移籍市場に異変あり⁉ プレミアリーグのビッグ6が狙った選手を獲得できない理由。

マンチェスター・シティはロドリ、トッテナムはエンドンベレ、マンチェスター・ユナイテッドはダニエル・ジェームズとアーロン・ワン=ビサカのみ。予算がないアーセナルはダニ・セバージョスをレンタルしただけで、チェルシーは補強禁止。プレミアリーグ制覇をめざすリヴァプールも、17歳のゼップ・ファン・デン・ベルグに130万ポンドを費やした後は沈黙しています。プレミアリーグのビッグ6が、デッドラインデーまで残り2週間で即戦力を5人しか獲っていないという状況は、異変という表現がぴったりです。

1年前に補強ゼロだったスパーズと、TOP4を奪還したいマンチェスター・ユナイテッドまでも静かなのが不気味です。プレミアリーグに昇格したばかりのアストン・ヴィラは、10人の新戦力に総額1億2000万ポンド(約162億円)も投資しており、さらにもうひとり加える予定といわれています。どうした、ビッグ6。ダニエル・レヴィのやりくりセミナーでも受講したのか、クロエンケウィルスに感染したのか。彼らが動かない…あるいは動けない理由について、いくつか仮説を挙げてみましょう。

最初の理由は、「チーム運営手法の変化」です。2017-18シーズンに、マンチェスター・シティはベルナルド・シウヴァ、バンジャマン・メンディ、カイル・ウォーカー、エデルソン、アイメリク・ラポルテと守備陣を中心とした大改革を断行。これを追うように、2018年のリヴァプールもファン・ダイク、アリソン、ファビーニョ、シャキリ、ナビ・ケイタという大型補強を行っています。昨季プレミアリーグでハイレベルな優勝争いを展開した2強は、チームの完成度の向上と中長期的な強化にシフトしているように見えます。レッズのゼップ・ファン・デン・ベルグと、マン・シティが買い戻したアンヘリーノは次世代への投資のシンボルです。

チェルシーがペナルティを喰らい、アーセナルが緊縮財政を強いられているのも静かな夏が続いている直接的な理由ですが、「移籍金の高騰」も大きな要因になっています。ミリンコヴィッチ=サヴィッチが9000万ポンド、ハリー・マグワイアとザハが8000万ポンド、ブルーノ・フェルナンデスは7000万ポンド。これらは現地メディアが報じたマーケットの主役の価格ですが、以前なら5000万ポンド以内で買えたであろう選手たちの高騰には、資金力があるマンチェスター・ユナイテッドさえも二の足を踏んでいます。

ガレス・ベイルとコウチーニョの獲得について問われたクロップ監督は、「個よりもチーム」「短期的視点よりも中長期」とNGの理由を伝えつつ、両者とも獲得にかかる費用が高すぎると率直に語っていました。ディレクターのマイケル・エドワーズさんも、ハイリスクな高額選手にダメ出ししているものと思われます。この夏は積極的な補強を目論んでいると伝えられたスパーズも、同じ理由で3人目以降を決められないのではないでしょうか。

従来なら、高額選手の価格は交渉で下がるのが常でした。今季でいえば、ワン=ビサカの移籍金は直前の報道から1000万ポンドほど落ちています。他のディールにおいてこの動きがないのは、「中堅以下のクラブが売らなくても構わないと考えている」、もしくは「本気で勝ちにいっている」という状況もありそうです。ロジャース監督が上位進出にこだわるレスター、ザハを出したがらないクリスタル・パレス、着実に補強を進めているウェストハム、エヴァートン、ウルヴスから主力を剥がすには、相当な額を用意しなければなりません。

これらの仮説が妥当だとすると、プレミアリーグのビッグ6を表現する言葉は「成熟」ではなく「停滞」ということになります。2018-19シーズンにはトップのクラブが国内トレブルを達成し、2位から5位がCLとELのファイナルを独占したリーグは、苦戦を強いられるかもしれません。残り2週間、マン・ユナイテッドやアーセナル、トッテナムが対峙している重い岩は動くのか。デッドラインデーの直前にバタバタ決まるような気もしますが、このまま開幕節に突入しても驚きはありません。2019-20シーズンは、手強い中堅クラブの奮闘で混沌としたTOP4争いになりそうな雲行きです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ありがとうございます。面白い考察です。
ネイマール以降の混乱した市場が適正なところに戻ろうとしているのでしょうか。
クレイジーな資金が無いわけではないでしょうに、上位クラブが軒並み堅実な判断を下しているのであればPLの繁栄はまだまだ続きそうです。
  • アイク
  • 2019/07/27(Sat)11:15:17
  • 編集

無題

アーセナルのペペ合意が気になります。実現したら怖すぎますよ…

無題

狂乱の移籍金市場に付き合わず、継続、熟成路線を歩むことは、十分合理的な選択肢だと思います。話題性には欠けますけどね。。。
結果が悪ければ停滞扱い、良ければ熟成とされるだけのことでしょう。年内ぐらいには答えが出るかと。
  • 別府市民
  • 2019/07/27(Sat)21:03:49
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ