソンの前に入ったマグワイアもクオリティが上がるのではないかと思います。

レスターの大黒柱がマン・シティ入団に傾いたというニュースの根拠は、ご本人が「トレブルを達成したクラブからのオファーは、断るにはあまりにも魅力的だ」と友人にこぼしたという話です。報じられているサラリーは、週給28万ポンド(約3800万円)。プレミアリーグ6位からの誘いには慎重になったとしても、3連覇とビッグイヤー制覇をめざすクラブの高額オファーを袖にするのは勇気が必要でしょう。トロフィー、移籍金、サラリーといったフットボール界の三種の神器を見せつけられ、コンパニを継ぐ者というシナリオまで用意されれば、中堅クラブへの愛情を盾に断れる選手はほとんどいないのではないかと思われます。

さて、ここからはいささか気の早い話になりますが、マグワイアがペップのサッカーにフィットするかというテーマについても興味が湧きます。パスワークが売りだったジョン・ストーンズは、時折軽いプレーでピンチを招き、昨季プレミアリーグの最終盤で出番を減らしました。守りに入ったときの強さと安定感なら、マグワイアはラポルテともいい勝負でしょう。マイボールの際に中盤をサポートする役回りをこなせれば、すんなりレギュラーに定着するのではないかと思います。

「デイリー・ミラー」は、マン・シティはマグワイアとともにアトレティコ・マドリードのセントラルMFロドリも獲りにいくとレポートしています。本人がプレミアリーグにチャレンジしたいといえば、バイアウト条項の6250万ポンド(約85億6000万円)はハードルにならないでしょう。総額8億5000万ポンドを超える投資で築き上げたスター軍団は、弱点をきっちり埋めて新シーズンに向かえそうです。

「フットボールがお金だけになってしまえば、それはもうフットボールではない」と持論を主張しつつ、「他のクラブと同様に投資できなければ、競争力をキープできない。みんなが散財しているのだから、われわれも同じ道を歩かないと」と語ったクロップ監督は、ライバルを超える強化に打って出るのでしょうか。プレミアリーグ2019-20シーズンも、2強のチキンレースになりそうな予感が漂っています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

マクガイヤ&ロドリ!この2つのビッグディールが成立することを切望します。早く締結して欲しいです。
成熟を迎えつつあるチームの、ラストピースと言えるのではないでしょうか。
  • ペップの街
  • 2019/06/25(Tue)10:56:15
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。
マグワイアはシティですか。これはいい補強になりそうですね。ペップ指導の元更にその才能に磨かれば、シティはもとよりイングランド代表も明るいでしょうね。
新シーズンもシティは侮れない存在ですね。
  • Macki
  • 2019/06/25(Tue)11:08:49
  • 編集

無題

オフシーズンも楽しい話題ありがたいです。
マグワイアを取るならストーンズは出してもらいたいですね。
代表でのプレイをみても安定感が違いますし、ストーンズの出番はもっと減るでしょう。若いので飼い殺しは残念なのでスタメンで出れそうなチームへ移籍させて欲しいです。
  • イレブン
  • 2019/06/25(Tue)14:27:51
  • 編集

無題

更新ありがとうございます。
レスターは錬金術のように移籍金で儲けてますが、ヴァーディが移籍せずに留まっているのはクラブ愛でしょうか?対強豪の得点力も衰えてませんし、4月はリーグ月間MVPでした。引く手が無い方が不思議なのですが。
  • アイク
  • 2019/06/25(Tue)14:43:56
  • 編集

無題

フェルナンジーニョと競える選手と
コンパニの代役の選手を確保出来れば
後は左サイドバックでしょうか?
フリーのフェリペ・ルイスなどが加入すればまさに鬼に金棒になりそうです。
  • レン
  • 2019/06/25(Tue)16:31:19
  • 編集

無題

ロドリ6000万ポンドとかカンセロ6000万ポンド、マグワイア8000万ポンド...
いやー、プレミアのマドリーみたいな振る舞いですね。選手がフィットするか?というよりかはペップが選手を次々とフィットさせてますし、そもそもポテンシャルも高い選手ばかり。
CL優勝したリヴァプールもこれに対抗するだけの資金はありそうですし(何よりこちらもスカウトが優秀)、今後ますます“メガ2 ビッグ4”化が加速していきそうです。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/06/25(Tue)17:57:36
  • 編集

無題

マンCでプレーするには実力不足でしょ。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/06/25(Tue)18:05:18
  • 編集

無題

マグワイアについてはホームグロウンが関係していると思うのですが、
プレミアリーグのホームグロウンがいまいちわかりにくい・・・
  • シティ大好き
  • 2019/06/26(Wed)08:50:18
  • 編集

無題

実際ペップはHG選手増やしたいと考えてるみたいですね。それならカンセロではなくワン・ビサカ狙ってほしかったですが。

左サイドバックはジンチェンコ先発で怪我がちなメンディを控えと考えていたみたいですが、どうやらアンジェリーノが戻ってくるようです。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/06/26(Wed)12:14:09
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ