足りないのは世界での実績だけ…プレミアリーグを彩る若きベルギー代表選手の顔ぶれ

GK:シモン・ミニョレ(リヴァプール)
DF:ヤン・フェルトンゲン(トッテナム)、トマス・ヴェルマーレン(アーセナル)
MF:ナセル・シャドリ(トッテナム)、ケビン・ミララス(エヴァートン)、
  ムサ・デンベレ(トッテナム)、ケビン・デブライネ(チェルシー)、
  マルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド)
FW:ロメウ・ルカク(エヴァートン)、エディン・アザール(チェルシー)、
  クリスティアン・ベンテケ(アストン・ヴィラ)


本日の夜(日本では20日早朝)、日本代表が対戦するベルギー代表のメンバーで、プレミアリーグに所属している選手の顔ぶれがこれです。何とまあ、豪華なメンバーだこと。ここには負傷して今回、代表を外れているマンチェスター・シティのヴァンサン・コンパニや、今後の国籍選択で加わるかもしれないマンチェスター・ユナイテッドの若手MF、アドナン・ヤヌザイが入っていません。プレミアリーグ以外で活躍するベルギー代表選手は、バイエルン・ミュンヘンのファン・ブイテンやナポリのメルテンス、代表の正GKであるアトレティコ・マドリードのクルトワなどがいますが、クルトワはチェルシーからのレンタルです。このメンバーを見るだけでも、現在、FIFAランキング5位のベルギー代表から、どれだけの選手がプレミアリーグに参入してきているのかがわかります。今回の代表メンバーの平均年齢は、何と24歳。ワールドカップ欧州予選でクロアチアをものともせず、8勝2分でトップ通過したこの集団が、今後どこまで強くなるのかと考えると怖ろしくなります。

ちなみに現在、ベルギーリーグの上位は、川島永嗣が所属するスタンダール・リェージェ、ヘンク、ワレヘム、アンデルレヒトの順となっていますが、彼らの悩みは隣国オランダ同様、「選手が若いうちに国外へ流出してしまうこと」です。今季のチャンピオンズリーグに出場しているアンデルレヒトは、スタメンの平均年齢が22~23歳、過半数が20歳以下などということはザラ。控えにも有望な10代がゴロゴロいて、今や、この国におけるトッププレイヤーの王道は「10代で国内の有名クラブでレギュラーになり、2年ほど活躍したらプレミアリーグに高額の移籍金で買われること」なのです。

ある調査によると、今年の1月におけるベルギー代表選手の移籍金総額は、ブラジルとポルトガルに続いて世界第3位だったそうです。国外流出が少ないイングランドとスペイン、イタリアはともかく、ベテラン選手が多くて移籍金は上がるはずのオランダやフランスより上というところに、ベルギー選手への高い評価と熱い期待が込められています。そう、アテにならないFIFAランキングは置いといて、彼らは実質世界で3本の指に入るチームだといっていいでしょう。足りないのは、それを証明する国際大会での実績だけです。

歴史を振り返れば、ベルギー代表が世界にその名を知らしめた最初の大会は、1982年のスペインワールドカップでした。大会の初戦でディエゴ・マラドーナを擁する前回優勝国アルゼンチンに1-0で勝利。DFとMFが織りなす碁盤のように整備されたディフェンスの組織は「赤い悪魔の網の目」と呼ばれ、世界の注目を集めます。そして86年のメキシコ大会では、司令塔ヴィチェンツォ・シーフォとグルンらの活躍で世界4位にまで登りつめますが、この頃のベルギーは、あくまでもジャン・マリー・プファフやミシェル・プロドームといった小柄なGKを中心とした守りのチーム。2000年代後半には低迷した時代もあり、今のように攻撃のタレントがあふれんばかりのチームになったのは2010年を過ぎてからです。「ここで世界を獲らなければいつ獲るんだ!?」という”豊穣の10年”が始まったところ、というのが現在の彼らの姿。来年の夏、欧州勢が勝てないといわれる南米の地で、どこまでその実力を発揮できるのか、今から楽しみです。

コアなサッカーファンの間では、既に「ベルギーは強い」というのは常識となっており、明日のゲームを観る気満々な方も多いと思われますが、最近サッカーを観るようになった方々は、ベルギーといわれてもピンとこないかもしれません。ここでいいたいのは、「普段なかなか観られない世界最先端のベルギーサッカーを、この機会にぜひ堪能してください」「先日のオランダよりも数段、上のチームですから、本田圭祐の強気なコメントをうのみにせず覚悟して観てください」「いい選手を見つけたら、彼らを追いかけてプレミアリーグのチェルシー、エヴァートン、トッテナムの試合を観てみたりすると楽しみが広がります」ということです。15日にコロンビアとのフレンドリーマッチであっさり負けており、コンディションがやや心配ですが、若気の至りということで明日は超本気モードでくるでしょう。私の予想は「4-1でベルギー」ですね。横浜F.マリノスや浦和レッズが、海を渡ってチェルシー、マンチェスター・シティと戦う、ぐらいに思っておいたほうがいいと思います。アウェイですから、なおさら大変です。(トマス・ヴェルマーレン:写真著作者/Paul Blank クリスティアン・ベンテケ:写真著作者/Delval Loïc)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

個々の能力は最先端ですが正直チームとしてはまだまだ成熟してませんよね
それでもやはり個の力で日本よりは確実に格上でしょうが、それでもつけいる隙は十二分にあると思います
ここは2-1で日本勝利と予想しておきましょう
あながち大穴でも無いと思っています
  • プレミア大好き!
  • 2013/11/19(Tue)08:11:17
  • 編集

無題

ベルギーはほんとにいい選手多いですよね(^^)


過大評価なんて言われてますが、だてにクロアチア、セルビアと同居のグループを無敗で突破したわけじゃないでしょうし非常に楽しみです(^^)

もう1つ下の世代にはヤヌザイ以外にもアンデルレヒトにルカクの弟、チェルシーからのローンでズレテ・ワレヘムにいるアザールの弟なんかもいてこれからドイツやスペインの様な強豪国になる可能性も秘めてますね。
  • チェルシー
  • 2013/11/19(Tue)08:54:31
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミア大好き!さん>
素晴らしい!ほぼ当たり、ですね。守備があそこまでおかしくなるとは思いませんでした。
  • makoto
  • 2013/11/20(Wed)10:30:21
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーさん>
そうなんです。小さな国なのに、今は欧州屈指の人材の宝庫です。80年代のユーゴスラヴィアを彷彿とさせますが、ベルギーは世界一や欧州ナンバーワンになれるのか、興味深いですね。
  • makoto
  • 2013/11/20(Wed)10:32:20
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ