【Brazil2014総括】世界に知られざる強者がいた!2014ワールドカップ「偏愛的びっくりベストイレブン」

ああ、プレミアリーグ所属選手はたったひとりです!ワールドカップが終わって、BBCやらスペインやら、読者が選んで記者が選んでと、さまざまなところからワールドカップ・ベストイレブンが発表されています。プレミアリーグ専門という看板ではあるものの、サッカーを発信しているメディアの端くれではあるので、お祭りには参加するべし!と、私もあれこれ作ってみたものの、うーん、おもしろくない。メッシを入れるとロッベンがいないのはなぜ?といわれそうで、ドイツばかりのフォーメーションをお見せしても「ふーん」で終わりそうで、正統派のベストイレブンを「すごいでしょ」とばかりにお出しすることに嫌気がさしてしまいました。

というわけで、直球勝負のベストイレブンは、プロ中のプロにおまかせしましょう。いちばんおもしろかったのは、これですね。FIFA公認の分析システム「カストロール・インデックス」によるベストイレブン。こちらはブラジルワールドカップのスポンサーであるカストロール社が発表したもので、各試合のスタッツを詳細にまとめ、項目ごとに10点満点で評価したデータからはじき出したベストイレブンだそうです。最終的な結果はこちらです。

GK/ノイアー(ドイツ)
DF/デ・フライ(オランダ)、フンメルス(ドイツ)、チアゴ・シウヴァ(ブラジル)、ロホ(アルゼンチン)
MF/トニ・クロース(ドイツ)、ラーム(ドイツ)、オスカル(ブラジル)、ハメス・ロドリゲス(コロンビア)
FW/アリエン・ロッベン(オランダ)、トマス・ミュラー(ドイツ)

なるほどなるほど、説得力は高いですね。こういう出し方になると、走らないメッシやひたすら前で待ってるファン・ペルシは絶対的に不利です。うう、プレミアリーグ所属選手はオスカルだけ。ベストイレブンというものは、サポーターの数だけあるもので、異論・反論はあるとは思われますが、ツッコミどころは最終ラインの配置が微妙なくらいで、これには「確かに。データは正直ですね」と腹落ちしました。カストロールのご担当の方々、ありがとうございました。

さて、私が今回作ってみたのは、左上にある画像の面々。予想や期待を上回る活躍を見せてくれた、サプライズなワールドカップ・ベストイレブンです。ノーマークだったのに彗星のように現れた選手。チャンピオンズリーグや国内リーグなどでは注目されつつあったものの、世界大会デビューで初めてその実力を全世界に知らしめた選手。4年後にさらに成長して大会に戻ってくるのが期待される選手。大会中に名シーンの主役になった選手。デジタルな基準はありませんが、それぞれに記憶に残る選手たちです。では、さっそくそれぞれ、紹介してまいりましょう。

ノイアー、ナバス、ティム・ハワードと、いいGKが多かったワールドカップでしたが、「こんなにいいGKが何でフリートランスファーなの!?」という、世界中のノーマークぶりを評価して、ブラジル戦で神がかり的なセーブをみせたオチョアを入れました。メキシコは、やっとの思いでプレーオフを勝ってワールドカップに出てきたチームで、まさか決勝トーナメントに進むとは思いませんでした。彼らがみせた、堅い守りからの速攻というサッカーを支えていたのは、安心できる守護神だったと思います。

DFラインは、日本代表戦で2発やってくれたことに敬意を表してSBセルジュ・オーリエ。大会を通じて安定しており、ミスがなかったメキシコのマルケス。大会直前から始めた5バックに選ばれ、若いマルティンス・インディやデ・フライを支えて組織化に貢献したフラール。そして、守備はザルといわれたアルゼンチンのなかで、守りも攻めも一級品であることを証明したロホを選びました。コスタリカのゴンザレスや、オランダのデ・フライも捨てがたかったのですが、サプライズ度合いとプレイのクオリティのバランスで考えると、クオリティでマルケス、びっくり度でフラールが抜けていたと思います。それにしても、ロホはよかったですね。

続いて中盤です。ユヴェントスで昨季7ゴールのポグバ、11ゴールのビダルは、セリエAファンにはおなじみの選手でしょう。私はマンチェスター・ユナイテッドサポーターですので、「うっかり放出してしまって大後悔している選手&今いちばん欲しい選手」ということで、よく存じ上げております。彼らが世界にチャレンジするのは今回が初めてでしたが、アランギス、アレクシス・サンチェス、バルガスとともにスペインを眠らせたビダルの中盤での裁きは見事。ポグバは、ここに誰ががいてほしいというところに入る、試合を読むセンスが抜群でしたね。守備的なポジションにいながら、チャンスに絡む頻度が高いのがポグバのよさだと思います。

そして、実力者ではありますが、前評判の低かったアルゼンチンを決勝に導いたマスチェラーノは入れさせてください。当初「メッシのチーム」と呼ばれていた開催国の隣国を、決勝トーナメント以降は「マスチェラーノのチーム」と呼ばせた献身的な守備と統率力には「前から知ってたけどこんなにいい選手だったっけ?」と思った方も多かったのではないでしょうか。

そしてサイドとFWですが、得点王ハメス・ロドリゲスには、みなさん異論はないでしょう。流れるような浮き球のトラップから有無をいわせない強烈なボレーを突き刺した、ウルグアイ戦の一発は大会ベストゴールだと思います。前回のチーム崩壊が記憶に残るフランスも、中心選手と目されていたナスリの落選やリバリーの負傷欠場で、あまり期待されてなかったチームでしたが、バルブエナは大ヒットでしたね。彼とグリーズマンの鋭い突破と正確なクロスが、意外と得点力が高かったフランスの攻撃の最たる武器だったと思います。トップにアルジェリアのスリマニを選んだのは、「決勝トーナメントに出てきただけでもサプライズなのに、さらに優勝したドイツをいちばんビビらせたFWだったから」です。いや、ワクワクしました、あの試合。アルジェリアが勝ったら、1982年の衝撃再びだな、と。ああ、自分で選んだのに、こっちにもプレミアリーグの選手がいない!

涙をのんで外したのは、オランダの大ベテラン、デュルク・カイトとコスタリカのジョエル・キャンベルですね。カイトはプレミアリーグを離れてからしばらく経つので、最近のプレイぶりは知らなかったのですが、まだまだやれるじゃないか!と昔のプレイを思い出して熱くなりました。ジョエル・キャンベルは、アーセナル復帰が決まれば、今季のプレミアリーグでプレイが観られるはずです。

というわけで、いかがでしょうか、裏ベストイレブン。誰か大事な選手を忘れてないかと若干胸騒ぎがありますが、フォーメーションを眺めていると、これはこれでいいチームだと思います。大会が終わった後、移籍市場やリーグ戦本番をみる楽しみが増えるのもまた、ワールドカップという「世界のサッカー選手品評会」の楽しさです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Brazil2014総括】「ブラジル代表監督候補」モウリーニョのメッシリスペクトを支持します。

ワールドカップ決勝が終わった直後、ブラジル代表監督候補として、ジョゼ・モウリーニョの名前が挙がっていたのにはびっくりしました。ベスト4に進出した「決勝常連国」は、過去においてはすべて自国で監督をまかなってきています。ワールドカップ優勝経験国をはじめとする強豪国といわれる国のなかで、 外から監督を招聘することを有力な選択肢としているのはイングランドぐらいでしょう。プレミアリーグを観ていても、サッカーの母国に優秀な指導者が不足しているのは明らか。エリクソンやカペッロを起用したことがある彼らが、今回グループリーグで敗退したホジソンの後釜をモウリーニョに…という話ならわかるのですが、何といってもブラジルです。ぺケルマンがコロンビアの監督に就任するなど、他国の面倒をみる人材がいるぐらい指導者のレベルが高いアルゼンチンに対して、ブラジルの指揮官不足は深刻のようですね。モウリーニョ監督は、プレミアリーグで長期政権を築こうとしている最中なので、さすがにオファーがあっても受けないでしょう。

さて、そのモウリーニョ監督が、「メッシに敬意を表したい」と、MVP発表があってから批判が集中しているアルゼンチン代表のエースを擁護しました。

「メッシはアルゼンチン代表のために犠牲を払った。MVPをとること以上に、勝利を求めていた。彼はチームのために得意ではない場所でプレイしていた。私は、彼に敬意を表したい」
「代表でプレイするのと、自分が所属するクラブで働くのは同じことではない。彼が自分のよさを示そうと思ったら、イグアインの後ろでプレイして、チャンスをうかがったほうがよかった」

そしてアルゼンチンの問題として、ラベッシをアグエロに代えた采配に疑問を呈しています。
「なぜ後半、ラベッシをベンチに下げたのかが知りたい。前半のアルゼンチンは、4選手で構成する2つのラインで戦っていた。左サイドではペレスが絞ってラームのスペースを封じ、逆サイドではラベッシが同様にスペースを殺していた。これらの守備がうまく機能している間は、メッシは休んで次の攻撃に備えることができていたのに」

さらにモウリーニョ監督は、今回の決勝の結果いかんに関わらず、この10年でメッシが最高の選手だと語っており、時代を超えてマラドーナやペレなどと比較するのは意味がないと主張しています。

これは、同感ですね。確かに、メッシの大会最優秀選手については大いに疑問です。ノイアーやシュバインシュタイガー、トマス・ミュラー、優勝国以外ならハメス・ロドリゲスが選ばれたほうが世界の納得感は高かったでしょう。しかしその一方でメッシは、大会前は完成度が低くて上位進出が危ぶまれていたアルゼンチンを決勝まで導いた立役者ではあります。最後の2試合はにらみ合う時間が長いアウトボクシングのような戦いになったため、相手のチャンスの芽をつぶしまくったマスチェラーノのほうが目立ちましたが、苦戦続きの序盤戦で、試合を決めるゴールやアシストを連発していたのは背番号10のキャプテンです。決勝で活躍できなかったからといって、そこまでに残してきた功績までスポイルされるべきではないでしょう。

MVPの投票で、メッシを推した記者のみなさんは罪なことをしましたね。あれさえなければ、メッシがこれだけ多くの批判に包まれることはなかったと思います。

モウリーニョさんには、ラベッシ交代の件についても共感します。私は、試合前の予想を「メッシ、ラベッシのゴールで2-0」としていたほど、パリ・サンジェルマンのサイドアタッカーに注目していました。アルゼンチンが勝つなら、不慣れな左SBヘヴェデスというドイツの弱点をドリブルのスペシャリストが突いたときと考え、事実、前半はいくつか右からチャンスが生まれてもいました。

代わって入ったアグエロに、プレミアリーグで見せてきた輝きはなかったですね。ケガが癒えたばかりで、結局調子が戻らなかったのでしょう。交代選手がどこまで機能するかは、出してみないとわからないところもあるので、アグエロを使ったこと自体はいいとしても、前線でメッシを唯一助けていたラベッシだけは代えないほうが得策だったでしょう。モウリーニョさんがいうように、後半のメッシには守備の負担がかかり、ボールをもらっても窮屈な態勢になりがちで、47分の決定機以降は存在感が薄れてしまいました。

本ブログを以前から読んでいただいていた方はおわかりかと思いますが、私は、プレミアリーグのクラブの前に何度も立ちはだかった「目の上のたんこぶスペイン」の象徴であるメッシが好きではありません。昨日までは、ベストイレブンの記事を書いたらワールドカップから離れてプレミアリーグに集中しようと考えていたのですが、メッシがあまりにも不当な評価をされているように感じたので、この稿をUPするに至りました。メッシは、厳しいマークを受けながらも彼らしいゴールとアシストを積み重ねて、ワールドカップ準優勝という世界に誇れる結果を残した素晴らしい選手だと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Brazil2014総括・後篇】センター5人体制と、新時代のストライカー&攻撃的MFが大会を席巻!

「【Brazil2014総括・前篇】ポゼッションから直線志向へ。スペインからドイツに移ったサッカーの主流」より続きます。

バルサのポゼッションサッカーがトレンドとなり、みんなで真似しようと苦しんでいた時代が過ぎて、「より直線的なサッカーへ」という流れは、中堅・弱小国に顕著でした。コスタリカの台頭や、チリ、メキシコ、アルジェリアの善戦に見られた「ワールドカップで上位に食い込む弱者の戦い方」のポイントは、中央のミドルシュートレンジ(いわゆるバイタルエリア)を空けないセンター5人体制、組織的な守り方、カウンターができる快速FWの3点セットです。

カウンターでいえば、アルジェリアのスリマニ、ナイジェリアのエメニケ、コスタリカのジョエル・キャンベルといった「強豪がノーマークの快速ストライカー」が大暴れ。世界にはまだこんなヤツらがいたのか、と驚かされました。そして片やでは、メキシコやチリのカウンターの速さと人数。あれだけ引いてて、よくまあチャンスでゴール前に5人も揃うな、と観る者をうならせるタフでスピーディーな攻撃を展開していました。ジョエル・キャンベルは、今季はプレミアリーグに戻るのでしょうか。今回の彼のようなカウンター戦術が選択肢のひとつとして確立すれば、劣勢になることが多いプレミアリーグ勢は、欧州で勝てるようになるかもしれません。

コスタリカが敷いた5バックは、統率力があって経験値の高いCBを欠いたオランダや、グループリーグのアルゼンチンまでもが用いた戦術。オランダのキーマンは、若いデフライやマルティンス・インディを支えた「3人めのCB」フラールです。アルゼンチンは決勝トーナメントに入ると、マスチェラーノがセンターMFの底、アンカーの位置に入って相手のラストパスやフィニッシュをつぶします。あれだけタレント揃いだったドイツですら、シュバインシュタイガーがケディラより後ろに位置してCBをサポートしていたぐらいです。突破できるストライカーに、サイドの選手の中への斬り込みが加わり、センターMFまで攻め上がってくる攻撃に対しては、もはや「中央はMF+CB4人では守りきれない」シーンが増えているのです。

そう考えると、日本代表は、前回大会の岡田監督のサッカーのほうが、ザッケローニよりも新しかった、ということになります。アンカーの阿部勇樹は、まさしくマスチェラーノやシュバイニー。今回、トップに岡崎か好調大迫を据え、サイドには、中への力学が働く本田、香川真司や大久保を置いて、アンカーに長谷部か山口が入ったら、そのほうが戦えたかもしれません。世界がスペインからドイツ、オランダ型にシフトしている間に、日本だけがオランダからスペインに逆行してしまっていたのですね。今思えば、ですが。

次のワールドカップを見据えて、香川真司にいいたいのは「トップ下をただ極めるのではなく、サイドや後ろでのプレイと得点パターンの幅を広げてほしい」ということ。サイドも中もできるハメス・ロドリゲスやメッシ。サイドアタッカーなのに、プレミアリーグやブンデスリーガ、スペインでゴールを量産しているロッベン、グリーズマン、アザール。もしくはトニ・クロースのような前線に絡めるセンターMFが、従来10番あるいはトップ下といわれていた選手の新しいスタイルなのではないかと思います。ドイツが守備優先の布陣を組めば、エジルですらサイドにいるのです。アンカーを入れたチームは、トップの真後ろに選手を置けなくなるのですから。

そろそろ、まとめに入りましょう。
⇒スペイン黄金期の4-5-1、4-6-0から、サイドや前線に速く展開する
 4-3-3、5-2-3、5-3-2の時代へ

⇒3CBやアンカーで、中央5人という戦術が増える。
 バイタルエリアでミドルシュートやワンツーをさせない守備

⇒シュート力や快速ドリブルなど個人打開力があるストライカーが重視される
⇒「10番」「トップ下」は得点力必須。後ろやサイドなど、複数の役割が求められる
⇒接戦やPKで競り勝つスーパーGKの育成は重要

これが、私が観た「2014FIFAワールドカップ ブラジル大会」です。プレミアリーグでは、4-5-1が主流ですが、ファン・ハールやクーマンなどオランダ人監督が来ることもあり、3トップや3センターが増えるかもしれません。…最後に、大会ベストゴールを2つだけ、紹介させてください。

ウルグアイ戦の28分。後ろからのヘディングをワントラップし、ペナルティエリア外から強烈なボレーで決めたハメス・ロドリゲス(コロンビア)。オランダ戦の21分、右からマクゴーワンが出した30メートルあろうかというロングクロスを、左足一閃、クロスバーに当てて突き刺したティム・ケーヒル(オーストラリア)。(ジョエル・キャンベル 写真著作者/Danilo Borges/Portal da Copa)


おもしろいと思っていただいた方だけで結構です。お時間が許せば、下のランキングバナーをクリックしていただけると、大変、励みになります!
<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Brazil2014総括・前篇】ポゼッションから直線志向へ。スペインからドイツに移ったサッカーの主流

ついに決勝戦が終わり、2014FIFAワールドカップブラジル大会が、1ヵ月に渡る熱狂の幕を閉じました。いや、おもしろかった!プレミアリーグ専門ブログでございますといいながら、かなりのめり込んでしまいました。しかし、祭りの後というものは、いつも寂しいものです。興奮と安堵が入り混じった何ともいえない複雑な気分ではありますが、今回のワールドカップがどんな大会だったのか、振り返ってみたいと思います。

既に、チャンピオンズリーグでバルセロナが以前のように勝てなくなるなど、欧州における盟主交代が静かに進んでおりましたが、最大のトピックスは「スペイン、ブラジルの凋落」「バルサ流ポゼッションサッカーにとってかわる直線的なサッカーへの変化」でしょう。2回のユーロと前回の南アフリカ大会を制し、6~7年の間、チャンピオンであり続けたスペインが惨敗したのは、コンディション不良だけが理由ではないと思います。

カシージャス、シャビ、イニエスタ、プジョルなど、一世を風靡して代表とクラブを支え続けてきた選手たちが確実に下り坂に入り、クラブでレギュラーを奪われたり代表を外れたりするなか、バルサ式のパスワーク、すなわちティキタカをベースにしたサッカーに軋みが生じていました。誤解のないように添えますが、「スペインのサッカーはもう通用しない」といっているわけではありません。あのサッカーを完成させるためには、特定の選手の能力と、コンセプトを具現化するための連携力、習熟度が必要。今回のスペインは、それを持っている選手が衰えてしまい、同時にスペインのスタイルに対抗できる別な軸が台頭してきてしまったのです。

現在の欧州チャンピオンは、レアル・マドリード。リーガ・エスパニョーラを制したのはアトレティコ・マドリード。そして、欧州最強と目されるクラブは、以前のバルサとはスタイルが違う、新しいグアルディオラのバイエルン・ミュンヘンです。優勝したドイツが体現したものこそ、世界のサッカーが迎えた潮目そのもの。今回のドイツ代表は、グアルディオラ流というより、「ユップ・ハインケスのバイエルン+クロップのドルトムント」とでもいうような、ハーフライン前後で奪ったボールを直線的にゴール前に運んでいくサッカーです。

リーガ・エスパニョーラのマドリード勢や、プレミアリーグのチェルシーなどは、どこでボールを奪うかなどの差異はあれど、大枠ではドイツ代表の思想に近いサッカーを展開しているように思います。ポゼッションという「積み上げのプロセス」よりも、1回1回の攻撃でいかに早くゴールにたどり着くかという「瞬発力の繰り返し」。スペインのグループリーグ敗退とドイツの優勝は、そんな変化のシンボルだったのではないでしょうか。プレミアリーグとセリエAという、近年チャンピオンズリーグで不振のリーグを持つイングランドとイタリアのサッカーには、新しいエッセンスが欠けており、グループリーグ敗退もやむなしでした。

また、今回の大会は、「ゴールゲッターとGKの大会」でもありました。ファン・ペルシ&ロッベン、メッシ、ハメス・ロドリゲス、ベンゼマ。個人力で最終ラインを崩し、ゴールする力があるストライカーもしくは攻撃的MFのいるチームが、軒並み上位進出を果たしました。ドイツはトマス・ミュラー、トニ・クロース、クローゼ、シュールレらの合作でしたが、2列目に自らゴールを奪える選手が並んでいるのが彼らの強さです。個人打開力があるストライカー、ゴールを量産できるトップ下、中に斬り込んでシュートを狙えるサイドアタッカーが揃っているというのが、世界で勝てるチームの新しい勝利の方程式でしょう。

ブラジルが勝てなかったのは、ストライカーの不在とセンターMFの連携力不足。惨敗したドイツ戦では、フェルナンジーニョ、ルイス・グスタフォといったプレミアリーグやブンデスリーガのトップクラブで活躍していたはずのMF陣が、DFの前のスペースをケアできずに相手を自由にさせてしまいました。

それにしても、GKの活躍は凄かったですね。ケイラー・ナバス(コスタリカ)3回、ギジェルモ・オチョア(メキシコ)2回、ティム・ハワード(米国)2回。ブッフォン、エクアドルのドミンゲス、ジュリオ・セーザル、アルジェリアのエンボリ、セルヒオ・ロメロ。今大会は、GKのマン・オブ・ザ・マッチが12回も出る「守護神の大会」となりました。本ブログの読者のみなさんには、「ハワードが大会最優秀GKで決まりでしょう」と拙速に書いたことをお詫びしないといけません。

最優秀GKは、文句なしでノイアーです。いや、GKという言葉も外して、「ノイアーの大会」と言い切ってしまっても構わないぐらいです。ワールドカップを獲得した世界一のGKが、1度もマン・オブ・ザ・マッチを獲らなかったのも日替わりヒーロー軍団・ドイツの強さゆえですが、守備範囲の広さ、シュートを打たれるぎりぎりまで体のバランスが崩れない体幹の強さと強靭な意志は、史上最高のGKといっても大げさではないと思います。われわれは、一生に一度しか出会えないかもしれない素晴らしいものを目撃したわけです。


長くなりそうですので、「【Brazil2014総括・後篇】センター5人体制と、新時代のストライカー&背番号10が大会を席巻!」に続きます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ