【Brazil2014】あっという間の4連発。あの6分間、ブラジルに何が起こっていたのか?

1982年からワールドカップを観始め、何回か現地にも足を運びましたが、こんなにひどい開催国、すなわちホームチームを初めて観ました。そしてまた、精神的にこれだけ崩れたブラジルを観たこともありません。1-2で負けたのであれば、ネイマールとチアゴ・シウヴァの不在というエクスキュースで片付いたかもしれません。しかし、スコアは1-7。ブラジルのスタジアムの熱狂を怖れたかのように、5点めを奪った後、自らおとなしくなってしまったドイツがニュートラルにギアをチェンジしなければ、さらにドイツに2~3点入っていてもおかしくないワンサイドゲームでした。

11分のトマス・ミュラーの先制点は、その後のゴールラッシュの予告編でした。CKから中央でフリー、しかも高いボールでなく足元です。ブラジルのDFラインとセンターMFが、ドイツの選手の動きをチェックできていないのが、ここで初めてわかりました。先制されて、いよいよブラジルのパニックが始まります。

いちばんの問題は、ボールを奪った後、縦に大きく蹴り出すことしかできなかったことでしょう。たとえばサイドでボールをキープして、味方のフォローを待つぐらいの時間があれば、前線にいたドイツの選手はハーフラインまで戻ったはずです。しかし、ブラジルはせっかくのマイボールを、ベルナルジやフッキを狙うでもなく、ただ縦に入れてしまいます。あんなに工夫のないダヴィド・ルイスをプレミアリーグで観たことはありません。ドイツは、敵のボールを3秒で奪い返せるわけですから、当然、数人が前線に残ります。一瞬、攻めにギアチェンジしてマークを離したフェルナンジーニョやルイス・グスタフォ、マイコンは、すぐに押し返されてドイツの選手を見きれずパニックに陥り、ドイツの選手は間をすり抜け、常にゴール前で最低2人はフリーになっていました。

23分からの6分間。ドイツの18番、トニ・クロースは、一度もハードなチェックを受けることはありませんでした。ドイツの2点めは、サイドから入ったボールをフェルナンジーニョがインターセプトしにいき、伸ばした右足が届かずトニ・クロースに置いていかれたシーンから始まりました。前線にはサイドから走り込んだトマス・ミュラー、クロース、エジルがいます。ブラジルの選手は、トニ・クロースのパスをミュラーがダイレクトでつないだだけで、クローゼのマークを外してしまいます。これで2-0。その1分後、キックオフ直後のボールを、またもやブラジルは簡単にドイツに渡し、右サイドのラームにパスが出ると、マルセロは奪いにいくでもなく、コースを切るでもなくまったくの無力。グラウンダーのクロスが入ると、視野が狭くなっていたブラジルDF陣は、とにかく守らなきゃとゴール前に集まります。ペナルティエリアの外でチャンスボールを受けたトニ・クロースは当然フリー。強いボールを枠に収めさえすれば、大概のシュートは入ったでしょう。左足ボレーがGKジュリオ・セーザルの右手の先を抜けて3-0。

ブラジルは、冷静さと集中力を欠いています。キックオフから後ろに戻ったボールを受けたフェルナンジーニョは、背後から迫るトニ・クロースに気づかず、周りからのコーチングもありません。ドイツの選手は、ほぼ全員が「おいしい」と思ったでしょう。不用意なトラップをクロースがさらった瞬間、前線に飛び出したのはケディラでしたから。余裕と勝算がないと、守備的なMFはここまで上がらないものです。トニ・クロースは、このときもマークを受けていませんでした。たった2人のショートカウンターが決まり、4-0。

ここまで点差が開いても、ブラジルは「簡単にボールを失うと、前に張りついたままのクローゼ、トマス・ミュラー、エジル、トニ・クロースの餌食になる」という状況に気づきません。29分、この10分で何度も繰り返してきた目的のない縦へのパスを、フンメルスにカットされると、背番号5は何とドリブルで突破。3人かわして前につなぐと、あっという間に3対3の状態。ケディラからエジル、再びケディラと2本のパス交換で完全にブラジルDFを振り切り、5-0。シュートはすべてフリー。うち3本は、易しいインサイド。この間、正しいポジションを取っているブラジルの選手はひとりもいませんでした。

ブラジルの敗因は、主将のチアゴ・シウヴァがいなかったことよりも、控え選手にワールドカップを戦うレベルの選手がいなかったことのように思います。プレミアリーグで活躍する、守備もできるMFオスカルやウィリアンを揃え、一見堅実そうに見えた彼らは、実は11人のチームだったのですね。ネイマールとチアゴ・シウヴァという名の目いっぱい張った金色の薄皮をはがすと、そこには銀も銅もなく、ただ土が緩く広がっていただけでした。リベリーのいないフランスや、ファルカオを欠いたコロンビアにもましてブラジルが脆かったのは、後を継ぐ選手の不在と、23人で戦う準備をできなかった監督フェリッポンのエラーだったと思います。後半、少し持ち直したブラジルが、それでもゴールを割れなかった姿を観て、相手をなめているかのようにプレイできるベテラン、カカやロナウジーニョの顔が脳裏をよぎりました。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

アーセナルみてるようで悲しかったなあ・・・
  • アーセナル
  • 2014/07/09(Wed)08:25:00
  • 編集

無題

先制点を獲られ、点を獲りに行き、カウンターで失点を繰り返す、昨季終盤のリバプール戦、チェルシー戦におけるアーセナルみたいでした。解説をしてたベンゲルさんも参考になったでしょう。
  • londres nord
  • 2014/07/09(Wed)09:50:49
  • 編集

無題

ブラジルが個に頼ったサッカーするのは昔も変わりませんが、今回はその個の部分が弱く感じました。ドイツは相手チームをよく研究している上に選手の能力も高い。強い訳ですね。決勝はオランダ、アルゼンチンどちらが出ても面白いゲームになりそうです。
  • Uボマー
  • 2014/07/09(Wed)12:56:45
  • 編集

コメントありがとうございます。

アーセナルさん londres nordさん>
アーセナルの方が、まだよかったと思います。ブラジルは4連発された時、前がかりにすらなれずに後ろから長いのを蹴っていただけでした。

Uボマーさん>
それは私も感じました。チェルシーのサッカーをやろうとしているような人選でしたね。また、DFラインはレギュラーに比べて控えが弱すぎるとも思いました。ドイツとアルゼンチン、楽しみですね。
  • makoto
  • 2014/07/10(Thu)11:25:59
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ