セットプレーとPKで8発!4強進出のイングランド、「偉大なる退屈」をリスペクト!

ルカク、アザール、デブライネといったプレミアリーグ屈指のアタッカーたちが揃うベルギーの素晴らしいサッカーに幻惑されて、「優勝は望んでいない」などと書いたことをお詫び申し上げます。ガレス・サウスゲート監督、べスト4進出おめでとうございます。ベスト8はドイツとの決戦と身構えていたところに、与しやすいスウェーデンが来てくれた幸運はあったものの、それだけで進めるラウンドではないと理解しております。コロンビア、スウェーデンと2つ続けて退屈な試合を観せられてしまったせいで、4強のなかでは評価を下げているのですが、キャラが立っているという面では堂々の優勝候補でしょう。

何しろ、スタッツが凄い。11ゴールの内訳は、PK3発、CK4発、FKから1発、ミドルシュートがディフレクションを入れれば2発。相手の守備を崩して奪ったゴールはスウェーデン戦のデル・アリのヘッドしかなく、ハリー・ケインが決めたペナルティ3本のうち2本はCKの競り合いでもらっています。5試合でCK絡みのゴールが6発という高確率のチームなど、ワールドカップでもプレミアリーグでもなかなか観られるものではありません。

最終ラインのスタッツもイカしています。4つの失点のうち、ブラジルと同じブロックに入るとわかっていたのに決めてしまったヤヌザイの空気を読まないミドルは例外としましょう。ベルギーとの一戦は、フィル・ジョーンズとケーヒルが入ったBチーム。GKピックフォード、カイル・ウォーカー、マグワイア、ジョン・ストーンズの3バックで戦った4試合を見ると、決められたゴールもPK、FK、CKの3発です。得点と失点のシーンをまとめると、スリーライオンズのゲームが退屈な理由が見えてきます。「最終ラインを崩すシーンが少なく、自らも相手も試合が止まらないとゴールが決まらない」。あれだけCKやFKを活かしてゴールをゲットするチームが、受けに回るとセットプレーでやられてしまうのが不思議です。「最終ラインを崩されて失点したことがない3バック」というポジティブないい方もできるのですが…。

サウスゲート監督の人選は、コンセプチュアルです。めざしているのは、「プレスをかけて、できるだけ前で奪い、手数をかけずに攻める縦志向のサッカー」。GKピックフォードは、安定したセービングもさることながら、プレイエリアの広さを買ったのではないでしょうか。グループリーグで唯一、3試合とも走行距離5km以上を達成した守護神は、コロンビア戦の120分では7.5kmという驚異的な数字を残しており、メッシより走ってとお願いすればやってくれるかもしれません。

CBの3人は、高さと後方からのフィードの正確さで選んだのでしょう。WBのトリッピアーとアシュリー・ヤングはいずれもクロス職人。チェンバレンが元気なら、リンガードのポジションのファーストチョイスだったはずで、前線と中盤はショートカウンターに長けたリヴァプール、トッテナム、マン・シティの選手で固めています。モチーフは、CLでレアル・マドリードを圧倒したポチェッティーノ監督のチームだったのだと思われます。このチームに、ジャック・ウィルシャーの居場所がないのは納得です。

まずは速攻、無理ならサイドからのクロス、引いた相手にはセットプレー。「相手はわれわれをファールで止めており、そこから得点できるならそれは素晴らしいこと。試合を支配できており、冷静に後方からつないでいることを見落としてはいけない」と、サウスゲート監督はセットプレーマイスターであるチームを自画自賛していますが、これは強がりにも感じられます。そろそろ、裏を取るところまではうまくいっているスターリングのゴールが見たいもの。彼が中身を出すのに苦心しているケチャップの瓶が、弾けるような音を立てれば、イングランドは観客を熱くするフットボールを披露できるはずです。残り2試合、ハリー・ケインとスターリングがサイドアタックやカウンターから仕留める文句なしのゴールシーンを期待しています。いえ、勝てるなら「CKからマグワイアがドスン」でも一向に構わないのですが、しかし…。(ガレス・サウスゲート 写真著作者/Кирилл Венедиктов)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

あと2つ退屈でもなんでもいいから勝って欲しいです。
スターリングは批判されてますけどスウェーデン戦、動き自体はこれまでの試合よりだいぶよかったので残り2試合爆発期待してます。

無題

ポチェッティーノ、クロップ、ペップ等のフットボールがが少しはイングランド代表に新しい息吹を与えてるのかとも思ってましたが得点パターンはセットプレー頼みですか?モドリッチ・ラキティッチのレアル・バルサ連合の攻撃にどこまで耐えられますかね。引き続きアリとスターリングの爆発に期待です。
  • ペップの街
  • 2018/07/10(Tue)09:11:05
  • 編集

無題

イングランドにはエリクセンもデブルイネもサラーも居ませんからねー。
クロアチアはデンマークやロシアのプレスに苦労していたので遂にショートカウンターが決まるかも?
  • じるー
  • 2018/07/10(Tue)11:34:29
  • 編集

無題

お馴染みのギャラガー兄弟のコメントが、スリーライオンズの現状を示していてなかなか面白いと思いました。
ノエル「イングランドにフットボールは帰ってこない。お前らだって分かってるだろ?」
リアム「帰ってくるんだよxxxxxxx(以下全て罵詈雑言)」
おそらくイングランド国内でもこれ以上の成績は半信半疑なのでしょうね。

退屈な試合というのは、ある意味では大人な試合が出来ていると言う事。
決勝トーナメントをひたすら走りまくったクロアチアを相手に、大人なゲーム展開で勝利を目指してほしいと思います。
(あ、でも優勝するクロアチアも観てみたい・・・・というかもうここで大会終わらせてほしい笑)
  • グーナーです
  • 2018/07/10(Tue)12:20:40
  • 編集

無題

チェンバレンがいれば別の良さがあったかもしれないですが、マンU好きからすれば、リンガード推しちゃいます!
動きだしや運動量、何よりゴールパフォーマンスは逸脱ですからね笑笑
アリはもう一列前のほうが好みかもしれないですが、2シャドーの機動力はないので我慢してほしいですね笑笑
  • フラッペ
  • 2018/07/10(Tue)12:23:33
  • 編集

無題

結果、内容ともに『Boring Football』を貫いているスリーライオンズですが、このチームがベスト4まで生き残ったことが今大会が如何に『異質な大会か?』を物語ってるなあと思ってます。
この上スウェーデンさえも駆逐したとなれば、はてさて中盤に名手が揃うクロアチア戦をどう戦うのか!?
史上最も期待されてなかったイングランドの決勝進出はあるのか!?
いやいや、面白いことになってきました!

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ