【Newcastle×Arsenal】 ロシツキ、コシールニー、ウォルコットがたぐり寄せたCL出場権

3月3日に衝撃の2失点で宿敵トッテナムに負け、その10日後のチャンピオンズリーグで、あと1点獲れば逆転というところまでバイエルン・ミュンヘンを追いつめ、震え上がらせる快勝。振り返ってみれば、この2試合がアーセナルのターニング・ポイントでした。

トッテナム戦では、ベイルとレノンに完全にDFラインの裏をとられ、簡単にゴールを割られる屈辱的な負け方をしました。これをきっかけに、ヴェンゲル監督はヴェルマーレンとメルテザッカーのCBコンビを諦め、コシールニーとメルテザッカーに切り替えています。バイエルン・ミュンヘンを2-0と下し、今季3チームめの貴重な勝者となったミュンヘンでの1戦で得たものは、大きな自信とその後のチームの支柱となった、ロシツキの復活です。上位クラブにことごとく負け、CL出場権獲得に黄信号がともっていたガナーズは、ここから快進撃を始めます。ラスト10試合を、何と8勝2分。同時期のトッテナムが5勝3分2敗ですから、勝ち点8差を挽回したことになります。最大の変化は、守備の安定でした。この間の失点はわずかに5点。2点以上獲られたゲームは1試合もなく、何とアウェイの5ゲームは全勝です。昨日のプレミアリーグ最終節、セント・ジェームズパークでのニューカッスル戦にも0-1と勝ち、最終的に4位フィニッシュ。来季チャンピオンズリーグ出場権を獲得したわけですが、快進撃を推進した立役者、ロシツキ、ウォルコット、コシールニーが、最後のゲームのキープレイヤーでもあったのです。

年末にエミレーツで7-3と圧勝したニューカッスルとの1戦。彼らは3週間前、ホームでリヴァプールに0-6で大敗するなどディフェンスが不安定。既にプレミアリーグ残留を決め、アラン・パーデュー監督が「アーセナルには0-4で負けてもいい」と発言して物議を醸すなど、このゲームに勝つことに対するモチベーションは全くありません。最近好調で、集中力が高まっているアーセナルの圧勝かと思われたゲームでしたが、やはり最終戦は別物。前半はニューカッスルに圧倒的なボールポゼッションを許し、やっかいなベン・アルファにドリブルで中央をかきまわされ、右サイドから再三、危ないセンタリングを出されるなど、どちらが4位なのかわからない展開。アーセナルの攻撃は単発で、1本も枠内にシュートを打てないまま前半が終了。この時点でチェルシーVSエヴァートンは1-1、トッテナムVSサンダーランドは0-0で、試合前と順位の変動はありませんが、トッテナムが1点獲ればアーセナルは勝たないといけなくなり、予断を許さない状況で後半に入ります。

後半が始まっても、ゲームの流れは変わりません。危ないミドルシュートを何度か打たれ、ガナーズサポーターにとっては気が気じゃない試合展開。しかし、コシールニーのカバーリングが素晴らしかった!数年前、彼はオウンゴールを連発してしまった時期がありましたが、ゴール前でボールが出てくるところに必ずいるコシールニーをむしろ凄いと思い、それからは相手の攻撃時に彼がどこにいるのかを注意深く見るようになりました。この日も、グラウンダーのクロスをメルテザッカーがぎりぎりで足を伸ばしてブロックすると、コシールニーがその近くでこぼれ球をフォローするシーンがあり、劣勢ではありながらもディフェンスは機能しています。

52分、右サイドで得たFK。蹴るのは、最近大事なところで貴重なゴールを重ねている好調ウォルコット。ゴール前に上げたボールをメルテザッカーが競り、こぼれて浮いたボールをGKの前でボレーしたのは何と、コシールニー!これまでなかなか得点につなげられなかったセットプレーが、ここにきて武器となり、アーセナルが先制します。これで波に乗るかと思いきや、この後もペースを握るのはホームのニューカッスル。落ち着きのないヴェンゲル監督、声を枯らして声援を送るグーナーたち。決定的なピンチはないものの、防戦一方の状態が続けば、いつ追いつかれるかわかりません。78分には、前線でタメを作るべくジルーを投入。それでも状況は変わらず、時計の針はなかなか進まず。救いはホワイトハートレーンのスコアが動かないこと。このままなら、同点にされても大丈夫だったのですが…。

89分、ロンドンでベイルが左足の弾丸シュートを決めたという一報が入り、スタジアムの空気が変わります。モバイルをチェックしながら悲壮感を漂わせるグーナー。追加タイムは4分。果たして逃げ切れるのか…とやきもきしているところに、これ以上ないビッグチャンス到来!ウォルコットがDFラインの裏に抜け出し、追いかけてくるディフェンダーもかわして完全なるGKとの1対1。これを決めれば間違いなく4位が確定するところでしたが、シュートはポスト!しかし、アウェイチームは落ち着いていました。93分を過ぎ、奪ったボールをうまくサイドに散らしてCKを得ると、そこでタイムアップの笛。かくしてアーセナルは、勝ち点1差でトッテナムを抑え、来季のCL出場権を自力でつかみました。

ディフェンスラインの安定感もさることながら、中盤をコントロールするロシツキのプレイが、チームに落ち着きをもたらしたことも大きかったと思います。そして、ウォルコットのFKです。カソルラがシーズン前半ほどのパフォーマンスを出せないなか、強いマインドを持ったチェコのベテランと、快速ウインガーの活躍が17年連続のCL出場を決めました。

アーセナルサポーターのみなさん、おめでとうございます。右FB、センターMF、ゴールゲッターなど、いくつか層が薄く、補強したいポイントがありますが、今いる選手もチームも成長余力があるので、来季こそはちゃんと狙ってタイトルを獲りにいきたいですね。ヴェンゲル監督の手腕が光った素晴らしいラストスパートに敬意を表したいと思います。

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ