【Brazil2014】ペルーに3-0快勝!早期敗退予想のイングランド代表が、意外といけそうな4つの理由

何しろプレミアリーグばかり観ているので、ワールドカップとなるとイングランド代表は気になる存在。毎回実施されている、ゴールドマンサックスの経済調査チームによる数値分析によると、イングランド代表は未勝利でグループリーグ敗退となるそうですが、私はウルグアイとともに決勝トーナメントに進出するとみています。死の組といわれるグループDで敗れ去るのはコスタリカとイタリアでしょう。イングランドの好材料は4つ。「強豪国といわれる国のなかでは、ケガ人やコンディションの悪い選手が少ないようにみえる」「やろうとしているサッカーがわかりやすい」「リーダーシップをとれるベテラン、中堅、若手とチームのバランスがいい」「ジンクス」です。

30日に行われたペルーとの親善試合は、3-0と快勝したものの、ゴールシーンはミドルシュートとセットプレイのみ。連携がよかったのはペルーのほうで、イングランド代表は赤いユニフォームに再三裏をとられ、図らずもGKジョー・ハートの調子のよさをアピールする試合となってしまいました。とはいえ、今季のSAS大爆発ですっかり自信をつけた、ダニエル・スタリッジの先制ミドルシュートはお見事。32分、スローインを受けて自ら持ち込み、ここというタイミングで迷いなく左足を振り抜いた一発は、心身ともに好調であることを証明しました。

後半の2点はいずれもセットプレイで、2点めの左CKは、レイトン・ベインズのロングボールの精度とケーヒルのヘディングの巧さを再確認したきれいなゴール。3点めのジャギエルカは、相手のGKとCBが競ってしまうミスによる「ごちそうさまゴール」でしたが、直前の親善試合は、気分よく勝つことも大事。3トップのコンビネーションはまだまだで、ホジソン監督のチーム構築力にも不安は残りますが、おそらくこれが最後の大舞台となる66歳のイングランド代表監督の魅力は、明快で思い切りがよく、サッカーがわかりやすいところです。

3トップにしたことで、ウェルベックとスタリッジの守備の負担は軽減され、普段マンチェスター・ユナイテッドの左サイドで相手のサイドMFを追いかける仕事にストレスをためているウェルベックは、後ろにヘンダーソンやジェラードがいてくれるのを心強く感じていることでしょう。イングランド代表の4-3-3は、アルゼンチン代表と近しいフォーメーションで、ルーニーがメッシ、ララナがディマリア、マスチェラーノの役割をジェラードが担うことになります。ランパードやウィルシャーは、2センターよりも後ろにアンカーがいる3センターのほうがより前に飛び出すことができ、ユーティリティの高いヘンダーソンが、中盤と前線をつなぐ役割を果たします。後半、リードを奪われたら、サイドを切り裂くスターリングと、前線に厚みをもたらすリッキー・ランバートの出番でしょう。以前の2トップより、それぞれの役割と攻め方は随分わかりやすくなったのではないでしょうか。

スペインとドイツはケガ人だらけ、フランス代表は好調ナスリを選ばず、イタリアのモントリーヴォとオランダのファン・デル・ファールトは欠場。スアレスとクリスティアーノ・ロナウドの出場が危ぶまれているなか、イングランドは大きくメンバーを落とすことなく本番に臨めます。ウォルコットとジェイ・ロドリゲスがいれば…という声もありそうですが、彼らがいたとしても、サイド攻撃のオプションはララナとスターリングがファーストチョイスだったと思われます。ポール・スコールズは、「昨季のプレミアリーグで素晴らしかったリヴァプールのサッカーをやればいい。4~5人スタメンにしてはどうか」とまでいっておりましたが、ベインズを外してまでフラナガンを入れるかどうかはともかく、ウェルベックではなくスターリング、というのもおもしろいですね。「攻撃はリヴァプール+ルーニー」でいけば、クラブチームよりも連携の熟成度を上げにくい代表チームにおいて、手っ取り早く有機的なサッカーを実現できるかもしれません。

いやいや、そうはいっても、ブラジルやアルゼンチン、ウルグアイ、スペイン、ドイツ、オランダ、ベルギーと比べたらイングランドは劣るでしょう、普段誰のおかげでプレミアリーグの強豪チームは成り立ってるの?といわれれば、返す言葉がないのも重々承知しています。そこで最後に、とっておきの切り札である「ジンクス」を。

1966年、イングランドがワールドカップで優勝した年、チャンピオンズカップ(=チャンピオンズリーグの前身)を勝ったのはレアル・マドリード。スペインでバルサ、レアル・マドリードを抑えてリーグ優勝したのはアトレティコ・マドリード。さらに、その年のFAカップは、0-2からの逆転で、3-2で勝負が決まっています(優勝はアーセナルではなくエヴァートン)。どうです!イングランド、いけると思いませんか!?

とまあ、イングランドがいけそうな理由を並べてみたものの、私の優勝予想はアルゼンチン、ファイナルはブラジルとの南米対決、イングランドはベスト8で開催国に完敗というシミュレーション。応援するのはもちろん、香川真司と吉田麻也の日本代表です。そういえば、グループリーグでイングランド1位⇔日本2位、イングランド2位⇔日本1位なら、直接当たるんですよね。いくらプレミアリーグ大好きといっても、これは譲れません。日本とやらずに済めば、イングランドはベスト8にいける可能性がありますので、ホジソン監督はそのへんをよく考えて、星勘定をされたらいいのではないかと思います。というわけで、6月~7月の本ブログは「ワールドカップとプレミアリーグ、50:50」でお送りしたいと思います。この夏もぜひ、お立ち寄りください!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

3トップ??
ジェラード、ヘンダーソンの2ボランチの4231だと思いますが
433はデンマーク戦でしたよ
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/06/01(Sun)13:48:46
  • 編集

コメントありがとうございます。

ペルー戦に限らず、イングランドは4-2-3-1と4-3-3の併用で、試合中でもいろいろ変えてくる、という認識でしたが、私の解釈が間違ってますかね?少なくとも、ウェルベックの守備の負担は、マンチェスター・ユナイテッドよりも軽く見えました。
  • makoto
  • 2014/06/01(Sun)16:12:28
  • 編集

無題

W杯TOTOが面白そうです。悩んだのは独ーポルトガルだけで、英ー伊は、引き分け。日本ー象牙海岸は、日本の負けと引き分けで買ってみました。
  • londres nord
  • 2014/06/01(Sun)18:01:39
  • 編集

無題

怪我人だらけのスペインの方が怪我人がたいしていないイングランドよりもいいメンツ揃ってるのが現実か
いい加減自国の選手を育てる枠組み作らないとな
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/06/01(Sun)23:13:55
  • 編集

コメントありがとうございます。

londres nordさん>
おお、大胆な買い方しましたね。ベテランが多いコートジボアールは、後半バテそうなので、日本にチャンスありと読んでますが、どうなるでしょう。
  • makoto
  • 2014/06/01(Sun)23:41:17
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
個々のクラブの育成頼りでは限界がありますね。FAがどうするのかに注目です。
  • makoto
  • 2014/06/01(Sun)23:47:30
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ