最後まで見届け、感謝の気持ちを伝えたい…「日本のレジェンド」本田圭佑のXデーを考える。

コロンビアに2-1で勝利し、セネガルに2-2のドロー。どんな戦績であれ、最低3試合は約束されていたワールドカップも、ここからはいよいよ「敗れたら終わり」となる戦いが始まります。日本サッカー界にとっては、こんな表現もできるでしょう。自国が生んだアジアNo.1のアタッカーに、別れを告げることになるかもしれない一戦。32歳の本田圭佑にとって、ロシアは最後の大舞台となるはずです。

3回のワールドカップで、9試合4ゴール3アシスト。アフリカ勢との3戦はいずれもゴールを決めており、南米勢との3戦で2アシスト。2010年の南アフリカ以降で日本が決めた10ゴールのうち、7割に関与してきた大エースです。3大会連続でゴールもアシストも決めるという素晴らしい戦績は、この半世紀ではラトー、フェラー、ベッカム、ロッベン、ギャンに並ぶ史上6人め。4発ゲットしたアジア人選手は、彼だけです。プレミアリーグで岡崎と吉田が活躍しており、ラ・リーガは乾と柴崎、ブンデスリーガでは香川と武藤がゴールを量産し、長谷部が11シーズンの長きに渡ってドイツでプレイしようとも、ワールドカップで最も輝いた本田圭佑こそが、世界目線では日本を代表する選手なのです。

Honda non tramonta mai(ホンダは決して終わらない)」「ベテランのホンダは、海外サッカーにおける日本のパイオニアのひとり」(ガゼッタ・デロ・スポルト/イタリア)
Il est la star de l’équipe japonaise, même plus que Kagawa. Et contre le Sénégal, Keisuke Honda l’a de nouveau montré. (ホンダはカガワ以上に日本チームのスター。セネガルを相手に、再度それを示した)」(フィガロ/フランス)
Japan football legend Keisuke Honda scores an equaliser to level the score at 2-2 in their Group H match with Senegal.(グループHのセネガル戦で、日本フットボールのレジェンドであるケイスケ・ホンダが2-2の同点に追いつくゴールを決めた)」(BBC/イギリス)

かつてロシアプレミアリーグのCSKAモスクワで活躍したアタッカーの活躍は、現地だけでなく、イタリアやイングランドでも大々的に報じられました。パイオニア、スター、レジェンド。最悪のヘアスタイル特集で本田圭佑を取り上げた「ザ・サン」を除けば、欧州主要リーグのお膝元メディアは、その足跡にふさわしい表現で彼を紹介しています。GKと競った岡崎慎司がつぶれ、乾の冷静なグラウンダーが足元に届き、稀代のレフティが狭いニアをボレーで抜いた瞬間、かつてエースと呼ばれた数々の顔が脳裏をよぎりました。

日本のスポーツメディアやサッカー掲示板は、その昔からチームの顔と目される選手たちの歯に衣着せぬ発言や、派手な言動に不寛容でした。カズ、中田英寿、中村俊輔…出る杭は打て!とばかりに「敬意なき不要論」が充満していた日本のサッカーシーンにおいて、本田圭佑は「初めて批判を沈黙させた選手」ともいえるのではないでしょうか。グループHで最も難しいといわれた相手から、勝ち点1をゲットした試合が終わったとき、私はそんなことをぼんやり考えていました。

ポーランドとの大事な一戦まで、あと2日。連敗で大会を去ると決まったレヴァンドフスキのチームに勝つのが簡単ではないことは、スペインVSモロッコの結果から容易に想像できます。日本サッカーを牽引してきた4番の最後の舞台は、どのラウンドになるのでしょうか。プレミアリーグファンとしては、イングランドといきなり当たる展開は回避してほしいのですが…。

直近3度のワールドカップにおいて、日本が勝ったすべての試合でゴールかアシストを決めてくれた偉大なアタッカーの最後が、その功績にふさわしいものであることを祈っています。声を大にして、ありがとうと伝えようではありませんか。2010年の夏、カメルーン戦から始まった8年がかりの物語に、私たちは歓喜し、落胆し、かけがえのない体験をさせてもらったのですから。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

素敵な記事をありがとうございます。

好き嫌いあれど、何かを成し遂げた者には敬意を払うべきであると思っています。
本田はワールドカップでゴールを決め、母国を勝利に導いてくれた選手。それだけで間違いなくヒーローと言えますし、これ以上のことはないと思います。サッカー少年にとって誰もが夢見るものだとも思います。
これまでの貢献に感謝しつつ、本田の歩みを見届けたいです。
  • 福岡
  • 2018/06/26(Tue)09:01:12
  • 編集

無題

いくらワールドカップで活躍してもクローゼがドイツを代表するアタッカーかというと…

そうかもしれない笑
  • ジダネス
  • 2018/06/26(Tue)09:43:32
  • 編集

無題

本田△は間違いなくレジェントですよね。
なんと言われようとミランで10番を背負い、ワールドカップでも常に点を決めてきた男。
叩くだけ叩くメディアは嫌いです。
敬意を持って欲しいものです。
ただ、真相はわかりませんがハリルを辞めさせたことに本田△が関与していたのなら残念です、、
  • おじるたそ
  • 2018/06/26(Tue)11:51:04
  • 編集

無題

心が震えました。ありがとうございます。
敬意なき不要論一色で、サッカー記事を見るのも嫌になる時がありましたが、それでも結果を出した本田選手を讃え続けたいとちょうど思っていました。
makotoさんの温かい記事をこれからも読んでいきたいです。
  • アイク
  • 2018/06/26(Tue)16:05:35
  • 編集

無題

いつも楽しく拝見しています。どの選手、どのチームにもリスペクトを持った批評をされていて、サッカーに対する深い愛に感銘を受けています。南ア杯当時、私は海外で働いており周りの様々な国籍の人々から「日本凄いね!」「ホンダ素晴らしいね!」と声をかけられ、誇らしく思ったのを覚えております。その後私は、代表戦、欧州リーグ、Jリーグとサッカーを観戦するようになりました。今思い返してみると、本田選手がきっかけでこのディープな世界に入り込んだのだなぁと。このW杯が彼にとって最後となるでしょう。日本代表が少しでも上に勝ち進み、本田選手が代表でプレーする姿を記憶に刻みたいです。誹謗中傷が渦巻くサッカー界隈で、公平で真摯な批評は大変貴重です。毎日記事をアップされるのは大変かと思いますが、これからも頑張って下さい。
  • 2018/06/26(Tue)22:29:13
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ