【Tottenham×MAN.CITY】 一瞬のスキから自滅したマンチェスター・シティ

2006年ワールドカップドイツ大会の日本VSオーストラリア戦を思い出させる、あっという間の逆転劇。スコアも同じ3-1。あの日、調子がよかったGK川口能活が、普段なら出ていかないボールをパンチしようとして失点し、そこから崩れていったように、後半30分までゲームを支配していたマンチェスター・シティは、一瞬の油断をベイルに衝かれて崩壊しました。

CL出場権を得るために、絶対に勝利が必要なトッテナムの勢いをそいだのは前半5分のテベスのスルーパス。サイドでボールをキープしながら、縦へ走ったミルナーに絶妙のタイミングと柔らかさで軽く流すと、ミルナーはゴールライン上をドリブルで持ち込み、中で待つナスリに完璧なセンタリング。ナスリがこれをインサイドに当てると、ゴールライン上でクリアしようとするカイル・ウォーカーをあざ笑うかのように左のサイドネットが揺れ、マンチェスター・シティがあっさり先制します。前半は、完全にマン・シティのペース。トッテナムは、デンベレのスルーパスからカイル・ウォーカーが抜け出してGKハートと1対1になった一発をCKに逃れられると、後はノーチャンス。ヤヤ・トゥレを中心に寄せが速いマン・シティの中盤に圧倒され、ボールポゼッションの高さを活かせず、逆にカウンターの脅威にさらされます。

トッテナムはレノンが欠場し、ベイルはケガ明けで本調子ではなく、デフォーがベンチスタート。マン・シティはダヴィド・シルバが欠場し、アグエロもベンチ。両チームとも苦しいやりくりを強いられていますが、守備陣の調子がいいマン・シティに対して攻撃の主軸に迫力を欠くトッテナムが攻めあぐむという展開で、後半途中まではこう着状態。後で振り返れば、2点めを積極的に獲りにいかず、セーフティに時計の針を進ませようとしたマン・シティの戦術がドラマを生むきっかけとなってしまったのですが…。

60分を過ぎると、ヴィラス・ボアス監督が動きます。シグルスソンをホルトビー、パーカーをハドルストーン。このふたりの投入から、前線やサイドにパスが出るようになり、得点の匂いが漂ってくるようになります。そして71分にはアデバヨルをあきらめ、デフォーのワントップ。その直後でした。右サイドでべイルがフリーでボールを持ったのは。

このとき、完全にマン・シティのディフェンス陣の足が止まりました。左ききのべイルは、蹴りやすい位置に切り返してから入れてくると思ったのでしょう。しかし、本当はどこかでわかっていたはずです。ベイルの左足アウトのキックの怖さを。まさに、油断。一瞬の心のスキ。べイルが速い足の振りから中に強いグラウンダーを通すと、ゴール前にいたマン・シティのDF3人は誰も足が出せず、コンパニは裏にいたデンプシーを完全に見失っていました。デンプシー、必死のスライディングシュート、ついに同点!

この一発で、ホームチームは自信を取り戻し、アウェイチームの守備が崩壊します。こんなに混乱したコンパニを初めて観ました。同点ゴールから4分後、左サイドでロングパスを受けたデフォーに簡単に切り返され、何もできないまま右隅にミドルを決められ逆転。さらにその3分後にはハドルストーンのスルーパスに、右から抜け出してきたのは何とベイル。彼をフリーにすれば、いくらGKハートが1対1に強くても止められません。コースをブロックしようとする飛び出しをじっくり見られ、チップキックで上を抜かれたらなすすべなし。7年前、夏の日差しのなか、ケーヒルとアロイージに8分で息の音を止められた日本のように、7分で3発喰らったマンチェスター・シティにこれを跳ね返す力は残っていませんでした。終わってみれば、トッテナムの快勝です。

結局は、モチベーションの差だったように思います。まだ優勝は決まっていないとはいえ、マンチェスター・ユナイテッドが残り試合を2勝3敗でも追いつけなくなるマンチェスター・シティには、この試合を絶対に勝つという気概は持てなかったのでしょう。対して、トッテナムは必死でした。ヴィラス・ボアス監督が送り出した3人の交代選手は全員、そのミッションを完璧に果たしました。最近、謝ってばかりですが、トッテナムサポーターのみなさんにも「マンチェスター・シティには勝てない」などといったことをお詫びしないといけませんね。あらためて、サッカーはメンタルのスポーツであり、たったひと蹴りで世界が変わってしまうことがある、ということを思い知ったゲームでした。





<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ