【Aston Villa×Chelsea】 チェルシー、ベテランの2発でCL出場権を決める逆転勝利!

勝てば残留が確定するアストン・ヴィラと、勝てばCL出場権獲得がほぼ決まるチェルシー。普通に戦えば、チェルシーが勝つのが順当ですが、ここまで来れば「どちらが気持ちが強いか」の勝負です。ここ5試合を3勝1分1敗と調子を上げてきたアストン・ヴィラは、このゲームでも気合を前面に出してチェルシーにプレッシャーをかけます。中盤での競り合いが多く、なかなかシュートが打てない緊張感の高い展開が続きますが、15分に何とアストン・ヴィラが先制。決めたのはエースのベンテケです。センターサークル付近でゴールキックをベンテケがポストになって落とし、折り返しをもらうとそのままDFを引き連れてドリブル。左からゴール前まで持ち込み、強シュートが来ることを予測して動いたチェフの右足の外を抜くコントロールシュート!この芸術的なシュートが左隅ギリギリに決まります。…おそらく彼は、来シーズンはチャンピオンズリーグで戦うチームに移籍しているのではないでしょうか。この驚異的な決定力に目を向けないトップクラブはないでしょう。このゴールに勇気づけられたホームのアストン・ヴィラは、さらに集中力を高め、チェルシーを自由にさせません。

とはいえ、チェルシーがただ黙っているわけはありません。デンババがGKと1対1からシュートを放ち、ランパードのFKがポストに当たりますが、いずれもかろうじてGKグザンがクリア。なかなかゴールが奪えず、ストレスのたまる展開のなか、45分にはラミレスがハイキックで2枚目のイエローカードを受け、退場。1-0、11人対10人という願ってもない展開でアストン・ヴィラが前半を折り返します。
後半、先にペースを握ったのは1人多いアストン・ヴィラ。左サイドから、ベンテケと同じく好調のFWアグボンラホルがドリブルで仕掛け、再三チャンスを創ります。チェルシーは追いつくより先に追加点を奪われるのではないかと案じた矢先に、事件発生!58分、ベンテケがハイボールの競り合いで不用意に足を上げ、これがテリーを直撃。36分に1枚目をもらっていたベンテケがピッチから消え、最終ラインの脅威が減ったチェルシーが完全にペースを掌握。10人対10人となった3分後、右サイドで粘ったデンババがアザールにつなぎ、やさしい落としを中央で受けたランパードが左足で強烈なミドル!これが決まり、ついに同点。絶対的なエースがいないアストンヴィラは、完全に追い込まれました。

それでも何度か、アグボンラホルが左サイドから持ち込むシーンはあったのですが、チェルシーは慌てずブロックし、冷静にアストン・ヴィラを追いつめます。ゴール前でのファールが増えるアストン・ヴィラ。余裕を持ってパスをつなぐチェルシー。ゴールは時間の問題でした。ついにヴィラの守りが崩れたのは88分。またもやチャンスメイクはアザール。アシュリー・コールとのワンツーで左サイドを完全に崩し、ゴール前に飛び込んだランパードは先に触ればOK。軽く流し込んだベテランの2ゴールで、チェルシーがついに逆転に成功します。

67分のテリーの負傷に続き、追加タイムにもアザールがケガでピッチを離れるなど、15日のヨーロッパリーグ決勝を前に貴重な戦力を失ったチェルシーでしたが、最後はアストン・ヴィラの放り込みを冷静にさばき、貴重な勝ち点3をゲット。5位トッテナムとの得失点差が16ポイントあり、これが1試合で埋まる可能性は限りなくゼロなので、4位以内が事実上確定しました。あとは最終戦でエヴァートンに負けなければOK。14日のアーセナルVSウィガンでライバルが勝ち点を落とせば、最終戦を前に3位が決まります。

惜しかった、アストン・ヴィラ。ベンテケの退場が、それまで築き上げてきた世界を変えてしまいました。勝ち点40のまま足踏みですが、彼らより下位に5チームいるので、何とか残留はできるでしょう。ラストゲームはウィガンとの「直接対決」。今のヴィラなら、負けないでしょうね。

おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Chelsea×Tottenham】 トッテナム、CL出場権が遠のく無念のドロー

ここまでCL出場権を争ってきたチームの直接対決らしい、白熱の大一番でした。プレミアリーグ第33節延期試合、チェルシーVSトッテナムは2-2のドロー。この結末、チェルシーにとってはまずまず、トッテナムは無念でしょう。チェルシーは残り2試合のうち、1勝すれば4位以内がほぼ確定。トッテナムは、2戦2勝は必須で、アーセナルとチェルシーが勝ち点を落としてくれないと逆転できない、という苦しい状況に追い込まれました。

ゲーム開始からしばらくは、両チームとも慎重モード。時間が進むにつれ、プレミアリーグでの得点量産はないものの最近動きがよくなっているF.トーレスとマタを中心に、チェルシーがチャンスを作り始めます。先制は11分。マタの右からのCKをニアサイドにいたケーヒルがヘッドで角度を変え、ゴール左隅でDFのマークを外したオスカルが頭で叩き込みました。ボールが入る前にオスカルはゴール前に飛び出しており、おそらくこれは練習を重ねたサインプレーなのでしょう。ここ一番で、左のオスカルにピタリと合わせたケーヒルのファインプレイです。

この1点で、ホームチームが勢いづくかと思いきや、ここからトッテナムの逆襲が始まりました。26分のアデバヨルの同点弾は、完全なる個人技。左から40メートルほどを単独で持ち上がり、GKの位置を見てゴール右上に狙いすましたコントロールショット。名手チェフが、その弾道を見つめることしかできない完璧な1発でした。ドリブルで抜かれることを恐れ、ナーバスになりすぎたチェルシーDF陣が間合いを詰められず、アデバヨルを自由にしたことが失点につながってしまいました。
しかし39分、チェルシーが再度、勝ち越します。F.トーレスが右からドリブルで突破を図り、一瞬縦のコースが空いたところをタイミングよく短いスルーパス。これに反応したラミレスが、GKロリスの飛出しより一瞬早くトゥキックでシュート。これがゴール左に突き刺さり、ホームのスタンフォードブリッジでは負けられないチェルシーが1点リードのまま、後半に入ります。

後半も、トッテナムの自由を奪い続け、速攻を仕掛けるチェルシー。56分、アザールが裏へ抜け出し、GKロリスと1対1。追加点を重ねる絶好のチャンスでしたが、シュートはゴール上へ。これを決められれば、攻めあぐむトッテナムを絶望の淵に追い込めたのですが…。両者決め手を欠き、残り時間がなくなっていくなか、最近のゲームで効果的な選手交代が当たっているヴィラス・ボアス監督は、状況を変えるべくカードを切り始めます。62分にレノンを下げ、シグルズソン。70分にはホルトビーをデンプシー。必死の打開策が実ったのは80分。決めたのは、交代で入ったシグルズソン。またもやヴィラス・ボアスの打ち手がドンピシャで当たりました。左DFアス・エコトが裏を狙ったパスに、オフサイド気味に飛び出したアデバヨルが追いつき、ヒールで流すと、それを受けたシグルズソンがインフロントで巻いて右隅を狙います。ボールはダイブするチェフの左手の先を抜け、同点!トッテナムは、あと1点で、アーセナルをかわして4位に浮上します。入るのか、入らないのか。来季の可能性を大きく変える、今季、いちばん重みのある1点の攻防です。攻めるトッテナム。しかし…。

2-2になってからは両者ともこれといったチャンスを作れず、このままタイムアップ。チェルシーは3位をキープし、トッテナムにとっては自力での4位以上獲得の芽がつぶれる痛いドローとなりました。

残り2試合となりましたが、3位チェルシーは、アストンヴィラとエヴァートン。4位アーセナルはウィガン、ニューカッスル。5位トッテナムはストーク、サンダーランドとのゲームを残しています。エヴァートンとストーク以外は残留争い真っただ中とあって、波乱含みではありますが、アーセナルが崩れない限り、トッテナムは来季もELで戦うことになります。どんでん返しは起こるのでしょうか。今週末、プレミアリーグ37節。3チームの行方を見守りながら、もうひとつの大事なゲームを見届けたいと思います。

そう、サー・アレックス・ファーガソン監督、オールドトラフォードでのラストマッチです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.UTD×Chelsea】 ファーガソン監督、ホームでは全勝してください!

プレミアリーグ優勝を決め、既に来季のことを考えながら采配をとっているであろうサー・アレックス・ファーガソン監督に、モノ申したい。ホームで負けるのは、ましてやチェルシーにやられるのは悔しいです。オールド・トラフォードでは全勝してください。目標なきゲームが難しいのはわかりますが…。

スタメンを見た第一印象は「ヴェンゲル監督、ごめんなさい」でした。マイケル・キャリックはベンチにも入らず、ルーニーと香川真司、ダヴィド・デ・ヘアはベンチ。センターMFは、なぜかアンデルソンがスタメンで、久々のクレヴァリー、本職DFのフィル・ジョーンズとともに中盤を固める布陣。前節のアーセナル戦より明らかにメンバーを落としています。うがった見方なのかもしれませんが、この中に放出するかどうか迷っている選手がいて、最後の品定めをしているかのようです。もし、そうだとすれば、その選手は放出される可能性が高まったでしょう。昨日のマンチェスター・ユナイテッドに、及第点をつけてあげられる選手はいませんでした。しいていえば「フィル・ジョーンズとギグスはまあまあ」ですかね。

一方、チェルシーは必死です。アザールを欠いた以外はベストメンバー。ゲームは序盤から、チェルシーが左右のペナルティエリア脇のスペースを使い、怒涛の攻撃を展開します。デンバ・バのヘッド、オスカルのシュートがGKリンデゴーアを襲い、いつ入ってもおかしくないような状況。中盤のメンバーを落としたといっても、CBにはエヴァンスとヴィディッチが並んでいます。フィル・ジョーンズも最終ラインに入って必死にシュートをブロックします。
しかし、せっかくのディフェンスの奮闘も、実るべくもありません。チェルシーの攻撃をかわしながら、時折カウンター気味に繰り出されるマンチェスター・ユナイテッドの攻撃は、あまりにひどすぎました。フィニッシュをイメージして的確なパスを出しているのはギグスのみ。バレンシアはクロスをすべてふかし、アンデルソンは周囲と合わず、クレヴァリーは積極性を欠き、ファン・ペルシは余裕がありすぎてプレイが遅く、ひとりひとりのクオリティが低いために普段なら決定機に持ち込める局面をことごとくつぶしてしまいます。

後半途中まで、状況は変わらず、マンチェスター・ユナイテッドはルーニー、チェルシーはF.トーレスを投入。両監督とも先制点が勝負を決める、と見ています。この対決は、F.トーレスの勝ちでしょう。サイドの切り崩しに積極的に参加し、攻撃のペースを作ったスペイン人FWに対し、強引な突破が空回りし、失点のきっかけを作ってしまったホームチームの背番号10。残り5分を切り、このまま終わるかという雰囲気が漂ってきたとき、ルーニーのドリブルをブロックして一気にカウンターを仕掛けたチェルシーに、勝負を決める先制点が入ります。決めたのは、マタ。F.ジョーンズの足の間を狙ったシュートが左足に触れて入ったため、公式記録はオウンゴールになりましたが、チェルシーの執念が実ったゴールでした。奇しくも、サウサンプトン戦でドロー寸前に追い込まれたトッテナムのべイルと同じ、86分の一撃。こうなると、1点を取り返す執念…いや、動機すらマンチェスター・ユナイテッドには残っていません。追加タイムに、ダヴィド・ルイスの挑発にのったラファエウのレッドカードというおまけもついて、マンチェスター・ユナイテッドはFAカップの雪辱を果たすことはできませんでした。

アンデルソンは、今季限りとなってしまうかもしれません。バレンシアも、今のプレイではサイドハーフとサイドバックのサブプレイヤーまででしょう。クロスの精度が低く、常にボールを持ってしまうので彼のところで時が止まりがち。結果、相手を守りやすくしています。

今週末は、アーセナル、トッテナム、チェルシーがすべて1-0で勝利です。どの試合にも、絶対に勝たなければならないので1点もやれない、といった執念を感じました。そして、いよいよ今週の水曜日、ベニテス監督が「どちらにとっても決勝戦のような試合」と形容したチェルシーVSトッテナムの大一番があります。トッテナムが勝つと一気にアーセナルが不利となり、それ以外の結果ならトッテナムがピンチです。さて、どうなるでしょうか。今のチェルシーがスタンフォード・ブリッジで負けることは想像しづらいのですが…。



おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Liverpool×Everton】 リヴァプール勝ちきれず!今季もライバルの下へ

ベストメンバーのエヴァートン、スアレスとアレンがいないリヴァプール。プレミアリーグ第36節のマージーザイドダービーは、ついぞスコアが動かず、0-0で痛み分け。エヴァートンはトッテナムの背中が遠くなり、リヴァプールはライバル・エヴァートンを抜き去るのが難しくなりました。トッテナムは残り3試合で1勝すれば5位以上が確定。エヴァートンは次節のウエストハム戦で勝てば、2季連続でリヴァプールより上位フィニッシュすることが決まります。

実力伯仲の好試合、といういい方もできるのかもしれませんが、0-0でゲームが進むなか、リヴァプールは2枚、エヴァートンは1枚しか選手交代のカードを切っておらず、両チームとも攻めきれない時のオプションが不足していることが明らか。ハドルストーンやアデバヨル、ホルトビーらを効果的に使いながら、ゲームの流れを変えにいけるトッテナムとはチーム力に差があります。この日は、リヴァプールがゲームを支配しますが、ジェラードやコウチーニョの効果的なパスをスタリッジが決めきれず、エヴァートンの体を張ったディフェンスを崩せませんでした。エヴァートンも、相手にペースを握られ、数少ないチャンスを活かしたかに思われたディスタンのシュートはネットを揺らしたものの、その前にファールがあったというジャッジでゴールならず。最後はリヴァプールの攻撃をかわすのでせいいっぱいでした。

来季に向けてのチーム強化を考えると、エヴァートンよりもリヴァプールのほうが大変そうですね。キャラガーがピッチに別れを告げ、ジェラードは30代半ばにさしかかり、ダウニング、グレン・ジョンソン、アッガーも30代の仲間入りです。ケリー、アレン、シェルヴィ、スターリングなどの若い選手の成長を促しつつ、MFとディフェンスラインに軸となる選手を補強する必要があります。チャンピオンズリーグの常連だったベニテス監督時代、2008-2009シーズンに25勝11分2敗という好成績でプレミアリーグ2位になったのを最後に、この4年間、5位にすら入っていない状況を打開するには、スアレスやジェラードなどの主力がケガなどで離脱してもそれなりに戦える状態を作らないといけません。今季は、2分3敗という最悪のスタートだったことを思い出せば、その後の14勝11分6敗は「何とかここまでは巻き返した」ということなのかもしれませんが。

エヴァートンは、「どこまで上がりたいか」ですね。やりくり上手のモイーズ監督が、少ない予算、薄い選手層を目いっぱいうまくまわして最高のコストパフォーマンスを出していますが、このスケールでは今季以上の成績は難しいでしょう。「時々ELに出られて、うまくいけばリーグカップで優勝」ぐらいの目標であれば今の延長線上のチームづくりでOKですが、もう一段上にいくなら、攻撃に厚みを持たせないと「引き分けキング」からの脱却はできないでしょう。

プレミアリーグ名物のひとつであるマージ―サイドダービーは、ゲームは白熱しながらも、両チームの今季のトップラインを絶望的に決めてしまう1戦になってしまったようです。来季、リヴァプールの2チームがチャンピオンズリーグ出場権争いの一角に絡んでくれば、プレミアリーグはますます盛り上がります。このオフのチーム作りに注目しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【QPR×Arsenal】 開始22秒のゴールは苦戦を告げるゴング。アーセナル、何とか勝ち点3

先週のマンチェスター・ユナイテッド戦のリプレイを観ているかのような先制点でした。スルーパスを出したのが、ロシツキからアルテタに変わっただけ。抜け出したのは同じウォルコット。シュートを打った位置も、弾道も、GKの手を弾いたことも、ゴールインした角度もすべて一緒。先週は2分でしたが、今日は開始わずか22秒!アーセナルの先制点は、大量得点を予感させる見事なコンビネーションから生まれたものでした。しかし実際は、追加タイムを含む90分以上の時間を、サポーターはハラハラ、アーセン・ヴェンゲル監督はイライラしながら過ごすことになります。アーセナルが悪かったというより、思いのほか最下位チームががんばった、というほうが妥当でしょう。

GKジュリオ・セーザル。DFトラオレ、ボシングワ、ファビオ・ダ・シルヴァ。MFパク・チソン、ショーン・ライト・フィリップス、ジャーメイン・ジェナス。FWロイク・レミー。これだけの選手がいて、なぜ最下位なのか不思議でもあり、これだけの人数が全員、期待を裏切るかケガで沈黙するかの二者択一を強いられたというのもすごい話ではあります。サッカーはカードゲームのようにはいかない、という真理を証明するかのように沈んだ今季のQPRでしたが、しかしアーセナル戦は、主力としてもっと活躍するはずだった選手が意地を見せました。特に、パク・チソンとロイク・レミー。FWボビー・ザモラを交えた中央からのショートパス攻撃が、アーセナル守備陣を苦しめました。28分にパク・チソンがペナルティエリア内で右に抜けて放ったシュートと、83分にペナルティエリア左隅、右45度のいわゆる”デル・ピエロゾーン”からレミーが放ったシュートはまさに1点もの。それぞれ、DFの速い寄せとGKシュチェスニーのビッグセーブが最悪の事態を回避しましたが、今季の不遇への怒りをぶつけるかのような迫力のあるプレイでした。

アーセナルの苦戦理由は「気合が入りすぎたこと」だと思います。前線のロシツキやカソルラは、その気合ゆえに前からプレスをかけようと執拗に走りますが、最終ラインのコシルニーとメルテザッカーは、セーフティに守ろうとします。前線と最終ラインの思惑の違いが中央に広大なスペースを作ってしまい、ここをアルテタとラムジーだけでは埋めることができなかったのです。QPRの前線はテクニックがある選手が多く、いい中央突破を仕掛けてましたが、ゴール前でのボール処理のスピードが今ひとつでした。もうひとつダイレクトプレーを効果的に使えれば、アーセナルを崩せたかもしれません。逆に、アーセナルの最終ラインは、飛び込みたくなるところを我慢してシュートコースをつぶし、後半はコシルニーがパスコースを読んで再三いいインターセプトを見せるなど、冷静でよく守ったと思います。たびたび縦への突破を許したナチョ・モンレアル以外は合格点だったのではないでしょうか。

苦戦の前半をリードで終え、後半はウォルコットやカソルラのいいシュートがあり、追加点の匂いがし始めたアーセナルでしたが、攻めか守るかのイーブンな二択なら基本的には攻めを志向するアーセン・ヴェンゲル監督は、珍しく「守り優先」「現実主義」の采配をしました。いつもなら早い時間で代えたくなるポドルスキを85分まで引っ張り、運動量が多かったロシツキより調子が今ひとつだったカソルラを先に代え、終了1分前からウィルシャー、ヴェルマーレンを投入して守るというメッセージを明確にします。これは、トップの意志が伝わり、戦術が徹底される非常にいい采配だったと思います。

かくして、苦戦はしながらも、最近好調な守備陣の奮闘でクリーンシート。本日のマンチェスター・ユナイテッドVSチェルシー、水曜日のチェルシーVSトッテナムの結果次第では、自力3位がめざせるところまできました。

アーセナルは、大変な時期に変に動かず、無理をしなかったことが現在の好調につながっているように感じられます。トレーナーとしてもさることながら、マネージャー・管理者として優秀なヴェンゲル監督らしい最後の追い込み。老婆心ながら、この方を失うのはクラブとしてとても大きな損失ですので、「タイトルが獲れない=解任」という短絡に走らないほうがよいと思います。タイトルを獲れるほどの補強をせず、CL出場権を諦めたのかと疑うくらいの選手放出を繰り返してきたにも関わらず、この16年、リーグでトップ4に入り続けているのですから。



おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ