ダヴィド・ルイス、イオビ、ロ・チェルソ…プレミアリーグのデッドラインデーLIVE!【後編】

「ライアン・セセニョンはスパーズへ!プレミアリーグのデッドラインデーLIVE!【前編】」より続きます。現地時間8月8日16時。プレミアリーグ2019-20シーズンの新戦力をゲットするチャンスは残り1時間となり、「BBC」の特設サイト「Transfer deadline day LIVE」は、ウィルフリード・ザハは出発しないといい切っています。前線を強化しようと奮闘していたエヴァートンの希望は、ガナーズとの交渉が続いているアレックス・イオビのみとなりました。

締め切り10分前に届いたニュースは、アンディ・キャロルのニューカッスル復帰です。2011年1月、当時はフットボール史上8位の高額だった3500万ポンドでリヴァプールに移籍した長身のストライカーは、アンフィールドで過ごした2シーズンでプレミアリーグ6ゴールと期待外れに終わり、ウェストハムでも7年で34ゴールと微妙なスタッツしか残せませんでした。30歳になったポストプレーヤーにとって、今回の移籍はトップリーグで輝くための最後のチャンスになるでしょう。

17時10分、セルティックのキーラン・ティアニーがアーセナル移籍の手続きを完了させたと報じられました。2回のオファーが拒否された後、満を持して提示した3度めは2500万ポンド。スコットランド代表でアンディ・ロバートソンのライバルとなっている22歳は、コラシナツと攻撃力を競うことになりそうです。ヘルニアの手術を受けたばかりで酷使は禁物ですが、彼の加入によって、オーバメヤンやラカゼットに精度の高いクロスが入る機会が増えるのではないでしょうか。

10分後、来ましたジオヴァニ・ロ・チェルソ!昨季公式戦で45試合16ゴール6アシスト、アルゼンチン代表で19キャップを数えるベティスのプレーメイカーは、6000万ポンド(約77億円)の買い取りオプション付きローンでノースロンドンに活躍の場を移すことになりました。ユーヴェがディバラをプロテクトしたため、スパーズの前線の補強はロ・チェルソのみとなりましたが、懸案のポジションにライアン・セセニョンとエンドンベレが加わっており、悪くない着地といっていいでしょう。

直後、マンチェスター・シティがダービー・カウンティのGKスコット・カーソンをローンで獲得。第2GKのブラボが古傷を抱えているため、保険として押さえたのだと思われます。締め切りが終わって30分経っても、ダヴィド・ルイスの続報はありません。17時50分には、ダニー・ドリンクウォーターが1月までバーンリーにレンタルと伝えられました。レスターでプレミアリーグ制覇を果たした後、コンビを組んでいたエンゴロ・カンテの後を追ってチェルシーに入団したセントラルMFは、力を発揮できる機会を得られないまま中小クラブに逆戻りとなりそうです。

19時30分、レスターがサンプドリアのデニス・プラートを1800万ポンド(約23億2000万円)でゲット。セリエAで3シーズンを過ごしたベルギーのセントラルMFは、エンディディと並んでプレイすることになるのでしょう。ティーレマンス、アヨゼ・ペレス、ジェームズ・ジャスティンを手に入れたロジャーㇲ監督のチームは、ハリー・マグワイアの代役を押さえずに開幕を迎えることになりました。ウェズ・モーガン、ジョニー・エヴァンス、ソユンチュ、ベンゴヴィッチと頭数は揃っておりますが、大ベテランとプレミアリーグの経験が浅いCBが2人ずつという顔ぶれは、EL出場権をめざすクラブとしてはもの足りないといわざるをえません。

プレミアリーグ昇格1年めのシェフィールド・ユナイテッドは、オランダ人GKマイケル・ヴェリプスをフリーで獲得し、エヴァートンのべシッチをレンタル。「Transfer deadline day LIVE」は、「来季はアーセナル?チェルシー?」とあのビッグネームの去就を気にしています。

ようやくビッグニュースが飛び込んできたのは、20時をまわってからでした。「DONE DEAL - Arsenal sign Luiz」。ダヴィド・ルイスが800万ポンド(約10億3000万円)というお買い得価格でアーセナルと契約完了。7月25日にダニ・セバージョスを引き入れてから、ウィリアム・サリバ、ニコラ・ペペ、キーラン・ティアニー、ダヴィド・ルイス…ローンあり分割ありとやりくりメニューをフル活用して、たった2週間でこれだけの戦力を揃えたエドゥTDに拍手を送りたいと思います。6月まで最もしょっぱいクラブと目されていたガナーズは、最高の補強でプレミアリーグ2019-20シーズンに臨むクラブに変貌を遂げました。

21時、ウルヴスがバイエルンの20歳MFシャバニを獲得。最後の「DONE DEAL」は、デッドラインデー直前の主役となった2つのクラブによるものでした。アーセナルからエヴァートンに移籍するアレックス・イオビは移籍金2800万ポンド、アドオンの条件を満たせば最大3400万ポンド(約43億9000万円)になるといわれています。トランスファーデッドラインデー、これにて終了。あれだけ動いていたマンチェスター・ユナイテッドは得点力を高められる選手を獲れず、最後の1日は完全に沈黙。アーセナルとトッテナムが重要なターゲットを続々と決めるスリリングな21時間でした。

プレミアリーグ2019-20シーズンがいよいよ開幕します。フライデーナイト開催となった最初のゲームは、欧州王者リヴァプールVSノリッジ。今季も粛々とレポートさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ライアン・セセニョンはスパーズへ!プレミアリーグのデッドラインデーLIVE!【前編】

「Happy Transfer Deadline Day!」。ハイテンションで長くなりそうな1日の始まりを告げたのは、「BBC」の恒例コンテンツ「Transfer deadline day LIVE」です。プレミアリーグの20クラブが、開幕前に新戦力を獲得できる最後の日。17時を過ぎたら、新たな契約書にサインすることはできません。特設ブログのキックオフコンテンツは、マグワイア8000万ポンド、ニコラ・ぺぺ7200万ポンド、ロドリ6280万ポンドと続く「この夏の高額移籍金リスト」です。ウェストハムが4500万ポンドで連れてきたフランクフルトFWセバスチャン・ハラーや、エヴァートンがユーヴェから獲った19歳のモイーズ・キーンがプレミアリーグで何発決めてくれるか、今から楽しみです。

と、いきなり本日最初のビッグニュース。トッテナムがフラムの怪物ライアン・セセニョンを2500万ポンド(約32億3000万円)でゲットするようです。ずっと追いかけていたレフティを手に入れることが決まれば、ジョシュア・オノマーをフラムに差し出すことになります。2つめの速報は、ロメウ・ルカク移籍に関してマンチェスター・ユナイテッドとインテルが合意したというお話です。気になるフィーは「8000万ユーロ(7300万ポンド)に届く可能性あり」とのこと。ミラノにいるルカクは、さっそくサポーターたちの撮影攻めを受けています。

おお!昨日の「スカイスポーツ」の「明日の朝には決まる」という記事はガセネタではなかったようです。現地時間8:00AM、チェルシーを出たがっていたダヴィド・ルイスのディールが800万ポンド(約10億3000万円)&2年契約で合意と報じられました。セルティックの左SBキーラン・ティアニーも2500万ポンドでノースロンドン決定といわれており、両者とも後ほどメディカルチェックが行われます。「ショックだ。5月に契約延長したばかりなのに」「アーセナルにとって非常に大きな補強になる」と、「BBC」のサイトはプレミアリーグ8シーズンめのベテランCBの話でひとしきり盛り上がっていました。新シーズンのアーセナルは、3-1-4-2や3-4-1-2にシフトするかもしれません。

9時を過ぎ、本日最初の「DONE DEAL」は、バーゼルに所属するスイス人ストライカー、アルビアン・アジェティ。ウェストハムが800万ポンドを支払った点取り屋は、22歳の有望株です。11時を前にして、ビッグ6関連のニュース到来。「Tottenham’s proposed move for Paulo Dybala is OFF after Juventus ultimately decided not to sell the 25-year-old Argentina forward.」。ユヴェントスのディバラを狙っていたスパーズは、スイッチをオフにしました。残るディールは、買い取りオプション付きのレンタルで獲るといわれているベティスMFジオヴァニ・ロ・チェルソです。

11時、ニューカッスルがスウェーデン人DFエミール・クラフトと契約完了。ボローニャからアミアンに貸し出されていた25歳の選手で、地元ではニューフェイスの獲得とともにアンディ・キャロルの復帰が取り沙汰されています。ブライトンがパリ・サンジェルマンの19歳DFロマリック・ヤピを獲得しましたが、こちらも最終日のメインターゲットはハダースフィールドのアーロン・ムーイ。プレミアリーグから降格してしまったチームの中盤で気を吐いていたオーストラリア代表のプレーメイカーです。正午になり、「BBC」の特設サイトが残り5時間を告げてから、ニュースが止まりました。オールド・トラフォードとアンフィールドは静かで、サプライズがあるとすればロンドンでしょう。

残り2時間を切り、ようやく4人めの「DONE DEAL」です。ライアン・セセニョン、トッテナム入団決定!既報の2500万ポンド、契約期間は5年プラス1年のオプションです。6月から噂になっていたディールは、気が遠くなるほどの長い旅でした。スパーズは、ダニー・ローズを売却してからと考えていたのだと思われますが、最終日になってもベテランSBは動かず、左サイドのすべてのポジションをこなせる19歳を呼び寄せるのが先になりました。

15時50分、ワトフォードがスタッド・レンヌのセネガル人ウインガー、イスマイラ・サールを獲ったという発表がありました。移籍金は2500万ポンド以上とされており、この額は2017年にアンドレ・グレイに費やした1850万ポンドを大きく上回るクラブレコードです。昨季の公式戦で50試合13ゴールという数字を残しているアタッカーは、プレミアリーグでもゴールを量産できるでしょうか。直後、アーロン・ムーイがブライトンにローン移籍と伝えられています。どうしてもプレミアリーグでプレイしたかったという28歳のMFは、この話が決まる直前にハダースフィールドと契約延長し、1年後に戻ってくると約束しました。

16時、締め切りまで残り1時間。ノースロンドンで動いている3つのディールは決まるのでしょうか。この稿、長くなりますので、続きは「プレミアリーグのデッドラインデーLIVE!【後編】」をご覧ください。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ダヴィド・ルイスがアーセナル移籍⁉ デッドラインデー直前、最新ニュース&ゴシップ!

「BBC」が、マンチェスター・シティがユーヴェの右SBジョアン・カンセロを6000万ポンド(約77億円)で獲得したと報じています。「素晴らしいクラブ、素晴らしいマネージャー。ここにいられるのがうれしい。施設やプレースタイルなど、すべてに感動させられた。自分の力を開発してトロフィーを獲得できると信じている。プレミアリーグで自分自身を試したい」。新しいクラブへの期待感を率直に表現した25歳のポルトガル代表は、カイル・ウォーカーとのレギュラー争いという高いハードルに臆することはなさそうです。これによって、ダニーロは3410万ポンド(約44億円)でユーヴェに向かうとのこと。差し引き2600万ポンドで意中のSBを引き入れたマン・シティは、思い残すことなくプレミアリーグ開幕に臨みます。

アーセナルを退団したダニー・ウェルベックはワトフォード入団決定。精力的に動いているエヴァートンは、モナコDFジブリル・シディベをローン移籍で手に入れました。ロメウ・ルカクは、マンチェスター・ユナイテッドに6700万ポンド~7700万ポンド(約86億~99億円)を残してインテルに旅立つといわれており、ストライカーが足りなくなるレッド・デヴィルズはジョレンテにアプローチしています。トッテナムが獲得間近といわれているのはロ・チェルソとライアン・セセニョンで、ディバラの去就は不透明です。ウィルフリード・ザハは残留濃厚、バルサが完全移籍を望んでいたとされるフィリペ・コウチーニョはプレミアリーグのビッグ6が一斉に手を引いたと報じられています。

「スカイスポーツ」は、左SBキーラン・ティアニーの移籍金についてアーセナルとセルティックが合意したと伝えつつ、新たなサプライズを放り込んできました。ダヴィド・ルイスがアーセナルに移籍⁉ プレミアリーグ7シーズン通算で160試合11ゴール、サッリ監督のチームでは36試合3ゴールと最終ラインの中心だった32歳のブラジル人について、「スカイスポーツ」のトランスファーライブは「デッドラインデーの朝には、移籍手続きを完了する」と妙に具体的な情報を流しています。フランスメディア「レキップ」もこれに同調し、「ダヴィド・ルイスはアーセナルに行きたがっており、既に交渉が進んでいる。移籍を実現させるために、トレーニングも欠席した」とレポートしています。

にわかに信じがたい話ですが、2つのメディアの主張には、うたかたのゴシップと笑ってスルーしづらいリアリティがあります。長年チェルシーの守備を仕切ってきたCBは、フランク・ランパードのスタイルに納得できなかったのでしょうか。アーセナルにしてみれば、最重要課題だったCBにプレミアリーグの経験豊富なベテランを据え、左サイドに若きSBを加えたうえで、月末までにムスタフィ、エルネニーを売り抜けたらパーフェクトです。ダヴィド・ルイスと同郷のエドゥTDが仕掛けたビッグディール? 彼らの補強を評価するのは最終着地を見届けた後になりますが、7月9日にディレクターが加わってから、ガナーズ関連のニュースに迫力が増したのは確かです。

買い物下手といわれるCEOの下で、得点力UPが期待できるブルーノ・フェルナンデスや中盤のバランスを改善してくれるミリンコヴィッチ=サヴィッチらがすべて目の前を通り過ぎていったクラブのサポーターとしては、ディレクターの重要性を噛みしめるしかありません。…いや、ワン=ビサカとマグワイア獲得は素晴らしい成果。最終日に、こちらにもサプライズがあるかもしれません。いよいよデッドラインデー。主役はノースロンドンとエヴァートン、脇役にマンチェスター・ユナイテッドといったキャスティングになるのではないかと思われます。

もとい、ダヴィド・ルイスですか。普通に考えれば、補強禁止のクラブが予算不足のライバルにレギュラーを差し出すなどという話はありえないのですが…。移籍金が報じられていないのは、信じるなというサインでしょうか。ゴシップならあまりにもヘタで、事実なら「どうした、チェルシー!」と叫びたくなる無謀なディールです。「フットボールの世界は、何が起こるかわからない」「どうなるか見てみよう」。想定外のぶち込みにテンションが上がり過ぎて、定番のフレーズしか頭に浮かんできません。さて、真偽のほどはいかに⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ロ・チェルソ、ディバラ、セセニョン、エリクセン…最終日はスパーズの立ち回りに注目!

マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムのコンセプトの違いか、マウリシオ・ポチェッティーノの魅力か、あるいはチャンピオンズリーグ出場権か。オールド・トラフォード降臨が破談になったパウロ・ディバラが、同じプレミアリーグのトッテナムからオファーを受けたと報じられており、スパーズとユーヴェは既に合意に至ったといわれています。「デイリー・メール」は、ひと足先に入団したタンギ・エンドンベレを上回る6900万ポンド(約89億円)とレポート。「スカイイタリア」は6400万ポンド(約83億円)と推定しています。

「マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、2つのクラブの合意に積極的に関与して役割を果たした。目的は迅速に達成され、効率的なその動きは称賛されている。最終的な決定は、選手と代理人に委ねられている(デイリー・メール)」。マンチェスター・ユナイテッドは、ディバラが要求するサラリーに応えるべきではないとトーンダウンしたようですが、選手の賃金相場がより低いスパーズはどんな着地を想定しているのでしょうか。プレミアリーグ得点王2回の実力者ハリー・ケインは、週給25万ポンド(約3220万円)。ディバラのオーダーは30万ポンド(約3870万円)で、これを呑むとすると現在のエースストライカーも昇給を求めてくるのではないかと思われます。

ディバラが加わったら、スパーズの布陣はどうなるのでしょうか。エリクセン獲得を目論んでいたマンチェスター・ユナイテッドは、プレミアリーグ屈指のプレーメイカーがスペインに行きたがっているのを確認して検討を中止したと報じられています。ユーヴェのストライカーが加わり、エリクセンは抜けると想定して選手を並べてみましょう。トップにハリー・ケイン、2列めにソン・フンミン、ディバラ、デル・アリ、中盤センターにエンドンベレとハリー・ウィンクスあるいはシソコといった形が基本でしょうか。ルーカス・モウラ、ラメラ、エリック・ダイアー、ワニャマ、オリヴァー・スキップと中盤のバックアッパーは充実しており、さらに…。

先ほど「スカイスポーツ」が、MFジオヴァニ・ロ・チェルソの移籍についてベティスと合意したと報じました。移籍金は5500万ポンド(約71億円)。昨季のラ・リーガで32試合9ゴール5アシストのプレーメイカーは、木曜日にロンドン入りしてメディカルチェックと契約を完了させるそうです。エリクセン、ディバラ、ロ・チェルソが全員揃うという結末は、まずないでしょう。ディバラの高額サラリーを嫌うか、エリクセンを売りさばくか。スパーズに6シーズン在籍したデンマーク代表MFは、スペイン行きの望みがなくなれば契約延長に応じる可能性もあるようです。

コウチーニョレンタルの話は立ち消えになったといわれています。フラムのライアン・セセニョンは、最終日に決まるでしょう。ロ・チェルソが加わるならば、エリクセンよりディバラのほうが戦術的なオプションは増えますが、ダニエル・レヴィ会長とポチェッティーノ監督はどんな決断を下すのでしょうか。デッドラインデーのスパーズの立ち回りに注目です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ノースロンドンダービー勃発⁉ フィリペ・コウチーニョを獲るのはどっち?

「BBC」のトランスファーライブレポートを追いかけ、コシールニーやルーニーの移籍話が続々と決まるのを眺めていたのですが、現地はそろそろお休みの時間かとページを閉じようとした瞬間、タイムラインに気になるニュースが表示されました。「バルセロナのフィリペ・コウチーニョが、アーセナルにローン移籍となる見通し」。ネタ元は「レキップ」と書かれています。慌てて現地メディアをチェックしてみると、「メトロ」「ザ・サン」「エクスプレス」「トークスポーツ」が同じことをいっています。

「フットボールロンドン」は、ローン移籍に際してバルサは2700万ポンド(約35億円)を要求するとレポート。これらのメディアに目を通したプレミアリーグファンは、ニコラ・ペペを獲得したクラブがダブつき気味の中盤にビッグネームを加えるということは、中盤の選手を売る算段がついたのかとさらなるニュースの到来を予感したのではないでしょうか。一方、煽りまくるタブロイド系やフリーぺーパーとニュアンスが違う記事を配信していたのは、「ガーディアン」です。フィリペ・コウチーニョはプレミアリーグ復帰に前向きで、代理人からガナーズに打診があったというところまでは同じなのですが、コシールニーを失ったクラブはCB優先と伝えています。

ライプツィヒのウバメカノは7000万ポンド以上、ユーヴェのルガーニは5000万ポンド以上。「補強予算は4500万ポンド」といわれていたクラブは、実は4億5000万ポンドだったのではないかと疑ってしまうぐらいに積極的に動いていますが、さすがに5000万を超える移籍金を一括で払うのは難しいようです。「ガーディアン」のレポートは、「アーセナルとバルセロナは直接コンタクトをとっていないが、プレミアリーグのデッドラインデーが終わるまではオプションの可能性をキープしたままにするはず」と結んでいます。

ガナーズが早いタイミングでCBを押さえれば、返す刀でバルサのプレーメイカーを獲りにいくかもしれません。以前より「補強予算は4500万ポンド」といわれていたクラブは、キーラン・ティアニーとコウチーニョとCBをゲットしても、「補強予算は4500万ポンドのアーセナルは、さらなる新戦力を」…⁉

とまあ、「コウチーニョはガナーズ」という大合唱が聞こえてきているなか、異彩を放っているのは「スカイスポーツ」のトランスファーセンターです。「Tottenham favourites to sign Philippe Coutinho from Barcelona(トッテナムがサインしたい最優先候補はバルセロナのフィリペ・コウチーニョ)」。この夏2度めのクラブレコードとなる7000万ポンドを突き付けられているブルーノ・フェルナンデスを諦め、ローンなら半額以下となるプレミアリーグ経験者に乗り換えるということなのでしょうか。

記事には「ブラジル人は、いくつかのプレミアリーグのクラブとリンクしている」とありますが、アーセナルの名前はありません。さあ、何が何だかわからなくなってきました。はっきりしているのは、「この世界には正直国と嘘つき国があり、どちらの住人かは見た目ではわかりません」ということぐらいです。実際の着地はいかに?「スカイスポーツ」は、こんなこともいっています。

Coutinho's arrival at the Tottenham Hotspur stadium would add credence to reports that Manchester United are considering a late move for Christian Eriksen(トッテナム・ホットスパー・スタジアムへのコウチーニョの到着は、マンチェスター・ユナイテッドがクリスティアン・エリクセン獲得に遅ればせながら動いているという報告に信ぴょう性をもたらすでしょう」

答え合わせは、明日までに行われます。ブックメーカーにベットするなら…スパーズ!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ