ああ…イングランドは「死の組」ゲット!ワールドカップ1次リーグ組み合わせ決定&勝ち抜け大予想

イギリスのメディアがさっそく嘆いています。デイリーメール紙は「悪夢のドロー」と報道。「死の組」に入ったことがわかった瞬間、ロイ・ホジソン監督は失望した表情を浮かべた、と伝えられています。

プレミアリーグのブログといえども、サッカー界の一大イベントであるワールドカップの組み合わせ決定となれば、書かずにはいられません。それにしてもイングランド、やっちゃいましたね。ウルグアイ、イタリア、コスタリカ。コスタリカ以外は、すべてワールドカップ優勝経験国です。そもそものポッド分けの時点で、イタリア、オランダ、フランスが入る組は大変なことになりそうという予感はありましたが、事前の予想を裏切らない絶妙な「死の組」が出来上がってしまいました。プレミアリーグファンとしては、スアレスとスタリッジ、ジェラードが敵味方に分かれて戦い、ルーニー、スタリッジVSカバーニ、スアレスのどちらが点を獲るんだ?と息をのんで成り行きを見守る、というのは最高のエンターテインメントではあります。以下に、1次リーグの組み分けと、僭越ながら私の突破国予想を挙げさせていただきました。ポイントは、「南米でのワールドカップは、南米が強いのではなく欧州が弱い」という1点です。

■A組
ブラジル、クロアチア、メキシコ、カメルーン
■B組
スペイン、チリ、オランダ、豪州
■C組
コロンビア、日本、ギリシャ、コートジボワール
■D組
ウルグアイ、イングランド、コスタリカ、イタリア
■E組
エクアドル、フランス、スイス、ホンジュラス
■F組
アルゼンチン、ナイジェリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン
■G組
ドイツ、ガーナ、ポルトガル、米国
■H組
ベルギー、ロシア、アルジェリア、韓国

いかがでしょうか。A組は、絶不調メキシコと他のアフリカに比べて若手が出てきていないカメルーンは厳しいのではないかと踏んでいます。B組は、スペインは問題なし。守備に不安を残すオランダは、バルセロナ所属のアレクシス・サンチェスを擁するチリに足元をすくわれるのではないかと思います。C組は、1位すらわからない組ですね。コロンビアは、優勝候補といわれた1994年のアメリカワールドカップの残像が消せません。ジャクソン・マルティネスとラダメル・ファルカオが並ぶ前線は世界一ではないかとすら思いますが、勝利へのリアリティがなく、オランダやアフリカ諸国同様、団結に乏しいイメージがあります。

D組は、「イングランド勝ち抜け」と予想しました。彼らのウィークポイントはGKと監督ですが、弱体化という意味ではイタリアも負けていません。ユーロ準優勝という結果を出したこともあり、あまり話題になりませんが、攻撃のタレントの弱さはイングランドを確実に下回るのではないでしょうか。ACミランが凋落した今、直近のイタリア代表FWでチャンピオンズリーグに出場するレベルのクラブに所属しているのはナポリのインシーニェくらいです。

E組はスイスとエクアドルの2位争い。F組は、今回の抽選結果をいちばん喜んでいるとみられるアルゼンチンが悠々突破。2位もナイジェリアで決まりでしょう。G組のガーナは侮れません。ポルトガルは、ちっとも治らない取りこぼしグセと、レアル・マドリードで馬車馬のように働いて疲れているはずのクリスティアーノ・ロナウドの不発で1次リーグ敗退とみました。H組は、韓国がどこまで立て直してくるか、ですね。ワールドカップ予選時のチーム力では、ベルギーはおろかカペッロ監督率いるロシアにも及ばないと思われます。

さて、最後に紹介するのは、新聞報道のお話です。ワールドカップ組み分け抽選の前に、ヨーロッパ各国の新聞がおもしろい記事を掲載していました。日本には「ザックジャパンは死の組必至」などと、根拠のないオカルトのような記事を掲げている新聞もあり、「よく読むと、”日本は弱い”っていってるだけじゃん。死の組の定義が間違ってる」と思ったりしましたが、あちらの新聞はフラットです。彼らが語っているのは「最高の組み合わせと最低の組み合わせ」。これを見ると、日本の評価が高いことに驚かされます。コンフェデレーションズカップのイタリア戦や、先日のベルギー戦のインパクトが強いのでしょうか。

★フランス「レキップ」紙
最高=スイス、エクアドル、イラン、フランス
最悪=ブラジル、フランス、日本、オランダ

★スペイン「アス」紙
「危険な対戦相手はメキシコと日本」

★イタリア「レプッブリカ」紙
最悪=ブラジル(またはアルゼンチン、スペイン、ドイツ)、チリ(ガーナ)、
   日本(アメリカ)、イタリア

★イギリス「スカイスポーツ」紙
最高=スイス、カメルーン、イラン、イングランド
最悪=ブラジル、イングランド、アメリカ、イタリア

共通認識は、「シード国最弱はスイス」「全体で最弱はイラン」「いちばん当たりたくないのはホームで戦うブラジル」「欧州と南米以外で嫌なのはアメリカと日本」といったところですね。イングランドは、ブラジルがウルグアイ、北中米カリブ予選1位のアメリカではなく2位のコスタリカ、というカードをひいたわけで、「最悪度90%」ぐらいでしょうか。

個人的には、イングランドとベルギーの試合が観たかったですね。「プレミアリーグを支えているのはどっちなんだ対決」なんて、おもしろいじゃないですか。あ、「観たかった」などと過去形で書いてはいけませんね。両方、勝ち抜けば観られるチャンスはあるわけですから。「ホントはイングランドは突破しないと思ってるでしょう!」というツッコミをいただく前に、このへんで退散するといたしましょう。では。
<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

グーナーとしてはチームの軸であるドイツフランスが早期敗退もしそうにないのが心配です。特にただでさえそれぞれ攻守で絶対的なスタメンなエジル-とコシメルテの疲労がシーズンオフでも蓄積されると考えるともう……。
あ、ウィルシャーは早く帰ってこれるんじゃないかと期待してたり(笑)
あと日本もギリギリのところで毎試合クライマックスな展開が期待出来そうです。

ところでスアレスイングランド相手に噛みついたり神の手ゴールしたら英国のレッズサポはどんな反応するんでしょうね
  • プレミア大好き!
  • 2013/12/07(Sat)10:25:52
  • 編集

無題

日本は特別悪いわけでもなく、特別良いわけでもないとこに入りましたね

3戦全勝もあれば全敗もあるかもしれないですね


イングランドはまた珍グランドとか言われそうな臭いが漂ってますが…w

どのグループもなかなかおもしろそうでまだ半年ありますが楽しみですね(^^)
  • チェルシー
  • 2013/12/07(Sat)21:29:04
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミア大好き!さん>
スアレスがイングランド相手に何かをしたら、2006年にクリスティアーノ・ロナウドがルーニーの退場時にウィンクした時以上に叩かれ、チームはおろかイングランドを出ていくことになるでしょうね。当時の報道や、イングランド国内の反応は大変なものでしたから。
  • makoto
  • 2013/12/07(Sat)22:21:03
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーさん>
楽しみですね。日本はHの次にいいんじゃないでしょうか。普通に戦えばギリシャには勝ち、コートジボアールにも負けないと思います。イングランドはきついですね…。イタリアに負けた瞬間ジ・エンドです。本番で南米で戦うとなると、ウルグアイには勝てないでしょう。
  • makoto
  • 2013/12/08(Sun)12:56:38
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ