【WBA×MAN.UTD】 ノーガードの5-5!ファーガソンを送り出した明るいお祭り!

前半6分、右サイドに流れたボールに追いついたチチャリートが、狙いすましたクロスを香川真司のヘッドに合わせて0-1。8分、香川真司のパスがブロックされたところをアンデルソンが拾って右へつなぎ、バレンシアのスピードクロスがオウンゴールを誘って0-2。30分、右からの崩しにフリーで走り込んだ左FBのビュットナーが強烈なダイレクトシュートを右隅に決めて0-3。サー・アレックス・ファーガソン監督のプレミアリーグラストマッチ、マンチェスター・ユナイテッドでの1500試合めは、長年の労に対する感謝の気持ちを全員で表現しているかのような、一方的なゴールラッシュで始まりました。

この試合に勝てば8位、負けても9位に落ちるかどうかのWBAには、ホームゲームでありながらも絶対に勝とうとする気力がないように見えます。ファーガソン監督の最後の勇姿をぜひ見たいとチケット販売サイトにマンチェスター・ユナイテッドファンが殺到したため、チケットはプラチナペーパーと化し、高い席には何と30万の値段がついたそうです。そんなゲームにもかかわらず、信じられないことに前半30分の3点めで、ホームスタジアムのザ・ホーソンズを後にしようとするWBAサポーターが続出します。アウェイチームのサポーターにとってはメモリアルゲームでも、俺たちには関係ない、マンチェスター・ユナイテッドにボロボロにされるのは気分が悪いというサポーター心理はわかりますが、それにしても30分は早すぎる!実際に、ここで家路を急いだせっかちなWBAファンは、1時間後、自宅やパブで自らの行為を大いに後悔することになります。
0-3になってからはWBAも何とかマン・ユナイテッドの攻撃を食い止め、40分にはモリソンが一矢報いて前半は1-3で終了。後半に入ると、前半にも増して、両チームともノーガードの打ち合いの様相を呈してきます。きっかけとなったのは、後半の頭から入ったロメロ・ルカク。最終的にゲームの結果をマンチェスター・ユナイテッドサポーターの望まないものに変えたのもこの男です。

入ってまもない50分、さっそくルカクがこの日1点めを決めますが、直後の53分に右からのクロスにファン・ペルシが飛び込んで左足ダイレクト、これで2-4。さらに63分、左サイドから香川真司の縦パスを受けた途中出場のギグスがチチャリートに合わせて2-5。今年新加入のビュットナー、香川、ファン・ペルシと、ファーガソン監督がモチベーションが下がりはしないかとずっと気にかけていたチチャリートがゴールを決めるという最高のプレゼント。69分には香川真司がお役御免、今年引退するポール・スコールズが登場。後はスコールズが得点を決めてそのままタイムアップ、というのがファーガソン監督とピッチ上の選手の筋書きだったのでしょう。

しかし残り10分、突然、台本にはなかったショータイムが始まります。ベンチで談笑していたマンチェスター・ユナイテッドの選手や首脳陣から笑顔を奪ったのは、80分のルカクの左足シュート。さらに表情をこわばらせたのが直後、81分にムルンブが右から打ったクロスのグラウンダー。2-5があっという間に4-5となり、あわてたファーガソン監督はエヴァンスを下げ、リオ・ファーディナンドを投入します。しかし、こうなったらもう止まらない。86分、ルカクがハットトリックとなるゴールを混戦から押し込み、ついに同点。追加タイムは、逆転負けの心配をしながら過ごさないといけない最悪の時間でした。サッカーの神様は、71歳の名将にまで油断の怖さを教え諭すという念の入れようを見せ、誰もが一生記憶に留めるであろう乱打戦は、何とか5-5で打ち止めとなりました。

マンチェスター・ユナイテッド最初のシーズンを20試合出場、6ゴールで終えた香川真司と、最後のシーズンを28勝5分5敗の優勝で飾ったサー・アレックス・ファーガソン。オールド・トラフォードのホーム最終戦では少し感傷的だった指揮官は、ゲームが終わると満面の笑みでスタンドに手を振り、安堵感を漂わせたすっきりした表情で歓声に応えます。スコットランド人監督と日本人MFが一緒に戦った最初で最後のこのシーズンを、そしてラストゲームのさまざまなシーンを一生忘れることはないでしょう。ありがとう、これからも元気でいてください、サー・アレックス。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Newcastle×Arsenal】 ロシツキ、コシールニー、ウォルコットがたぐり寄せたCL出場権

3月3日に衝撃の2失点で宿敵トッテナムに負け、その10日後のチャンピオンズリーグで、あと1点獲れば逆転というところまでバイエルン・ミュンヘンを追いつめ、震え上がらせる快勝。振り返ってみれば、この2試合がアーセナルのターニング・ポイントでした。

トッテナム戦では、ベイルとレノンに完全にDFラインの裏をとられ、簡単にゴールを割られる屈辱的な負け方をしました。これをきっかけに、ヴェンゲル監督はヴェルマーレンとメルテザッカーのCBコンビを諦め、コシールニーとメルテザッカーに切り替えています。バイエルン・ミュンヘンを2-0と下し、今季3チームめの貴重な勝者となったミュンヘンでの1戦で得たものは、大きな自信とその後のチームの支柱となった、ロシツキの復活です。上位クラブにことごとく負け、CL出場権獲得に黄信号がともっていたガナーズは、ここから快進撃を始めます。ラスト10試合を、何と8勝2分。同時期のトッテナムが5勝3分2敗ですから、勝ち点8差を挽回したことになります。最大の変化は、守備の安定でした。この間の失点はわずかに5点。2点以上獲られたゲームは1試合もなく、何とアウェイの5ゲームは全勝です。昨日のプレミアリーグ最終節、セント・ジェームズパークでのニューカッスル戦にも0-1と勝ち、最終的に4位フィニッシュ。来季チャンピオンズリーグ出場権を獲得したわけですが、快進撃を推進した立役者、ロシツキ、ウォルコット、コシールニーが、最後のゲームのキープレイヤーでもあったのです。

年末にエミレーツで7-3と圧勝したニューカッスルとの1戦。彼らは3週間前、ホームでリヴァプールに0-6で大敗するなどディフェンスが不安定。既にプレミアリーグ残留を決め、アラン・パーデュー監督が「アーセナルには0-4で負けてもいい」と発言して物議を醸すなど、このゲームに勝つことに対するモチベーションは全くありません。最近好調で、集中力が高まっているアーセナルの圧勝かと思われたゲームでしたが、やはり最終戦は別物。前半はニューカッスルに圧倒的なボールポゼッションを許し、やっかいなベン・アルファにドリブルで中央をかきまわされ、右サイドから再三、危ないセンタリングを出されるなど、どちらが4位なのかわからない展開。アーセナルの攻撃は単発で、1本も枠内にシュートを打てないまま前半が終了。この時点でチェルシーVSエヴァートンは1-1、トッテナムVSサンダーランドは0-0で、試合前と順位の変動はありませんが、トッテナムが1点獲ればアーセナルは勝たないといけなくなり、予断を許さない状況で後半に入ります。

後半が始まっても、ゲームの流れは変わりません。危ないミドルシュートを何度か打たれ、ガナーズサポーターにとっては気が気じゃない試合展開。しかし、コシールニーのカバーリングが素晴らしかった!数年前、彼はオウンゴールを連発してしまった時期がありましたが、ゴール前でボールが出てくるところに必ずいるコシールニーをむしろ凄いと思い、それからは相手の攻撃時に彼がどこにいるのかを注意深く見るようになりました。この日も、グラウンダーのクロスをメルテザッカーがぎりぎりで足を伸ばしてブロックすると、コシールニーがその近くでこぼれ球をフォローするシーンがあり、劣勢ではありながらもディフェンスは機能しています。

52分、右サイドで得たFK。蹴るのは、最近大事なところで貴重なゴールを重ねている好調ウォルコット。ゴール前に上げたボールをメルテザッカーが競り、こぼれて浮いたボールをGKの前でボレーしたのは何と、コシールニー!これまでなかなか得点につなげられなかったセットプレーが、ここにきて武器となり、アーセナルが先制します。これで波に乗るかと思いきや、この後もペースを握るのはホームのニューカッスル。落ち着きのないヴェンゲル監督、声を枯らして声援を送るグーナーたち。決定的なピンチはないものの、防戦一方の状態が続けば、いつ追いつかれるかわかりません。78分には、前線でタメを作るべくジルーを投入。それでも状況は変わらず、時計の針はなかなか進まず。救いはホワイトハートレーンのスコアが動かないこと。このままなら、同点にされても大丈夫だったのですが…。

89分、ロンドンでベイルが左足の弾丸シュートを決めたという一報が入り、スタジアムの空気が変わります。モバイルをチェックしながら悲壮感を漂わせるグーナー。追加タイムは4分。果たして逃げ切れるのか…とやきもきしているところに、これ以上ないビッグチャンス到来!ウォルコットがDFラインの裏に抜け出し、追いかけてくるディフェンダーもかわして完全なるGKとの1対1。これを決めれば間違いなく4位が確定するところでしたが、シュートはポスト!しかし、アウェイチームは落ち着いていました。93分を過ぎ、奪ったボールをうまくサイドに散らしてCKを得ると、そこでタイムアップの笛。かくしてアーセナルは、勝ち点1差でトッテナムを抑え、来季のCL出場権を自力でつかみました。

ディフェンスラインの安定感もさることながら、中盤をコントロールするロシツキのプレイが、チームに落ち着きをもたらしたことも大きかったと思います。そして、ウォルコットのFKです。カソルラがシーズン前半ほどのパフォーマンスを出せないなか、強いマインドを持ったチェコのベテランと、快速ウインガーの活躍が17年連続のCL出場を決めました。

アーセナルサポーターのみなさん、おめでとうございます。右FB、センターMF、ゴールゲッターなど、いくつか層が薄く、補強したいポイントがありますが、今いる選手もチームも成長余力があるので、来季こそはちゃんと狙ってタイトルを獲りにいきたいですね。ヴェンゲル監督の手腕が光った素晴らしいラストスパートに敬意を表したいと思います。

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Arsenal×Wigan】 天国と地獄、無情の雨中戦…アーセナル快勝、ウィガン降格!

プレミアリーグ第37節、アーセナルVSウィガンは両チームとも負けられない1戦。アーセナルは勝てばチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく近づきますが、負ければトッテナムにかわされ5位転落。最終戦でトッテナムが勝ち点を落とさない限り、4位以内に入れなくなります。ウィガンはこのゲームに負けたら降格決定。アーセナルにしてみれば、「スウォンジー、何てことをしてくれたんだ!」といいたい状況です。5月7日のウィガンVSスウォンジーで、昇格・降格に関係ないアウェイのスウォンジーが素晴らしいサッカーを展開し、2-3で勝利。これによってウィガンは残り2試合を全勝しないと降格、というところまで追い込まれてしまったのです。

「この16年、チャンピオンズリーグ出場権を失ったことがない」アーセナルと、「この7年、降格スレスレをすべて切り抜けてきた」ウィガン。矛と盾の対決は、どちらの力が勝るのか。ゲーム開始直後は完全なるアーセナルペース。11分にはカソルラのCKがニアのメルテザッカーをスルーし中央に流れ、ポドルスキーがこれをヘッドで叩き込み先制。気合い十分のアーセナルが追加点を狙って押しまくると思われたのですが…これがどうもうまくいきません。

原因はまさにこの「気合い」です。この日CFに入ったポドルスキーやロシツキは、ウィガンDFがボールを持つと、前線で追いかけまわすのですが、アーセナルの最終ラインはセーフティにペナルティエリアの直前にラインを敷いて守ろうとします。全体が間延びし、中盤に広大なスペース。ウィガンはこの状況を見逃さず、マロニーやコネがペナルティエリア前で簡単にボールをもらってシュートを狙うシーンが増えます。そして前半終了間際、ついに同点!右からドリブルで持ち込むマロニーに対し、不利な態勢でブロックしようとしたアルテタにファールの宣告。このFKをマロニーが直接ゴールに沈めます。シュチェスニーの作る壁と彼のポジションには隙があり、狙われたら防げない「右隅の穴」を見事に突かれてしまいました。これで前半は1-1。ボールポゼッションも50:50。どちらがホームチームなのかわかりません。

後半開始直後、状況は変わらないどころか、むしろウィガンが攻勢を強めます。47分にはコネがGKと1対1となり、シュチェスニーが左手でセーブ。50分のマッカーシーのシュートはゴールインしたものの、オフサイド。アーセナルのピンチが続きますが、この時間帯をDFが体を張ってしのぐと、手薄になった右サイドをウォルコットとサニャ、カソルラが使い始め、フリーでクロスが上がるシーンが見られるようになります。

アーセナルの我慢が実ったのは63分。サニャのスルーパスでカソルラが右サイドを抜け出し、中央に走り込んだウォルコットにラストパス。GKとDFラインの間、ぎりぎりでGKが触れない絶妙のコースに出た必殺のパスを、それでも飛び出したGKロブレスの鼻先でウォルコットがタッチしてついに勝ち越し!頭を抱えるウィガンサポーター、勢いづくグーナー。下を向き、落胆したウィガンに巻き返す余力はなく、ここで勝負は終わったといっていいでしょう。

さあ、いよいよアーセナルのショータイムが始まりました。5分後の68分、シュチェスニーのゴールキックのこぼれ球を拾ったカソルラがヘッドで前に送り、中央でフリーになったポドルスキーのループシュートで3-1。さらに3分後、今度は左サイドからラムジーが完全に抜け出し、ドリブルシュートを叩き込んで4点め。たった8分であっという間の3発。この後はアーセナルが時間をゆっくり使ってタイムアップ。最後にアルテタがふくらはぎを痛めたのが懸念されますが、アーセナル、快勝です。

ウィガンはFAカップを優勝しながら無念の降格。来季はチャンピオンシップで戦うことになりました。アーセナルは日曜日、今季最終戦をセント・ジェームズパークでニューカッスルと戦います。負けるか引き分けると5位転落もあり、チェルシーがドローなら3位のチャンスもあるきわどい状況。最後に笑うのは、赤か、青か、白か。プレミアリーグは、いよいよフィナーレを迎えます。



<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.UTD×Swansea】 さよならファーギー、そしてスコールズ。ふたりに捧ぐホーム最後の勝利

66分、大きな歓声と拍手に包まれて、小柄なMFがピッチを後にします。ポール・スコールズ。今度こそ、二度とユニフォームを着ることはないでしょう。2011年に一度、引退を表明したものの半年後に復帰。ダレン・フレッチャーが戦列を離れ、トム・クレバリーやフィル・ジョーンズらの若い選手では不安定だったマンチェスター・ユナイテッドの中盤センターを、その視野の広さと正確で速いパスワークで立て直し、1年半に渡ってチームに貢献しました。そして先週、サー・アレックス・ファーガソン監督の引退を見届けて安心したかのように、自身の引退を発表。2013年5月12日は、偉大な監督とセンターMFをオールドトラフォードで観ることができる、最後の機会となったのでした。

この日、スタメンにスコールズの名前があり、タイムアップのときにはライアン・ギグスがピッチに立っていたのは、サー・アレックス・ファーガソン監督が、自分の最後の場はこうありたいと望んだことだったのでしょう。相手のスウォンジーが降格やヨーロッパカップ出場権争いにまったく関係なかったこともあって、前半はゆっくりした展開になりました。観ていて不思議な気分になるような、リラックスした雰囲気。マンチェスター・ユナイテッドの選手は、確かにサッカーを楽しんでいます。ワンツーがうまく決まらなかったとき、柔らかい笑顔を見せるスコールズを初めて観ました。

香川真司は右サイドで先発しましたが、左のウェルベックとポジションを変えたり、後ろに下がってビルドアップに参加したり、中央に入ったりと縦横無尽に動きます。いつになくワンツーやショートパスが多いサッカー。負けられない試合なら出ないであろうパスが、前線にポジションをとる香川に何度もフィードされます。スコールズがいて、チチャリートがいて、香川がいて、ルーニーがいない。39分にスウォンジーDFのミスを拾ったチチャリートが先制シュートを決めますが、現実感がありません。夢を観ているような、永遠に終わらないかのような時間を打ち切る前半終了の笛が、最後の瞬間まで残すところ45分であることを告げます。1-0、マンチェスター・ユナイテッド、リード。
後半開始直後、前半は淡々とプレイしていたスウォンジーが猛攻を仕掛け、マンチェスター・ユナイテッドのDF陣をゴール前に釘づけにします。49分、波状攻撃からミチュが同点ゴールを決めると、勢いづいたのはアウェイチーム。「サー・アレックス最後のホームゲームは絶対に勝たないといけない」ことに今さら気付いてしまったかのように、堅くなりぎくしゃくし始めるプレミアリーグ王者。ルートリッジに左から突破されてあわやのシュートを打たれるなど、勝利どころか逆転されるのではないかという時間が続きます。

ファーガソン監督は、ウェルベックとスコールズを下げ、アンデルソンとバレンシアを投入しますが、これも勝つための采配というよりは、最後のゲームだから、といった交代に見えます。もしかしたら、アンデルソンにとっても、今夜がオールドトラフォードでのラストゲームになるのではないでしょうか。この選手起用は状況を変えるに至らず、アンデルソンは1本、惜しい左足ミドルを打っただけにとどまります。75分にはチチャリートが下がり、いよいよ真打ち登場、ライアン・ギグス。舞台は整いました。足りないのは、勝利のためのゴールだけ。

オールドトラフォードにいた多くのサポーターが待ち望んだ勝ち越しゴールが生まれたのは、87分でした。決めたのは、リオ・ファーディナンド。右からのCKのこぼれ球を強烈なボレー。プレミアリーグでは5年ぶりとなるベテランが決めた、台本があったかのような一発で、そのまま試合終了。マンチェスター・ユナイテッドは、ふたりの功労者にホームでの勝利をプレゼントしました。最後のゴールが決まった瞬間の笑顔は、今まで何度となくゴールシーンで見せた子どものような笑顔。タイムアップの瞬間まで、いつもと同じように噛み続けたガム。サー・アレックス・ファーガソン監督、最後のホームゲームが、ついに終わりました。さよなら、ファーギー。そして、スコールズ。

プレミアリーグの優勝セレモニーの前のスピーチでは、気遣いの人らしく、スコールズを称え、病気で長期離脱中のフレッチャーを励まし、ファンやスタッフに感謝の意を表し、新監督を支えてくれるように求めたファーガソン監督。スピーチが終わると、柔和な顔になってピッチを後にします。優勝セレモニーが始まると、選手たちが入場し、トロフィーを高々と掲げて「カンピオーネ!」の大合唱。ファーガソン監督はピッチに戻ってきてその輪のなかに入り、選手たちと喜びを分かち合います。今まで、何度となく見た光景。いつもなら、ただただうれしいだけの景色。しかし、今夜だけは違うのです。強く寂しさが湧きあがってきます。TV画面をじっと見ながら、その寂しさを打ち消すように、心のなかでつぶやきます。ありがとう、ありがとう、ありがとう…。

サー・アレックス・ファーガソン監督のマンチェスター・ユナイテッドでの1499試合めは、スウォンジーに2-1で勝利しました。5月19日、キャリア最後のゲームは、WBAとのアウェイ戦。通算1500試合めとなります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ