【Brazil2014】疲労、メンタル、下り坂…絶体絶命スペインは「敗退の根拠」をはね返せるのか!?

ワールドカップのグループリーグ突破国予想で、私は「オランダがスペインに勝つ」「前回王者は3試合で大会を去る」と予想しておりましたが、さすがにここまでの大差は想定外です。やはり、サッカーはメンタルスポーツ。ファン・ペルシとロッベンを捕まえられなくなった後半のスペインは、完全に自信喪失。チームの体をなしていませんでした。1-5惨敗、うち2失点はキャプテン・カシージャスのミス。チリがオーストラリアに勝てば、スペインは次戦でグループリーグ敗退が決まる可能性すらあります。レアル・マドリードの黄金時代を築いた名将デル・ボスケといえども、ここからチームを立て直すのは、相当難しいでしょう。

スペイングループリーグ敗退予想の最大の根拠は、チャンピオンズリーグとリーガ・エスパニョーラで、3強が最後まで目いっぱいの戦いを強いられたこと。チェルシーを除く3クラブがチャンピオンズリーグで早々に散ったプレミアリーグ勢や、バイエルン・ミュンヘンが独走したため、無理な選手起用が少なかったブンデスリーガに比べて、国内リーグに所属するスペインの選手たちは疲労がたまっているでしょう。ワールドカップに向けて選手が合流したとき、半数の選手がケガを抱えているか、体調不良だったと伝えられています。ホーム&アウェイではない国際大会で何よりも重要なのは、心身のコンディション。スペインの危機は、既に準備の初日から始まっていたのでしょう。

そしてもうひとつ挙げるとすれば、国民性なのか、イギリスやドイツに比べて、スペインはメンタルが強くないようにみえること。以前、「無敵艦隊」と称えられながらもワールドカップで実力を発揮できなかったスペインについて、ずっと気になっていたのは、劣勢になると試合中にも関わらず、ドイツ人なら絶対にしないような悲しい顔、いわば「負け顔」を見せることです。今日の試合でも、4点めを失った直後のGKカシージャスとデル・ボスケ監督の歪んだ表情は、こちらが胸が痛くなってくるような悲痛な顔でした。チャンピオンズリーグで負けるときもそうですが、スペインはライバル国に比べて、逆境をはね返す強いマインドは持ちえていないように感じます。

さて、初戦の舞台はアレナ・フォンチ・ノバ 。それでもPKで先制したのはスペインでしたが、この日のターニングポイントは、42分のファン・ペルシの同点ヘッドでしょう。ファン・ハール監督の思い切った5DF戦術、引いて攻撃を受けてカウンターで裏を突いてスペインを負かすという作戦に、選手たちが手ごたえを感じたであろう瞬間です。前半をイーブンで折り返せたこともあり、後半になると、明らかにオランダの選手のほうが動きがよくなり、ロングボールで裏を狙うという戦術の徹底度が上がりました。そして53分、ロッベンが完璧なトラップから左足でズドン。イニエスタが精彩を欠き、ダヴィド・シルヴァにプレミアリーグほどの輝きがないスペインには、引いた相手を攻略する形がありません。この日の出来では、2-1となった瞬間に、オランダの勝利はほぼ決まっていたようなものでしょう。

そしてここからは、カシージャスが信じられないミスを連発。敗戦をより深刻なものにしてしまいました。私は、南アフリカで見せてくれたカシージャスの素晴らしいプレイの印象があまりにも強かったので、レアル・マドリード時代のモウリーニョ前監督が確執のあったエースGKをベンチ要員にして、ディエゴ・ロペスを起用した当初は憤っていました。しかし、後任のアンチェロッティ監督も同じ判断をしたのをみてはじめて、これは不遇でもスキャンダルでもなく、「衰え」なのだと悟りました。4年前の決勝で、ロッベンとの1対1を、老獪な駆け引きで右足でクリアした史上最高のGKは、もうどこにもいないのです。

3点めは、高く上がった左からのFKにバンザイしてしまい、右ポスト際に侵入したデ・フライが軽く触ってゴール。4点めは、バックパスをトラップミスしてファン・ペルシに押し込まれます。厳しいかもしれませんが、5点めも、カシージャスの判断ミスがあったと思います。DFがロッベンに完全に振り切られていたので、止められる可能性は低かったとは思うものの、最後の長いタッチで思い切り前に詰めていれば、ロッベンのミスを誘えたかもしれません。出るか出ないか迷っているGKが相手では、世界一のウインガーが外す可能性はほぼゼロでしょう。

変わらない顔ぶれは、多くがキャリアの下り坂。負傷者が続出し、疲労も癒えず、最後までトップフォームを維持できないコンディション。ひとたび劣勢に立ち、ゴール前を固められると打開策がなくなるフィニッシュ機能の弱さ。決して強くないメンタル。惨敗のショック。スペインが去る理由になりそうなカードは存分に揃っています。さあ、これらを打ち破るカードをデル・ボスケ監督は何枚持っているのでしょうか。もうひとつのゲームは現在、前半40分。次戦の相手であるチリが2-1とリードしています…。(イケル・カシージャス 写真著作者/Дмитрий Неймырок)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

サッカーていうのは、ハーフタイムが重要だなと再認識させられる試合でした。細かい部分で修正ができていれば、スペインは後半、互角に戦えたのでしょうけど。
ファンハールは、なかなかの曲者ですね。来シーズンはこの人のユナイテッドと戦うとなると骨が折れそうです…
  • リバサポ
  • 2014/06/14(Sat)09:47:29
  • 編集

無題

さすがファンハール、稀代の戦術家。来季の4位以内争いは凄そうですね。
スペインと云う国家に属していても、民族も言葉も違う人間の集まりですから、ここぞという時に弱い気がします。2009年にアルゼンチン代表にカタルーニャ選抜が勝ちましたが、英国のように独立してFIFAなどに加盟出来たら、面白いと思います。
  • londres nord
  • 2014/06/14(Sat)11:16:54
  • 編集

無題

カシージャスのプレイも雨で濡れた頭皮も見ていられなかったな

  • 明日エコト
  • 2014/06/14(Sat)11:47:51
  • 編集

コメントありがとうございます。

リバサポさん>
確かに、後半狙いを明確にしてきたチームと、修正できなかったチームの差、ということだったのかもしれません。

londres nordさん>
おっしゃるとおり、ここぞというときの脆弱さは、国へのロイヤリティがまちまち、という面の影響もありそうですね。おもしろい視点をありがとうございます。

明日エコトさん>
4年前の凄さを思い出すと、残念のひとことです。厳しかったですね…。

  • makoto
  • 2014/06/14(Sat)11:59:23
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ