4000万ポンド+ジャカ!? アーセナルがレスターのエンディディにオファーってホントですか…?

プレミアリーグ18試合5勝8分5敗で11位に沈んでいるアーセナル。アーセン・ヴェンゲル監督が指揮を執ることになった1996年以降、これだけ厳しい状況に追い込まれたのは初めてです。彼らのスタッツをチェックすると、最も驚かされるのはベルント・レノのセービングに関する数字です。ビッグ6のGKが、オンターゲットを喰らったランキングでTOPに立つのを初めて見ました。打たれた本数は、唯一の3ケタ。100本のうち73本をストップしたガナーズの守護神は、セーブ数でもプレミアリーグNo.1で、セーブ率73%はデ・ヘアやエデルソンを上回る5位にランクされています。

ウナイ・エメリとフレディ・リュングベリが改善できなかったのは、最終ラインにおけるマークの徹底度と、ボックス手前に広がるスペースのカバーリングです。ミケル・アルテタ体制となったチームは、冬のマーケットで戦力を増強すると目されていますが、獲得候補としてウィルフリード・エンディディの名前が挙がっているのはひとまず納得です。ブレンダン・ロジャースのレスターで4-1-4-1のアンカーを担う23歳は、今季プレミアリーグにおけるタックル数ランキングで75本のリカルド・ペレイラと1本差の2位に着けており、インターセプト50回はリーグNo.1。ヴァーディーを走らせるロングフィードや、左右に散らす視野の広いプレーメイクも魅力で、プレミアリーグ2位に躍進したチームになくてはならない存在です。

複数の現地メディアが、アーセナルが「4000万ポンド(約56億6000万円)+グラニト・ジャカ」という驚愕のオファーを検討していると伝えています。高額の移籍金に、2ヵ月前にはキャプテンだった選手を付けるという破格の条件は、さすがにないのではないかと思うのですが…。このディールが成立すれば、アーセナルはプレミアリーグの上位に返り咲くでしょう。リヴァプールはファビーニョ、ペップはロドリとフェルナンジーニョ、チェルシーはジョルジーニョ&カンテと、上位クラブが間に合っているポジションゆえ、移籍金がむやみに上がらないのは好条件ではあります。

とはいえ、ガナーズがいくら札束を積もうとも、レスターにとっては絶対に出せない選手でしょう。CL出場権獲得がリアルな目標になっているロジャース監督は、エンゴロ・カンテがいなくなった後のレスターの足跡を覚えているはずです。エンディディにとっても、プレミアリーグで優勝を争っている最中に、ボトム10で苦しんでいるクラブに移る動機はなさそうです。ジェームズ・マディソン、ティーレマンス、ナンパリス・メンディ、デニス・プラート、チョードリーと中盤センターやインサイドで活躍できるヤングスターが揃っているチームが、27歳になったジャカを求める理由も見当たりません

セントラルMFやアンカーは、戦術の軸となるポジション。プレミアリーグの下位を見渡しても、シーズンの途中でレギュラークラスを出してくれそうなクラブはありません。即戦力を獲るならCB。中盤についてはルーカス・トレイラを完全固定で戦うと腹を括ったほうが、チーム力は高まるのではないかと思います。2015-16シーズンのレスターとコンテ監督のチェルシーはエンゴロ・カンテが中盤の底を締めており、プレミアリーグ史上最多勝ち点のマンチェスター・シティにはフェルナンジーニョが君臨。モウリーニョ監督の下で2位にジャンプアップしたマンチェスター・ユナイテッドは、ネマニャ・マティッチを外せませんでした。

エンディディも、彼らと同様の存在です。レスターは手離さないでしょう。アルテタの選択肢は4つ。ロングスタッフやデクラン・ライスに目を移すか、外国から調達するか、若手を抜擢するか、今いるタレントを使いこなすか。プレミアリーグのなかで獲得するのは難易度が高く、外国の選手はフィットに時間がかかるリスクがあり、若手にこれといった選手がいないとなれば、現状のスカッドを活用するしかありません。

グエンドゥジ、ジャカ、ルーカス・トレイラとコロコロ変えるのをやめて、まかせる選手を決めるのが最もリアルな選択なのではないでしょうか。クロップもペップも、ランパードもスールシャールも、11月にやってきたモウリーニョも、最も重要なひとりを聞かれれば即答するでしょう。エンディディが獲れれば盛り上がりますが、ここは冷静になって、そのポジションに最もフィットする選手を指名していただければと願っております。試合に出場し続ければ、いずれ輝くと思います。彼はそこが本職ですから。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグのライバルに売るのを怖れていない…レヴィ会長がエリクセンの去就に言及!

プレミアリーグ13試合1ゴール2アシスト。稀代の天才プレーメイカーのプレイを長きにわたって見続けてきた者としては、2019-20シーズンの数字はあまりにも寂しく、できるだけ早く意中のクラブと新たな契約が結ばれることを願ってやみません。トッテナムのクリスティアン・エリクセン。アヤックスからノースロンドンに居場所を変えたのは2013年8月で、21歳ながら代表キャップ数は40を超えていました。以来、6年半。プレミアリーグ219試合50ゴール63アシストという素晴らしいスタッツを残した司令塔は、クラブとの契約が残り半年となり、ノースロンドンを離れると目されています。

Tottenham chairman Levy: We aren't scared to sell Eriksen to Premier League rival(トッテナムのチェアマン・レヴィ:われわれは、エリクセンをプレミアリーグのライバルに売却することを怖れていない)」。さまざまな現地メディアが天才の移籍について報じるなかで、「Goal.com」は締まり屋で有名な会長のコメントを取り上げ、国内のクラブを選ぶ可能性に言及しています。「私にとってはシンプルな話だ。プレーヤーが新たな契約にサインするためには、契約が適切であるかだけでなく、彼がそうしたいかどうかによる。トッテナムに残るかどうかは、プレーヤー次第だね」。ダニエル・レヴィ会長は、エリクセンだけでなく、彼と同様に現契約の残り期間が半年を切ったアルデルヴァイレルトとフェルトンゲンも視野に入れて語っているのでしょう。

レアル・マドリード、ユヴェントス、インテル、そしてマンチェスター・ユナイテッド。以前から、エリクセン獲得を狙っているクラブの名前が挙がっていますが、具体的な話は聞こえてきません。夏に「スペインに行きたがっている」と伝えられたプレーメイカーは、今もオファーを待っているのでしょう。「彼を先発させるかさせないか、選ぶかどうかについての決定は、未来の展望に基づいている」。11月にマウリシオ・ポチェッティーノの後を継いだジョゼ・モウリーニョ監督は、彼の心がクラブにないことを半ば認めています。

2月に28歳になるデンマーク代表は、フットボール選手としてピークを迎えるタイミングで、どんなキャリアを選択するのでしょうか。意中のクラブは未だレアル・マドリードか。セリエÅには魅力を感じているのか。オールド・トラフォードで名門クラブの立て直しに貢献するという道はあるのか。チャンピオンズリーグ出場を条件にするなら、移籍先は海外ということになりそうです。惚れ惚れするパスセンスや脅威のプレースキックをプレミアリーグで見続けたい私としては、エド・ウッドワードに本気で獲りにいってほしいのですが…。

日本の感覚では「同い年」になるケヴィン・デブライネは、マンチェスター・シティに移籍してから最速ペースとなるプレミアリーグ16試合6ゴール10アシストというスタッツを残しています。エリクセンほどの選手が長い時間をベンチで過ごすのを、これ以上見たくはありません。マティッチとアシュリー・ヤングを売るかもしれないと伝えられているマンチェスター・ユナイテッドに、トップ下にタレントを加えるという選択肢はあるのでしょうか。

5ヵ月前にはスポルティングCPのブルーノ・フェルナンデスを獲得したがっていると伝えられており、可能性はゼロではないはずですが、ポグバとマタを起用できるポジションを厚くするというプランの優先順位は微妙です。どうするエリクセン、どうするスールシャール!? マーケットの再開を控え、やきもきする日々が続きそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

南野拓実、リヴァプール入団決定!クロップとともにサポーターに贈る最初のメッセージ。

プレミアリーグで首位に立つこのクラブが、ピッチの上だけでなく、トランスファーマーケットにおいても鋭い速攻を繰り出すのは重々承知しておりました。しかし、今回の日本人FW獲得プランが、メディカルチェックとサインのセット企画とは想像していませんでした。南野拓実、リヴァプール入団決定!クラブの公式サイトが掲載しているメイン写真は契約書にサインしているポーズで、記事中のサブ写真は背番号18のユニフォーム姿です。

マイケル・エドワーズSBならびにスカウトの方々、ユルゲン・クロップ監督とコーチングスタッフ、レッズサポーターのみなさん、おめでとうございます!今季のサルツブルグで22試合9ゴール11アシストの24歳は、ビッグタイトル獲得に貢献してくれるものと信じています。まずは、入団決定直後の喜びの声を紹介しましょう。

「プレミアリーグでプレイするのは、私の目標のひとつでした。世界でもトップクラスのリーグだと思っています。フットボーラーとしてのキャリアがスムーズに進めば、いつかプレミアリーグでプレイできると信じていました。しかし、このチームでプレイできるとは思ってなかったので、本当にうれしい。楽しみにしています」

2019年10月2日、アンフィールドで開催されたリヴァプールVSザルツブルグ。プレミアリーグ首位チームが圧倒的に優位と伝えられたこのゲームは、ユルゲン・クロップ監督にとっても、南野拓実にとっても忘れえぬ特別な時間だったのではないでしょうか。マネ、ロバートソン、サラーが3発を叩き込めば、並のチームならゲームオーバー。しかし、南野拓実とホランド、ファン・ヒチャンは違いました。怒涛の反撃に打って出た若きアウェイチームに対して、欧州王者の最終ラインは引いて受けるのが精一杯。攻撃を仕切ったタクミ・ミナミノは、自ら2点めをゲットし、3-3に追いつくホラームービーの主役となりました。

大胆に攻め続けたオーストリアのダークホースは、アンフィールドをリスペクトするプレミアリーグファンの眼には傲慢に映ったのですが、彼らは何度もゴール前に迫りながらも心の奥底では震えていたようです。南野拓実が初めて発信するレッズサポーターへのメッセージには、当時の心境が感じられる表現が散りばめられていました。

「ゲームを通じて学びました。このチームの技術とインテンシティはハイレベルだと。彼らのサッカーはとてもハイレベルで、チャンピオンズリーグの王者なのだと実感しました。それを経て、ここでプレイできることをハッピーだと思います。チームの一員になれたのが本当にうれしい。目標はプレミアリーグとチャンピオンズリーグで優勝し、チームに貢献することです」

ゴールに迫られて震えていた指揮官のほうも、入団決定の報を受けてテンションが上がっています。ユルゲン・クロップの第一声には、長らくミナミノを追いかけていなければ出てこないリアルな表現が詰め込まれています。欲しかったのでしょう、腹の底から。

「素晴らしいニュースだ。最高のサインだね。本当に、本当にハッピーだ。タクミはとても速く、クレバーな選手だ。ラインの間にスペースを見つけられる。球際で勇敢だけど、ボールがないところでもそうだ。われわれにふさわしいチームプレーヤー。他者の利益のために最善を尽くしてくれる」

これほどのラブコールをもらえば、トップアスリートなら迷わずチャレンジするでしょう。並の選手には届かないチケットを握りしめた南野を心からリスペクトし、応援したいと思います。敵将を脱帽させた濃密な敵地の90分、獲得は間違いないと確信させたホームグラウンドの90分。彼は優れたプレーヤーだっただけでなく、欧州最優秀監督の目の前でパフォーマンスを披露する極上のオーディションの機会を得た幸運な男であり、そしてそのチャンスを活かしたのです。

「リヴァプールのすべてのサポーターが、素晴らしい街とクラブをわが家のようだと感じてもらいたいと思ってる。タクミの邪魔はしないはずだよ。そして、ニッポンにLFCファミリーが増えると確信している。最もエキサイティングなタレントを抱える国のひとつ。スペシャルなクラブの一部となったのだから、ウェルカムといいたいね」

リヴァプールの公式サイトには、彼の記事が6本も並んでいます。トップクラブにこれほど請われて海を渡る同胞は初めてでしょう。「身の丈のクラブにいたほうが試合に出られる」「レギュラーになれなければ酷評される」…素晴らしいチャプターのスタートを伝えるニュースに、そんな寂しい言葉を投げかけようとは思えません。持てる力を出し切ってください。ケガには充分、注意して。年明けからのプレミアリーグが、俄然楽しみになりました。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

FIFA最優秀監督に見初められた男、南野拓実がリヴァプールのメディカルチェックへ!

Takumi Minamino to undergo Liverpool medical ahead of transfer from Red Bull Salzburg(タクミ・ミナミノがリヴァプールのメディカルを受け、RBザルツブルグからの移籍話が前進/スカイスポーツ)」。チャンピオンズリーグで欧州王者を苦しめた日本代表FWが、プレミアリーグ参入に近づいています。

「スカイスポーツ」「ミラー」など現地メディアが、ザルツブルグの南野拓実が水曜日にメディカルチェックを受けると一斉報道。「BBC」は、プレミアリーグカテゴリーのTOP記事に持ってきています。問題がなければ、1月1日に欧州王者の一員になるとのこと。レッズが支払う移籍金は、バイアウト条項に記載されている725万ポンド(約10億4000万円)です。セレッソ大阪からオーストリアに渡った際には100万ポンド以下だったアタッカーは、「現在の市場価値は2500万~3000万ポンド(ミラー)」といわれています。前線にユーティリティを加えたかったプレミアリーグ首位チームにとっては、1000万ポンドにも満たないお買い物はバーゲン感覚でしょう。

日本人選手がプレミアリーグのビッグクラブに移籍という噂が流れると、必ず出るのが「マーケティング目的ではないか?」という疑惑です。香川真司がマンチェスター・ユナイテッドに移籍したときも、長友佑都にイングランドから声がかかっているといわれたときも、日本でも現地でも「即戦力なのか」「出番はあるのか」と話題になりました。しかし今回の南野に関しては、邪推は無用でしょう。どのメディアを見ても、レッズが獲得を熱望していたと紹介されています。

「リヴァプールは、過去2年に渡って24歳の南野を追跡しており、ザルツブルグとは6週間の友好的な交渉が行われた」(ミラー)
「リヴァプールは、ミナミノのディールは商業的なものではなく、フットボールの能力とユルゲン・クロップのチームへの適性に基づいていると主張」(スカイスポーツ)

なるほど。「スカイスポーツ」のレポートは、既存の選手や過去の補強候補と比較しながら、レッズが南野を必要とする理由を掘り下げています。「サラー、マネ、フィルミーノとは異なる選手で、誰の代わりになるとはまだいえないが、攻撃のクオリティは確実に上がる」と評価しつつ、ブンデスリーガで16戦18発という数字を残しているストライカーには求められない価値があると主張しています。


「過去1年を見ると、アレックス・オックスレイド=チェンバレンをいつ入れても、フロント3のひとりとしては大したインパクトはありませんでした。また、実際のところはディヴォック・オリギは中央でプレイさせない限り機能しません。イエス、フィルミーノとは交代させられますが、マネやサラーとは代えられません」

「そう、頼れる4人めの男がいれば、3人のロケットマンを真のプレッシャーから解放することが可能となり、ユルゲン・クロップが少しはローテーションできるようになります。4人めを得るのは理にかなっています。おそらくリヴァプールは、ティモ・ヴェルナーの移籍を期待していたでしょう。彼なら4人めが務まったかもしれませんが、それは実現しませんでした。ミナミノは、はるかに安いですが、あらゆる場所に現れ、改善を施すことができるという点でより価値があります」


ザルツブルグで公式戦22試合9ゴール11アシストという数字を残しているアタッカーは、「ハングリーでハイクオリティ。成長の可能性が高いのに、所属クラブにおける起用法に問題がある」「何らかの理由で、マーケットにおいて過小評価されている」といったマイケル・エドワーズSDのターゲティング方針にがっちりはまるタレントです。

「ミラー」のリアム・プレンダーヴィル記者は「1月5日に開催されるFAカップ3回戦のマージーサイドダービーでデビューするのではないか」と予想しております。指揮官とご本人がここで手応えをつかめば、11日からトッテナム、マンチェスター・ユナイテッドと続くプレミアリーグのビッグマッチでも出番があるかもしれません。正式発表は、ドーハにいる指揮官がメルウッドに戻ってきてからでしょうか。リヴァプールの公式サイトを毎日チェックするのは避けたいのですが…(笑)。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

現地メディアが「リヴァプールにふさわしい」と大絶賛!南野拓実に移籍合意報道!

「世界じゅうを駆け巡った」という定番の表現を使っても、決して大げさではないでしょう。「インディペンデント」「メトロ」といったプレミアリーグのお膝元であるメディアに加え、「ESPN]」など海外メディアも報道。普段はこういうことでは騒がない「ニューヨーク・タイムズ」までもが記事にしています。「BBC」が「Takumi Minamino of Red Bull Salzburg in Jurgen Klopp's sights」と題したレポートを配信したのは7時間前。ユルゲン・クロップが視野に捉えていると書かれたのは、ザルツブルグに所属している南野拓実です。マンディープ・サンゲラ記者の表現は「獲得を画策」と控えめですが、一部では「基本合意」と報じられています

事実として確認できるのは、ザルツブルグの公式Twitterにおけるクリストフ・フロイントSDのアナウンスです。CLで欧州王者を苦しめたクラブのスポーツディレクターは、「リヴァプールと交渉が行われている」「あれだけのクラブがわが選手に興味を持ってくれているのは名誉」とコメント。すべてのメディアが、「契約解除金は725万ポンド(約10億4000万円)」と報じており、プレミアリーグ首位チームが話を止めなければ移籍はあっさり決まるようです。2012-13シーズンに香川真司がマンチェスター・ユナイテッドでプレミアリーグ制覇を果たし、2015-16シーズンにはレスターの岡崎慎司が奇跡的なリーグ優勝に貢献していますが、南野拓実はイングランドで頂点に立つ3人めの日本人プレーヤーになるかもしれません。

チャンピオンズリーグで2度にわたってレッズを震え上がらせたザルツブルグのプレーメイカーは、サッカーの母国においてどう評価されているのでしょうか。レッズが彼を獲るとすれば、どんな役割を求められるのでしょうか。「インディペンデント」のスポーツジャーナリスト、ジャック・ラズボーンさんが書いた「Takumi Minamino: What Liverpool should expect from January transfer target shining at RB Salzburg(RBザルツブルグで輝いている1月の移籍ターゲットに、リヴァプールが期待すること)」という記事が、24歳のアタッカーの足跡とレッズの構想について最も具体的に伝えています。

「ザルツブルグの真のスター」「彼らの戦い方のベース」。書き手がいかに選手をリスペクトしているかがわかる表現で始まったレポートは、「リヴァプールにミナミノが適応しない理由はない」といい切っています。「カウンターアタックにおいて、モハメド・サラーとサディオ・マネを解き放つことができる」「フィルミーノが深く引くことで安定をもたらす際に、ミナミノは連動してラインの裏でリターンをもらう」。オーストリアで4-4-2と4-2-2-2に対応してきたアタッカーは、ストライカーでもあることを忘れてはならないと強調したレポートは、「ナビ・ケイタやチェンバレンのポジションで遅攻に参加することも期待されている」とも主張しています。

2015年にセレッソ大阪からザルツブルグに入団し、6シーズンで199試合64ゴール44アシスト。今季は公式戦22試合9ゴール11アシストとゴールに絡む率が高まっており、クロップ監督の下で5つのポジションをこなせると評価されるのもわかります。「1試合あたりのドリブル成功数は2.8回で、足元にボールを置けば、ヨーロッパで最も危険な選手の上位に配される」「Jリーグで284試合出場、日本代表として22試合11ゴールと経験も豊富。エキサイティングで多才なプレーヤー」。ラズボーンさんの言葉を追っていくと、とにかくテンションが上がります。

「リヴァプールは、プレーメイカーとしても機能する選手を獲得したほうがいいのではないか」。ナビル・フェキル獲得が取り沙汰されていたとき、そんな主張を繰り返していた私としては、同じトーンで声を挙げたいと思います。「レッズがプレミアリーグとチャンピオンズリーグ制覇をダブルでめざすなら、南野拓実を獲るべきだ!」。今季からのルール変更で、2つめのクラブでもCLに出場できるので、ご安心ください。マネ、ナビ・ケイタに続く3人めのザルツブルグ出身選手が、アンフィールドのサポーターに拍手で迎えられる日が来るのを楽しみに待ちましょう。(南野拓実 写真著作者/Steindy)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ